巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

2015年11月

巻寿司作りのじゃまにならない「立つしゃもじ」

2015年度巻寿司大使の上田直美です。
今日は 100円ショップで見つけた、
便利グッズを紹介します!

image1 (1)
立つしゃもじ
酢飯作りに かかせない「しゃもじ」。
巻寿司をまいている最中も邪魔にならず、
ピンと立つしゃもじ。
image2 (1)

立つしゃもじ なら、
大人数で 巻寿司を巻く時などにも、おすすめですよ!
image4 (1)image3 (1)

★巻寿司大使プロフィールはこちら

巻寿司の具材にオススメの野菜「スプラウト」

巻寿司大使・「幸せ野菜life」jr野菜ソムリエの越智真理です。

以前のレポートで、巻寿司には欠かせない「シソ」について書きましたが、
今回は、巻寿司とぜひ一緒に採ってほしい「スプラウト」について
ご紹介したいと思います。

「スプラウト」には様々な種類があります。
貝割れ大根、ブロッコリー、レッドキャベツ、ロケットなどが代表的ですね。

それぞれの特徴は以下の通り。

★ブロッコリースプラウト
辛みがマイルドで食べやすい。
がん抑制効果のスルフォラファンを多く含む。

★貝割れ大根
ピリッとした清涼感がある。
安価。安眠を促す効果がある。

★レッドキャベツ
見た目が鮮やか。料理の彩りになる。
胃に易しい、ビタミンUを含む。

いま、がんの抑制効果を期待される野菜が注目を浴びていますが、
スプラウトもまさにそんな注目されている野菜のひとつ。

巻寿司に取り入れることでアクセントにもなりますし、
身体にもいいので、まさに一石二鳥ですよね。

スーパーで手軽に購入できますのでぜひお試しくださいね。

★巻寿司大使プロフィールはこちら

巻寿司用の海苔ってどんな海苔なの?

こんにちは。
巻寿司大使の瀬分です。

巻寿司を巻くことが増え、
海苔にもいろいろあるけど「何が違うのかな?」とふと疑問に思い、
お友達の海苔屋さんに聞いてみることにしました。

焼き海苔、味付け海苔、巻寿司用などいろんな海苔が市販されていますが、
その違いは、「火を入れている回数」だそうです!

巻寿司用の海苔は、『生(なま)海苔』と言って、
水揚げ後に漁連などで一時乾燥が行われたあと、
「1回だけ」中高温で火を入れたもの。
(海苔の種類によって多少違いはあるようです)
なので磯の香りがよく、コリコリとした食感があり、
歯切れもよいことから巻寿司に向いているそうです。

一方、焼き海苔、味付け海苔は、
パリパリにするために再度火を入れ、焼き加工するそうです。
だから、焼き海苔、味付け海苔で巻寿司を巻こうとすると
ひび割れてしまうんですね。
こういった海苔は、もともと巻寿司には向いてないそうです。

もう1つ、海苔の豆知識を教えてもらいました。
海苔には「裏表」があるのはご存知でしたか?

よく見ると、
海苔にはツルツルした面とザラザラした面があります。
こちらのツルツルした面が表(おもて)。
12079140_746754978787191_4007543428327733881_n

こちらのザラザラした面が裏。酢飯や具材をのせる面になります。
12118619_746754985453857_3998761549572900434_n

巻寿司を巻いたときにツルツルした面が表になるように、
ザラザラした面を巻きすに広げ、
酢飯、具材を乗せて巻いていくと、きれいに巻くことができます。

お家で巻寿司する時、海苔の裏表も注意してみてくださいね!
出来上がりが違いますよ!

★巻寿司大使プロフィールはこちら

2015/11/20|