巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

こんなに簡単に巻けるんです!

こんにちは、2018年度寿司大使の武田折恵です。
今年の節分、巻寿司レッスンは、
「目からウロコ」に「目が点になる」方が続出でした!

まずは一日目、1月26日(土曜日)二葉公民館さんで開催した「親子巻寿司講座」です。
巻寿司を初めて巻くというお子さんから、巻寿司世代のマダムまで
17名様と巻寿司作りを楽しみました。

まずは私のデモンストレーションから。
具材を置くポイントと、大きさ、巻くコツなどをお伝えします。
そして、いよいよ巻寿司を巻くという時にいつも言うんです。

「瞬き厳禁ですよ~!!」

すると、みなさん「なぜ?」って不思議そうにされます。
そして実際に私が巻寿司を巻いてみると、
皆さんの目は「?????」が何個付くかというくらい見開いて、
言葉を失っています。

そして「えっ?もう巻けたんですか?」「こんなに簡単に、巻けるんですね」
と、言ってくださいます。

そんなデモンストレーションを見ていただいたのち、
いよいよ皆さんにも巻いてもらうのですが、
自分で巻いた巻寿司にも、驚きを隠せません。

「初めて!綺麗に具材が真ん中に入ってる!」
「こんなに簡単に巻けるなんて知りませんでした」
「こんなに簡単ならお家で巻いてみたいです」

皆さん、体験するまで巻寿司を難しく考えすぎていたみたいです。
私がお伝えする具材の置き方と、巻く時のコツがお役に立ってとても嬉しいです。

是非お家でも巻寿司作りを楽しんでくださいね。

恵方巻は、静かに食べるべし!

こんにちは、2018年度寿司大使の武田折恵です。

節分というと、その年の良いとされる方角の方を向いて、
恵方巻を切らずに食べると、ご利益があるとされていますよね。
今回は、20人の小学生の皆さんと恵方巻作りを楽しんだ時の
様子をレポートいたします。

まず、私のデモンストレーションから。
巻寿司を巻くのを見たみんなが目を真ん丸にして
「えっ?もう巻けたの?」「そんなに簡単にできるの?」
「私も、できそう!」

などなど、あっという間に巻ける巻寿司にビックリした様子の子どもたち。

そして巻く前から
「これお母さんに食べてもらうんだ」「巻寿司大好き!」
「先生の巻寿司は、美味しいから好き!」

と、いつも以上にテンションMAX。

いろいろな年齢の子どもたちが集まっての巻寿司づくりでしたが、
思った以上に早く、上手に巻くことができ、私の方がビックリしちゃいました。
一番早く巻けた子は、5分もかからなかったほど^^


巻寿司って難しいものって思われている方が多いのですが、
こうして小学生の子どもたちでも、簡単に巻けるんですね。

日本の伝統食文化、巻寿司。
「難しく考えないでね」と、子どもたちにはいつも伝えています。
子どもの時から、巻く楽しさを知っておくと、
家でも巻く機会が増えるのかな?と、思います。

晩御飯の残り物や、スーパーのお惣菜だって立派な具材になると教えると、
さっそく、「おうちにある具材で作りたい」と、張り切っていた子どもたちです。

さて、いよいよ出来上がった巻寿司の試食タイム。
今年は東北東に向いて食べるのですが、
うっかり私が「みんな美味しい?」と聞いてしまったのですが、
子どもたちは「・・・・・・・」。


「あれ、どうした?美味しくないの?」

静まりかえった実習室に、私の声だけが響き渡っています。
すると、ある女の子が口元に人差し指を押し当てて「し~!」
そうすると、他の子供たちも一斉に「し~!」


あらら、私ったら、恵方巻の食べ方をすっかり忘れていました。
「だまって静かに最後まで食べる」
これが決まりでしたね。

食べ終わった子どもたちから
「先生~しゃべっちゃいけんのよ!」って叱られちゃいました。

楽しい、節分の日の恵方巻教室でした。

地元食材を巻寿司で味わう!

こんにちは!巻寿司大使の田中佳代子です。
今回は地元、鳥取県の食材を使った巻寿司をご紹介したいと思います。

鳥取と島根の位置がわからないなんて話題になるほど、存在感の薄い?鳥取県。
この機会に、みなさんに鳥取食材を知ってもらおうと応援団のつもりでレポートします。

使った食材はブロッコリー、白ネギ、ニンジン、赤からし菜、きくらげ。
もちろんどれも鳥取県産。

まずは、食材の下ごしらえ。

ブロッコリーは茹でて、水気を切ったら細かく刻んですし飯に混ぜます。


次に白ネギ。こちらはみじん切りにして、玉子焼を作りました。


ニンジンとからし菜はさっとゆで、ニンジンは出汁醤油、
からし菜は甘酢につけておきます。
赤からし菜こんなにきれいな野菜なんですよ。


「きのこ王国」として売り出し中の鳥取県では、
たくさんの種類のキノコが手に入るのですが、
その中でも私が好きで、冷蔵庫に常に入れている「きくらげ」。
今回は佃煮になったものを使いました。

下ごしらえが終わったらいよいよ巻いていきます。

ブロッコリーのすし飯を海苔の上に広げたら、大きめの具材は手前に、
細かい具材は奥のほうに、隣り合う色の具合も考えながら具材を置いていきます。
そしてクルっと巻き上げればできあがり。


色鮮やかな、地元食材丸ごと巻ができました~!

「身土不二」という言葉もあるように、地元の旬の食材や伝統食は身体にも優しく、
しかもお手ごろな値段で手に入ります。
地元の旬な食材を、巻寿司に取り入れてご家庭でも作ってみてくださいね。

2019/3/12|