巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

子どもも大人も食べて美味しい!明太玉子巻寿司レシピ

こんにちは、巻寿司特任大使のミカ巻キネンです。
秋はお祭りや七五三、紅葉狩りなど、家族だけでなく友人や親戚が集まる機会も多い季節ですよね。

今回はそんな大人数が集まる機会に、大人も子どもも楽しめる巻寿司レシピをご紹介します。
みんなが大好きな、玉子焼と明太子を合わせてみました。

大人向けに明太子の量を多くしたり、お子さま向けに量を少なめにしたり、
必要に応じて量を調節してみてください。

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・1枚
・すし飯・・・・・・・・・180g
・玉子焼・・・・・・・・1本
・明太子(切子)・・適量
・大葉・・・・・・・・・・5~6枚
・スライスチーズ・・2枚

 

 

●作り方の手順
①全形海苔を縦長に置き、上側を3センチ空けてすし飯を広げる。

 

②中央より少し下に、スライスチーズを2枚並べてその上に大葉を並べる。

 

③明太子を塗って、玉子焼をのせる。

 

④巻きすを使ってくるりと巻く。

 

⑤カットしたらできあがり。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
→ https://makizushi-club.com/howto/maki

本レシピの具材「玉子焼」の作り方は、こちらから♪
「巻寿司の具材あれこれ」
→ https://makizushi-club.com/howto/

七五三のお祝いに!子どもが大好きなお肉とチーズの巻寿司レシピ

こんにちは。巻寿司特任大使の上田です。

今回は、子どもの「お肉の入った巻寿司が良い!」という
リクエストに応えた巻寿司を作りました。
クリームチーズは、冷蔵庫から出したてをカットすると切りやすいですよ。

 

  • 具材(1本分)

全形海苔・・・・・・1枚

すし飯・・・・・・・180g

玉子芯・・・・・・・1本

キュウリ・・・・・・1/6本

クリームチーズ・・・15g

牛肉の塊・・・・・・80g(細長くカットする)

 

  • 作り方の手順

①全形海苔にすし飯を広げる。

 

②すし飯の上に玉子芯を乗せる。

 

③キュウリを乗せる。

 

④牛肉の塊を乗せる。

 

⑤最後にクリームチーズを乗せる。

 

⑥手前から巻いていく。

 

⑦完成!

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪

→ https://makizushi-club.com/howto/maki

 

本レシピの具材「玉子焼」の作り方は、こちらから♪

「巻寿司の具材あれこれ」

→ https://makizushi-club.com/howto/

 

フルーツも巻寿司に!パッションフルーツ巻寿司レシピ

こんにちは!巻寿司特任大使・東京都八王子在住のやはためいこです。

東京でも南国フルーツが作られていることをご存知でしたか?
東京の西側に位置する八王子ではパッションフルーツが生産されており、若手の生産者グループが毎日、汗を流し頑張っていらっしゃいます!

甘酸っぱいパッションフルーツはすし飯との相性も抜群なので、巻いてみましたよ♪

いろんな食材を巻ける巻寿司は、味のバリエーションも無限大!楽しいですね♪

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・・・1/2枚
・すし飯・・・・・・・・・80g
・パッションフルーツ・・・大さじ1(増量減量はお好みで)
・クリームチーズ・・・・・40g
・ハチミツ・・・・・・・・小さじ1
・パストラミ・・・・・・・5枚
・ベジート・・・・・・・・1枚(野菜から作られたシート。無ければ、薄焼き玉子でも可)

材料です。

パストラミを選んだ理由は胡椒が入っているからです。胡椒とクリームチーズ、甘酸っぱいパッションフルーツは相性抜群!普通のハムでも代用可能ですが、パストラミの方をお勧めします。

室温で少し柔らかくしたクリームチーズにパッションフルーツ、ハチミツを混ぜ、再度冷蔵庫で冷やしておきます。(クリーミチーズが柔らかすぎると、綺麗に巻けなくなるのでご注意ください。)

この写真のクリームチーズには既にパッションフルーツが混ざっています。


●作り方の手順
①パストラミは30cmほどの長さになるように置きます。

②パストラミに被せるように、半分にカットしたベジートを縦位置に2枚置きます。

③パッションフルーツクリームチーズを塗り広げ、手前からくるくると巻きます。

④半分にカットした全形海苔の奥側2cmほどを残して、すし飯を広げます。
真ん中に③をおき、手前からぐるりと巻きます。

⑤4等分にカットして、出来上がり♪
お好みでパッションフルーツをトッピングしてお召し上がりください。

 「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments