巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

土佐文旦の巻寿司レシピ

こんにちは、巻寿司特任大使の野梨のりこです。

高知のフルーツの王様『土佐文旦』を巻寿司にしました。

柑橘の香りが爽やかな、春色の美味しい巻寿司です。ぜひ作ってみてください。

 

  • 具材(1本分)

・全形海苔・・・・・・・1枚

・すし飯・・・・・・・・・・200g

・土佐文旦・・・・・・・1/2個

・アスパラガス・・・・1本

・フルーツトマト・・・・1個

・生ハム・・・・・・・・・・4〜5枚

・マリネ液・・・・・・・・・適量

・酢・・・・・・・・・・・・・25ml(大さじ2弱)

・砂糖・・・・・・・・・・・小さじ1

・塩・・・・・・・・・・・・・少々

・オリーブオイル・・・大さじ1

 

  • 作り方の手順

①アスパラガスを塩茹でします。

 

②土佐文旦の皮を剥きます。

 

③フルーツトマトは食べやすい大きさに切ります。

 

④土佐文旦とトマトをマリネ液にくぐらせて、味をつけます。

 

⑤全形海苔の上にすし飯を広げます。

 

⑥中央に生ハムを4枚おきます。

 

⑦生ハムの上に、皮を剥いた文旦を6粒おきます。

 

⑧その上にカットしたフルーツトマトを4個おきます。

 

⑨最後に、アスパラガスを1本おきます。

 

⑩くるりと巻き上げ、6~8等分に切り分けて完成です!

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪

https://makizushi-club.com/howto/maki

 

丑年に因んで!牛巻寿司レシピ

こんにちは!巻寿司特任大使のやはためいこです。
今年は丑年。丑年に因んで牛を巻いてみませんか?すき焼き風に煮た牛肉に、生乳から作られるクリームチーズを合わせてみました。
コクがあって美味しいですよ!ぜひ、お試しくださいね。

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・1枚
・すし飯・・・・・・・・・160g
・牛肉・・・・・・・・・・・80g
・クリームチーズ・・20g
・ネギ・・・・・・・・・・・25cmくらい
・春菊・・・・・・・・・・・1束
・合わせ調味料
・砂糖・・・・・・・・・・大さじ1
・醤油・・・・・・・・・・大さじ1
・水・・・・・・・・・・・・50〜60ml(水分量を見ながら調整してください)

●作り方の手順
①ネギは斜め切りに、春菊は食べやすい大きさに切ります。クリームチーズは細長く切ります。

②合わせ調味料を小鍋に入れ、煮立たせます。煮立ったら牛肉を入れ、煮ます。
牛肉の色が変わったらネギを入れ、少し煮た後、最後に春菊を入れてさっと煮ます。
お皿に取り出し、冷ましておきます。

すき焼きですね!


具材ごとに分けて、冷まします。


③全形海苔の上にすし飯を広げ、春菊、ネギを順におきます。


ネギは太い方を端に向けておくと具が詰まるので、巻寿司の端っこがゆるゆるにならなくて良いですよ!

④その上に牛肉を被せるように乗せます。


牛肉しか見えなくなりました(笑)。


横から見ると、ネギも春菊もちゃんと入っています!

⑤最後にクリームチーズを上に乗せます。

クリームチーズを乗せたら、具入れは完成です!

⑥巻きすを親指で持ち上げ、人差し指から小指の4本の指を使って具をおさえこみ、手前のすし飯と奥のすし飯がくっつく様に巻き、余った海苔を巻き上げます。


具を手前に押し込むように抑えると具がこぼれずに巻けますよ!


巻けました!巻きすをめくって転がすように最後の海苔を巻いてください。

⑦食べやすい大きさに切ったら出来上がり!
今回は牛肉が入っているので薄め(10〜12等分)に切った方が食べやすいです。

お好みで一味や七味を振っても美味しいですよ!

【こぼれ話】
巻いているのをそばで見ていた娘。

娘「美味しそう〜〜!!それ、切らずに丸かぶりしたい!」
私「でもレシピ用だから断面は見えないといけないなぁ。。。」

お互いに譲り合った結果、ハーフサイズを丸かぶりすることになりました(笑)!
丸かぶり後・・・

娘「ネギや春菊はもっと細かく切った方が、抜けなくて食べやすいよ。」

・・・とのこと。丸かぶりをしたい方、ご参考まで!

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

葉ゴボウの巻寿司レシピ

こんにちは、巻寿司特任大使の野梨です。
葉ゴボウには食物繊維や鉄分、カルシウムなどが多く含まれています。
そんな、体にも良い春の野菜「葉ゴボウ」を使った巻寿司レシピをご紹介します。

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・1枚
・すし飯・・・・・・・・・200g
・葉ゴボウ・・・・・・・1束
・ジャコ天・・・・・・・・3枚
・合わせ調味料
・顆粒だし・・・・・・・適量
・醤油・・・・・・・・・・適量
・みりん・・・・・・・・・適量
・砂糖・・・・・・・・・・適量
・ごま油・・・・・・・・・適量

●作り方の手順
①葉ゴボウの葉、茎、根を切り分けます。

②茎の部分を丁寧に洗い、包丁の柄などで叩き、繊維質を切ります。

③4~5センチ程度に切ります。

④根の部分は皮を剥き、食べやすい大きさに切り分けます。

⑤たっぷりのお湯で湯がき、10分くらい水にさらします。

⑥ジャコ天は食べやすい大きさに切ります。

⑦厚手の鍋にごま油、水にさらしていた葉ゴボウの根(水を切っておく)、合わせ調味料を入れて、炒め煮にします。

⑧全形海苔の上にすし飯を広げます。

⑨炒め煮にした葉ゴボウを置き、全体をくるりと巻きます。

⑩6~8等分に切り分け、完成です。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments