巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

ちばIBDでハロウィン巻寿司 

2015年度巻寿司大使の田中可奈子です。 

 みなさん、IBDって聞いたことがありますか?
最近は知っていらっしゃる人も増えてきました。そうそう、今の首相も以前調子を崩しましたね。あの病気です。 

 IBDは免疫の病気で指定難病になっています。調子がいい時は普通に生活できますし、今はいい薬がたくさん出てきているので、何を食べてもいいとされています。でも調子がいい時、悪い時を繰り返す病気と言われています。 

 悪くならないように普段から気をつけること。それは脂質を控えること、残渣(ざんさ)の少ない食事にすること、と言われています。 

 その点、巻寿司は巻いて楽しい♡♡♡食べておいしい♡♡
日本に古くから伝わるすばらしい食べ物なんです。 

 自分の好きなものをくるりと巻いたらその一口に炭水化物、ビタミン、たんぱく質など栄養バランスも摂れるなんて、日本が誇れる料理ですね。 

 さて、106日日曜日、ちばIBD患者会で巻寿司を楽しみました。
ハロウィンも近いので「かぼちゃのお化け」(Jack  O  Lantern)を巻きながらの交流会です。 

 始めは手慣らしに基本の太巻きを巻きました。
男の人も参加して、自分でチャレンジ。 

 巻きすの向きや方向なども真剣に聞いて、
「バラバラになりやすいおぼろや椎茸なんかは最初に敷きます。」ちょっと迷いながらも上手に巻けるとうれしそうな笑顔。こっちもうれしい。 

ほら、上手に巻けました! 


 そしてかぼちゃのおばけ。
酢飯をとびこでかぼちゃの顔のオレンジ色にします。 

 

パーツパーツを細かくのりで巻いて準備して、いざ組み立てます。 

「これ、ちゃんと顔になるのかな~?」 「手がごはんだらけ~!」
キャーキャー言いながら組み立てて切ってみると
「うわ~!かわいい!」「我ながらセンスある!」と自画自賛! 

 

笑顔がたくさんはじけていました。 

手を動かして作業をすると、自然に笑顔になれて、コミュニケーションもスムーズになって、更に笑顔になって話も弾んで。
みんなで食べるとおいしくてもっともっと笑顔になれますね。
2015年度、巻寿司大使になって良かったな。

病気になると悲しくなるし不安になるけど、こんなに楽しくておいしいのもあるよ。
みんなでしゃべりながら、楽しくておいしい作業をしたら、こんなに話せて元気になれるよ。そんなことが伝わったらうれしいな。 

大阪発!!揚げ巻寿司!!

こんにちは、巻寿司特任大使の池田です!

子供達がおいしそうに食べているライスボールをヒントにかわりダネ巻寿司を作ってみました。
そうです、巻寿司を「揚げる」のです。

具材には熱に強いものをチョイス。巻寿司からもうひと手間ですが。正直食べてみるまで作りながらドキドキしていました。
そして家族と試食会。2本作ったのですが、あっという間に完食。

外はカリッと香ばしく、中身は定番のアボカド&クリームチーズが生ハムの塩っ気と玉子の甘さと絶妙にマッチしていて、マグロも他の具材に馴染んでいます。
いろいろアレンジできる可能性を秘めた巻寿司です。ソースも酸味の効いた柑橘系のものでも美味しいと思います。ぜひ作ってみて下さいね。

●具材(1本分)

半形海苔…1枚
すし飯…100g
アボカド…1/4個
クリームチーズ…30g
生ハム…2枚
マグロ…10cm長い×1本
玉子…10cm長い×1本
パン粉…適量
天ぷら粉…適量
とんかつソース…大さじ2
粒マスタード…大さじ2

●作り方の手順

①巻きすに海苔を敷きその上にすし飯をひろげる。

②生ハムを敷き、その上に残りの材料をのせ、巻く。

③てんぷら粉を水で溶き、練り衣を作る。

④巻寿司に練り衣→パン粉の順で付けて170℃の油で5分揚げる。

⑤食べやすい大きさにカットし、器に並べる。

⑥お好みでトンカツソースと粒マスタードを混ぜたソースにつけて食べる。

2019/10/23|

「オモシロオトナ」でありたい。巻寿司の伝道師

こんにちは。2019年度巻寿司特任大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。

岡山にある”アトリエ ぬかごっこ”さんは、子どもたちが作ること表現することを楽しめる場所です。
大きなキャンパスに絵を描いたり、工作をしたり、ドラムや楽器を演奏したりしています。

今回は、”アトリエぬかごっこ”さんに、オモシロオトナとして、呼んでいただきました。
私が何を好きで、何をおもしろがって生きているかというと、それはやっぱり「巻寿司」です。
そこで、子どもたちと一緒に巻寿司を楽しむことにしました。
作ることが大好きな子どもたちの自由な発想を大切にしたくて、いろいろな酢飯を用意しました。
酢飯は、カレー味、おぼろ味、エビ味、黒ごま味、おかか味、青のり味。カラフルで香り豊かですよ。

 

ここでは、自由に作ったり、遊んだりしながら、興味をもったお子さんがやってきて巻寿司を作り始めます。


好きなものを選んでぐるぐると巻く、ぐるぐる巻寿司を作ります。

こぐまのデコ巻きずしはのりパンチで顔を作るので表情豊かです。


最初のうちは、ぐるぐる巻寿司や、こぐまちゃんを巻いて楽しんでくれていました。


だけど!独創的で発想豊かなアトリエぬかごっこの子どもたちは、それだけでは終わらない!

「ピカチュウ作りたい!」

「自分で考えてみる」

と、色とりどり酢飯を使って、どんどん予定していなかったものができあがっていく。。。
すごい!子どもの発想力ってすばらしい。

楽しいお寿司がたくさんできました。

素敵な笑顔もいっぱいでした。

 作ることが大好きな子どもたちはたくさんのアイディアをもっていました。


カタチにすることって楽しいな。巻寿司っておいしいなと思ってもらえたら、嬉しいです。

そしてこれからも、巻寿司の面白さを感じながら、たくさんの人に伝えていきたいです。

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments