巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司レシピ

数の子とワサビ菜を使った大人の巻寿司レシピ

こんにちは。2019年度巻寿司特任大使、鹿児島の毛利滋子です。
今回は、歯応えのある数の子とワサビ菜を使った巻寿司レシピをご紹介します。

■具材(1本分)

全形海苔…1枚
すし飯…200g
数の子…2腹
ワサビ菜…適量
削り節…10g
濃口醤油…適量

*削り節と濃口醤油は合わせておきます。

■作り方の手順

①全形海苔の上にすし飯を広げます。
すし飯は少し甘めがお勧めです。

②すし飯の中央に、ワサビ菜、数の子、削り節を置きます。

③全体を巻いて、完成です。

数の子の食感がたまりません。ぜひ作ってみてくださいね。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

毛利大使のFaceBookはこちらから!

https://www.facebook.com/mouri.p.friend

 

2020/4/1|

香り豊か!ゴボウたっぷり【ゴボウづくし巻寿司レシピ】

こんにちは。2019年度巻寿司特任大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。

私は好き嫌いが多く、子どもたちが苦手なものは大体私も苦手だったりするのですが、ゴボウは大好きなんです。
今回は、ゴボウをたっぷり使った「ゴボウづくし巻寿司レシピ」をご紹介します。

●具材(1本分)
全形海苔…1枚
すし飯…175g(35gずつ、5分割にする)
味付けゴボウ…3~4本
ゴボウサラダ…適量
ゴボウ茶…1パック
黒ゴマ…適量
錦ゴマ…適量
白ゴマ…適量
*ゴボウサラダは、ゴボウをニンジンと一緒に茹でて、マヨネーズであえたものを使用しました。

●作り方の手順
①材料はこちらです。

②ゴボウの香りをより出すため、ゴボウ茶でご飯を炊きます。ほんのりいい色に仕上がります。炊きあがった175gのご飯をすし飯にして、5分割します。その中の3つ分に、ゴマをたっぷり混ぜます。

③全型海苔の上に、5分割したすし飯を交互になるように広げていきます。
今回は、大好きな錦ゴマや黒ゴマを混ぜましたが、ご家庭にあるゴマなら何を入れてもOKです。黒ゴマをたくさん入れると、コントラストがはっきりしますよ。

④中央よりも少し手前にゴボウサラダを置きます。

⑤ゴボウサラダの向こう側に、味付けゴボウを3~4本置きます。

⑥手前から巻きます。

⑦完成です!


断面はこちら。ゴマがたっぷり!で、とてもおいしそうです。

食物繊維もたっぷり!で、香り豊かなゴボウ巻寿司ができあがりました。
本当においしい。10分後には、一人でお皿を空にしてしまったミカ巻キネンです。
みなさんも、ぜひ作ってみてください。

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

2020/3/31|

コンビニ食材で簡単!ルーローハンの巻寿司レシピ 

みなさん、こんにちは。巻寿司大使の野梨のりこです。
ちょっぴり大人な味の巻寿司を作りました。コンビニ食材で簡単にできますよ!

●具材(1本分)
全形海苔…1枚
すし飯…200g
豚の角煮…適量(チルドパック1/2くらい)
ミニチンゲンサイ…適量
ゆで玉子…1.5個

●作り方の手順
①豚の角煮を、表示の通りにあたためます。

②ゆで玉子を作ります。

③ミニチンゲンサイを茹でます。

④海苔の上にすし飯を広げます。

⑤豚の角煮を置きます。

⑥ミニチンゲンサイを置きます。

⑦半分に切ったゆで玉子を置きます。

⑧くるりと巻き上げます。

⑨6~8等分に切り分け、完成です。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

2020/3/25|

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments