巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司レシピ

プロのレシピにチャレンジ!細魚の巻寿司レシピ

こんにちは!巻寿司大使・岩佐優です。
今回は、「細魚の巻寿司レシピ」をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

細魚の巻寿司レシピ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寿司飯に少し色が付いていますが、

最近「玉砂糖」という黒砂糖に近い砂糖を使用しているせいです。
もともと素精糖という砂糖を使っていますが、甘さに味があると言うか、
料理の味がよくなると感じるのは確かです。
玉砂糖の場合は糖度が高いので、普通の砂糖の味付けより20%ほど少なめにします。

材料
• 細魚・・2尾
• 菜の花・・60g
• 黄菊・・150g(湯がいて50g)
• 米・・2合
• シャリ酢・・85cc
※シャリ酢は前回と同じレシピです。
(3合に対して以下のシャリ酢を128cc使用します)
酢・・100cc
塩・・25g
砂糖・・125g

≪手順≫

下ごしらえ
1 細魚は足が早いので早めに(傷みやすい)内臓だけ出します。
2 頭と尻尾を切り落として腹側から開き、三枚開きの要領で中骨を取り除き、
腹骨を薄く削ぎとります。

3 中骨のない開きにします。
出来るだけ早めにここまで捌いて下ごしらえしておくと、傷みが進みません。
作り方
1. 米を洗って寿司飯用に炊く。
2. 菜の花と三つ葉を塩茹でして水を絞っておく。
3. 小鍋にお湯をたぎらせ、黄菊をさっと湯がき冷水にとります。
4. ご飯が炊き上がったらスイッチを切り、
直ぐにその場で寿司酢を加えて満遍なく混ぜ込む。
5. 酢が混ざってから飯きりに移して団扇で扇いで冷ます。
6. 細魚で黄菊と菜の花を巻いきます。
6-1 巻寿司にする直前で、下ごしらえしておいた細魚の皮を引きます。
6-2 巻きすを広げてラップをその上にかぶせ、
皮を引いた細魚の切り身4枚の表側を下に交互にピッタリつけて並べます。
6-3 手前から3枚目の細魚のところまで寿司飯を均一に広げ、
次に手前から二枚目まで黄菊を広げ、
最後に菜の花(青み野菜)が芯になるようにして
巻きすの手前を向こう側の端の細魚の部分と合わせます。
※きれいに巻くコツは、ここでキュウと押さえてしばらくしてから解きます。
具とご飯が馴染む為の“間”が大事です。

7. 細魚の巻き寿司を盛り付けて出来上がり♪
※ラップを巻いたまま切ってから盛り付けで取り除きます。
少し手間はかかりますがその分、美味しいことうけあいです!
ぜひお試しくださいね。

★巻寿司大使プロフィールはこちら

2015/9/24|

休日は子ども達と楽しく巻き巻き♪

こんにちは。巻寿司大使の瀬分です。

連休など長期のお休みがあると、
お友達が泊まりに来たりと楽しいことも増えてきますね。
「お泊りしてくれた子に何の夕飯を用意しようかしら?」
と思ったときにピッタリのメニューが巻寿司です。

酢飯を作ったり具材を切ってもらったり、
お手伝いをしてもらうと子ども達もテンションが上がります!

海苔の上に酢飯を乗せるとき、目印になるように箸などをおくと
子ども達も簡単に巻けるようになりますよ。

瀬分3

そして、好きな具材を乗せていきます。

瀬分4

手に持って塗っているのは、最近の我が家で流行っている【梅味噌】です。
梅が出始めると必ず作る季節のおいしいもの。
黄梅、砂糖、味噌の順で容器に入れて2~3週間ぐらい、時々混ぜながら発酵させます。
そして、種を取り出しフードプロセッサーで滑らかにしてから煮詰めたら出来上がりです。

瀬分2

この梅味噌がアクセントになります。

瀬分1

子ども達も自分で巻いて大満足です。

皆さんも、楽しい休日、子ども達と一緒に楽しく巻き巻き♪してみてください。

 

★巻寿司大使プロフィールはこちら

千葉県の太巻き祭り寿司(ひまわりver.)のご紹介

こんにちは。巻寿司大使のおおかわみさよです。
今回は千葉県の郷土巻寿司である、「太巻き祭り寿司」をご紹介します。

その断面の美しさから人気の高い細工寿司。
最近ではキャラ弁などでオリジナルのものが次々と創作され、全国的にも有名になっています。
私も好きでよく巻いていましたが、その発祥の地が我が千葉県であったとは!
恥ずかしながら今回調べてみて初めて知りました‥・。

そのルーツは諸説あるようですが、海苔に酢飯、農産物、海産物を巻き込んで
美しい模様を作り出すという発想は、稲作、農業、漁業、すべてに恵まれた千葉県ならではなのかもしれません。

「太巻き祭り寿司」は、豊かな食を祝うごちそうとして、現在も冠婚葬祭やもてなしの席など、人が集まる時に食されています。

作りやすい椿や桃の花が一般的ですが、今回は夏らしくひまわりにしてみました。
作り方をご紹介しますね。

太巻き祭り寿司(ひまわりver.)

≪手順≫
1 寿司飯にカンピョウ、シイタケのみじん切り、炒りごまを混ぜ込み、
2/3に切った海苔で巻いて中巻きを作る

2 卵焼きを1cm角で6本分、きゅうりは縦1/2にカットしておく

3 1.5枚分をつなげた海苔に桜でんぶを混ぜた寿司飯を広げて手前にキュウリを置き、
等間隔に溝を作って卵焼きを並べていく

4 手前から一気に巻いて、巻き終わりを下にして形を落ち着かせる
8等分にして器に盛り付けてできあがり

花びらを均一に巻くことができればきれいに仕上がるので、作りやすいと思います。
「模様にこだわりすぎて味が物足りない」とならないように、
中心の中巻にはカンピョウとシイタケの甘煮を刻んで混ぜ込み、
満足感が得られるようにしっかりと味付けをするのがポイントです。
ぜひ作ってみてくださいね。


★巻寿司大使プロフィールはこちら

2015/8/21|