巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

シンガポール切手博物館で日本の文化を紹介!

シンガポールからこんにちは!巻寿司大使の河崎千代美です。

日本では世界に向けていろんなものが発信されています。
昔は浮世絵や焼き物などの美術品が有名でしたが、
近年ではカラオケやゲーム、漫画にアニメという、
一般大衆に広く浸透しているものが海外でも同様に人気があります。

今回は、その中からアニメの話題と巻寿司のコラボイベントのご紹介をしたいと思います。

シンガポールでもアニメ人気はすごく高く、
アニメに登場するキャラクターのコスプレイベントなども頻繁に開催されています。

街の中心地に近い場所にある切手博物館では、
アニメと日本文化にスポットを当てたイベントが開催されました。

日本にいた頃、私も『ドラえもん』や『鉄腕アトム』などのキャラクターの切手を買ったことがあります。

この日の切手博物館では、日本のキャラクターになりきるコスプレ体験や、
日本のゆかたを着て記念撮影ができるなど、館内は日本色に染まっていました。

私は、日本の食文化を代表する巻寿司を紹介することになり、
日本人の一般家庭でよく作られる太巻を作るデモストレーションを行いました。

地域や各家庭によって巻寿司に使う食材が違うことや、
どんな時に巻寿司が食べられるかなど、私が子どもの頃の話も交えながら、
「ハレの日のご馳走」である巻寿司を見て!食べて!感じていただきました。

巻寿司は、味付けが違ういくつもの食材を海苔とすし飯でぐるっと巻き上げて作りますが、
一つ一つの食材のお味はジューシーで食材同士がけんかすることはありません。

今回のイベントで、巻寿司がそれぞれの具材の美味しさを高めあう力を持っている
不思議な食べ物であることを多くのシンガポールの人達に理解していただけたことと思います。

参加者の方からは、

「お寿司は家族みんなが大好きでクルクル回る回転寿司のお店によく行くが、
巻寿司は手間がかかるから忙しいシンガポール人にはできないだろう」

という意見もありましたが、
家族を思いながら作る巻寿司の話を聞いて感動したという感想を頂きました。

巻寿司のすばらしさを少しでも感じてもらえてよかったです。
これからもイベントや教室などで巻寿司を巻いて、
巻寿司文化のすばらしさを伝えていきたいと思いました。

地産地消の巻寿司レッスン

こんにちは!巻寿司大使の甲賀です
私の地元磐田市にて巻寿司レッスンを開催しました

場所は磐田駅に近い『カフェ・アジュール』。
今回は女性20人プラス小さなレディ1名がお集まりくださいました。
レッスンでは、基本の太巻とバラ模様の飾り巻き寿司の2種類の巻寿司を巻いていきます♬

先ずは材料についての説明をしてから、
シャリや食材の分量を計り、取り分けていきます。

太巻寿司から巻いていきます。
巻すの裏表、海苔の裏表と上下の説明から始まり、
シャリのしき方、具材の置き方、巻き込み方や巻すの
使い方のコツなど見てもらいます。

テーブルに分かれていよいよ各自で巻いていきます。

今回はベテランから若手まで主婦の方が多く、仕事が早い⁉️
巻あがったら切ってみます。

包丁の全体を使い元の方から弧を描くイメージで引いたり
前に押すようにして切ります。
(上から下に力で押すように切るとつぶれますので注意)

海苔巻の真ん中で2当分そして、また真ん中と切ります。
均等に真っ直ぐ平らに切れると並べた時にキレイです。

次はバラ巻寿司に挑戦!
いつもはピンク色のおぼろで色付したシャリと紅しょうがを
薄焼玉子で巻いてバラの花を作りますが、
今回は地元磐田市産の古代米(黒米)を使ったシャリとピンクガリでバラの花を作ってみました!
地元磐田市産の古代米を使うことで地消を意識してみました。
実は、静岡県は地産地消運動が盛んな地域なんですよ!
さて太巻と同じ要領で切って、盛り付けて完成で〜す!

切り口が華やかですね♬

磐田市のゆるキャラしっぺい君の飾り巻き寿司や、
クリスマスバージョンの飾り巻き寿司のサンプルも持参して喜ばれました。

デモンストレーションでは更に菊の花巻を作ったり、
残りの具材で花巻や裏巻も作りましたよ。
みんな大喜びしてくれて嬉しかったです♬

くるみ流“あきた巻”を紹介します♪

こんにちは。巻寿司大使の“くるみ”こと仲野谷です。

今回のレポートは “あきた巻”のご紹介です。

秋田に昔から伝わるこの絵柄(巻き方)にずっと心惹かれていた私。
なかなか上手に巻くことができずにいたのですが、
幸いにも生徒さんの中にこの絵柄を巻けるという方が数名いらっしゃったので
早速教えていただきました。

さらに海苔やすし飯の分量、具を配置する位置、巻き方のポイントなど、
教えていただいたレシピに自分なりの工夫を加え何度も試作を繰り返し
オリジナルレシピを完成させました。

秋田に昔からある絵柄をモチーフにしたので“あきた巻”と命名し、
大好きなこの “あきた巻”を広めることを巻寿司大使としての活動のテーマにしていこうと思っています。

それでは、レシピを公開いたしますので、ぜひ作ってみてください。

【 材 料 】
寿司飯  250g
海苔(半切) 3.5枚
具材    玉子焼、ニンジン、キュウリなど5種類ほど
※一般的な巻寿司の具材でOKですが彩りを考えて選ぶとよいです。

【 作り方 】
1. 海苔は半切サイズを1.5枚(左)と2枚(右)を準備し、それぞれ縦長につなげます。


2. 巻きすの上に1.5枚分の海苔を置き、上3cm、下2cm空けて250gの寿司飯を広げます。


3. 2枚分の海苔を(2)のすし飯の端と合わせ、上2cm、下1cmのところを菜箸で抑え、溝を作ります。


4. 海苔の中央をふんわり浮かせながら、同じく菜箸で中央に3カ所溝を作ります。

5. それぞれの溝に具を入れ、菜箸でしっかり抑えます。


6. 巻きすと海苔をつまみ、手前の具をしっかり巻き込み、くるくると巻いていきます。

7. 巻きすで整え、4切れにカットします。

ニンジンや玉子焼など具材を細めにカットして使うと“シンプルで可愛い”感じになります。
金平糖がはじけているようにも見えますね!

椎茸(黒)やしば漬け(紫)などの具材を太目に用意して使うと
“レトロ、大胆、華やか”な大人な雰囲気を感じませんか!?

この“あきた巻”を私の9月の全講座(5回)のメインメニューとして受講生の方々と一緒に巻きました。

受講生の皆さんには大変好評で、

「見た目もきれいだし、作り方も簡単」
「家でも作れそう」

との声が聞かれ、
次の月の講座でお会いしたときは、早速作ってみたという方が多くおられました。
具材の色や太さ、配置する場所を工夫するのも楽しかったようです。

住んでいる地域の特産品(漬物や佃煮など)を具に入れてもオリジナルな巻寿司ができるので
それもまた楽しいですね。

『飾り巻き寿司』のようにパーツ作りの手間がかからない分、
ササッとでき上がるのという点も人気の理由です。

これからも「かんたん、きれい、おいしい」巻寿司のレシピを作り、
皆さんとご一緒に巻寿司を盛り上げていこうと思います!

KC461968

12月には今年最も多い人数の巻寿司講習会を予定しています。
その講習会でも“あきた巻”を巻く予定なので、
次回のレポートはその様子を報告したいと思います。

東京で巻寿司イベントを開催しました!

2016年度巻寿司大使の川澄健です。

先日、東京都中央区の秋のイベントで巻寿司のデモンストレーションを行いました。

まずは太巻の作り方を説明しました。

そのあとは絵が変わる『飾り巻き寿司』を巻いて皆さんを楽しませました。

その間に講師たちで皆さんの試食の太巻を巻いて試食タイムまでスタンバイ。
 

いよいよ試食タイム。
皆さん「太巻が美味しい!」とおかわりする人がたくさん!

『川澄飾り巻き司』講師たちもやり切った感があったようです。
巻寿司の歴史や作り方を伝えたり、試食を通じて喜んで戴けることが励みですね。

手づかみで食べて離乳食

みなさんこんにちは!巻寿司大使のIzumiです。
今回は、親子に向けた巻寿司教室の様子をお届けします。

巻寿司を巻いたことの無いママ友に集まってもらい、
太巻2本と離乳食向けの手づかみ巻寿司を作りました。

初めは上手に巻けるか不安だったようですが、
試してみると意外と簡単に巻くことができたので驚いていました。
コツをつかめば上手に巻くことができるようになるので、練習あるのみですね。

手づかみ食べ用のミニ巻寿司も作りました。
「離乳食に巻寿司が使えるなんて!!」と、こちらも驚いたご様子でした。

実は私も巻寿司大使になったことをきっかけに巻寿司の離乳食レシピを考えたので、
巻寿司大使に選ばれていなかったら、

「離乳食に使ってみようかな?」
「手づかみ食べにも使えるかも?」

なんて考えなかったかもしれませんね。

では、手づかみ食べ用離乳食レシピをご紹介します。

◆材料
・のり:巻きずし用全形を4分割しミニサイズに
・柔らかく炊いた人参、高野豆腐
・ゆかり、小松菜(みじん切りにし、火を通したもの)
・ご飯(今回は白米)※離乳食用なので酢飯ではありません。

◆作り方
① ご飯50gにゆかりと小松菜を別々に混ぜておきます。
② 太巻を作るのと同じ要領で海苔にご飯をのせ、中心に具材を置きます。
③ 手でそのまま巻いていくか、巻きすを用いて巻いていきます。
④ 少し時間をおいて海苔をなじませてから、食卓へ

今回、ご飯に小松菜やゆかりを混ぜたのは2つ理由があります
1つ目は、彩りをきれいにして目でも楽しめる、手づかみ食べの巻寿司にすること。
2つ目は、栄養を考えてのことです。

食べる量が少ないお子さんでも巻寿司を1つ食べるだけで
バランスが取れるようにご飯にも栄養を混ぜ込んでみました。
なので、中の具材はいろんなアレンジがきくと思います。

例えば、ご飯に混ぜるものもいろいろ考えられます。
・たまご(いり卵にして)→黄色いご飯
・おぼろ →鮮やかなピンクのご飯
・キュウリ(細かく刻んで)→緑のご飯

中に巻く具材もいろいろアレンジしてみてはどうでしょうか?
キュウリ・椎茸の甘煮、柔らかく炊いた大根、いり卵、梅干し、のりの佃煮、鮭フレーク、
カボチャペースト、しぐれ煮、おぼろ、そぼろなど離乳食で食べさせているもの
※汁気の多いものは避けたほうが無難です

今回の巻寿司教室に参加してくれたママ友から
今までおかゆのようなやわらかいご飯を食べさせていたけど、
手づかみ食べの巻寿司(ご飯は普通の白米)に挑戦したら美味しかったのか
普通に炊いたご飯も手づかみ食べも難なくクリアしたそうです。
ぺろりと完食してくれたようでお母さんもびっくり!

これからも手づかみ食べの巻寿司で
美味しく楽しく食事してくれるお子さんとご家族が増えますように!

また、次のレポートでお逢いしましょう。
Izumiでした。

巻寿司大使!!『四海巻のヒミツ』

皆さん、こんにちは!

宮城県仙台市の巻寿司大使、わたりようこです。
今回はパン教室の先生と生徒さんを対象に行った『四海巻レッスン』の様子をレポートします。

幾何学模様で、絨毯みたいな…あの写真で見たあの海苔巻が作りたい!と希望され(笑)、
「『四海巻』って言うんですよ~!」ということで『四海巻レッスン』の開催が決定!!

『飾り巻き寿司』を作るのは初めての方たちばかり。
「どんな風に作ったら、ああなるの?こうなるの?」
「四角い海苔巻って不思議だよね~」
と疑問だらけでした。

とっても教えがいのある皆さん!私は張り切ってレッスンスタート!

海苔にご飯を敷いて、具材を巻いて~、巻きすで丸く巻く。
途中まではまぁまぁ普通の作り方。

「ハイ!ここまで作った海苔巻を縦切りします!!」と説明。
「エッ!えっー!!縦!?縦ですか??」驚きの声。
「間違って横に輪切りにしないでね!」と説明しているそばから、輪切りしようとしていた方も(笑)

そうなんです!!『四海巻』は、丸く巻いた巻寿司を縦切りして
並べ替えることで四角くなるんです。
これが『四海巻のヒミツ』です。

そうだったんだ~!なるほど!!すごい!!こんな作り方だったとは!!
等々。嬉しい驚きの声を沢山いただきました。
私の期待通りの反応をありがとうございました(#^.^#)


全員の出来上がった『四海巻』を並べると、こんなに綺麗な模様になりますよ♪
『四海巻』は大人気の柄です。
皆さんも機会があったらぜひ作ってみてくださいね!

※綺麗に作るコツは、縦切りに神経を集中させて中心の玉子焼きを綺麗な四角に切る。
角にくる具材は、均一な円柱の物を使ってね。以上~!

巻寿司大使試食会

巻寿司大使の甲賀です!

11月1日は全国寿司商生活衛生同業組合連合会制定「全国すしの日」です。
その日は静岡県寿司組合の活動を予定しており、
せっかくなのでこの機会に巻寿司大使としての活動として
静岡県内の高校での巻寿司教室を計画してみました。

その計画内容や段取りを決める青年部会合と役員会が10月にあったのですが、
「全国すしの日」に行う巻寿司教室のメニューとして
エビカツと太巻の材料を使った総菜巻寿司を提案するにあたり、
会議の出席者にその総菜巻寿司を試食してもらいました。
今回はそのときの様子をレポートしたいと思います。

会議の前にまずは自分で試作してみます。
ところで皆さんは、エビフライとエビカツの違いはご存知ですか?
エビそのものを揚げるのがエビフライ、エビをミンチ加工したものを揚げるのがエビカツ。
つまり、衣が一緒でも中身が違うわけです。

冷凍エビカツを揚げる場合は、凍ったまま5分じっくりと揚げ、中まで火を通すのがポイント。
巻寿司の具材として使うときはよく冷ましてくださいね。

さてさっそく巻いていきます。
エビカツのみサラダ菜などで巻いてシンプルに作ろうと思ったのですが
あまりにも普通過ぎるかも…と思い、エビカツと太巻の具材も全部使って
具材たっぷりの豪華惣菜太巻にすることにしました。

醤油やソースはなしでもおいしく食べられるように、すし飯にもちょっと工夫しました。
試食してみると揚げ物もすし飯に合うし旨い!(自画自賛状態!オイオイ!)

いよいよ会議当日。

一本目は事前に試作したとおり、エビカツを太巻具材で具沢山の豪華総菜太巻から試食してもらいました。
すし飯の味と海苔の風味がマッチして、何もつけなくても十分美味しいと好評!

二本目はさらにワサビ菜を入れて巻いてみました。
ワサビ菜を入れてもあまり味の変化はないとの意見もでましたがこれも概ね好評!

三本目は裏巻(シャリの白いほうが表にくるように巻きます)に挑戦。
ワサビ菜の辛さはほとんど感じないとのことですがこれも美味しいと好評!

四本目は、ちょいと甘いピンクおぼろを外側にまぶして色付けしてみました。
すし職人たちには色が気になるみたい(笑)でもなかなかいい反応です!

五本目はゴマを外側にまぶして巻いてみました。
揚げ物にゴマはくどいかと思いきや、これが意外と人気!しかも一番相性が良いようです。

総合してよい評価だったので安心しました。
具材が豊富でメインデッシュのエビカツを同時に食べられるし、
現役鮨職人が鮨店用のシャリで巻くのですから美味しくない訳がないですよね!

さてさて11月1日の「全国寿司の日」の巻寿司教室の様子はまた後日レポートします!
どうぞお楽しみに!

2017/11/10|

柏に帰ってお久しぶり~!の巻寿司講習会

こんにちは。

2015年度千葉県の巻寿司大使の田中です。
巻寿司大使に選んでいただいたと思ったら主人が異動になり、
巻寿司大使の活動中は札幌と千葉を行ったり来たりしていました。

その間は忙しかったけれど、おかげさまで柏と札幌の2つの地域で巻寿司大使の活動ができて楽しかったな!

今年の7月に千葉県柏市に戻ってきたのですが、落ち着いたらやりたかったことがあります。
それは・・・やっぱりみんなでわいわい巻寿司を楽しみたかった~!

どこへ行っても楽しくて、おいしい巻寿司作りは「やってみたい!」と評判になります。
そのことをこの2年間でますます実感しています。

さあ、今回の講習会の生徒さんは柏市で元気に活動している若手の作家さんたち。
アクセサリーや縫物など周りの人を楽しくて元気にするモノづくりをする人たちですから、
きっと巻寿司作りも上手なはずですよ~!

ほら、思った通り!!!

手先も器用で、飲み込みの早いアーティストたちは次々巻寿司に挑戦!

用意していたレシピも具材もバンバン使って次々に制覇です。

キャラクターはこうやって巻きすを横にして、柄を確かめながらね~!

針と糸ではないので最初は勝手が違う様子でしたが、
夢中になって巻いてくれました。


また地元でも巻寿司楽しもう~!私も楽しい時間でした。

ふるさと山形で巻寿司レッスン

こんにちは。
2015年千葉県の巻寿司大使の田中です。

わたしのふるさとは山形県。
おいしいものがたくさんあるところなのですが、山形といえば・・・
そう!米どころなんです。
『つや姫』・『はえぬき』・『どまんなか』・そして今年命名された『雪若丸』と銘柄もいろいろ。

そんなふるさとで巻寿司レッスンをしてみたいと思っていたところ、
ついに実現できました!

生徒さんは山形の華道家の方たちが中心となりました。

テーマは「山形のお米で巻こう!」。今回使うお米は『はえぬき』に決定。
『はえぬき』は一つひとつの粒がしっかりしていて、噛みごごちがよく、
ギュッと握ってもくずれないのでキュッキュッと巻いて
切り分ける巻寿司にはぴったりなんです。

「ひとり3種類は巻きたい!」とみんながんばりました!
準備は一人ひとりに分けて置いて~

畝を作ってお花を作ります。

次々できていきます!

切ったら「わーっ!!」と歓声が上がります。

綺麗な花を生ける方たちですもの、『綺麗』には敏感ですよね!
綺麗でおいしいお寿司たくさんできました!
 

巻いている時にもいろいろ意見がでました。

「菊の花を食べる山形だから、今度は菊を巻いてみよう」
「漬物が綺麗な色だから今度は漬物も巻いてみよう!」
「米を炊く時に紅花で色を染めたらどうかしら?」

山形の巻寿司熱はこれからもますます熱くなりそうです。

巻寿司大使のご縁が世界に広がる!

2017年度巻寿司大使の河崎千代美です。

私は現在シンガポールに住んでいます。
シンガポールで暮らす日本人の多くの方は『シンガポール日本人会』の会員となって
日本の文化やシンガポールのことを学んだり、
現地の方々と交流を持ったりするチャリティ活動や文化活動を展開しています。
現在の会員数は約6,000名です。

このシンガポール日本人会は1915年に発足し100年以上の歴史があります。
10年の歳月をかけて建設された会館は、地上4階地下1階建物で、
世界中の日本人会の中にあって類を見ない立派な施設を誇っています。

 
会館の中にはクリニックも併設されていて、
一般の診療から専門分野外来、心療内科、健康診査、予防接種や
管理栄養士による栄養指導などが日本語で受けられ、
海外生活での様々な相談に対応してくれます。

図書室には約40,000冊、子ども図書室には約20,000冊の蔵書があり、
日本語だけでなく英語の書籍もあります。

他にも、日本食レストランや会議室、ホールなどもあり、
日本とシンガポールとの友好と親善に積極的に取り組んでいます。

私はこの日本人会館で、毎月、お寿司と日本の家庭料理の講座を担当しています。
特に、お寿司は世界中で愛される食べ物ですから、当然シンガポールでも大人気です。

巻寿司は、細巻、太巻、創作寿司といろいろなジャンルがありますが、
同じ絵柄が切っても、切っても、飛び出してくる『飾り巻き寿司』は
シンガポールでも大人気です。

今回は、昨年度の巻寿司大使として活動されていた辰巳温美先生に、
お寿司のご縁でシンガポールの日本人会で開催した『親子巻寿司教室』にお越しいただき、
夏休み最後の1日を親子で楽しく巻き巻き体験を楽しみました。

題材には、辰巳先生考案の“ちょうちょ”を選び、ご指導をお願いしました。

★参加者の皆様の声
「お寿司の世界って深いですね」
「はまってしまいました!」
「楽しすぎて、そして、子どもがこんなに一生懸命頑張る姿を初めて見ました」
「シンガポールの友人と一緒に巻いてみたいです」

★子どもたちの声
「毎日作って食べたい」
「もっと巻寿司の勉強をしたいです」

うれしいお言葉ばかりいただきました。
辰巳先生のおかげで素晴らしい巻き寿司体験を、親子で楽しんで頂くことが出来ました。

自分一人では大きなことはできませんが、
巻寿司大使つながりでより多くの人々に巻寿司のすばらしさを伝えることができました。