巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

100人超えの参加者と作る「24メートルのロ~ング巻寿司」! 

巻寿司特任大使の上田直美です。
先日、広島県東広島市にある“東広島市立御薗宇(みそのう)小学校”の5年生と一緒にロング巻寿司を巻きました。 

 

当日は雨にも関わらず、100名以上の親子が参加体育館を斜めに使って、24mのロング巻寿司の準備です
準備段階でも圧巻でした。 

当日はステージのスクリーンを使って巻き方を説明。


学年の役員さんが手分けをして準備をしてくださっていたので、24mもの長い巻寿司もスムーズに 

端から具材を乗せていきます。

 

「せーの」の掛け声で一緒に巻いていきました。 

巻きあがった巻寿司をカットし、みんなでいただきました。


5年生の男の子は、
「皆で巻くのが難しかったけど、楽しかった!」
と嬉しそうに話してくれました! 

 当日は中国新聞とプレスネットの取材も。
翌日の朝刊にはしっかり大きく掲載されておりました。 

 

当日の様子の動画を見ると24m迫力がよく分かります。
御薗宇小学校5年生の皆さん、貴重な体験 ありがとうございました!

 

 

さっぱり甘夏巻寿司

こんにちは(^^)、2019年度巻寿司特任大使の上田直美です。

2015年の初代巻寿司大使から4年ぶり、2019年も巻寿司大使になりました!

今年は、パワーアップして私の住んでいる広島の食材を使った巻寿司なども、紹介していきたいと思います(^^)

1年間よろしくお願いします。

 

広島県産の甘夏を使用した巻寿司をご紹介します。

瀬戸内海に面する広島では柑橘系の果物の栽培が盛んで、巻寿司に組み合わせてみました。

暑い夏にぴったり。酸味の効いた、さっぱりとした巻寿司です。

 

●具材(1本分)

全形海苔…1枚
酢飯…200g
甘夏…4房(薄皮をむいておく)
生ハム…4枚
紫タマネギ…20g(薄切りスライス)
アボカド…60g(潰してマヨネーズとあえる)
マヨネーズ…10g

 

●作り方の手順

①海苔の上に酢飯を広げる。

②甘夏の生ハム巻きをつくる。

(甘夏は薄皮をむいて使用すると食べやすいです。また、甘夏を生ハムで巻くことで、果汁があふれないようにします。)

紫タマネギのスライス、甘夏の生ハム巻き、アボカドのマヨネーズ和えを乗せる。

③手前から巻いていき、完成。

2019/7/26|

史上初!?なんと伊勢神宮へ「巻寿司」を奉納してきました!


こんにちは、巻寿司特任大使の甲賀です!

6月に“全国すし研究会全国大会”という、全国の若手すし店経営者や職人などが交流する、全国大会が行われました。
2年に一度行われるこの大会は、主に関東圏か関西圏での開催が通例ですが、今回は初めて、三重県のすし研究会主催で開催されました!
三重県のすし研究会の会長さんが、伊勢神宮の“おかげ横丁”にお店を出している事もあり、また、平成から令和へと元号が変わったタイミングでもあったからです。

今大会ではなんと、各都道府県のすし研究会メンバー所在地の、地産地消の食材や郷土寿司などを伊勢神宮へ奉納する運びとなりました!
神宮奉納で「寿司」を奉納するのは歴史上初めてではないでしょうか!?

我が静岡県が奉納した寿司は、静岡県すし組合が、昔は地元で食べられていた郷土寿司をモチーフに現代版化した、「静岡ちらし寿司と静岡にぎり寿司」がメインでした。

今回は奉納しませんでしたが、静岡県には知る人ぞ知る隠れメニューで「静岡巻寿司」というお寿司も実はあります!いずれかの機会にレポートしますので、お楽しみに…。

さて、大会の話に戻ります。今回は、神様への奉納という事で、実際にすぐに食べられるお寿司を奉納するため、現地で作る事が、静岡県代表&静岡県寿司技術大使でもある私の任務でした。

担当は、「静岡にぎり盛り込み寿司」をお祝い奉納バージョンにすること! (※実際に奉納するのは、静岡県すし研究会の代表です)

持参した静岡県の食材は、山葵、桜海老、シラス、マグロ、うなぎ、旬の白身、車海老、玉子焼、イカなど特上ネタです。
清潔感の溢れる広いお店、おかげ横丁のすし処、「君屋」さんのカウンターをお借りして、心を込めてお作りしました。

全国からのすし職人さんや、地元のテレビ局やメディアの皆様が集まるなか、なぜか中央カウンターがポッカリと空いていましたので、僭越ながらお仕事をさせて頂きました。
地元テレビ局の取材も多く、盛り込み寿司では使わない、「細工巻寿司」を皿盛りにして並べてみました。

その細工巻寿司、「祝令和鮨巻文字巻寿司」はまさに職人芸とばかりに、テレビのニュースや地元3社の新聞にとりあげていただきました!ありがとうございました。

こちらは、お祝い奉納バージョン。「伝統技術細工寿司」や巻寿司大使の「細工巻寿司」も盛り込みました!

静岡にぎり寿司がメインの奉納でしたが、奇跡的に静岡ちらし寿司も奉納できました!
1つの都道府県で1つの奉納のはずなのに、2つ奉納できました!

 

なんといっても、こちらの巻寿司の奉納に感慨深いものがありました。

新時代の幕開けに心を込めて巻いた「祝令和鮨巻」は巻寿司特任大使として見事に奉納できました。
神様ありがとうございました!

2019/7/22|

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments