巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

1升のすし飯で巻寿司を作りました!

巻寿司大使 のほほんうさここと山口ようこです。

少し前のお話になりますが、
今年のお正月、実家に親戚22人が集まりました。
そこで急遽巻寿司を巻きました。

1升の寿司飯と具材の準備ができた頃、全員が集まったので
大人も子どももみんなで巻きました。
image2 (1) image1 (1)
ほとんどの人が巻寿司を巻くのははじめてだったようですが

「思っていたよりも簡単に出来る!!」
「子ども のお雛祭りにぜひ巻きたい!」

と喜んでくれました。
image4 image5

豪華で食べやすい巻き寿司、お正月の食卓でも人気でした。

 

★巻寿司大使プロフィールはこちら

大注目!ポストおにぎらず「スティック巻寿司」♪

巻寿司大使の小西です。

最近、“ポストおにぎらず”と言われている「スティックおにぎり」というのがあるという噂を聞きつけ、さっそく「スティック巻寿司」を作ってみました。

こちらはエビカツを入れて巻き、ワックスペーパーでかわいくラッピング。
小西2_1

こちらはクリスマスのときに作ったもの。
中の具材はテリヤキチキンです。
小西2_2
作り方はとっても簡単!
のり半枚に上5cmあけてすし飯70gを広げて、
あとは巻くだけです。
小西2_3

食べる時は節分の恵方巻のように丸かぶりで!

いろんな具材を美味しく巻いて、
ワックスペーパーを使ってかわいく仕上げるとよいですよ♪

パーティなどにもおすすめです。
ぜひ作ってみてくださいね。

★巻寿司大使プロフィールはこちら

2016/1/28|

巻寿司の具材におすすめの野菜「水菜」

巻寿司大使・「幸せ野菜life」jr野菜ソムリエの越智真理です。

昨年末に、友達と「巻寿司パーティ」をしました。
その時に私が用意をしていたお野菜「水菜」がとても好評でしたので
ご紹介します。

C360_2015-11-30-11-16-11-513
巻寿司に水菜を入れると、
「全体がさっぱりする」「これなら子供も食べそう」
と嬉しい声を頂きました。

巻寿司を食べるなら、美味しく、しかも栄養も十分に採りたいですよね。
そんなとき、「水菜」はとてもお勧めです。

水菜は、ビタミンC E 、β―カロテン、カルシウム、鉄を主に含みます。
とりわけ、ビタミンCは多く、風邪予防、疲労回復、美肌効果があります。
これからの時期に特に嬉しいです。

そして、ビタミンCは熱に弱いので、
生で食べるのが一番!なんです。

スーパーでは、
葉や茎が瑞々しいもの。
ピンと張りがあるもの。
根元の切り口が小さいものをぜひ選んでくださいね。

比較的、価格の安定している水菜。
しっかり採って、巻寿司をおいしく健康に食べましょう。

★巻寿司大使プロフィールはこちら

「日本の寿司は完成されている」

こんにちは!巻寿司大使・岩佐優です。

寿司もすっかり国際化しました。
いまや世界中の主要都市で売られるまでになりました。
しかし海外の地方に行くとSUSHIを知らないという人もまだ多く、
イタリア料理にはまだまだ及びません。

近頃は日本国内の寿司職人も張り切って妙なモンを作りたがる傾向があります。
たしかに逆輸入的な発想も悪くはないでしょう。
すべては「交流」によって交じり合うことで出来上がってきたのです。
この世の中にオリジナルなんてものは存在いたしません。
「何でもかんでも我が国のオリジナルである」
というのは大きな間違いだと思います。

しかし、
「日本の寿司は完成されている」ということだけは、
日本のすし職人は忘れてはいけないと思います。
寿司を古臭いとか、もっと進化発展させようという発想が
「日本の伝統文化の品質低下」を招いた大きな原因の一つのような気がします。
「御飯にオサシミが載っかっているだけの又は、巻いてあるだけの食べ物」
そういう風に考える人間がこれからどんどん増えたとしても、
寿司職人までもがそんな風潮に染まってはいけません。

