巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

2020年11月

メカジキの香草焼き巻寿司レシピ

 

こんにちは。巻寿司特任大使の川井ゆかりです。

 

宮城県気仙沼市のメカジキは日本一の水揚げ量で、なんと全国シェア約70%以上です!

メカジキは年間を通してとれるそうですが、特に10月〜3月に水揚げされる「冬メカ」はとても美味しく、三陸沖の恵まれた漁場が、脂ののりや味の深みを与えているのだそうです。

そんな、これからが旬のメカジキを使った香草焼きを巻寿司にしてみました。

下味がしっかりついているので、彩りにチーズとパプリカのピクルスを一緒に巻きました。

 

  • 具材(1本分)

・全形海苔・・・・・・・・・・1枚

・すし飯・・・・・・・・・・・・・200g

・メカジキの香草焼き

・メカジキの切り身・・約1枚(適当な大きさにカットする)

・ハーブソルト・・・・・小さじ1(香草はお好みでアレンジ可能)

・パン粉・・・・・・・・・・大さじ1

・粉チーズ・・・・・・・・大さじ1

・オリーブオイル・・・大さじ1

・スライスチーズ・・・・・・1枚

・パプリカのピクルス・・・2〜3本

・プリーツレタスなど・・・適量

 

 

  • 作り方の手順

①メカジキにハーブソルト、粉チーズ、パン粉を付けてオリーブオイルで焼き、メカジキの香草焼きを作る。

②全形海苔1枚に200gのすし飯を広げる。

 

③プリーツレタス、メカジキの香草焼き、スライスチーズ、パプリカのピクルスを並べて巻く。

 

④8等分に切り、並べて完成!

 

クリスマス用にマッシュポテトのツリーやプチトマトのサンタクロースをお皿に飾りつけてもいいですね。

昆布、サンマ缶、山形伝統野菜で美味しい巻寿司レシピ

こんにちは。巻寿司特任大使の仲野谷るみ子です。
身近な食材を使って子供たちにも大人にも喜んでいただける「美味しくて」「オシャレな」巻寿司作りを目指しています。

 

今回は昆布シートを使った巻寿司です。しめサバのバッテラ寿司のように、しめサバ+昆布シートは黄金コンビですが、子供でも食べやすい食材を考えて、簡単に手に入り、味も間違いない缶詰の「サンマの蒲焼き」を使い、隣県・山形の伝統野菜「温海(あつみ)かぶ」の甘酢漬けも一緒に巻いてみました。

 

*「温海(あつみ)かぶ」とは、山形県庄内地方の伝統野菜です。皮は赤紫、内部は白で、甘酢漬けにすると全体がほんのり赤く色づきます。やや硬めの肉質なのでしっかりとした食感が楽しめます。
他の赤カブとの差別化するために、固定種子の使用、焼畑農法などにこだわり、ブランド化されているそうです。

この優しいピンクの色が入ると、巻寿司がぐっと華やかになります。昆布のツルンとしたのどごしがたまらない、美味しい巻寿司です。

 

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・・・・・・・1枚
・すし飯・・・・・・・・・・・・・・・180g
・白ごま・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
・昆布シート・・・・・・・・・・・・1枚(18㎝×18㎝)
・サンマの蒲焼きの缶詰・・50g
・温海かぶの甘酢漬け・・・1㎝×1㎝の短冊にカット
・棒カニカマ・・・・・・・・・・・・1本
・リーフレタス・・・・・・・・・・・1~2枚
・キュウリ・・・・・・・・・・・・・・六つ割~八つ割、18㎝

●作り方の手順
①全形海苔を昆布シートのサイズに合わせてカットします。

②巻きすの上をラップで覆い、全形海苔、すし飯、白ごまの順に置きます。

③その上に昆布シートをかぶせます。(昆布シートの代わりに、おぼろ昆布を並べても良いです)

④全形海苔が上にくるようにひっくり返し、手前を5センチほど空けて、具材を並べます。

⑤ラップを巻き込まないように、きっちり巻きます。

⑥ラップを巻いたままカットして、完成です。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
→ https://makizushi-club.com/howto/maki

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments