巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

揚げゆばの巻寿司レシピ

 

こんにちは!2019年度巻寿司特任大使の川井ゆかりです。
2019年度の後半は、地元栃木県の食材を使ったレシピを作ってきました。

1回目 茎ワカメの細巻き(矢板市・岩手県大槌町)
2回目 「スイーツ巻き」いちごのお萩巻き(栃木県)
3回目 藍の七宝巻き(栃木県)
4回目 シイタケの肉詰めチーズ入り巻寿司レシピ(栃木県矢板市)
5回目 ヤシオマスを使ったバラの巻寿司レシピ(栃木県)

 

そして最終回となる今回は、「揚げゆばを使った巻き寿司」を作りました。


栃木県の観光地といえば日光が有名です。日光東照宮や華厳の滝など、修学旅行や観光で毎年沢山の方が訪れる場所です。
今回はその日光で有名な食材のゆばを使いました。

ちなみに日光のゆばは「湯波」と書き、京都では「湯葉」と書くそうです。
良質のたんぱく質をはじめ、カルシウムや鉄分の量も多く、低カロリーで消化が良い食材です。

 

●具材(1本分)
全形海苔…1枚
すし飯…180g
揚げゆば…2〜3個
玉子焼…1本
キュウリ…1本(1/4にカットしたものを使用します)
ニンジン…20g(細切りなどにして、炒めておきます)
タケノコの煮物…20g(お好みの味付けで煮ておきます)

●作り方の手順
①揚げゆばを砂糖、醤油、出汁などで好みの味付けで煮ておきます。

②旬のタケノコを好みの味付けで煮ておきます。

③彩り用に、ニンジンを炒めておきます。

④全形海苔の上にすし飯180gを全体に広げます。

⑤揚げゆば、キュウリ、タケノコの煮物、ニンジン、玉子焼を並べて巻きます。

⑥くるりと巻いて、8等分にカットして完成です。

2019年度巻寿司大使としてのレシピレポートは、これが最後になりました。
巻寿司を通して、栃木県や栃木県の食材を知っていただき、そして、みなさんの身近にある地元の食材を使った巻寿司を作っていただけたら嬉しいです。
一年間ありがとうございました。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

本レシピの具材「玉子焼」については、こちらから♪
「巻寿司の具材あれこれ」
https://makizushi-club.com/howto/

 

 

旬の食材・鰆(さわら)を使った巻寿司レシピ

こんにちは、2019年度巻寿司特任大使の上田直美です。
旬の食材を使った巻寿司を作ってみました!
だし巻き玉子は薄焼きにして、細切りにしておくとふんわりとした食感になりますよ。

●具材(1本分)
全形海苔…1枚
すし飯…200g
だし巻き玉子の細切り…30g
おぼろ…10g
ホウレン草…1束(茹でておく)
鰆の西京漬けの切り身…1切(横に半分に切っておく)

 

●作り方の手順
①全形海苔の上にすし飯を広げる。

②おぼろを広げる。

③ホウレン草をのせる。

④だし巻き玉子の細切りをのせる。

⑤鰆の切り身をのせる。

⑥巻きすを使って、巻いていく。

⑦完成です。

 

この巻寿司のレクチャー動画です!ぜひ作ってみてくださいね。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
→ https://makizushi-club.com/howto/maki

本レシピの具材「おぼろ」については、こちらから♪

「巻寿司の具材あれこれ」
→ https://makizushi-club.com/howto/

おうちで過ごそう!楽しく過ごそう!zoomでリモート巻寿司教室

 

こんにちは。2019年度巻寿司特任大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。

新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言が出されて、
みなさんご家庭での時間が増えたのではないでしょうか?

子どもたちも大人も、コロナ疲れが出始めているのではないかと思います。

 

今回は、お家にいながら巻寿司教室に参加できる、zoomを使ったリモート巻寿司教室の
様子をお伝えします。

 

まずは自宅で、食材やパソコンをセットします。

自宅なので、私自身もリラックス。掘りごたつにスタンバイしました。

本日は、リクエストに応えてフレンチブルドッグ!
そして、個人的に好きなペンギンも巻きます。

zoomの使い方は、私がホストになってミーティングを開き、
生徒さんにURLやパスワードなどをメール送信して招待します。
ゲストとなった生徒さんは、送られてきたURLをクリックし、パスワードを入力すれば、
互いに繋がります。とても簡単です。

手元や表情が映るようにカメラ位置を工夫すれば、臨場感がありますよ。

 

ペンギンの出来上がりをカメラに近づけて見せてくださいました。
上手にできています。初めてなのにすごい!

こちらは、生徒さんのスマホから見た私です。スマホの画面の大きさでも、
巻寿司の作り方を充分に伝えられたようです。

大変な状況が続いていますが、自粛中のご家庭でも、ストレスを感じず楽しく過ごしてほしいと思います。

zoomを使った巻寿司教室をこれからもできたらな、と思っています。

「おうちで過ごそう!楽しく過ごそう!」をモットーに、
みなさんもご家庭で、親子やご夫婦で、じっくりと巻寿司を作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

一日でも早く、新型コロナウイルスの感染拡大が収束するよう、心から祈っています。

 

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments