巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

もうすぐ春ですね♪

こんにちは。
埼玉県の巻寿司大使 深川 佳栄です。

今年は温かくなるのが早く
桜の開花も例年より早いかも!?

春はすぐそこ(^^)
もうすぐ春ですねっ♪

春が待ち遠しい方
花粉が飛散するから春はキライな方
様々だと思います。

しかーーーーし!!!
「お花見」だけは楽しみにしている方が多いはず!


これは数年前に撮影した千鳥ヶ淵の桜です。

外国人も桜の時期に合わせて訪日する方がいるくらい
「お花見」「桜」って「THE!NIPPON」なんですよね(^^)


これは私の住んでいる埼玉県で有名な幸手市の権現堂桜堤です。

桜のピンク色と菜の花の黄色のコントラストが
何とも言えないくらいキレイな桜の名所です。

日本各地、桜の名所がいっぱいあると思います。
みなさまがお住いの地域にも
「ココ、おすすめだよっ!」
っていうところがあるはず(^^)

今年はお花見に巻寿司を持っていきませんか?
「花より団子」かもしれませんが(笑)

巻寿司も!お花見も!
大切な日本文化です。
後世に残していくこと。
これは私たちの務めです。

ライフスタイルが欧米化しつつある昨今。
「お花見」という、ちょっとしたことでもいいのです。

自らも楽しみながら、日本文化・和文化を
若い世代に繋げていきましょう(^^)

2019/3/19|

お子さん以上に、熱心な保護者の皆さん!

こんにちは、2018年度寿司大使の武田折恵です。
節分レッスン2日目、2月2日(土曜日)戸坂公民館さんで開催しました
「親子巻寿司講座」のレポートです。
今回は21名の親子さんと巻寿司作りを楽しみました。

巻寿司を初めて巻くお子さんはもちろん、保護者の方も熱心にメモを取ったり、
質問をしたりと、大いに盛り上がりました。

巻寿司講座のときは、実際に巻いていただく前に
必ず私がデモンストレーションをしています。

開催場所は違えど、皆さん、あっという間に巻寿司が巻けるのを見て、
必ず驚かれます。

具材の置き方や、巻く時のポイントなどお伝えすると、
「巻きたいけど、巻き方がわからない」と言われていた保護者の方も、
「参加して大正解!」と、喜んでくださいます。

そういう言葉をいただけると、とても嬉しいですね。
巻寿司は、おむすびと一緒で手軽に作れる日本食です。

お家にある夕飯の残りや、買ってきたお惣菜も立派な巻寿司の具合になるんですよ。
ぜひお家で気軽に作ってみて下さいね。

こんなに簡単に巻けるんです!

こんにちは、2018年度寿司大使の武田折恵です。
今年の節分、巻寿司レッスンは、
「目からウロコ」に「目が点になる」方が続出でした!

まずは一日目、1月26日(土曜日)二葉公民館さんで開催した「親子巻寿司講座」です。
巻寿司を初めて巻くというお子さんから、巻寿司世代のマダムまで
17名様と巻寿司作りを楽しみました。

まずは私のデモンストレーションから。
具材を置くポイントと、大きさ、巻くコツなどをお伝えします。
そして、いよいよ巻寿司を巻くという時にいつも言うんです。

「瞬き厳禁ですよ~!!」

すると、みなさん「なぜ?」って不思議そうにされます。
そして実際に私が巻寿司を巻いてみると、
皆さんの目は「?????」が何個付くかというくらい見開いて、
言葉を失っています。

そして「えっ?もう巻けたんですか?」「こんなに簡単に、巻けるんですね」
と、言ってくださいます。

そんなデモンストレーションを見ていただいたのち、
いよいよ皆さんにも巻いてもらうのですが、
自分で巻いた巻寿司にも、驚きを隠せません。

「初めて!綺麗に具材が真ん中に入ってる!」
「こんなに簡単に巻けるなんて知りませんでした」
「こんなに簡単ならお家で巻いてみたいです」

皆さん、体験するまで巻寿司を難しく考えすぎていたみたいです。
私がお伝えする具材の置き方と、巻く時のコツがお役に立ってとても嬉しいです。

是非お家でも巻寿司作りを楽しんでくださいね。