巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司で笑顔を運び隊

こんにちは。巻寿司大使の八幡名子です。
今年は10連休という大型連休でしたね。皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は愛媛県宇和島市吉田町で巻寿司を巻いてきました。

5月4日(土)吉田町はスッキリ気持ちの良い晴天でした。
瀬戸内海が見える小高い丘で行われたのは「奥南みかんフェス」。
ここ奥南と呼ばれる地域は柑橘の産地です。地元の柑橘を地元の方々にもっと好きになってもらいたい、また、昨年の西日本豪雨災害にて被災された柑橘農家さんを応援しようと企画されたイベントです。

このイベントには吉田町出身のミュージシャンやアーティストが沢山参加され、お客さんも地元の方がほとんど。私は東京在住、吉田町には縁もゆかりもないのですが、ここに混じって巻寿司を巻き、地元の方々にこの巻寿司を食べて頂きたいと思ったのです。
それはなぜか。
昨年、ここ吉田町で被災されたミュージシャンと知り合い、家族や地元を愛する想いを知ったからです。

私はあじかんさんや岡山の巻寿司大使仲間に協力をお願いし、「巻寿司で笑顔を運び隊」として巻寿司出店をさせて頂くことにしました。

巻寿司に使うすし飯には、奥南で取れた柑橘の皮と果汁をたっぷりと入れました。

更にオレンジ色のおぼろも混ぜ込み、見た目もより柑橘を思わせる巻寿司にしました。
太巻の具には玉子焼、椎茸、かに風味かまぼこ、ほうれん草をチョイス。
甘いおぼろと旨味のある具材達に爽やかな柑橘の風味が加わり、ふわっと柑橘の香りが漂う太巻となりました。

もう一種類、柑橘農家さんに見てもらいたくって、みかんの花の飾り巻き寿司も作りました。こちらにも柑橘の皮と果汁が入っています。

太巻もみかんの花の飾り巻き寿司もブースに並べる側から、地元の方々が興味を示して下さり、説明しながら販売したのですが、地元で採れた食材が入っている事をとても喜んで頂下さいました!

巻寿司大使 ミカ巻キネンさんの作品

そして大使仲間が見本で作って来て下さった愛媛県のイメージアップキャラクター「みきゃん」は子供達はもちろん、大人にも大人気でした!

巻寿司で皆さんが笑顔になったのを目の当たりにして、吉田町に来て本当に良かったと思いました。

今回の売り上げ16,350円は前述のミュージシャンに託し、全額を宇和島市に寄付することにしました。少しですが、巻寿司で地域のお役に立てるならば、こんなに嬉しいことはありません。

日本の伝統食「巻寿司」で全国あちこちに笑顔を運びたい!と令和元年はじめに改めて強く思いました。

2019/6/3|

飾り巻き寿司deおもてなし

こんにちは。
埼玉県の巻寿司大使 深川佳栄です。

「平成」の時代が終わり、「令和」の時代になりました。
新元号発表からアッと言う間に1ヶ月。
「令和」の時代も穏やかな時代になってほしいものです。

さて。
新時代最初のイベントは「端午の節句」。
そして、GW中に親戚などで集まった方も多いのではないかと思いますが、
そんな時にピッタリな飾り巻き寿司に「四海巻」「バラ」があります。

ちょっとしたコツをつかめば
キレイな四角形の巻寿司になる「四海巻」。

見栄えが良いけれど
とても適当な(!?)作り方の「バラ」。

ということで!
おもてなしに最適な飾り巻き寿司を先日レッスンしました。


どれも生徒さまが巻いた巻寿司です。
とてもお上手でしょう?

簡単だけれど、見栄えバッチリ!

お出掛けにも!
おもてなしにも!!
もってこいの巻寿司!

みなさまも作ってみませんか?

子ども会巻寿司レッスンレポート

こんにちは。巻寿司大使の田中佳代子です。
先日、子ども会のレクリエーション活動に参加させていただき、
みんなで飾り巻き寿司を作りましたので、その時の様子をレポートしたいと思います。

作ったのは、クマの飾り巻き寿司。
お子さんでも作ることができ、食べきれるサイズを、と考えた飾り巻き寿司です。


レッスン前!
「何作るのかな~」と準備された机を見ながらお話ししている子ども達。
楽しみにしてくれている様子に私の気分も上がります。

参加者は28人!人数も多かったので、第一部は高学年、
第二部は低学年と2つに分かれて巻くことにしました。

第二部の低学年の時には、高学年の子どもたちがサポートしてくれて
みんなスムーズに巻くことができました。


まさに手に手を取り合って!!
「こういう光景こそ、子ども会の良さだよな~」と毎回、思います。

そして、できるだけいろいろなことに挑戦してもらいたいので、
みんなに包丁も使ってもらいました。


いろいろと気を付けることを伝えました。
みんなそれをきちんと守り、
けがをする人もなく皆上手にできました。
「上手に切れた~」の声もたくさん聞こえました。


巻寿司を切った後は、目や鼻の飾りつけ。
これで巻寿司に一気に表情が出てきます。
爪楊枝を使った細かい作業もみんな大丈夫でしたね。

後で役員さんに送っていただいた写真がこちら↓↓

包丁の使い方や、すし飯を広げる様子など、
みんながよく説明を聞いて作ってくれたことがわかります。
包丁を持ったときの姿勢がいいですよね~。
クマもかわいくできました。

そして、子ども達からは「上手にできた」「楽しかった」「おいしかった」との感想を。
保護者の方からは、「なかなかできない体験ができてよかった」とどちらからも
うれしい感想をいただきました。
巻寿司を身近に思い楽しんでもらえてよかったです。