巻寿司イベント情報

巻寿司海外レポート

海外でも大人気の「スシロール」!海外での巻寿司事情をご紹介します。

巻寿司海外レポート〜海外でも大人気の「スシロール」!海外での巻寿司事情をご紹介します。

巻寿司海外レポートNo.6 アメリカ・フロリダ編

今回の海外レポートはアメリカ・フロリダからのレポートです。
以前、お話を伺ったアメリカ在住のりょうこさんが開催した巻寿司教室の様子をレポートしてもらいました。
以下、りょうこさんからのレポートです。

◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦

バレンタインデー前日の2月13日、アメリカ・フロリダ州ペンサコーラ市にある西フロリダ大学で、生涯学習プログラムの一環として巻寿司教室を開催しました。

ペンサコーラ市は人口5万人ほどの小さな町ですが、米軍関連施設が周辺に7カ所ほどあり、住人の中には横須賀、岩国、那覇、八戸に滞在経験があるという人もいて、日本に親しみを感じる人が多い町です。

今回の巻寿司教室の参加者は16人。西フロリダ大学の学生グループ「Argo Bridge Japan Association」(西フロリダ大学懸け橋日本学生協会)の会員で日本に興味を持つ学生が参加し、巻寿司を通じて日本文化を学びました。

ちなみに参加者のうち電気炊飯器を持っているという人が5人、日本に行ったことがある人が6人もいて驚きました。
1
会場は、西フロリダ大学の国際センターの一画にある「ジャパンハウス」。
ペンサコーラ市と姉妹都市関係にある、岐阜県下呂市から取り寄せた飛騨杉造りの建物で和室もあり、まるで日本にいるような気分になります。

最初に、お米のとぎ方、合わせ酢の作り方、すし飯の混ぜ方などをお伝えしました。
男性参加者の一人から、

「お寿司を作ろうとご飯を炊いたけれど、レシピに『だしが必要』とあってあきらめた。“だし”って何のこと?」

との質問が飛び出しました。

お寿司を作るときの“だし”とは、合わせ酢を作るときの昆布などのうま味成分のことで、昆布がなければお酢と砂糖と塩だけでも大丈夫だし、急いでいるときには粉末状のだしがあるのでそれを使うとよいという説明をしました。

いよいよ実際に巻寿司を巻いていきます。
2
用意した具材や調味料がこちら。
3
アメリカ人はソースが大好きなので、日本のマヨネーズのほかポン酢、すだちポン酢、たまり醤油に加えて、シラッチャソースという若者に人気の辛いソース、スイートアンドサワーソース、卵を使わないビーガンマヨネーズも用意しました。

アメリカのキュウリは大きくて種もたくさん入っているので、スプーンで削ぎ取っています。 フロリダのアボカドは、メキシコ産のものより一回り大きく、皮の表面がつるんとしているのが特徴です。
4

アボカド、キュウリ、かにかまのほか、スパム、鮭フレークも用意しました。
鮭フレークは、瓶入りのものが入手できないため、ピンクサーモン缶の中身を炒って作った手作り品です。

最初に作ったのはハート形の「ミニ巻寿司」。
バレンタインデー用にカラフルにしたかったので、海苔の代わりに「ソイラッパー」という大豆でできた薄いシートを使ってみました。
5

ケーキ用のスプリンクルシュガーを使って色付けして「あま〜い」お寿司ができました。
花のように飾ったり2色の色を使ったりと、学生たちのクリエーティビティーに感心しました。
6

7

続いて、おなじみのカリフォルニアロールです。
巻きすにラップを巻き、その上にすし飯を置きます。続いて海苔を敷き、具を載せて巻いていきます。
途中、具がこぼれ出てしまう人、うまく閉じられない人などいましたが、皆なんとかきれいな円柱型に巻くことができました。
8
ジャパンハウスには桃の節句を前にお雛様が飾られていたので、その横でメンバーと記念撮影。
前列左端が私です。
9-2

これからも「巻寿司」を通じていろいろな人と出会いたい、アメリカでも長-い1本の巻寿司を大勢で作ってみたいと思っています。

◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦

以上、アメリカ在住のりょうこさんからのレポートでした!

2016/3/31|

巻寿司海外レポートNo.5 マレーシア編

海外巻寿司レポート マレーシア編

 

マレーシアは、タイと隣接するマレー半島南部と、ボルネオ島北部を領域とした国です。

多民族国家なので、民族ごとに違う言葉を使用しているそうです。

 

首都クアラルンプールに10年在住している稲垣さんに、現地の巻寿司事情についてお話を伺いました。

稲垣さんの奥様はマレーシアの方なので、夫婦間での会話は日本語、親族間ではマレー語、

義両親とは広東語、義姉とは北京語で会話をされるそうです!

 

 

さて、話を巻寿司に戻して、

マレーシアで人気がある寿司ネタといえば、サーモンやウナギです!

 

甘党のマレーシアの人々には、ウナギやアナゴの甘だれが好まれるようです。

生魚が食べられない人も多く、マグロやトロは日本ほど人気がないそうです。

モール1モール2

こちらの写真は、マレーシアのショッピングモールにある巻寿司コーナーです。

日本のスーパーマーケットのお惣菜コーナーのようですよね。

 

よく見ると、「UNATAMA MAKI」や「TAZUNA MAKI」など

メニューがローマ字で記載されています。

日本人にはわかりやすいですよね!

 

2枚目の写真の巻寿司のお値段は、

1パックが、マレーシア通貨16.8RM(リンギット)=約450円でした。

(2016年2月現在)

ショーケース2ショーケース1

こちらは、同じくマレーシアのショッピングモールの握り寿司コーナーです。

ショーケースにきれいに並べてあり、日本ではあまり見かけない販売形態ですね。

 

こちらは、マレーシアのスーパーで買ってきた巻寿司です。お皿の上の巻寿司

中に巻いてある具やハランまで、見た目は日本のお寿司と変わりませんが

味付けは、とにかく甘いんです~!

具材の海鮮に甘だれの味付けがしてあります。

マレーシアのたこ焼きは、中身の蛸も甘だれなんだそうです!

 

もう1つの特徴は、シャリが酢飯ではなくて普通のご飯ということ。

米は日本産ではなくて、カリフォルニア産や韓国産、ベトナム産が多いそうです。

 

マレーシアは中華系の住民も多いので、旧正月(春節)の時期は店内は真っ赤になりましたよ。

スーパーの店内もこの通り。

 

春節店内

こちらは、街中にあった生春巻きスタンド。

ポピアー1

「POPIAH(ポピアー)」というそうですが、

そこに海苔で巻いた巻寿司ようなものを発見!!!

なんと中身は酢飯ではなく、野菜の千切り!

注文すると店員さんがくるくるっと手早く作ってくれるそうです。

 

 

どんな味がするのでしょうか?

近いうちに試してみたいと思います♪

以上、マレーシアからのレポートでした。

 

2016/2/25|

No.4 アメリカのお寿司事情

海外レポート第五弾は、前回に続いてアメリカからのレポートです。

今回は、カリフォルニアとフロリダを行き来するりょうこさんにお話を伺いました!

以下、りょうこさんからのレポートです。

―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦

アメリカにはハワイも含めて全部で50州ありますが、
日本食レストラン軒数が一番多いのは、私の活動圏であるカリフォルニア。
次いで、ニューヨーク、フロリダの順だそうです。
(※日本貿易振興機構(ジェトロ)調べ)

アメリカ人に日本のイメージを聞くと、
「富士山、芸者 (Fujiyama, Geisha)」という答えがほとんどでしたが、
時代が変わり今では、酒、寿司、豆腐、枝豆、天ぷらはじめ、
豚カツ、ラーメン(とんこつ風味が人気)、お好み焼きといった
日本の家庭食やB級グルメの名前があがります。

さらに近年の健康食ブームも追い風になり
、ヘルシー、ローカロリーというイメージのお寿司は
すでにアメリカの食文化の一部となっています。

大手スーパーではたいてい、魚売り場の近くやグルメ食品コーナーに
巻寿司とベトナム風生春巻きが置かれています。
これは「巻きもの」をひとくくりにしているというよりは、
牛肉などの「レッドミート」を敬遠する層のための
「野菜巻き」という位置付けだそうです。

巻寿司人気はさらに、「グルテンフリー(Gluten-free)」にこだわる知識層
(グルテンという小麦に含まれるタンパク質をとらない主義)、
さらに卵や乳製品もとらない徹底した菜食主義の「ビーガン(Vegan)」族にも広がっています。

今後は、白米ではなく玄米、また有機米やエアルーム(heirloom)米といわれる
遺伝子組み換えをしていないお米を使った巻寿司が人気になりそうですね。
1
玄米で巻いたカリフォルニアロール

ヘルシーであるという以外に、
巻寿司がアメリカ国民に受け入れられた理由としては、
アボカドを外側にあしらったキャタピラーロールをはじめ、
具材や盛り付けを変えるだけで個性が出せ、
さらにフィラデルフィアロール(クリームチーズを入れたもの)など
「ご当地ロール」が全米各地で開発され、それが浸透していることがあります。

また、天かすを振りかけたり、巻寿司そのものを油で揚げたり、
いろんなバリエーションが楽しめるため、
料理人の創作心をくすぐるのも大きな理由だと思います。

2
外側にアボカドを使たキャタピラーロール

ちなみにタイ料理や中華料理の「食べ放題 (Buffet)」のレストランには、必ず巻寿司が前菜コーナーにあります。
アメリカ人はフィンガーフードといわれる、ちょっとつまめる食べ物が大好き。
特にコロコロした形の巻寿司は、握り寿司よりも人気が高いと思います。

またアメリカ人は「ソース好き」でもあります。
お醤油を器に入れ、そこにわさびを加えてお箸でかき混ぜる
「わさびソース」をその場で作り、
巻寿司をひたひたに浸して食べるのが一般的で、
これがまたアメリカ人の心をくすぐるのかもしれません。

スパイシーソースという、マヨネーズとケチャップを混ぜて
唐辛子を入れたようなものも使い切りサイズで別売りされていますよ。

私が語学を教えているアメリカの短大や大学では、
どのクラスも期末試験は巻寿司大会が定番です。

参加者全員が楽しめ、作る過程や味わう体験を共有できる
日本文化の教育材料として巻寿司は最適なんですよ。
3

私がお寿司の人気を実感したのは、ある出来事がきっかけでした。

それは、フロリダ州ペンサコーラカレッジで
子ども向けにいくつかの外国文化が体験できるサマーキャンプを企画し、
日本のクラスの説明文に「お寿司を作るかもしれません」と書いたところ、
生徒がすぐに集まったのです。

キャンプ初日から「スシ、スシ」のラブコールがあがり、
6歳から12歳までの子どもたちが巻寿司作りを楽しみました。

4 5

生徒たちに「太巻きと外巻き(裏巻き)と、どっちがやりたい?」と聞くと、
全員が外巻き(裏巻き)を希望していました。
外見が「真っ黒」な海苔はアメリカ人にとっては受け入れにくく、
大人も子どもも苦手な人が多いです。

6

そのため海苔の代用品として、
大豆を原料とする薄いグリーンやピンクに着色された
「ソイラップ」と銘打ったシートも売られています。

巻寿司が受け入れられている部分とそうでない部分があること、
そしてその理由は、文化の違いが大きいことを改めて感じました。

ちなみに、日本では「まきずし」と「ず」を濁音で発音しますが、
口の筋肉の動きが異なる英語圏では、「まきすし」と「す」で発音します。

私は毎年、西フロリダ大学の生涯学習センターで
大人にも巻寿司作りを教えていますが、
2月のバレンタインデーに行ったレッスンでは、
桜デンブの代わりにクッキー作りに使うピンク色のスプリンクルを
寿司飯に混ぜて作ったピンク色の巻寿司が人気でした。

フルーツや生クリームを入れる女性もいて、
私自身もアメリカ人たちの自由な発想に驚かされます。

これほど人気のお寿司ですが、
「お寿司=生の魚」というイメージもあり、
全く受け付けない人もいるようです。

そこで私の教室では、カリフォルニアロールに加えて
「スパム」というハワイで人気のハムのような缶詰を使った
「スパム巻」まどを作るなどして「好きな具材を入れて楽しめる」ことを強調しています。

7

これからも日本の巻寿司を、アメリカでもっと広めていきたいと思います!

―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦―◦

以上、アメリカ在住のりょうこさんからのレポートでした!

2015/11/26|

巻寿司海外レポートNo.4 アメリカ編

巻寿司海外レポートNO.4  アメリカ~ポートランド編~

 

 

アメリカの北西部にある都市、ポートランドで

素敵な活動を続けている日本人女性がいるので紹介したいと思います。

 

オレゴン州ポートランド周辺に住む大人女子のための倶楽部

Portland Japan Girls』2012年1月発足。毎月イベントを開催して情報交換や新しいことを相互学習する機会を提供しているコミュニティグループ。チャリティや日本文化を伝承する活動にも積極的に関わっている。メンバーは270名以上在籍(2015年10月現在)

 

こちらを主宰されているエルティング孝子さんと宮永薫さんです。

takako

(左:宮永薫さん 右:エルティング孝子さん 撮影:Hanako Gorrellさん)

 

 

今年の5月には、寿司シェフのウィリス美樹さんを講師に迎えて、

巻寿司&手毬寿司レッスンを開いたそうです。

11846402_10205969409209369_2067244478_n

参加者は、ポートランドに住む日本人女子10名。

手毬寿司、細巻き、裏巻き(カリフォルニアロール)の作り方を教わりました

 

さてここで、問題です!

「皆さん、細巻きと裏巻きはどちらが難しいと思いますか?」

 

裏巻き(カリフォルニアロール)かな?と思った方が多いと思いますが、

答えは細巻きだそうです!

一見シンプルで簡単そうに見えますが、

真ん中に具が来るように巻くのは難しいことなのだそうです。

11846279_10205969410209394_1489598616_n

アメリカでは、普通のスーパーでも巻寿司は売られていて、日本食レストランも大人気!

回転寿司のお店もあるそうですよ!

ただし、いわゆる巻寿司でも日本の太巻きなどとは違って、

裏巻きと呼ばれるカリフォルニアロール系が一般的。

具材は、アボカドとキュウリ、海老やサーモン、かに、まぐろなどが人気です。

 

寿司シェフ美樹さんによると、

アメリカ人はごはんが少なめのにぎり寿司を好むそうです。

日本人はシャリも大事ですよね~。

あまりに少ないと損した気分になりそうです(笑)

 

巻寿司&手毬寿司レッスンの様子は、

孝子さんのブログで公開されています。

ぜひご覧ください。

http://ameblo.jp/shodoshimagakuin/entry-12030504755.html

 

以上、アメリカはポートランドからでした

2015/10/21|

巻寿司海外レポート No.3 パリのMAKI

海外レポート第三弾は、花の都パリです。

空前の和食ブームに湧くヨーロッパ!
フランスでも寿司は人気があり、
巻寿司は、『MAKI』と呼ばれて親しまれているメニューだそうです。

今回は素敵なパリジェンヌお二人にレポートに協力いただきました。
1人目は、パリ在住のピアニストしのぶさん。
パリで人気の回転寿司チェーン店「PLANETSUSHI」をご紹介いただきました!
「PLANETSUSHI」の店舗はピンク色の、一見スイーツショップのような店構えだそうで、日本のお寿司屋さんのイメージとはかなり違うようです。

“MAKI”の種類も豊富だそうで、しのぶさんの生徒さんがハマッているのが
ヌテラ(チョコスプレッド)とバナナを巻いたもの。
おはぎの中身がチョコクリームとバナナ?それともクレープのチョコバナナのような感じでしょうか・・・?
食べられないので想像するしかありません(笑)。

「miss-pink」というストロベリーMAKIもあるそうです。
海苔の代わりに玉子生地で巻いてある、巻寿司スイーツ!!!
フランス料理は、食事に砂糖をあまり使わず糖分をとらないため、
胃を動かす為に食後に甘いデザートを食べるそうですよ。
寿司の締めに、巻寿司スイーツなんて素敵ですね。

ご紹介したMAKIは、PLANETSUSHIの公式サイトでぜひチェックしてください!

さて次に紹介するのは、パリ在住の料理研究家マユさんからの巻寿司情報。
マユさんは、「世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、フレンチ、和食、
和モダン料理とのマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、
パーティーのおもてなし料理を作る出張料理人。」(プロフィールより抜粋)

野菜ジュニアソムリエ・フードアナリストの資格や数々の名店でのシェフの経験を活かし、
パリでお料理教室Mayu’s Kitchen主宰しています。

chef-MAF-japon-1024x768

マユさんは英語、日本語、フランス語で書かれている、とってもお洒落なブログもお持ちです。

出張シェフとして、とあるフランス人奥様のバースデーディナーを作られた際、
アミューズブッシュに作ったという、とんかつロール、カリフォルニアロール、
柚子胡椒と塩麹チキンロール、野菜ロールの写真をブログからお借りしました。
盛り付けも、フレンチテイストで素敵ですよね!

1-DSCN9332 1-DSCN9334

引用;http://mayu-kitchen.com/blog/tonkatsu-maki-porc-pane/

マユさんのお料理教室は、フランス家庭料理や日本料理を、英語、フランス語、日本語で
様々な国籍の方に向けて開催されています。

日本の伝統食’お弁当’コース、巻寿司コースも人気があるそうですよ!

3-DSCN0369-e1363247812766-225x300

日本で開催されることがあったらぜひ行ってみたいですね!

マユさんの公式ブログとFacebookものぞいてみてくださいね。
Mayu’s Kitchen in Paris/ http://mayu-kitchen.com/
Facebook: https://www.facebook.com/MayusKitcheninPais

以上、パリからのレポートでした!

 

 

 

2015/8/26|

海外レポート№ 2 タイの巻寿司編

海外レポートの第二弾は、アジアの台所「タイ」からです!

タイの首都バンコクには、短期出張などで滞在する人を含むと7~8万人の日本人が居住しています。日本人学校に通う生徒数は1500人以上と、東南アジア随一の日本人コミュニティもあるそうです。

 

今回ご紹介するスミさんご一家は、上海から転勤で移動してきてバンコク在住3年目。二人のお子さんがいらっしゃいます。

「外国に住んでいても、子どもたちには日本の四季や行事を教えてあげたい。」と、日本の行事に合わせて伝統的なご飯を作ったり、努力を惜しまないスミさん。節分には「巻寿司」、端午の節句には「柏餅」などを手作りして、お子様と一緒に過ごしているそうです。

bankoku

スミさんにバンコクの食材事情を伺ったところ、日本のものを売っているスーパーが3店舗あるので、お酢も海苔もお刺身もとても簡単に手に入るそうです。生魚もご覧の通り、新鮮な状態で手に入るそうですよ。

バンコク魚売り場

少し高級な食材なら、伊勢丹などのデパートで手に入るので、巻寿司の具材には困らないとおっしゃっていました。

バンコク刺身売り場

スーパーでは巻寿司も売られていて、タイ人はお魚の中では特にサーモンが好きなので、サーモン&トビコの巻寿司や握り寿司が人気があるそうです。

さすがに、レモングラスやニラを巻くことはないようですが、使用しているマヨネーズは日本のものより少し甘く、タイ人好みの味付けになっているそうですよ。

巻寿司ショーケース1

また、タイといえば屋台街が有名ですよね。

屋台ではチキン、ブタを焼いたもの、ソムタム(青パパイヤのサラダ)、カオニャオ(もち米)、麺類、カットフルーツなど様々なものが売られていて

朝食や昼食時は、OLや会社員で大変賑わっているそうです。

屋台1 屋台2

タイ人はフレンドリーで子ども好きな方が多いそうで、スミさん親子も、屋台のおじさんやおばさんに挨拶して登園することが日課だそうです。

今日も子どもたちの元気な「サワディー」という声が聞こえてきそうですね!

 

以上、バンコクからのレポートでした!

 

2015/6/20|

海外レポート№ 1 イタリアの巻寿司教室

海外レポート第一弾は、美食の国「イタリア」からです!

 

ミラノにお住まいの、オペラ歌手YOKOさんは、

地元のG&B LanguageSchoolで日本語講師としても活躍されています。(写真 前列中央)

今回は、YOKOさんが開催した巻寿司教室の様子をご紹介します。

 

mirano1

この学校の日本語クラスは、初級と上級の2クラスあり、メンバーは高校生から年配の方まで大体30名ほど。

mirano2

日本文化を愛するイタリア人には、茶道や花道、着付、日本食の体験クラスはとても人気があるそうで、巻寿司作りのデモンストレーションの前に、生徒たちの目の前で着物を着ると大変盛り上がるとか。

折り紙で箱を作ってゴミ箱にする、などの日本的なことも取り入れて、日本語を交えながら教えているそうです。

mirano3

人気の素材は、やっぱりクリームチーズやアボカド、サーモン、ツナマヨなどのこってり系だとか。

この辺りでは、海鮮は比較的手に入りやすいそうです。

mirano4mirano5

 

「イタリア人に巻寿司の作り方を教える時、難しいことはどんなことですか?」との質問には

「一番難しいのはご飯を炊くことと、米の選び方です。」との答えが返ってきました。

イタリア在住20年以上のYOKOさんは、米の水分量の違いも上手に考えて、お米はちょっと高い日本米を買うか、こだわりのイタリア米を用意しているそうです。

kome

こちらはOriginarioという種類の、ネチョネチョしていてリゾットには合わない(あくまでイタリア人の感想ですよ!)激安のイタリア米です。

お寿司にはこれがぴったり!!ということを発見して以来、愛用しているそうです。

 

また、酢は米酢がなかなか手に入らないので、白ワインヴィネガーを使っているそうです。

普通の酢よりちょっと酸っぱいそうですが、、、。

そして最近、クリームバルサミコ酢が寿司に合っていることを発見!!!

ご飯が黒くなるのですが、面白いコントラストの寿司ができるそうです。

黒い酢飯・・・?これは日本でも流行るかもしれませんね!

 

以上、ミラノからのレポートでした!Ciao!

2015/4/14|

巻寿司海外レポートとは?

日本でも様々な種類の巻寿司を目にしますが、最近では海外でもよく食べられている巻寿司。

海外での巻寿司の発祥は、1970年代にカリフォルニアの寿司屋で誕生した「カリフォルニアロール」だそうですよ。

生魚を食べる習慣のない欧米人向けに、アボカドやボイルした海老を使い、ご飯が表側にくるよう裏巻にされたものをカリフォルニアロールと呼びます。この裏巻というのも、海苔という黒い食品になじみのない欧米人が食べやすいようにという工夫から始まったそうです。

 

ここでは、【MAKIZUSHI倶楽部】事務局のネットワークを使って、海外で行われている巻寿司教室の様子や、海外のスーパーで売られている“スシロール”をご紹介していきます。