そもそも巻寿司を巻くコツというのは
自分がどのような巻寿司を作りたいのか、
そのイメージに合わせてタネを整えておくことだと思います。
芯の太いゴージャスな仕上げにしたければ、
シャリの量を減らして薄く海苔の上に広げて巻けばいいし、
どっしりとした太めにしたければシャリを増やし厚めに広げ、
そのかわりにタネは小さく細長く均一になる様に包丁しておきます。
「ネタとシャリ」
このバランスが大事なのです。

さて、先日一品持ち寄って「巻寿司パーティー」 を開いたところ、大変、好評でした。
以下は参加していただいた方のコメントをご紹介します。

Aさん
巻寿司って慣れたら実は、本当に手軽ですね。
具材を沢山用意しなくても、簡単にできてしまいます。
お弁当にも強い味方だ!

Bさん
巻くのを少し失敗したけど、味は抜群でした。
具材も豊富で、自分の好きな具を好きなだけ入れられるのがとても良かったです。
とにかく子供達がとっても喜んでいて、またしたい!と言っていました。

Cさん
家では巻いたことのない、カツや本当のたらば蟹のようなカニカマ、
ほんのり甘くてふわふわの卵、大好きなアボカド
好きなものが多すぎて太巻きになってしまいました。
かんぴょうや椎茸、でんぶ、巻寿司の材料という材料が
全部揃っていて大人なのに楽しみ過ぎました!
酢飯が既製品でなく、上品な甘味で体にもいいと思います。
丁寧に海苔の裏表からオシエテくださり小さな子供たちも
分かりやすかったと思います。

ありがとうございました。

ゆったり、ほっこり♪

★巻寿司大使プロフィールはこちら

我が家の定番☆れんこん棒煮

こんにちは。巻寿司大使の瀬分です。

ふと思い立って巻寿司を作るときに、よく作る具材があります。
それはれんこんを甘辛く煮たもので「れんこん棒煮」です。

作り方は、
れんこんを棒状に切り、昆布だし、お醤油で煮詰めていきます。
15分ほどで完成します。
れんこん
このれんこんの棒煮と冷蔵庫で探した常備菜や卵、
青菜、ニンジンなどを組み合わせれば、あっという間に巻寿司の完成です。
まきずし
不思議なことに巻寿司って、ひと手間かけたように見えるんですよね(笑)
忙しい時やお弁当などにとても便利ですし、家族にも喜ばれますよ!

★巻寿司大使プロフィールはこちら

2016/1/22|

巻寿司のすすめ!「パーティや行楽やランチ会で大活躍なアレンジ巻寿司をつくろう」

こんにちは。巻寿司大使のSHIMAです。

私が開催している料理教室で、
お家にあるストック食材、余った食材、昨日のオカズもが大変身してしまう、
巻寿司のレッスンを開催しました。
上手な巻き方のポイントもしっかりお伝えしています。
shima1
私が伝えたい思いは、
「お弁当の蓋を空けたら「お寿司」ってテンションあがる~っ(笑)」

ご参加頂いた方に巻寿司作りのお悩みをお聞きすると、
・ 材料の準備が大変そう
・ 上手に巻けなく、すぐ崩れてしまう
などなど。

でもレッスンを終わるころには、
そんなお悩みも一気に解決!
気がついたらみんなで11本も巻いていました。

まずは基本の太巻き。
具材はキュウリ、卵焼き、かんぴょう、シイタケ、桜田麩。
shima2

ポイントは、海苔に対してのシャリの量、位置。
シャリに対しての具材の位置。
shima3

しっかり巻けました!
ここで皆様感動の「あ〜っ 巻けた〜っ」の声が!

続いてはアレンジ巻寿司。
お家にある物を巻寿司にします。
具材は塩鯖に卵焼き。酢飯にするのが面倒な時は練り梅で代用~!
shima4

これならいつでも簡単に巻寿司にトライできそうと
喜んで頂きました。

最後に巻いたのはお子様の大好きな揚げ物入りの巻寿司。
具材はエビカツ、レタス、ニンジンの千切りサラダ。
この巻寿司のポイントはボリュームもですが、お子様が揚げ物と一緒にお野菜を食べる!
そして、彩り。
shima5

できた巻寿司の締めくくりは「美しく切る」。
包丁使いのほんの一手間のコツですがするのとしないのでは大違い。
「1切れ1切れ、ぬれ布巾で包丁をふく。」
このポイント、実は皆さん知らなかったようでした。
shima6

日常生活でも大活躍の巻寿司。
ぜひ、ご家庭でも作っていただきたいと思います。
shima7

★巻寿司大使プロフィールはこちら

明けましておめでとうございます。

巻寿司大使の小西です。

今年は巻寿司文化が日本だけでなく、
世界中に拡がっていくことを夢見て活動していきたいと思っています。
本年もどうぞよろしくお願いします。

お正月もあっという間に終わりましたね。
我が家の今年のお節にも、もちろん巻寿司が入っていましたよ。
小西1

そういえば、年末の某百貨店で地元有名巻寿司店の巻寿司が販売されていました。
開店からものの10分で完売!
あっぱれ!ですね。

お正月は皆さんのご家庭でも、各家庭伝統の巻寿司を巻かれた方も多いことと思います。
我が家の味というものを受け継いでいって欲しいと思います。

さて、巻寿司が食卓に登場することが多い日本の冬の行事ですが、
次は2月3日の節分ですね。

節分と言えばやはり恵方巻。
すっかり定着したこれも日本の食文化の一つです。
節分をイメージしたこんな飾り巻寿司を巻いてみました。
鬼ちゃんとお多福さん♪
小西2

今年の節分も、たくさんの福を巻き込んで行きたいと思います。

 

★巻寿司大使プロフィールはこちら

2016/1/18|

クリスマスパーティーは巻寿司で!

去年(2015年)のクリスマスの話になりますが、
4家族総勢16名の、クリスマスパーティーを開きました。
実は、もう何年も、恒例行事だったりします。

今回のクリスマスパーティーは、
巻寿司大使の巻寿司教室も兼ねて。

最年少は小学4年生の男の子から
上は中学2年生の男の子。
実は、全員男子(笑)
上田image4 上田image3 上田image2 上田image1

巻寿司を巻ける巻寿司男子たち。

「何の具材が、好き?」と、聞くと、
やっぱりアボカド、照り焼きチキンという答えや
定番の大葉、サーモンも人気でした。

好きな具材を入れて、上手にまきまき。

上手にまきすを使いこなし、
男の子も楽しんで巻寿司を巻いてくれて嬉しかったです。
いろんな具材をどっさり入れた極太の巻寿司や、
好きな具材のみの細巻き。
上田image6 上田image5
お母さん方にも巻寿司のお手伝いをお願いして、
たくさんの、巻寿司が、完成しました。
上田image7 上田image8

彩りの巻寿司も、
おもてなしパーティーには、ぴったりの1品に、なりました。
上田image9

★巻寿司大使プロフィールはこちら

12月12日北海道札幌市NPOこころ 巻寿司で地域の忘年会を楽しみました!

こんにちは。巻寿司大使の田中です。

千葉県柏市と北海道の札幌を行ったり来たりの生活もそろそろ半年目。
札幌の冬はさむいぞー!と心構えはしていたつもりでしたが、
札幌は63年ぶりという大雪が降り、たちまちこーんな感じになりました。
20151125_113800-1 札幌画像

せっかくご縁があって札幌にいるのなら、
地元になじんで、みんなと楽しまなくちゃ!
ということで、時間が合うときには
「NPOたすけあいワーカーズこころ」のコミュニティースペースに、
お手伝い参加することになりました!
田中 来楽忘年会

「こころ」は地域のなかで
たすけあいができるシステム作りを目指して立ち上がりました。
そして、地域の人たちが安心して集える場所の必要性を感じて始めたのが、
地域のお茶の間「来楽」と「ちゃきちゃき亭」です。

さっそく!
今回は「来楽」で忘年会があるというので、「巻寿司」で参加することに。
今回は基本の太巻きで。
田中2 基本の巻寿司

前日はお米の用意やら具材の小分けをして、
当日は朝9時から巻寿司スタッフ4人でミニミニ講習会からの~・・・・!
田中3 巻寿司準備 田中4 巻寿司講習会

全部で19本の巻寿司を巻きました。
田中5 たくさんの巻寿司 田中6 並ぶ巻寿司
「そうね~、冬はどうしても参加する人が減るのよね。」
という話だったのですが、
「忘年会は巻寿司大使が太巻きを巻きますよ。」という情報が回ったら、
あれ!当日は予想を上回る35人参加!!わ~、巻寿司足りるのぉ~?

会場では、「巻寿司食べに来た!」と言われて、思わずにこにこ。
MAKIZUSHI倶楽部のお話や
巻寿司を上手に巻くコツもちょっとお話しさせていただいて、
歌やゲームで楽しんだ後はいよいよみんなでお楽しみランチ!
太巻寿司・マカロニサラダ・鶏手羽元のパイナップル煮・お吸まし汁。
デザートはシュトーレンとサツマイモの蒸しパン。
田中7 忘年会メニュー
どこでもやっぱり、巻寿司は人気!を再確認しました。

「この次は、みんなで巻寿司講習会しましょう!」とか、
「別のサロンでもみんなでいろんな巻寿司作ってみたい!」とか、
話は楽しく広がっていきます。
楽しいおいしいコミュニケーション、たくさんの笑顔で、
札幌に来れてよかった~とうれしくなった一日でした。

★巻寿司大使プロフィールはこちら

札幌でがんばる巻寿司インストラクター

こんにちは。巻寿司大使の田中です。

札幌へ来るようになって約半年。

新しい出会いを楽しんでいますが、そんな中、
楽しい巻寿司のインストラクターさんと知り合いました。

JSIA認定飾り巻寿司インストラクター の国仙ゆかりさんです。

彼女は幼稚園のお子さんを持つママですが、
巻寿司を極めていくために、色彩の勉強や食育の勉強もがんばっています。

彼女がお寿司を作るとこに心がけているのは

・・・・・・・・・・・・

上手に巻くことより、その場を楽しんでもらうこと。
お客様とのコミュニケーションを私自身が楽しみ、
皆さんにまた作ってみたいと思ってもらえるようなレッスンを行うことです。

また、できるだけ添加物や着色料を使用せず、
自然な色味で巻寿司をつくることにこだわっています。
コドモもオトナも、おじいちゃんにもおばあちゃんにも、
見た時に思わず微笑んでしまうような、
みんながHAPPYになれる巻寿司を作れるよう努力していきます!!

田中  ゆかりさん巻寿司1 SONY DSC
田中 ゆかりさん巻寿司3
国仙ゆかりさんのかわいい作品たち
・・・・・・・・・・・・・・

お寿司の話の時には身を乗り出して、きらきらの目で
お話してくださった国仙ゆかりさん。

今、味のバランスを取りながら、いかに自然食材できれいな色で
楽しい絵柄を出せるか?を研究中のようです!

楽しい巻寿司なら、だれもがやってみたい!!と思います。
みんなで集まって、みんなでわいわい作って、おいしく食べてHAPPYになれる。
巻寿司の魅力は深いな~。

わたしもカワイイ巻寿司が作りたくなりました。

★巻寿司大使プロフィールはこちら