巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

冬野菜たっぷり巻寿司教室を開催しました。

こんにちは。巻寿司大使の八幡名子です。
昨年末に開催した冬野菜たっぷり巻寿司教室のレポートをしたいと思います。

冬野菜の代表であるダイコンは、青首ダイコンに赤ダイコン、太いもの細いもの、
また味も甘いものから辛いものまで様々な種類があります。
今回はその種類の多さに注目!

数種類のダイコンをチョイスして、巻寿司の具にしました。
白いダイコンは八王子の伝統野菜「高倉ダイコン」。
現在、2軒の生産者さんしか作っていらっしゃらないという貴重なダイコンです。

それから赤ダイコンや紫ダイコン、中が赤い紅芯ダイコンなど(全て八王子産)、
色が綺麗な所に惹かれて購入したダイコン達です。

塩やお酢につけるとさらに鮮やかに発色するので、巻寿司向きですね!
黄色い柚子も具の一つに加えて、より冬らしさを出しました。


ある日の教室の具材。
左上:高倉ダイコン 右上:赤ダイコン 左下:柚子 右下:紫ダイコン

巻寿司に欠かせないお米は「伊勢ヒカリ」を使用しました。
(伊勢ヒカリは伊勢神宮の御神田で発見されたお米で、私は最近このお米に出会い、その香りと美味しさに感動しています。)

巻寿司を作るのが初めての方もいらっしゃいましたが、冬を感じるダイコンと柚子の香り、
お米の香り、海苔の香り、お酢の香り、そして巻きすの竹の香り・・と
様々な香りのハーモニーを感じ、巻寿司という日本文化に触れられたと、
皆さん喜んでくれました。


柚子は「獅子柚子」(多摩産)を使用しました。一般的な柚子より数倍も大きな柚子です。


年末年始のおもてなし用に、おめでたい紅白の色合いにしてみました。

冬野菜たっぷり巻寿司と一緒に、サンタクロース飾り巻き寿司も作りました。
飾り巻き寿司の楽しみはカットすると絵が出てくるところです。

みんなで同じパーツを作って組み立てていくのですが、
カットした時に現れる絵はなぜか作る人によって違うのです。そこが飾り巻寿司の醍醐味!


サンタクロースの帽子の黄色い部分は、教室開催場所の近所で有名な卵焼きを使用しました。

巻く食材はその場所で探すのも私の楽しみの一つとなってます。
巻寿司。この小さな世界の中に沢山の夢や希望、想いをのせられます。
・・というとちょっと大げさかもしれませんが、
私は巻けば巻くほど本当にそう思ってしまうのです。

巻寿司文化に万歳!

お正月に家族に喜ばれた、カリフォルニアロールを巻きました。

こんにちは、2018年度寿司大使の武田折恵です。
今回は、超初心者さんでも簡単にカリフォルニアロールを巻ける作り方をご紹介いたします。

「カリフォルニアロール」といっても、好きな物を裏巻で入れるというもの。
今回は、サーモン・アボガド・厚焼き玉子・海老・キュウリを入れました。
最近はお店で、とびこを手軽に購入できるので便利になりましたね。

この「カリフォルニアロール」は、巻寿司の中でも超初心者さん向けと思っています。
なぜなら、巻寿司の仕上げは“とじ目”を合わせて閉じないといけませんが、
カリフォルニアロールはのの字に巻くだけなので、実は手軽で簡単なんです。

【材料】1本分の材料
すし飯・・・・・・300g(約1合)
サーモン・・・・・2cm角、1本
アボガド・・・・・3~4枚(スライスした物)
海老・・・・・・・3~4本(ボイルした物)
厚焼き卵・・・・・1×2cmを1本
きゅうり・・・・・細切り1本
とびこ・・・・・・適宜
海苔・・・・・・・全形1枚
サニーレタス・・・2~3枚
【作り方】
① 巻きすの上にラップをのせ、その上に海苔を置き、200gのすし飯を全体に広げる。
② ①の上にラップを全体にかけて、持ち上げ、海苔の面が見えるようにひっくり返し、ラップを外す。
③ 海苔半分に、残りのすし飯100gを広げる。
④ ③で広げたすし飯の上にサニーレタスをのせ、その上に手前から厚焼き玉子、サーモン、キュウリ、その上に海老をのせる。
⑤ ラップを巻き込まないようにしながら、巻きすを使って“のの字”になるように手前から巻いていく。
⑥ すし飯が外回りになっていることを確認して、すし飯にとびこを貼り付けていく。
(スプーンで上からかけてもOK)
⑦ ラップをもう一度巻いて、ラップのかかった状態で8切に切っていく。
※ラップが巻寿司に残らないように、よくチェックして下さいね。

手作りって良いですよね。
是非、おうちで巻いてみてくださいね。

意外な発見!こんな巻寿司見つけた!

こんにちは。巻寿司大使のmika makkinen ミカ巻キネンです。
いろいろな巻寿司を巻くうちに,ますます巻寿司愛が高まっています。

他の巻寿司大使の方々のレポートでいろいろな巻寿司をみつけては
「すごい!」「おもしろい!」と楽しんでいます。

先日はお気に入りのパン屋さんのあるパンを見て
「これを巻いてみたい」と思い挑戦してみることにしました。
それは食パンで作った海苔巻です。
この写真がパン屋さんのものです。


「おもしろくって可愛い」は私にとっての大ストライク!
さっそく作ってみることにしました。

まず、まな板の上にラップを敷き、その上に半切りの海苔を置きます。
その上に6枚切りの食パン(ミミを落としたもの)をのせて
全体にマヨネーズを塗ります。

好きな具材を中央よりも少し手前に置いて、ラップごと海苔巻と同様に巻きます。

しばらくおいて,馴染ませます。

あとはいつも通り切るだけです。
パン屋さんで見ただけで「こんな感じかなあ」と想像しながら作ったので
どんな仕上がりになるか心配でしたが可愛らしくできました。
目を細めて見たら,本物のすし飯で作った太巻みたいです。

一つだけすし飯の太巻を混ぜてみました。
どれだかわかりますか?

中に入れる具材は冷蔵庫にあるものでOK!
パンと海苔は、意外と良く合います。

すし飯が嫌いなお子さんなら、食パンを使って作る巻寿司は
喜ばれそうですね。
誕生パーティーに作っても、華やかで楽しくなりそうです。

巻寿司の世界は色々なところにヒントがいっぱい!
これからも面白そうなことにはどんどん挑戦して、
巻寿司道を深めていきたいと思っています。
みなさんもぜひ、食パン巻寿司にチャレンジしてみてくださいね。

2019/2/5|

もうすぐ節分

こんにちは。巻寿司大使の池田美智江です。

もうすぐ節分なので、今回は手軽に作れる巻寿司のご紹介です。
具だくさんの恵方巻もありですが、小さなお子様には食べにくいし、嫌いな具もある・・・。そんな悩みを解消する恵方巻をご紹介します。

見て楽しめて、小さなお口にもピッタリ。お母さんにとっても簡単。
是非作ってみてくださいね。

【材料】
★赤鬼★
・すし飯(白)60g
・すし飯(赤)60g
★青鬼★
・すし飯(白)60g
・すし飯(青)60g
★おたふく★
・すし飯(白)60g
・すし飯(赤)60g
※おかか・のり・玉子・梅肉、ハム・おからパウダー・白ごま・おぼろ

★おからパウダーの着色方法
・おからパウダー20gに水80ccを加えて生おからに戻す。
・先ほどのおからを鍋に入れ出汁と砂糖を入れて炊く。
・最後に青色素を少し加え着色する。

★赤色のすし飯を作る
・すし飯50gにおぼろ10gと梅肉を少々混ぜる
★青色のすし飯を作る
・すし飯55gに青色に着色したおから5g混ぜる

【巻き方】
1、 のり1/2に赤色のすし飯60gをのせ丸く
2、 のり3/4の上に1cm端を残して、着色していないすし飯60gを広げる
3、 2のすし飯の上に白ごまをちらし、1で作った巻寿司をのせ巻く(赤鬼完成)


4、 同様に青鬼・おたふくを巻く
5、 5等分に切る
6、 おかかで鬼の髪の毛、玉子で角、のりで目や口をハムでほっぺたをつけたら鬼の完成。
おたふくは髪の毛、目や口をのりでつけて完成

3色巻き

手のひらサイズのひと口巻寿司の完成!!


今年の恵方は「東北東」。
恵方巻はコンビニ、スーパーあちこちで売っています。
お子様といっしょに1本丸かじりしちゃいましょう。
あっ、豆まきも忘れずにww

皆様のご自宅に福は内っ。
浪速の巻寿司大使でした~!

2019/2/1|

長い恵方巻にチャレンジ!

2018年度巻寿司大使 川井ゆかりです。
12月2日に地元ボランティアグループのデコずし講座で、うさぎちゃんとあきた巻を作りました。

うさぎちゃんは、お子さんのお弁当にちょうど良いサイズでとっても可愛い柄。
「あきた巻」は、2017年度MAKIZUSHI大使のくるみ先生考案。
簡単に巻けて、華やかでアレンジがきくとても素敵な柄です。

今回で3回目の講習会なのでみなさん手際がよく予定時間より早く作れました。

来年2月3日節分の日にあわせて、長い恵方巻を作るイベントの依頼があり、
今回レッスン終了後にご協力いただきみんなで事前練習しました。
今回の為に5メートルの海苔を特注しました。

みんな初めて見る長い海苔にテンションがUP!
呼吸を合わせ、「美味しくなーれ!」の合言葉で一斉に巻き上げました。

出来上がるとみんな笑顔。
「楽しかったー!」との声があがりました。

来年の本番は14メートルの恵方巻を作る予定です。

動画もぜひご覧ください!!
↓↓

話題のあれを使って巻寿司を巻いてみました!!

こんにちは!
巻寿司大使の田中佳代子です。
今回は話題のベジートを使った巻寿司の紹介です。

『ベジート』は廃棄されてしまう規格外の野菜と寒天のみをシート状に加工して、
野菜の栄養・食物繊維を詰め込んだ新しい食材。
賞味期限も2年くらいと長いので、長期保存も可能です。
今回はこれを海苔の代わりにして巻寿司を作ってみました。

こんなに色鮮やかで、そのうえ栄養もあるなんていいですよね。
この商品自体はパリパリとしているので、巻寿司を巻く前に少し水分を含ませておきます。
霧吹きでもいいですし、今回は濡れたふきんの上に少し置いておきました。

オレンジ色のベジートに合うようにカラフルな巻寿司にしたいと思ったので、
具も色合いを考えながら色々そろえてみました。

ほうれん草のナムル、玉子焼、カニ風味かまぼこ、たくあん、
茹でてさっとしょう油にくぐらせたニンジン、そして、ピリ甘辛の肉みそそぼろ。
あとは、普通の巻寿司と同じように、ベジートの上にすし飯を広げ、具を置いてぐるりと巻きます。


巻き終わりはこんな感じですが、実は少し失敗・・・
欲ばって具材を入れすぎてベジートが破れてきたところがあったので、
この後ベジートをもう一枚、上から巻きました。
結果的にはオレンジ色がはっきりとしたので良かったかな!
もう少し、細い巻寿司なら1枚で大丈夫だと思います。


出来上がりはこんなカラフルでかわいい巻寿司になりました。
味は野菜をペースト状にして乾燥させているためか、野菜のうまみがギュッと濃縮されていて、
少し甘みを感じました。
薄いシートなのにパワーがあります。

捨てるはずのものを使って、カラフルで、おいしいなんて!エコでいいですよね。
新しいものをどうやって使おうかな、なんて考えることが好きなので、
失敗しながらも楽しく巻くことができました。

食材を工夫することで無限に可能性やおいしさが広がる巻寿司。
いろいろ試して楽しんでくださいね。

結婚式でも…!

こんにちは
2018年度巻寿司大使の恵方マキです。

先日、「結婚する友人に、飾り巻寿司のお祝いを送りたい」とのご依頼をいただき、
飾り巻寿司でお祝いをさせていただく事になりました。

当初は、お二人にあった飾り巻寿司をディスプレイする予定でしたが
会場全体を盛り上げることが出来るデモンストレーションをすることにしました。

会場は、大型商業施設『トリアス久山』(福岡県糟屋郡)にある結婚式場『スイートヴィラガーデン』。
ホテルのスイートルームのような邸宅を貸し切って行う、まるで外国映画にでてくるようなアットホームな結婚式場で、私もうっとりしてしまいました。

ちなみにお二人の出会いは
新婦がされていた猫カフェへ、新郎がお客様として訪れたことがきっかけということで、
猫が大好きなお二人の結婚式は、ドレスコードも猫。

お客様も猫柄のドレスや猫の着ぐるみを着ていらっしゃったり、
男性のネクタイピンが猫だったりと、見渡す限り、猫、猫、猫!

私も、皆さんと同じようにネコちゃんメイクで
飾り巻寿司のデモンストレーションをさせていただきました。


デモンストレーションが始まると
会場のお客様は、初めて見る飾り巻寿司に釘付け!

以前、ラジオ番組でご一緒させていただいた事もあるMCさんのトークに導かれ
デモンストレーションの間も大盛り上がり!
会場からの笑いがたえませんでしたよ。

デモンストレーションでは、お祝いの字と
お二人の大好きなネコちゃんの肉球を作らせていただきました。

出来上がった巻寿司を切った時の会場に響き渡った大きな歓声が、今でも耳に残っています。切った飾り巻寿司は、新郎新婦に食べ合いっこをしていただきました。
仲睦まじい姿を見ることができ、心がほっこりしました。

私の出番が終わったあと、ご依頼くださった方や会場のスタッフの方から
「飾り巻き寿司ってこんなに盛り上がるんですね!」
という言葉をいただけて嬉しかったのを今でも覚えています。

お二人の幸せな時間の一ページを描くお手伝いが出来たこと、
本当に光栄に思います。

郎新婦のお二人へ。
猫ちゃんのようにお互いを癒しあえる、素敵なご夫婦になってくださいね。

最後に、ご依頼いただいたT様、そして式場関係者の皆様、
大変お世話になりました。

河内小学校の5年生の皆さんと巻寿司づくり!

こんにちは。2015年度巻寿司大使の上田です。

先日、広島市佐伯区にある河内小学校の5年生の皆さん
保護者の皆さんと
巻寿司づくりを開催しました。

急に寒くなりましたが、欠席の方もいらっしゃらず
約70名での開催。


男の子も、女の子も
上手に巻寿司を巻いていきます


恒例の巻寿司クイズ

今回は、ちょっといつもより難しい問題を出してみましたが
さすが5年生!
正解の方が多かったです。

「巻寿司を、食べた事がある人?」
の質問には、たくさん手が挙がったけども

「実際に巻寿司をまいた事があるよー!」
って児童は、少なかったのがちょっと残念!

節分前にはスーパーや、コンビニでも
恵方巻の予約がさかんに行われたりする現代の子どもにとっては
「巻寿司は、買って食べる物!」
と、いうイメージなのかもしれませんね


今回、初めての巻寿司体験にもかかわらず
巻寿司をまく手順、そして巻寿司を巻く道具の説明も
しっかり聞いてくれたおかげで上手に巻けました


授業の最後は、自分の切った巻寿司を試食!



保護者の方からも「美味しかったです」と、
嬉しいお言葉をいただきました

生徒の皆さんには、【まきす】と巻寿司の冊子をプレゼント!
これでお家での巻寿司作りもばっちり♪

河内小学校では、地域の方と一緒にお米を作るそうで
この秋に収穫した新米を使って
巻寿司作りをしました。

自分たちで作ったお米を使って、調理して、いただく。
ステキな取り組みですね♪


河内小学校の5年生の皆さん、
ありがとうございました!
ぜひ、お家でも作ってみてくださいね!

簡単・きれい・美味しい『のの字巻き』

2017年度巻寿司大使の仲野谷です。
久しぶりの投稿となりましたが、11月9日と16日に開かれた
巻寿司講座のレポートをお届けします。

今回の講座は、秋田市内の保育園や幼稚園の給食に携わっている栄養士さん、調理師さんたちの『勉強会』として行われました。

一昨年、昨年も講師を務めさせていただきましたが、皆さん調理のプロということもあり、とにかく勉強熱心で、私自身、とてもやりがいを感じる講習会となっています。

毎年会員さんが増えているそうで、今年は2日に分けての開催となりました。

「季節的な絵柄を巻きたい」という要望をいただいたので、
オリジナルの『クリスマスツリー』をメインに、
デモンストレーションで3種類、実習で2種類の飾り巻き寿司を巻きました。

まずは『のの字巻き』のデモンストレーション。

この『のの字巻き』、巻き方は普通の巻寿司と同じなのですが、
巻いてから少し押しつぶして、しずく型にします。
そうすることで、ちょっとおしゃれな感じになります。

また、すし飯の量は約80g、巻いた後は一口サイズにカットするので、
保育園や幼稚園の子供たちにも食べやすい大きさなのです。

栄養士さんの工夫次第で、具材も子供たちの好みやアレルギーに対応できますし、
郷土の野菜や食材などを入れてもいいとアドバイスしました。

初めて巻寿司を巻くという方々に、この『のの字巻き』披露するととても喜ばれますが、
今回、子供たち向けの講座でも喜んでいただけたことから、
今後どんどん広めていきたいと思いました。

そして、実習では『クリスマスツリー』と『四海巻』を巻きました。

参加者の中には3年連続で参加くださった方もいて、とにかく手際がよいのには関心させられました。
そして何より皆さんのプロ意識が高く、「この講習会で得たものを少しでも現場で役立てたい」
という意気込みで参加されているので、打ち合わせの段階から真剣そのもの!!
こんなに熱心な栄養士さん、調理師さんのいる園なら、安心して子供たちを任せられますね。

たくさんの方々に支えられて、秋田でも巻寿司は盛り上がってます!

クリスマスに巻寿司を!~民泊で巻寿司。カフェのような居心地の良さ~

こんにちは。巻寿司大使のmika makkinen ミカ巻キネンです。
ますます巻寿司愛がとまらない私ですが、今回は雰囲気を楽しみながら、
クリスマス巻寿司を作ったイベントについてお知らせします。

場所は高松市の民泊『Un Reve アンレーヴ』をお借りして
クリスマスデコずしイベントを行いました。
民泊といっても、部屋はカフェのように素敵で、
居心地の良さを感じながら楽しく巻くことができました。

今回は、デコずしを巻くのが初めての方も多かったので、海苔の裏表や、
巻きすの使い方などを丁寧に説明しながら作りました。

「難しそう」「できるかな」と不安に感じている方もいらっしゃいましたが、
みなさん手先が器用で、とても上手に巻いていました。

「これでいいのかな」「すし飯が広がらない」と、
作っている過程ではうまくできるのか半信半疑でしたが、だんだん楽しくなってきて
「工作してるみたい」「粘土遊びとも似てる」という声も!

今回の生徒さんはみなさん幼児教育に携わっている方々ばかりだったので、
さすがに発想が豊かです。

一番楽しくて、一番ドキドキするカットの時間。
包丁に水をはわせて緊張の一瞬です。

私が切る時にも、「うわぁ~」「できてる」と拍手とともに歓声があがりました。
「う~ん」「曲がってるかも」と心配していましたがカットした瞬間、
そんな気持ちは、ふっとんだようです。とてもいい笑顔。

「きゃあ~よかった」「かわいい。できてる」とあちらこちらで歓声があがりました。

巻き終えたあとの、この笑顔!みなさん自分の巻寿司に大満足。
「家に帰って見せよう」「パーティーは明日だから、もう一回巻かなきゃ」
とクリスマスにも巻寿司を楽しんでくださるようです。

すてきなカフェのような居心地のいい空間の中で、
おしゃべりを楽しみながら巻寿司を巻くことができました。
「巻寿司って楽しい!」って思ってもらえたのではないでしょうか。

私の大好きな巻寿司をたくさんの人に伝えていきたい!楽しさをわかってほしい!
という思いが伝わってたらいいな!

きっとこの笑顔が答えですね。巻寿司はみんなを笑顔にする力がありますね。