巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司レシピ

さっぱり華やか!色が変わって楽しい レッドオニオン巻寿司

こんにちは。2019巻寿司大使のmikamakkinennミカ巻キネンです。

頬を撫でる風に秋を感じられるようになってきました。過ごしやすくなってくると食欲も増しますね。
今回は、レッドオニオン(赤玉ねぎ・紫玉ねぎ)を使った、爽やかな巻寿司をご紹介したいと思います。

●具材(1本分)

全形海苔…1枚
白飯…130g
すし酢…適量
レッドオニオン…1個
大葉…4枚

●作り方の手順

①レッドオニオンを用意します。意外と気がついていませんが、レッドオニオンはスーパーで一年間を通じて売っています。

②レッドオニオンを薄切りにします。切ったときの色はこんな感じです。外側は赤紫ですが、内側は白いです。

③スライスしたレッドオニオンをすし酢(合わせ酢)に漬けます。
ラップをして冷蔵庫に2時間くらい保存します。すると、紫色だったレッドオニオンがこんなに鮮やかなピンク色に!白かった部分もピンク色に染まっています。

これは、レッドオニオンのアントシアニンが、中性では紫色、酸性では赤っぽく、アルカリ性では青や緑色に変化するからです。酢で酸性になり、赤っぽいピンクに変色しています。

④そして、漬けていたすし酢もうっすらピンクになっています。今回はこのレッドオニオンを漬けたすし酢で酢飯を作ります。

⑤写真では分かりにくいですが、酢飯はうっすらピンク色になっています。
全形海苔に向こう側4cm空けて、すし飯を敷き詰めます。すし飯の中央に大葉をおき、その上にレッドオニオンの酢漬けを水気を切って並べます。

⑥具材を左手の指で押さえながら、くるりと巻きます。切ってみると、緑とピンクが映える可愛らしい断面です。

⑦酢飯からもオニオンの香りがして、とっても爽やかな巻寿司のできあがり!

 

レッドオニオンのピクルスはすし酢(合わせ酢)で漬けているので、一般のピクルスよりも甘くて食べやすいです。
レッドオニオンのピクルスの余った分は、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存できます。常備菜として野菜と混ぜてサラダにしたり、箸休めにしたりできます。たくさん作って保存しておくと助かりますね。

2019/10/11|

大和伝統野菜の水引きとうがらしで巻寿司!

こんにちは、2019年度巻寿司大使の野梨のりこです。

大和伝統野菜の水引きとうがらしで巻寿司を作りました。
秋の気配が感じられるようになりましたが日中はまだまだ暑い日が続きます。ご自愛下さいませ。

●具材(1本分)

全形海苔…1枚
すし飯…200g
玉子焼…1本
キュウリ…1/8本
かにかまぼこ…1本
水引きとうがらしの佃煮…30~40g
おぼろ…適量

●作り方の手順

①水引きとうがらしをゴマ油で炒め醤油、みりん、酢で汁気がなくなるまで煮て、ちりめんじゃこを加えます。

②全形海苔1枚にすし飯を広げます。

③おぼろ、かにかまぼこ、玉子焼、水引きとうがらしの佃煮、キュウリを置き巻きます。

④4~8等分に切り分け、完成です!

2019/10/7|

「スイーツ巻き」いちごのお萩巻き

こんにちは!2019年度巻寿司特任大使の川井ゆかりです。

私が住んでいる栃木県はいちごの生産量・販売金額ともに全国1位の「いちご王国」です。
みなさんお馴染みの「とちおとめ」、高級いちごの「スカイベリー」、幻のいちごと言われている「とちひめ」など沢山種類があります。

今回はそんな栃木の特産品いちごを使った「スイーツ巻寿司」を作りました。
巻寿司なのにスイーツ?と思われるかもしれませんが、巻きあがったいちご飯にナッツをふりかけ、ちょうど良い塩加減と香ばしい巻き寿司になりました。

9月は秋の彼岸。お萩(秋)の時期になりますので、いつもと違ったおはぎを作ってみてはいかがでしょうか?

●具材(1本分)
いちご飯…200g (米2合に苺7~8個入れて炊く)
あんこ…30g
いちご…5個(大きさによります)
ナッツ…適量
オリーブオイル…適量

*今回は酢飯は使っていません。
通常のお萩のようにうるち米にもち米を加えてもいいかもしれません。
お米は硬めに炊いてください。

●作り方の手順


①米2合に、7~8個のいちごをスライスし、小さじ1杯のオリーブオイルを入れ、水を少なめに炊く。


②炊き上がったら、熱いうちに塩をふり、混ぜる。


綺麗なピンク色になり、ほんのりいちごの香りがします。


③ラップの上に全形海苔1枚と同じ大きさにいちご飯を広げる。
(海苔は使いません。)

 


④あんこ30gといちごをのせ、手前からくるくると巻いていく。

⑤ラップを巻いたまま冷蔵庫で少し寝かせる。


⑥ナッツを細かく刻む。

⑦最後に細かく刻んだナッツを飾り付け、完成。

今回はうるち米でしたが、もち米を少し入れて炊いてもいいと思います。

2019/10/3|

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments