巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大好き!食材への探究心

こんにちは。巻寿司大使のmika makkinen ミカ巻キネンです。
デコずしのマイスターインストラクターをしています。

デコずしを作っていく上で、いつも課題になるのは、色です。
巻きたい図案の色を付ける時に、なるべく自然な食材から着色したいと考えています。
とは言いつつ、「このキャラクターは青色じゃないと表現できない」とこだわる部分も多くて、
試行錯誤しながら取り組んでいます。

今回は、サンタさんの帽子について考えてみました。

可愛らしいサンタさんですが、帽子の色を よく見ると色が違います。
ピンク色の帽子は桜でんぷを混ぜて作っています。

以前から、桜でんぷを使っていたのですが「もっとサンタクロースらしくしたい」と思い
赤エビをミルサーで粉末にして使うようになりました。
ピンク色も可愛いですが、サンタクロースはやっぱり赤。
クリスマスらしさが高まります。
粉末の状態ではピンク色ですが、すし飯と混ぜると赤っぽい色になります。

それで満足していた私ですが、12月下旬に高松に行った時に
びっくりするほど真っ赤な赤アミエビを見つけました。

しかもこの赤アミエビは国産。
地元の方によると、つきたてのお餅に混ぜて食べたり、大根おろしに混ぜたりするそうです。

早速、この赤アミエビもミルサーにかけてみました。
ミルサーで粉々にしても、はっきりした赤色です。

色の違いが一目瞭然です。
下から普段段使っている赤エビ、二段目が年末に岡山で売っていた赤エビ、
一番上が、高松で見つけた赤アミエビです。

赤色のバリエーションが増えたので、これから自分の表現したい柄の幅が増えそうです。

3種類の赤エビを使ったサンタクロースです。どうでしょうか?
色の違いがサンタの個性になりますね。
とても興味深く、使い分けをするのが楽しくなります。

これからも、いろいろな具材を巻いたり、いろいろな色を探求したりして、
巻寿司で様々なものを表現できたらいいなと思います。

奥が深い食材探求。
旅行に行くたび「なにか面白い食材ないかな」とスーパーを覗いてみると、
楽しい発見があるかもしれませんね。

2019/1/11|

お正月も飾り巻き寿司で華やかに!!!

あけましておめでとうございます。
埼玉県の巻寿司大使の深川 佳栄です。

お正月って、お餅とお節料理ばかりじゃ飽きちゃいますよね?
なので!
「お正月のおもてなしに!」ということで
12月に公民館で16名の方々にレッスンを行いました。


若い方もいらっしゃいましたが、母親世代の方がほとんど。
万人受けするお正月向けの絵柄「羽根」&「鏡餅」の2種類を巻きました。


まずは私のデモンストレーション。

みなさま真剣にメモを取りながら
食い入るように見てくださいます。

男性の参加者もいらっしゃったんですよ~。
料理男子、ステキですね。

話が脱線してしまいました(笑)

みなさまホントに真剣!
ちょっと時間が押していたので
「巻きでお願いしますね~」と言った私。

シーーーーーーーン。(みなさま真剣だから・・・)

「巻寿司だけに巻きでお願いしますね~」と再び私。

親父ギャグをご丁寧に解説付きで(笑)
「ワハハハーーー」「や~だ~先生(笑)」


いくらか肩の力を抜いていただけたようで
みなさまステキな飾り巻き寿司「羽根」「鏡餅」が完成!!!

そうなんです。
力が入りすぎてもダメなのです。
リラックスして!!!
肩の力を抜いて!!!
アンパンマンのジャムおじさんのように
「美味しくな~れ!」←実際には言わないですけどね(笑)
と心を込めて!

みなさま笑顔で帰られました。
きっとご家族と美味しく召し上がっていただけたことと思います。

「巻寿司で心が豊かになる」
これこそ!お料理マジックですね。

幸せ巻き巻き巻寿司教室

皆様こんにちは、鹿児島の巻寿司大使の毛利滋子です。
今回は、『幸せ巻き巻き巻寿司教室』を開催しました。
親子連れの方から独身の女性まで、沢山の方が参加してくれました。

用意したお米はなんと2升。

子供達が、「美味しくなあれ〜」と声かけしながら混ぜ混ぜ。
美味しいすし飯ができました。

具材は定番の具材を用意。

基本の巻寿司をみんなで 巻き巻き。
「美味しくなあれ!」掛け声がキッチンに響きます。

初めて巻寿司を作るという方がほとんどでしたが、皆様上手に巻けました。

次回は、伝統の飾り巻き寿司をみんなで巻き巻きします。

第二回巻寿司講座開催レポ

こんにちは。巻寿司大使の武田です。
巻寿司講座、第2回目のレッスンレポ!
今回は、変わった食材を使って巻く巻寿司を6名の参加者の皆さんにご紹介しました。

使った食材は、“ベジート”ニンジン(赤)とダイコン(白)100%のお野菜シートです。
このシート、本当にそれぞれのお野菜の香りがするのですが、
実際食べてみるとそれほど感じないんです。
もしかすると、ニンジン嫌いのお子さんに良いのかな?って思います。

さて、そのベジートで、ニンジン(赤)はバラの巻寿司、
大根(白)は、海老カツ巻を巻きました。

【材料】
バラの巻寿司

・ニンジンシート
・すし飯・・・220g
・錦糸シート・・・2枚
・ベジシート・・・1枚
・サニーレタス・・・2~3枚
・スモークサーモン・・・10~12枚ぐらい

海老カツ巻

・ダイコンシート
・酢めし・・・220g
・大根・・・適宜(細目の短冊切り)
・ニンジン・・・適宜(細目の短冊切り)
・海老カツ・・・1本
・サニーレタス・・・数枚
・キュウリ・・・適宜
・マヨネーズ・・・適宜

初めて見るベジートに、興味津々の皆さん。
・クリスマスのパーティーに作りたい。
・妹のおうちに持って行くと、「あっという間になくなりました。また食べたい~」
・「美味しいので、また作ります」

など大変人気でした。

巻く時のポイントは
揚げ物を巻く時には、すし飯に油がしみ込まないように、揚げ物とすし飯の間に葉物をひきます。
薔薇の形にするには、ランダムにスモークサーモンを並べます。
具材を1つにまとめてからすし飯で巻くと、崩れにくいです。

皆さんの巻寿司です。
とっても綺麗に巻かれています。


次回は、2月頃を予定しています。
伝統の四海巻とおひな様のデコずしを作ります。

異例のコラボ!やってみよう!書くこと・巻くこと・己書とデコずし

こんにちはmika makkinen ミカ巻キネンです。
今回は、幼なじみと一緒に、コラボイベントをしました。

西日本の豪雨の後、私ができることを考えていたとき、
ちょうど誕生日が一日違いで「己書(おのれしょ)」をしている幼なじみと
ラインでのやりとりをするうち「お互いの得意なことでチャリテイイベントができたら‥・」
ということになりました。

己書とは「自分だけの書」で、書き方や書き順にとらわれず自由に描く書の新しい楽しみ方。
デコずしと全く共通点はないですが、とりあえず挑戦してみようと「やってみよう!書くこと巻くこと」とイベント名を決めました。
場所は、幼なじみの嫁ぎ先のある岐阜県。のどかないいところでした。


己書は自由度が高く、初めて書かれる方も楽しんで伸び伸びと取り組まれていました。

あじかんさんより一部食材の提供もいただきました。
玉子焼が甘くておいしい。使いやすくて巻寿司に最適でした。

デコずしの方はペンギンを巻きました。

午前20組、午後14組の方が参加されました。
中には大家族みんなで参加してくださった方もいらっしゃいました。
参加者全員がデコずしは初めてということだったので、ゆっくりと丁寧に説明しました。


「ペンギンの顔になるんだろうか」「巻寿司を巻くのは初めてだけどできるかな」と少しの不安と、
「やってみたかったんです」と期待もある中、いよいよ始まりました。

「難しいよ」「なんか顔になってきた」「いい感じじゃない」と、
わくわくしながらデコずしができあがりました。


一番のドキドキ。カットの瞬間です。お子さんもこの笑顔。
「きゃあ、かわいい」「じょうずにできたね」とあちらこちらで歓声があがりました。
私もこの瞬間が一番楽しい。皆さんの嬉しそうな顔を見るのもとっても幸せです。


みなさん、可愛いペンギンに大満足。にっこり笑顔になりました。


最後はみんなで、記念撮影。みんなのこの笑顔。
巻寿司の楽しさを知ってもらえたかな?

初めての方々にデコずしをお教えすると、ほんとに喜んでもらえるのでやりがいがあります。
デコずしの「断面愛」=断面に描く楽しさを経験してもらえてよかったです。

巻寿司って難しくないということを知ってもらって、
日々の食卓に巻寿司を加えていただけたら嬉しいです。

今回いただいた参加費は実費を除いてすべて寄付することにしました。
親友の己書と私のデコずしを通して、たくさんと人と楽しい時間を過ごし、
微力ですが西日本豪雨の被害の方達の力になれたことを感謝しています。
ありがとうございました。

ベジ巻を作ってみませんか?

こんにちは。巻寿司大使の八幡名子です。
ダイコン、ニンジン。
スーパーには年中並んでいますが、10月ごろから冬にかけてが旬。
甘みや栄養価が高まるのがこの時期です。

昨日、地元産の葉付きダイコンと葉付きニンジンを見つけたので、購入しました。
 
どちらも葉っぱがピンピンしていて新鮮なのがよくわかり、とても美味しそうです。
葉っぱはお漬物やスープの具、天ぷらと色々と活用方法がありますが、
今回は巻寿司の具として使ってみることにしました。

ダイコンの葉っぱはさっと湯がいた後、細かく刻んで塩、ゴマで味付け。
ダイコンの根の部分は細く切り、酢、砂糖、塩でお漬物に。

ニンジンの葉っぱは柔らかい葉を取り分けて(硬い茎の部分はブーケガルニとして別利用)、
塩、ワインビネガー、オリーブオイルとともにブレンダーにかけてペーストに。

ニンジンの根の部分はピーラーで薄くスライスして、塩を揉み込んで。
これで、巻寿司材料は整いました!
(今回はたまたま家に赤ダイコンがありましたので、こちらもお漬物にして加えました。)


ペーストにしたニンジンの葉っぱは白飯(すし飯ではありません)に混ぜます。


細かく刻み味付けしたダイコンの葉っぱと、ダイコン、赤ダイコンのお漬物


ニンジンは可愛らしい形をしてました。
今年は災害の影響で形もさまざま。小さめのニンジンが多いそうです。
さあ、あとは巻くだけです。


ダイコン巻。こちらのご飯はすし飯です。


ニンジン巻。
薄くスライスしたニンジンはたっぷり入れるとシャキシャキと食感がいいですよ!

完成です!

これぞシンプルな「The ダイコン巻」「The ニンジン巻」です。
それぞれの野菜の味がしっかりと楽しめるベジ巻となりました。
旬の野菜を使ったベジ巻、是非お試しください!

2018/12/18|

子ども食堂に参加しました

こんにちは。巻寿司大使の池田美智江です。
今回はあじかん様にもご協力いただき、子ども食堂で開催した巻寿司イベントに参加しました。

子ども食堂とは、子どもやその親及び地域の人々に対し、無料または安価で栄養ある食事や温かな団らんを提供する社会活動です。
「孤食」の解決や子どもと大人達の繋がり、地域とコミュニティの連携を目的としています。


皆さん、考えてみて下さい
核家族化が進む今、ひとりで簡素な食事をしている子どもの姿を…。
親は仕事で忙しく、仕方がないことかもしれません。
でも何より、たくさんの人で食卓を囲む「あたたかさ」は、食を楽しむ上で
一番大切な事だと思いました。

巻寿司大使として日本の伝統食「巻寿司」はもちろん、
「家族的な何か」を伝えたいと思い、2升近くのすし飯を使い
心を込めて手早く巻きました。

今回40名の親子さんが参加くださいましたが、
子どもたちからは、
「巻寿司を巻くところは見たことがない~」
「大きな家族ができたみたいや~」
「おいしい!!」

大人からは、
「嫌いな食べ物でも、みんなとなら不思議と食べてくれた」
「毎日バタバタしていたが、ここに来て心が落ち着いた」
「巻寿司はいつもスーパーで買っていたので、今度は手作りに挑戦したい」
という声を聞くことができました。

何も着飾らない純粋な「食の空間」がそこにはありました。

ほんの数時間ですが、子ども達の楽しそうな笑い声が止む事はありませんでした。

「食」に携わる者として大切なモノを振り返る良い機会となりました。
これからも可能な限り、子ども食堂の活動に参加しようと思っています。

中学生の起業体験!自分の描いた絵をい草巻寿司にして売ってみよう!

こんにちは。巻寿司大使のmika makkinen です。
巻寿司愛がますます増殖中。
いろいろな図柄や、具材を巻くことで巻寿司の可能性を感じています。

今回は、2学期始めから数回にわたって地元の中学生と一緒に
じっくりと温めた企画をお知らせします。

2018年11月23日、岡山県早島町で伝統産品・花ござを使った卓球ラケットで試合をする
「早島IGUSA花ござピンポン世界大会」が行われることになり、
地元の中学生がい草を使って起業体験をすることになりました。

「早島IGUSA花ござピンポン世界大会」は、
中学校内の大会と世界大会と2日間にわたって行われるので、
その大会開催中に食用い草を使ったスイーツや巻寿司を作って販売することになりました。

「食用い草」は食物繊維を多く含み、肥満防止、コレステロールの上昇抑制、
アンチエイジングにも効果があるといわれているんですよ。

中学生がたくさんの図案を描いてくれました。
クマ、鳥、うさぎが候補にあがり、その絵をもとに試作品を作りました。

中学生が会議をして「い草の色がいきるのはどれかな」「クマだと男女問わず喜ばれるのでは」
と話し合いの末、クマを作ることになりました。

私は、材料の分量を考えたり、色の調整をしてレシピを完成させて、
中学生に作り方を教えに行きました。

巻寿司を巻くのは初めてという生徒も多く、苦労しながらも
自分たちの考えた巻寿司ということで張り切って取り組んでくれました。

ちょうどこの時期に、地元の山陽新聞さんから取材依頼があったので、
中学校に来てもらい、この様子もご紹介いただきました。

本番では、1日目の中学校内の大会でたくさんの巻寿司が売れたらしく、
2日目の世界大会のときはレシピを見ずにどんどん上手に巻いていました。

い草を使ったデコ巻きずし「イグサのくまさん」は、大人気で行列ができるほどでした。

「おばあちゃんが買いに来るの」「家でも巻いてみてって言われた」と、
自分たちの巻寿司に誇りをもって作っているなあと嬉しく思いました。
忙しく巻き続ける、中学生のいきいきとした笑顔が印象的でした。

絵からレシピをおこすことのはとても難しかい作業でしたが、やりがいがあって、なによりも、楽しんで巻いてくれている中学生の笑顔が嬉しかったです。
子どもたちの頑張りでイグサカフェを大盛況で終えることができました。

中学生には巻寿司の楽しさを感じてもらい、購入していただいた方にはかわいい巻寿司があるんだなと思ってもらえたら、巻寿司大使mika makkinenとしても本望です。
巻寿司って楽しい!!これからもみんなに楽しさを知ってもらいたいです。

2018/12/11|

毎年恒例の飾り巻き寿司イベントを開催しました

2016年度巻寿司大使の川澄健です。
11月4日(日)、東京都中央区まるごとミュージアムで毎年恒例の飾り巻き寿司イベントを行いました。

あじかん様、MAKIZUSHI倶楽部様、川澄協会インストラクターにもご協力いただきました。
たくさんの方に来場いただき、昨年を上回る盛況ぶりでした。


80名以上の来場者の皆様に飾り巻き寿司パフォーマンスと
海苔や歴史の説明、太巻の試食も2回にわたって行い、とても喜んでいただけました。

 
バラの花とトイプードルの飾り巻き寿司はしっかり味が入り美味しいですが、
やはり沢山の具材が入った太巻が一番人気です。

 
余分に材料を用意していったので、おかわりの巻寿司も十分提供できました。
「おいしかった」と言ってもらえると疲れもふき飛びますね。


毎年、巻寿司を楽しみにしてくれているお客様がたくさんいらっしゃるので
来年も美味しい巻寿司をたくさん巻いて喜んでいただこうと思っています。

秋のイベントでいろんなお酢を味見体験

アメリカ、オレゴン州在住、巻寿司大使の加藤真記です。
10月はいろいろなイベントがありました。
その中でもとても印象深かったものをお伝えしたいと思います。

今回アメリカに来て初めて依頼を受けた活動があります。
それは慈善活動などをしている団体に所属している日本人の方からの依頼で、
夕食会後に女性だけでお茶を飲みながら学ぶ時間があるので、
その時間に巻寿司のデモンストレーションをしていただけないかというものでした。

せっかくの機会なので巻寿司から何か新しいことを知ってもらえることがあればと思い、
いろんなお酢を調べてみました。

写真右の酢はWhite Distilled Vinegar(ホワイト蒸留ビネガー)です。
無色透明でにおいをかぐとそこそこ鼻にツンときます。
原材料はコーンや大麦からできているそうです。
この酢は、アメリカの家庭で食器洗い機の洗浄や家の掃除によく使います。
そのためか、とても大きなボトル(3.78リットル)で3ドルくらいで買うことができます。

あとお友達から聞いたことがあるのですが、日系アメリカ人の家庭では巻寿司を作るときにこのホワイトビネガーを使うと聞いたことがあります。
今はアメリカのスーパーでも米酢や寿司酢を簡単に買うことができますが、
引き継がれた味なのでしょう。

写真左はアップルサイダービネガー(りんご酢)です。
以前、私も米酢が手に入らず、巻寿司作りに使ったことがあります。
やはりリンゴのフルーティーな香りがありますが、外国人のお友達には巻寿司だと喜んで食べてもらえました。(笑)

写真中央は米酢です。
米酢は原料は米のみを主原料として醸造して作られているので、すし飯にするにはもちろん相性抜群です。

では写真をみていただいて、何番がどのお酢か当ててみてくださいね。
簡単すぎます?・・・

①米酢
②アップルビネガー
③ホワイト蒸留ビネガー
です!

今回依頼をいただいたみなさんにこの三種類を味見してもらい、どのお酢が一番好みか聞いてみました。

一番人気はアップルビネガー、二番目がホワイト蒸留ビネガー、なんと米酢は私だけでした。(汗)
正直すごくびっくりしました。
米酢は結構強く鼻にツンときていた様子でした。(笑)

本当に味覚は人それぞれ。
やはりなじみの無い味なのか、鼻にくるツンという匂いが強すぎたのでしょうか?
とてもおもしろい結果を知ることができました。
いつもと違ったお酢で巻寿司をチャレンジしてみるのも楽しいかもしれません。
みなさんもぜひチャレンジしてみてください。


10月の初旬だったのでハロウィンのジャックオーランタンと大きな四海巻も披露しました。
お酢の味見も楽しんでいただけた様子でした。

実は私は緊張で汗だくでしたが、今回とても楽しい貴重な体験をさせていただきました。