巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

エスニック巻寿司レシピ


みなさんこんにちは!巻寿司特任大使の野梨のりこです。

今回は、すし飯をライスヌードルに変えて「エスニック巻寿司」を作りました。
家にいながらタイ旅行の気分が味わえます。

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1枚
・ライスヌードル(茹でたもの)・・200g
・水菜(小)・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2株 (パクチーでも可)
・鶏もも肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
・ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々 (すりおろしておく)
・粗挽きコショウ・・・・・・・・・・・・・少々
・サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
・塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
・エビ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4尾
・ナンプラー・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量

●作り方の手順
①ライスヌードルは袋の表示に従って茹でて、戻しておきます。

②フライパンにサラダ油、すりおろしたニンニクを入れて鶏もも肉を焼き、粗挽きコショウ、塩で味付けします。

③エビは殻を剥き、半分に開いて塩茹でします。

④全形海苔1枚にライスヌードル200gを広げます。

⑤ライスヌードルの中央に水菜をのせます。

⑥焼いた鶏もも肉を半分に切って、のせます。

⑦茹でたエビをのせます。

⑧全体をくるりと巻きあげます。

⑨6~8等分に切り分けます。ナンプラーをつけてどうぞ。

パクチーが苦手な方もいらっしゃるので水菜を使用しましたが、パクチーのお好きな方はぜひパクチーを使ってみてください、美味しいですよ!

<おまけ>
残りのライスヌードルを使って、少し違ったバージョンの巻寿司も作ってみました。

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・3/4枚
・ライスヌードル・・残り
・水菜・・・・・・・・・・1/2束(残り)
・エビ・・・・・・・・・・4尾
・玉子焼・・・・・・・・1本

同じ手順で具材をのせて巻き、完成です。
お子さま向けのエスニック巻寿司になりました。こちらは麺つゆやポン酢でどうぞ。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

本レシピの具材「玉子焼」の作り方は、こちらから♪
「巻寿司の具材あれこれ」
https://makizushi-club.com/howto/

しもつかれ巻寿司レシピ

こんにちは、巻寿司特任大使の川井ゆかりです。

「七軒の家の“しもつかれ”を食べると病気にならない」という言い伝えがある、栃木県の郷土料理“しもつかれ”。
鮭の頭、炒った大豆、鬼おろしでおろした大根と人参、油揚げなどの材料を鍋で長時間煮込み、酒粕を手でちぎり入れ、最後に味を調えた料理です。栄養豊富な保存食で、無病息災を祈る行事食(2月の初午の日)でもあります。

栃木県民としては是非とも、この“しもつかれ”を巻寿司にしてみたいと考えていました。
玉子焼にして弱点であった見た目をカバー。新しい“しもつかれ”の巻寿司レシピです。

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・1枚
・すし飯・・・・・・・・・180g
・シメジ・・・・・・・・・40g
 ・サラダ油・・・・・適量
 ・塩コショウ・・・・適量
・しもつかれの玉子焼(4等分にカット(1+1/2を使用する))
 ・しもつかれ・・・・50g
 ・卵・・・・・・・・・・・適量
・めんつゆ・・・・・・適量
・砂糖・・・・・・・・・小さじ3

*“しもつかれ”のレシピは、以下のページを参考に作ってみてください。
栃木県「しもつかれ」JAはが野女性会
https://life.ja-group.jp/recipe/detail?id=7887

●作り方の手順
①しもつかれ、めんつゆ、砂糖を卵に加えて、しもつかれの玉子焼を作る。

②サラダ油をフライパンに入れ、塩コショウででシメジを炒める。

③すし飯180gを全形海苔の上に広げる。

④広げたすし飯の中央に、しもつかれの玉子焼と炒めたシメジをのせて巻けば、完成!

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

本レシピの具材「玉子焼」の作り方は、こちらから♪
「巻寿司の具材あれこれ」
https://makizushi-club.com/howto/

野菜たっぷり!岡山県の地産地消巻寿司レシピ

こんにちは、巻寿司特任大使のミカ巻キネンです。
瀬戸内地方には、金時人参というものがあります。一般のニンジンよりも紅くて、お正月の
料理などによく使われます。
今年は外出も控えなければならず、さらに、寒い冬の今は家にこもりがち。ついつい食べ過ぎ
てしまいます。
そんな食生活のことを考え、地元の市場で手に入れた、色が綺麗な金時人参と黄色のニンジン、ターサイなどの体に優しい野菜をたっぷり使い、満腹感もある巻寿司を作りました。

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・・・・・・・・・1枚
・すし飯・・・・・・・・・・・・・・・・170g
・金時人参・・・・・・・・・・・・・・数本
・ニンジン・・・・・・・・・・・・・・・数本
・ターサイ・・・・・・・・・・・・・・・適量
・ふりかけ(ゆかり)・・・・・・・適量
・ぶぶあられ・・・・・・・・・・・・適量
・ゴマ油・・・・・・・・・・・・・・・・適量
・中華スープの素(顆粒)・・適量

●作り方の手順 
①ターサイをゴマ油で炒めて、中華スープの素(顆粒)で濃い目に味付けをし、冷ます。

金時人参とニンジンは茹でて、冷ます。

②ラップを置いた巻きすの上に、全形海苔を横長に置き、すし飯を広げる。
その上にふりかけ(ゆかり)とぶぶあられをかけて、広げておく。

③すし飯をのせた全形海苔を裏返し、中央よりも手前に茹でた金時人参とニンジン、炒めたター
サイを並べる。

④手前からくるりと巻く。

⑤カットしたら、できあがり。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
→ https://makizushi-club.com/howto/maki

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments