巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

2019年06月

この季節しか食べられない!山菜おとな巻寿司

こんにちは。2019年度巻寿司大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。

先日、岡山北部の山に山登りした近所の方から、お土産をいただきました。みずみずしいわらびと、山椒の実です。今年は例年よりも気温が低く、6月になってもわらびや山椒が採れるところがあるそうです。

わらびも山椒も、この季節にしかにしか食べられない山の恵です。しっかりと下ごしらえをして、巻寿司にしてみました。

 

●具材(1本分)

全形海苔…1枚

すし飯…170g

山椒の実…適量

わらび…適量

納豆…1パック

大葉…4~5枚

白ごま・黒ごま…適量

●作り方の手順

①山椒の実とわらびのアク抜きをします。

山椒の実は水に30分程漬けたあと沸騰したお湯で茹で、たっぷりの水に漬けて一晩置く。

わらびは、硬い部分を切り落とし、水洗いする。沸騰したお湯に重曹を入れて少し冷ましてからワラビを漬け、一晩置いて水洗いする。

と、このように、下こしらえだけで一晩かかります。山菜おとな巻寿司を作るまでの道のりは遠い。。。

 

②さて、翌朝です。山椒の実とワラビの準備が整いました。全形海苔に向こう側2~3cm空けて、すし飯を敷き詰めます。白ごま・黒ごまを適量ふりかけます。
 
 
③中央よりも手前に大葉を敷き、その上にタレと和えた納豆、山椒の実を置きます。

 

④その横にワラビを置きます。


 
 
⑤親指は巻きすの下、人差し指で酢飯と海苔、残りの指で具材を押さえ、海苔の手前から向こう側のすし飯の端に向かって巻きます。(今回は、写真を撮っていたので、左手しか映っていません。)


 
 
⑥山の恵たっぷり、もう終わりが来ている春の最後のほろ苦さを感じられます。山椒の実はプチッとした食感で、味もピリリと効いていて、大人の味の巻寿司の出来上がりです。

一杯飲みたくなりますね。

2019/6/22|

アメリカの巻寿司事情

アメリカオレゴン州在住、巻寿司大使の加藤真記です。
先日、ある方から「プライベートスクールのファウンドレイジング(子供たちの活動費用を作るためのイベント)で巻寿司をみんなで売りたい」という依頼をいただいたので、試作品を作ってみることにしました。

写真は、お野菜中心のベジタブルロールです。
中はニンジン、アボカド、キュウリ、かんぴょう、厚揚げが入っています。
案外美味しいですよ、ぜひ試してみてください。

今、一緒に働いている新人の女性がわさびとガリを詰めるとき「この木をいれればいいのよね、木?これは草なの?」と言いました。
「あー、バランのことか」と思い、ちょっと笑ってしまいました。

彼女にとっては全然意味がわからないものだと言っていましたが、その通りですよね。
私もバランの意味が分からなかったのでちょっと調べてみたところ、
「ハラン」という植物の名前がその由来となっているようでした。

子供のころ庭の端のほうにあったような、見覚えがある植物です。
日本料理で料理の飾りにハランの葉を包丁で細工して使ったりするようで、プラスティックでできた緑色のバランはこれを模して造られたようです。

ウィキペディアによると、人造バランは『「ハラン」が連濁して人造がとれて短縮して「バラン」と呼ばれるようになった』とか。(引用元:ウィキペディア

ついでに「わさび」はアメリカでもほぼ「わさび」で通じますが、お寿司に興味がない人は知らないこともあるので、その時は「ジャパニーズホースラディッシュ」で通じると思います。

「西洋わさび」といわれるものもありますが、アメリカではペーストタイプが瓶詰で売られていることが多く、ローストビーフに合わせたりします。
機会があったらぜひ試してみてくださいね。

最後に、私が自宅で開催している巻寿司教室はいつも少ない人数で、お友達同士で参加される方が多いのですが、たまにお一人で参加された生徒さんたちが私の教室でお友達になられるのを見るととてもうれしくなります。

この一年間MAKIZUSHI倶楽部では勉強させてもらったり、モチベーションにつながったりと感謝の気持ちでいっぱいです。大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

外国人育成すし和食学校で巻寿司レッスン

4月21日、名古屋市にある外国人育成すし和食学校オールジャパンすしアカデミーさんへ
巻寿司大使の太巻寿司をレクチャーに行ってまいりました!

今回のご依頼のメインは伝統の細工寿司でしたが、せっかくなので
「基本的な巻寿司も実際に体験してもらう!そして、何より食べて味を知って欲しい」
という願いも込めて、急遽、太巻もレッスンに取り入れさせていただきました!

細巻や四海巻は勉強しているとのことでしたが、
太巻を巻くのは初めてという生徒さんが多くてビックリしました!

先ずは、太巻は私の世代が子供の頃、母親が運動会や遠足でよく作ってくれて
みんなが喜んで食べたお袋の味であるということを伝えました。
そして「巻寿司の基本なので、初心にかえって巻いていきましょう!」といよいよレッスン開始。

1、道具である巻きすの説明から!裏表と上下の見分け方を説明しました。

2、巻寿司の最大の食材である焼き海苔と黒海苔の説明、(今回は焼き海苔を使用)
こちらも裏表と上下があることを説明しました。

3、いよいよ巻いていきます。
今回用意した基本的な食材は玉子焼、かんぴょう、カニ風味かまぼこ、煮椎茸、ピンクおぼろ、そしてキュウリです。

4、シャリを海苔の上(向こう側)3センチ位開けて均等に平らに敷きます。

5、具材は最初にピンクおぼろを敷いて、次に煮椎茸、そして玉子焼、カニ風味かまぼこ、キュウリの順番に。
玉子焼とカニ風味かまぼこをかんぴょうで囲うように配置して巻きましょう!

6、巻く形は、①関東風はかまぼこ型やトンネル形、②関西風は四角や丸形、と①②いろいろありますので好きな形でどうぞ。

7、巻いたら切ります!
切り方は、関東風は8つ切り、関西風は9つ切りで切ってもらいます。
生徒さんが選んで巻いた形により、切り方が違うサプライズ(笑)
 

8、好きなお皿に盛り付けして出来上がり!(盛り付け用の化粧笹も添えて)
シンプルなのに、生徒さんの個性が出て楽しい太巻になりました!

私のレッスンでは、いつも寿司職人としての勘と感覚で巻寿司を作ってもらいます。
詳しい分量やレシピはMAKIZUSHI倶楽部ホームページにものっていますので、
ぜひ参照なさってみてください。

→ おいしい巻寿司の作り方

生徒さんや先生、トレーナーの方に聞いた感想は…

「作ってみて実際に食べてみて、美味しくて楽しい!」
「生ものも大好きですが、生もの抜きの巻すしも食べられる!」
「苦手な訳では無いけれどあまり食べた事が無かったが、美味しくていくらでも食べられる!」
など「美味しい」という感想もたくさんいただきました。

太巻は見た目シンプルですが、さすが伝統の巻寿司。大好評でした。
巻寿司を通して日本の食文化を楽しく体験できた良い経験でした。
皆さんありがとうございました。