巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

千葉県いすみ市飾り巻き寿司体験教室

こんにちは!巻寿司大使の八幡名子です。

7 月 29 日(日)に千葉県の外房に位置する、いすみ市にて
『いすみ市のシンボルを巻こう!』と いう体験教室の講師をさせていただいたので、
その様子をレポートしたいと思います。

この体験教室の目的は、いすみ市の魅力を巻寿司という食べ物を通してお伝えするという事。
いすみ市はタコや伊勢海老等の特産品はじめ海の幸が沢山あるうえ、
野菜の栽培や酪農もさかんです。
田んぼもたくさんあって、『いすみ米』というブランド米もあります。

食以外でも、『いすみ鉄道』という田んぼの真ん中を通るワンマン列車があり、桜の時期や菜の花 の時期に走るいすみ鉄道は自然とのコラボが素晴らしく、とても人気のある鉄道です。


田んぼの中を走るいすみ鉄道

……と、このように語ればキリがないほど魅力満載のいすみ市。
これを巻寿司で表現するという重大任務を仰せつかり、どのように表現しようか悩んだ挙句、
最終的に選んだのは「タコ」と「いすみ鉄道」でした。

タコのピンク色はいすみ産ビーツと大多喜町の古代米、
いすみ鉄道の緑ラインはいすみ市産インゲンマメで表現しました!


タコ巻

いすみ鉄道巻

巻寿司の基本となるお米はいすみ米を使用しました。

教室に参加された皆さまは全員地元の方々。
中にはシェフをされていたり、太巻の先生(千葉県には太巻文化があるのです!)を
されている方もいらっしゃって、さすがは手際がいい!
皆さんの集中力は素晴らしく、それぞれ素敵な作品が出来上がりました。


巻寿司の魅力はなんといっても、具材のアレンジがきくということ。

今回の教室を通して、参加いただいた皆さまにとって
地元の食材を見直すきっかけの一つになればこれほど嬉しいことはないと思います。

巻寿司は食材の生産者の思いを巻き込める素敵な食べ物ですので、
一口一口その思いを馳せながら 食べれば、より美味しくなるはず!
巻寿司を見かけたらぜひ、どんな食材が巻き込まれているかチェックしてみてくださいね。

最後に、いすみ市のスーパーで見かけた太巻のご紹介です。

こちらでは甘い玉子焼で巻かれたお花模様の太巻です。
食べる箇所によって味や食感が変わるのが楽しい太巻でした♩

第1回巻寿司の基本講座を開催しました!

こんにちは。巻寿司大使の武田です。
私が主宰している教室で開催した「巻寿司講座」についてレポートします。
この講座は、基本の巻寿司から変わったお寿司まで、
4回にわたって掘り下げて学びます。

今回は、その第1回「基本のキ」の講座でした。

基本の巻寿司の具材は、
玉子焼・椎茸・かんぴょう・キュウリ・高野豆腐・カニ風味かまぼこ・おぼろ。

お一人で巻寿司を、巻けるようになるためのコツや、
巻寿司にまつわる歴史もおり交ぜながら
巻寿司の雑学も紹介するなどして、楽しんで頂きました。

  

   
巻寿司を上手に巻くポイントとして、
巻くのではなく閉じることを意識するようにお伝えしました。

参加くださった皆さんからこんな感想をいただきました。

・今までの巻き方とは少し違っていて驚きました。
・息子がペロリを食べたのにビックリ!。
・包丁の使い方がわかり、初めて、綺麗に切れました。

皆さんが作った巻寿司はしっかり記念撮影。

次は、11/3(土・祝)に、
ちょっと変わった材料で「クリスマス」「お正月」にも使える巻寿司を作る予定です。
2回目からの参加も可能なので興味のある方はどうぞ。

巻寿司ワールドツアー

みなさん、こんにちは。
埼玉県の巻寿司大使、深川佳栄です。
1年間、よろしくお願いいたします。

さて。
第1回目のレポートは、
題して《巻寿司 ワールドツアー》。
世界各国の代表的な料理を巻寿司にしてみました。
そのレシピをご紹介しますね。

その前に、
まずは基本的な太巻(ハーフサイズ)の作り方をご紹介しますね。

<基本的な太巻の作り方>
①巻きすの上に海苔半切りサイズを縦向きに置く。
この時、巻きすの端と海苔の端は合わせて置く。
すし飯を120g用意し、ビー玉大を少し取り、残りを軽くまとめておく。

②海苔の向こう側4㎝残して、大きい方のすし飯を均等に広げる。

③向こう側の酢飯にビー玉大のすし飯を使って壁を作る。

④具材をすし飯の真ん中から向こうにかけて置く。
ポロポロする具材は壁に近い方(奥側)に置く。

⑤両手の中3本の指で具材を押さえ、親指で巻きすを持ち上げ、
巻きすの端が壁の向こうに届くように、一気に巻く。

これが基本的な太巻(ハーフサイズ)の巻き方です。

次は巻寿司のレシピをご紹介します。
まずはトップバッター。
我らが「日本」の巻寿司レシピです。

先ほどお伝えした基本の巻寿司の作り方にそって、
すし飯の上に、玉子焼、キュウリ、カニカマ、かんぴょう、煮椎茸、おぼろの6つの
具材をのせて巻きあげます。
ボリューム満点の巻寿司のできあがり!

 

続いては、お隣「韓国」の巻寿司レシピです。

韓国と言ったらプルコギ。
ということでレタス、キュウリ、プルコギを具材にして巻きました。

続いては「イギリス」の巻寿司レシピです。

イギリスといえば、フィッシュアンドチップス。
ですが!
今回は日本でお馴染みの「ローストビーフ」を具材にしました。
実は、イギリスの伝統料理なんですよ。

薄くスライスではなく
食べ応えがあるように大きめにぶつ切りして
レタス、キュウリと一緒に巻いてみました。

 

続いては「インド」。

インドといえば「カレー」。
ですが!
さすがにカレーは巻けませんでした(笑)

なので「タンドリーチキン」を巻いてみました。

 

続いては、微笑みの国「タイ」

タイといったら、ガパオ。
目玉焼は入れられないので
玉子焼とともにレタス、春雨と巻いてみました。

 

最後は、「メキシコ」。

メキシコといえば……
そうです!タコスですっ!!!

レタス、チーズ、タコミートでスパイシーに仕上げてみました。

日本、韓国、イギリス、インド、タイ、メキシコ
6か国の巻寿司ワールドツアー!

 

いかがでしたか?

主人のお好みは「タイ」のガパオ寿司。
上の娘のお好みは「メキシコ」のタコス寿司。
下の娘のお好みは「インド」のタンドリーチキン寿司

そして私のお好みは「日本」の懐かしい優しい味。

それぞれに好みが分かれました(笑)
みなさんはどの巻寿司を食べてみたいですか?

日に日に暑さが増し
食欲が落ちてくるこの季節。

お肉が入ったボリューム満点の巻寿司なら、
手軽にパクっと食べられちゃう(^^)

みなさんもぜひ作ってみてくださいね。

2018/7/17|

大好きなスパム巻寿司の紹介

こんにちは。巻寿司大使の田中佳代子です。
初めてのレポートになりますので少し自己紹介をさせてください!

私は愛知県で生まれ育ち、主人の仕事の関係で香港に。
20年香港に住んだのち昨年末、鳥取県米子市にIターンしました。

米子市を3番目の故郷!!と呼べるように新しい土地での生活、
いろいろな方向にアンテナを張って楽しいことを探しながら生活しています。

そんな折、巻寿司大使にも挑戦!
新しい世界を広げていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

さて、記念すべき?!第1回目のレポートは、
私が大好きなスパム巻寿司のご紹介です。

海外では「スパムむすび」と呼ばれることが多い巻寿司。

スパムが大好きな私は、いつも家に常備しています!
ですので、スパム巻寿司は気軽によく作っています。

今回は押し寿司のように作るタイプと巻寿司タイプと2種類作ってみました。

まずはどちらにも共通するスパムの下準備。
押し寿司用はスライス、巻寿司用は棒状に切ります。
そしてカリッと焼いて照り焼き味にします。
そのまま焼くだけでもおいしいのですが、照り焼き味にするのが私のオススメ!

スパム押し寿司は、
押し寿司の型に、すし飯→玉子焼→スパム→すし飯と段々に重ねて、
最後に海苔で巻きます。

巻寿司は、韓国の巻寿司のようにカラフルで具だくさんにするのが好きなので、
具材はスパムのほか、玉子焼、にんじんナムル、ほうれん草の胡麻和え、
たくあんを使いました。

どちらも巻いたら、食べやすい大きさに切って完成!

香港時代に、子どもの学校で持ち寄りパーティがあった時には
いつもこのスパム押し寿司やスパム巻寿司を作っていました。

先日もお友達と持ち寄りランチをしたのですが、
その際にもスパム巻寿司を持っていったところ好評でしたよ。

今回は押し寿司の型を使いましたが、
今はいろいろ便利な型も売っていますので、
そういったグッズも上手に使って、手軽に好きな具で巻寿司作りを
楽しんでもらえたらなと思います。

2018/7/13|

旬を美味しく食べる!

こんにちは!
2018年度 巻寿司大使の恵方マキです。

暑い日が続いておりますね。
今日は夏野菜の代表、キュウリを使った
簡単で美味しい巻寿司をご紹介いたします。

≪キュウリの飾り巻き寿司≫

作り方
1.ピーラーでスライスしたキュウリを、格子状に編み込みます。

2. その上に海苔を置き、すし飯を広げ、具材をのせて巻きます。

我が家には高校生になる娘がおり、毎日部活動にはげんでいます。
暑い中で練習する夏の部活は、普段よりも疲れが増すようです。

夏野菜のキュウリには、『カリウム』が多く含まれ夏バテ防止・回復に効果があります。
巻き込んだ具材に使ったのは、
免疫力を向上させ、疲労回復をサポートしてくれるシソと、エビ。

そして疲労感が軽減され
筋肉増強効果が期待できる、玉子焼をチョイスしました。

栄養たっぷりの巻寿司で、元気に楽しく過ごしてくださいね。

2018/7/10|

巻寿司の代表具材「かんぴょう」

こんにちは、2018年度巻寿司大使の川井ゆかりです。
一年間多くの方に巻寿司を作る楽しさと笑顔を広めていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

巻寿司によく使われる代表的な具材「かんぴょう」ですが、
実は私が住んでおります栃木県を代表する特産品で、
全国の生産量の90%以上を占めています。

今回は味付けしてあるかんぴょうがどんな風に作られているのかを
ご紹介したいと思います。

かんぴょうとは?
ユウガオの実を細長く削り、乾燥させたものです。

画像提供/とちぎの百様

かんぴょうの由来 
 
原産地はアフリカとされており、シルクロードを渡り、
神功皇后が朝鮮から 種を持ち帰り、関西地方を中心に栽培。精進料理の素材として食され、
江戸時代に下野の国(栃木県)で栽培されるようになりました。

マルユウガオ【瓠(フクベ)ともいう】
まるまると大きく育ったかんぴょうの 実はスイカくらいの大きさになり、
重さも7~8kgになり7月~8月頃に収穫されます。

※株式会社小野口商店公式サイト『かんぴょうについて』より

かんぴょうの作り方

1 皮を剥ぐ

画像提供/株式会社ヤマケ

専用の機械を使って剥いていきます。
ホウレンソウの約2倍も食物繊維があるかんぴょう。
またカリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれているので
骨の成長を助けて老廃物の排出や内臓の機能を向上させてくれるといった作用があるそうです。

2乾燥させる

画像提供/とちぎの百様

真夏の太陽熱にて2日間干し上げます。
乾燥したものを水で戻し、味付けして煮たものが皆さんよく食べているかんぴょうとなります。

中のワタ(白い部分)
私が幼い頃、家でも家庭保存食用にかんぴょうを作っていて
残ったワタを調理して食べていました。
みそ味に炒めたり、煮込むと出汁の味が染み込んでとても美味しかった記憶があります。

先日かんぴょうの産地、壬生町に行ってお話を聞きましたら、
ワタを食べる習慣はないそうで、地域により食べ方を工夫をしていたのかもしれませんね。
ワタのお料理は新鮮でないと食べられないので、今では懐かしい思い出の料理となりました。

郷土ならではの食べ方
栃木県は雷が非常に多い地域。
海苔(又はワカメ)をカミナリ雲、かんぴょうの卵とじを稲妻に見立てた
しょうゆ味の和風スープを「雷汁」(かみなりじる)と呼んでいます。

もともとは、栃木の名産・かんぴょうに親しんでもらうため、
1995年頃に学校給食で出したところ好評で、地元の名物になりました。

かんぴょうの巻寿司
巻寿司を作る時は、かんぴょうを使います。
具材の中に入れると味のバランスもよく、美味しく召し上がれます。
またかんぴょうを紅白に色付けして、いなりずしに結ぶと華やかになりますね。
食物繊維たっぷり、かんぴょうの巻寿司を食卓の一品にいかかでしょうか?
 

2018/7/6|

子ども達の喜ぶ巻寿司とお寿司屋さんごっこ

初めまして巻寿司大使のmika makkinen です。
私は日頃、マイスター同士での勉強会や、近所の方たちとデコ巻き教室を開いています。
1年間巻寿司大使として、巻寿司の楽しさ、奥深さを
たくさんの方に伝えていけたらと思っています。

さて、いよいよ暑くなってきましたね。
この時期は雨も多く、外で遊べない日も多くなりがちです。
そんな日はお子さんと巻寿司を巻いてみてはいかがでしょうか。
   
子ども達と『デコ巻きすし』を巻いていると、集中力の高さに驚かされます。
楽しく巻いて、一緒に食べるって楽しいですね。

この季節、カエルやてるてる坊主を巻くのも楽しいかもしれませんね。

巻寿司は、子ども達の誕生会やちょっとしたおもてなしにもぴったりです。
また、簡単な小道具を使うだけで巻寿司作りがもっと楽しくなります。

例えば、私自身も気分を盛り上げるために、
教室では作務衣を着て巻き方を教えています。

この写真は知り合いの方に作っていただいたオカモチです。
デコ巻き教室にも、いつも持っていきます。
作った巻寿司を寿司桶に入れるだけで、気分が盛り上がります。

作った巻寿司をこの寿司桶とオカモチに入れて、
「こんにちは」「おまたせしました。巻寿司です」と
子ども達とお寿司屋さんごっこを楽しんでいます。

こちらはよく作られる花巻ですが、
外側をソイシートで巻くことで華やかになって、パーティにもぴったりです。
 

テーブルコーディネートも大切です。
たくさん巻寿司が並ぶだけでも素敵ですが、季節のアイテムを選び、
大皿に盛り付けたり、笹を敷いたりすることでぐっと華やかになりますよ。

不器用だった私が、どうして巻寿司に夢中になってしまったのか、
自分でもよくわかりませんが、切るときのワクワク感は、何回経験しても変わりません。

巻寿司大使として巻寿司に関わっていけることを幸せに感じています。
1年間どうぞよろしくおねがいします。

子ども達と巻寿司レッスンin富山

こんにちは!
2017 年度・巻寿司大使 おりたみゆき です。

今回のレポートは、
富山市堀端町にて学童保育を運営されている『ハレア』にて
たくさんの子ども達と一緒に巻寿司を作った「巻寿司を作ってみよう!」編です。

『ハレア』の先生方は元体操選手ということで、放課後保育以外にも体操教室を運営されています。
未就学児でも、トランポリンを使ってかわいらしいピョンピョン飛びや
本格的なバク転練習もできると、人気があります。

さっそく先生や保護者の方にお手伝い頂きながら、巻寿司作りのスタートです。
今回の巻寿司レッスンでは
子ども達が大好きな「照り焼きチキン」を具材の中心に巻き上げることにしました。

≪太巻レシピ≫

全形海苔 1 枚
すし飯 200g
玉子焼
照り焼きチキン
シーフードカマボコ
椎茸
おぼろ
キュウリ
山ごぼうなど

その前に、まずは上手に巻寿司を作るためのコツをレクチャー。
海苔・巻きすの裏表についてや、すし飯の広げ方、具材の配置の仕方など
いくつかのポイントを説明しました。


用意ができたら、いよいよ皆で一斉に巻きスタート!

「抑えている具材と巻きすから手を離さないで~」
「鉄棒の前回りと一緒だよ~」

と巻くときのコツを伝えると、
『ハレア』の先生から「日頃の運動成果を発揮する場面だよ~」と声が掛かります。

今回の太巻は肉厚な照り焼きチキンを巻くので、いつもより太いサイズ。
手の小さな低学年の子ども達も頑張って、
上手に巻くことができました。

子ども達に包丁の使い方も体験してもらいたかったのですが、
小さいお子さんもいるため、安全第一ということで、先生方にカットして頂きました。

保護者の手を借りずに、自分だけで巻き上げた巻寿司を手に
やりきった達成感で顔がキラキラしていました。

小さい手の子ども達も、「上手に巻くためには…」を考え、
実行するパワーに感動しました。

実はお引越しのため、これが富山県で最後の巻寿司レッスンとなりました。
子ども達からたくさんの元気をもらいました。
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました!

宮城の夏の味覚、ホヤ!!

こんにちは!
巻寿司大使、わたりようこです。

皆さん、『ホヤ』って食べたことありますか?

宮城の夏と言えば、海のパイナップルとも呼ばれる珍味、ホヤ!!
宮城を代表する水産物で、その水揚げ量は日本一を誇ります。

最近では、首都圏でも食べる方も増えているそうですが、
宮城では昔からごく一般的に食べられていた食材です。

ホヤは味覚の基本要素がすべて揃った珍しい食材で、
甘味・塩味・酸味・苦味・旨味を一度に感じることができるそう。

苦手という方も多いのですが、
その不思議な味わいと独特な風味が、ホヤ好きにはたまりません!!

ホヤの旬は5月~8月。
これからどんどん美味しいホヤが出回ってきますね。

私は子供のころからホヤを食べていて、
旬のこの時期になると、冷蔵庫に『ホヤの青紫蘇巻』がよく入っていました。

ちょっぴり塩辛い紫蘇巻はホヤの保存食のようなもので、
作られるのはホヤの産地に近い一部の地域らしいです。
母が、晩酌をする父の為に作っていたんですね。
もちろんご飯にもよく合いますよ。

ホヤをよく食べる宮城でも、ホヤの巻寿司はあまり聞いたことがなかったので、
今回は、ホヤの紫蘇巻を巻寿司にしてみました。

ホヤの紫蘇巻寿司
<作り方>
1
ホヤを短冊に切り、青紫蘇で巻いて、塩漬けにします。
1日~2日位置くと、水分が上がってきて味が凝縮されます。

右の写真が1日経過したものです。少し水分が上がってきました。

2
1のホヤ紫蘇をキュウリと一緒にいつもの巻寿司の要領で巻きます。
すし飯を少な目にして細巻にします。


ホヤの美味しさと、青紫蘇のさわやかな風味が寿司飯とピッタリ。
とても美味しい巻寿司になりました。

玉子焼やかに風味かまぼこ、かんぴょう等が入った太巻に
ホヤの紫蘇巻を入れて作っても美味しいですよ。

個性の強いホヤを入れても美味しくなるなんて、
巻寿司はどんな具材でも巻き込むだけで美味しくしてしまう、
とっても便利な料理だと思いました。
皆さんもこの機会に『ホヤの紫蘇巻寿司』をぜひ、作ってみてくださいね!

今回のレポートで2017巻寿司大使の任期は終了し
次の大使さんたちへバトンタッチしますが、
私の巻寿司愛はこれからも続きます(#^.^#)♡
皆さんもいろんな食材を巻いて、自由な巻寿司lifeを楽しんでくださいね!!
1年間、ありがとうございました!!

2018/6/15|

生まれ故郷で巻寿司講座を開催しました

2017年度巻寿司大使の仲野谷です。
今回は、私の生まれ故郷である秋田県藤里町で開催した
巻寿司講座のレポートです。

巻寿司大使に任命していただいたときから、
ぜひ故郷で巻寿司の講座をしたいと思っていた私にとって
念願の巻寿司講座となりました。

ありがたいことに、町の社会福祉協議会が主催の
『まち自慢クラブ』という事業に講師として呼んでいただき、
町のにぎわい創出の拠点となっている『かもや堂』を会場に、
幼なじみ、ご近所のおばさんなど懐かしい方々と一緒に巻寿司を楽しみました。
(実はこの『かもや食堂』は私の実家の一部をリノベーションした建物です)

午前中は「太巻寿司」のデモンストレーションを、
午後からは「あきた巻」「四海巻」のワークショップを行いました。

町名にちなみ藤色のTシャツにMAKIZUSHI倶楽部のエプロンをつけて
気合を入れました!
皆さんの真剣な眼差しをひしひしと感じながら…

皆さん、巻寿司は自己流で楽しまれているようでしたが、
巻きすの使い方、海苔のサイズに応じた具とすし飯のボリューム、
具を置く位置などをレクチャーして、
よりきれいに巻けるようアドバイスさせていただきました。

そして、いよいよ試食の時間です。

タイミングよく、買い物帰りの方が「何やってるの~?」と入ってこられたり、
バス待ちで通りかかった方が5人ほどいらしたので、一緒に試食していただきました。
できるだけ多くの方に巻寿司を見ていただきたいと思っていたので大満足です!

「あきた巻」と「四海巻き」のワークショップは、
会場の広さの関係で定員5名さまずつの講座でしたが、
小さな町ですので皆が顔見知りということで、
和気あいあいと楽しそうに巻いてくださいました。


秋田県藤里町は世界遺産白神産地の麓にあり、
大自然に囲まれ山の恵み豊富なところです。
しかし過疎化が進み、年々寂しくなっているのが現状です。

そんな故郷の方々に少しでも元気になってもらうことを願って
開催した巻寿司講座でした。
社協の『まち自慢クラブ』という事業も、
引きこもりがちになるお年寄りや町民の方々が、
一歩外に出て活動的するきっかけづくりを目的としています。

参加した皆さんからは、

「きれいな絵柄ができて見事だった」
「見た目だけでなく、味も美味しかった」
「とても楽しい講座だった。またやってほしい」

と感想をいただきました。

そして、なによりも嬉しかったのが、社協の会長さんから
「巻寿司は人を明るい気持ちにさせる魅力がある」と言っていただいた言葉です。

幼い頃、母が巻いてくれた巻寿司の思い出も、
講師として巻寿司を披露したときの皆さんの笑顔も、
いつも幸せな気持ちで一杯だったように思います。
美味しいだけではない、綺麗なだけではない、
巻寿司の持つパワーを改めて認識した一日でした。

今回が巻寿司大使として最後のレポートとなりましたが、
1年間、貴重な体験をさせていただいたことに改めて感謝いたします。
今後もこの「魅力ある巻寿司で笑顔を広げる活動」を続けていきたいと思います。
ありがとうございました。