巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

キムチ納豆の巻寿司

こんにちは。巻寿司特任大使の仲野谷です。
2020年になって、最初のレシピのご紹介です。

主婦が一人で食べる、ひっそりとしたお昼ご飯。冷蔵庫にある、あり合わせの食材で済ませてしまいがちですよね。

そこで!納豆やキムチ、葉物などの身近なものを使って、簡単にできる巻寿司をご紹介します。
脇役になりがちな食材でも、巻寿司にすると「ちょっぴりおしゃれに」「より美味しく」なります。

今回はスーパーで「エゴマの葉」を見つけたので、利用してみました。
手に入らないときは、大葉はもちろん、レタスやネギなどで代用できますよ。

●具材(1本分)
すし飯…180g
つぶ納豆…1パック
キムチ…40~50g(分量はお好みで)
キムチの汁…適量
エゴマの葉…4~5枚
塩…適量

●作り方の手順
①下ごしらえとして、つぶ納豆に軽く塩で下味をつけておく。
エゴマの葉も、キムチの汁で下味をつけておく。

②巻きすの上に全形海苔を置き、上部を3㎝ほど空け、すし飯を広げる。すし飯の中央に、エゴマの葉を並べる。

③エゴマの葉の上にキムチ、納豆を順に置く。

④巻いて、出来上がり!!
納豆1パックで、断面からあふれんばかり。

納豆とキムチは「黄金の組み合わせ」とも言われているそうです。
どちらも発酵食で、「整腸」「美肌」に効果があるとも言われています。

加えて、最近話題の「エゴマ」を組み合わせて、元気もりもりになる巻寿司の出来上がりです。

今年も身体に良い食材を選び、美味しいお寿司を巻いて、元気に過ごしましょう!

コメントを残す





スパム対策のため下記の入力をお願いします。 (必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)