巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

タケノコと生ワカメをつかった巻寿司レシピ

 

こんにちは。鹿児島の巻寿司特任大使の毛利滋子です。

今回は、まだまだ春を感じられるタケノコと、生ワカメを巻いてみました。
タケノコと生ワカメの食感がたまりません!
味にインパクトが出るように、辛子酢味噌を加えました。

 

 

  • 具材(1本分)

全形海苔…1枚
すし飯…250g
タケノコ(茹でたもの)…40g
生ワカメ…15g
カニ蒲鉾…1本
辛子酢味噌…適量

 

  • 作り方の手順

①全形海苔にすし飯を広げます。

②すし飯の上に、茹でたタケノコをのせます。

③さらに、生ワカメをのせ、辛子酢味噌をのせます。

④最後に彩りを添えるために、カニ蒲鉾をのせて巻きます。

⑤カットして、完成です。

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪

https://makizushi-club.com/howto/maki

 

旬のイワシで夏バテ防止!イワシの天ぷら巻寿司レシピ

 

こんにちは!巻寿司特任大使の田中です!
手に入りやすい食材で、手軽に巻けるお寿司を提案していきたいと思っています。
今年度もよろしくお願いします!

カルシウムや鉄分が豊富なだけでなく、
血液サラサラ成分や疲労回復に効く成分も含まれているイワシ。
旬の今だからこそ、安くて簡単に手に入るイワシで巻寿司を作ってみませんか?

 

  • 具材(1本分)

・全形海苔・・・・・1枚

・すし飯・・・・・・220g

・イワシの天ぷら・・1枚

・トウミョウ・・・・適量

・天つゆ・・・・・・適量

 

  • 作り方の手順

①イワシの天ぷらを半分に切り、天つゆに浸す。

 

②全形海苔の上部、指2本分ぐらいをあけて、すし飯を均等に広げる。
広げたすし飯の真ん中にイワシの天ぷら、トウミョウを置きぐるっと巻く。

8等分に切って出来上がり~!!

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪

https://makizushi-club.com/howto/maki

 

ソース味でお子様にも大人気!な細巻寿司レシピ

こんにちは!今年度も巻寿司特任大使として活動させて頂くことになりました、やはためいこです。
今年度も巻寿司愛をお伝えしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

今回はソース味の細巻きをご紹介したいと思います。粉末の焼きそばソース、ご家庭に眠っていませんか?粉末の焼きそばソースと魚肉ソーセージでお子様にも大人気な細巻きです。
抜き型を使うので、お子様と一緒に楽しく作ってみてくださいね!

●具材(1本分)
全形海苔・・・・・・・・2/3枚
すし飯・・・・・・・・・70g
魚肉ソーセージ・・・・・1本
粉末の焼きそばソース・・3g
キュウリ・・・・・・・・3g(ひとかけ)
練り物・・・・・・・・・3g(ひとかけ)
ショウガの甘酢漬け・・・3g
揚げ玉・・・・・・・・・3g

 

●作り方の手順
①材料を用意します。
キュウリと練り物は使用するのはひとかけずつです。キュウリと練り物、ショウガの甘酢漬けは細かく刻んでおきます。

②魚肉ソーセージはお好みの抜き型で抜きます。

③すし飯に粉末の焼きそばソース、キュウリ、揚げ玉、練り物、ショウガの甘酢漬けを混ぜます。

④全形海苔の長い辺を7cmカットします。

⑤全形海苔の上に③で作ったすし飯を奥側2cmほど残して、広げます。
すし飯の中央に②の魚肉ソーセージを並べておきます。端っこまで足りないかもしれませんが、そのまま続けます。

横から見て、魚肉ソーセージの形が見えるように並べます。
⑥全体をぐるりと巻きます。魚肉ソーセージが入っていない両端をカットしてから、8等分にカットして出来上がりです!

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
→ https://makizushi-club.com/howto/maki

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments