巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

「ローストビーフ巻」作ってみました!!


こんにちは。2018年巻寿司大使の池田美智江です!
みんな大好きな春ですね。花粉症の人は辛いですけれど…。
春といえば、花見には「巻寿司」は必需品ですよね。
ということで花見にぴったりの、ピンク色のお肉で巻いたローストビーフ巻を作りました。
桜の花びら(造花)を散らして撮影してみましたよ。

どうです?映えますよね?
今回はクリームチーズも巻き込んでいます。(☚ポイント)
お子さんにも男性陣にも喜んでもらえるので、ぜひぜひ作ってみて下さいね。

 

ローストビーフ巻

【材料】
・すし飯180g
・ローストビーフ8枚
・クリームチーズ60g
・黒コショウ 少々
・白ごま 少々
・ネギ (トッピング)
・好みで大根おろし(トッピング)
・ポン酢(最後にひとかけ)

【作り方】
(1)巻きすの上にラップを敷いて、ローストビーフを並べ広げる。

(2)ローストビーフの上にすし飯を広げ、その上にクリームチーズをのせ、全体に黒コショウ(☚ポイント)をふる。

(3)ローストビーフのすきまができないよう巻き上げる

おすすめ材料
・ウワサの「倉田ペッパー」

巻寿司教室でお世話になっているお店「パモジャ」で販売しています。
テレビ番組でも紹介されたため、現在品薄なのです。
私も衝撃を受けたコショウです!!
巻寿司にもとっても合うので、興味のある方はぜひお試しになってくださいね。

→ 倉田ペッパーって?
→ パモジャ ※ネットでも販売しています

2019/4/3|

子ども会の歓送迎会で巻寿司レッスン

こんにちは。巻寿司大使の田中佳代子です。
先日、子ども会の歓送迎会によんでいただき、
33人の子どもたちと巻寿司を巻きました!

まずは準備万端の様子から。
会場は地域の公民館です。

畳のお部屋だったので、畳が汚れないようにビニールシートを敷きました。
まずは低学年の子どもたちと、くまの飾り巻き寿司作りです。
巻きすや材料の説明をして、いよいよスタート!


みんな、よくお話を聞いてしっかり巻いてくれていました。
姿勢もよく、集中していましたよ。

5年生の女の子にお手伝いに入ってもらったので
こんなかわいいシーンも見られました。

後ろから回って小さい子がお寿司を切りやすいようにサポートしてくれています。
こういう光景を見ると、グッときます。

「サポートしてあげてね」とまでは説明していなくても、こんな風にできる上級生たち。
やさしさがにじみ出ていますよね。

巻寿司作りで、もう一つみんなに挑戦してもらいたかったのが包丁を使うこと。
気を付ける点を説明すると、しっかりお約束を守って上手に使っていました。

真剣な様子もかわいかったです。

高学年の子どもたちは、人気キャラクターの巻寿司を作りました。

巻いて、切った後は目や鼻を付けて出来上がりです。
目はチーズ、鼻は黒豆、ひげは揚げたパスタと、
食材も味も豊かなお寿司ができました。

こちらは男の子の作品!上手にできていますよね~!
お弁当にもピッタリのサイズでした。

この後、みんなで作った巻寿司を食べたのですが、
「かわいくて食べられない~」、「おいしかった~」「楽しかった~」
などうれしい感想をたくさん聞くことができました。

自分の食べるものに興味をもち、食を楽しむきっかけになってくれるといいな、
と思いました。
巻きすの使い方もバッチリできていたので、
きっとお家でも巻寿司を巻いてくれると思います。

パーティにぴったり!カップちらし寿司&ロール巻寿司

こんにちは!2018年度巻寿司大使の川井ゆかりです。
おもてなし用に食べやすく、見た目も可愛いカップ寿司と、
ホームパーティなど華やかな席にもぴったりのロール巻寿司をご紹介します。

カップちらし寿司


材料
・透明なカップ又は容器
・すし飯
ピンク・・・おぼろ
オレンジ・・・とびこ
みどり・・・青のり・白ごま・塩少々

 
・飾り
イカ、スモークサーモン、ローストビーフ、イクラ、
大葉、錦糸玉子、カイワレダイコンなど・・・

《作り方》
1. 各色付けした酢飯を容器に詰める。

 
2.錦糸玉子やカイワレ大根をちらす。
3.スモークサーモンなどで薔薇の形に飾り付ける。
※トビコは塩分があるので少なめに色づける。

 

ロール巻寿司

 

《材料》
お好みで適宜ご用意ください。
左の写真の具材は、左から順に(1)明太子(2)炒り卵(3)アボカド(4)ラディッシュ(5)五穀米、です。

《基本の作り方》
1.味付けしたすし飯150g~170gを約16cm位の長さに棒状にラップで作っておく。
(何種類か作る時は出来上がりの大きさが同じようになると見栄えがいいです)
2.ラップを広げ、その上にお好みの具材をのせる。
3.2の上に丸めたすし飯をのせ、さらにラップでまとめる。
4.ラップを巻いたまま切る。(きれいに切れます)
《写真のロール巻の具材別作り方》
(1)青のり、塩で味付けしたすし飯を丸めたものに明太子をトッピング。
(2)すし飯は(1)と同じ。卵1個 砂糖、出汁で味をつけた炒り玉子で巻く。
(3)白ごまとチーズを混ぜたすし飯にカットしたアボカドで巻く。
(4)マグロの缶詰と白ごまを混ぜたすし飯。薄くスライスして塩でしんなりさせたラディッシュで巻く。
(5)五穀米で炊いたすし飯の上に、玉子焼やキュウリなどを入れて巻く。

お子さんのひな祭りやお誕生日会などにぜひ作ってみてくださいね。