巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司レシピ

藍の七宝巻き

こんにちは!2019年度巻寿司特任大使の川井ゆかりです。

皆さん「藍」ってご存じですか?
身近ですとデニムや作務などの染料として使われています。

人類最古の染料としての藍は薬草(解熱など)としても古くから取り入れられていたそうです。「藍」が食べられるとは知らなくて、近所に住む後輩が藍の良さを絶やさずに継承していきたいと作っているのを見て、今回藍の粉を分けていただきました。

それを使って日本の伝統柄である縁起の良い七宝巻きを作ってみました。

《藍》…染料の原料としてだけでなく古くから薬用として(解毒・解熱・消炎)も使われていました。藍の粉末にしたものを今回分けていただき酢飯に混ぜて、伝統柄である七宝巻きにしてみました。

《七宝》…円形は円満を表し、限りなく繋がっていく様子から縁起のよいとされる吉祥文様(縁起がいいとされる動植物や物品などを描いた図柄)の一つです。

●具材(1本分)

全形海苔…2枚
白酢飯…100g
藍の酢飯…100g(ゆかりのふりかけ代用可能)
厚焼き玉子…1個(2cm×2cm)

●作り方の手順

①白酢飯50g×2と藍の粉末50g×2にわけておく。

②海苔1/4に各50gの酢飯をのせて四角く巻いた後、ひし形に整える。(4本)

③海苔1/2と1/4をつなげて下2本を置いたあと玉子焼きをのせ、その上に残りの2本をのせて形を整える。

④巻いて、完成です。

2019/12/5|

高知野菜の葉ニンニクを使ったすき焼き風煮物の巻寿司

みなさんこんにちは。巻寿司大使の野梨のりこです。

これから旬をむかえる高知野菜の葉ニンニクを使ったすき焼き風煮物の巻寿司をご紹介いたします。

高知のすき焼きには葉ニンニクが入ります。これは「捕鯨」をしていた頃、高知のすき焼きは「鯨肉」だったようで、その当時の食文化が今に伝わったようです。

●材料

全形海苔…1枚
すし飯…200g
葉ニンニク…1束
白ネギ…1本
牛コマ肉…200g

*葉ニンニクがなければニラにアレンジしてみて下さい。

●作り方の手順

①葉ニンニク、白ネギは、食べやすい大きさに切ります。

②野菜と牛コマ肉をすき焼き風にお好みの味付けで煮ます。

③あら熱がとれたら、具材をのせます。

④くるっと巻きます。

⑤完成です!

2019/12/2|

ガールスカウト親子巻寿司教室 in 屋島

こんにちは。2019年度巻寿司大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。
今回は私の第三の故郷・高松で、ガールスカウトのみなさんと巻寿司教室をしました。
香川県は、うどん県です。私の大好きなうどん脳もいます。


場所は、屋島の麓、大好きだった骨付き鶏の一鶴のすぐ近くにあるのぞみ幼稚園です。
幼稚園の後方には屋島がそびえていて、とてもいい環境でした。園庭にはドングリが

転がっていて、子どもたちがのびのびと遊べる、ほっこりとした園でした。

親子で、クリスマスにピッタリの巻寿司を作ります。ガールスカウトの子どもたちは、
みんな経験豊富です。なんでもやってみる意欲がたっぷりだとお聞きしていたので、
酢飯にアカエビやおぼろで色を着けたり、分量を計ったりして、基本的なところから始めました。

海苔の表裏や向きも、私の話をよく聞いていて「縦向きですよね?」「おぼろはしっかり混ぜますか?」と、たくさん質問しながら作っていました。

保護者の方も、「子どもたちに経験させよう!」という気持ちが強く、お子さんが中心となって作っている親子もいました。

子どもたちのこの視線!!一生懸命さが伝わってきます。みんな、興味津々でしっかり見てくれました。

デモンストレーションでは「何の形になるの?」「えっ。どうしてもう一回巻くの?」とドキドキしながら見てくれました。

びっくりしたのは、大きいお姉さんが自然に小さい子のお世話をしていたこと。自分のものが終わると、小さい子の手伝いをしたり、片付けをしたり、返事もハキハキしていて、さすがガールスカウト!と思うことがたくさんありました。
「いつもどんな活動してるの?」と聞くと「募金や、キャンプやゴミ拾いもしています」と答えてくれました。

そしてこの笑顔!
酢飯の計量や着色、できあがるまでは長い道のりでしたが、カットの後はこの笑顔。親子で楽しい時間を過ごしていただけてよかったです。
また、ガールスカウトの子どもたちの集中力の長さは素晴らしかったです。いつもいろいろな活動を経験しているからこそだと思います。
巻寿司は親子で楽しい時間を過ごすのにも最適です。おいしくて楽しい巻寿司を、ご家庭でもぜひ、巻いてみてください。

2019/11/30|

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments