巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

節分の巻寿司レシピ

こんにちは。2019年度、巻寿司特任大使の恵方まきです。

私事ですが、実は、昨年末に父が他界しました。
生前、父は巻寿司が大好きで、私が作る巻寿司を毎回楽しみに食べてくれました。

そこで、父の棺桶には私が作った巻寿司も一緒に入れてもらいました。

父の大好きな巻寿司の仕事に携わらせていただき、亡くなった後も巻寿司を贈ることができたこと、とても幸せに思います。

話は変わりますが、皆さんは、節分が年に4回あるのをご存知ですか?
そもそも節分とは「季節の分かれ目」の意味なんですよ。

また、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日に節分はあります。

今年は、嬉しいことに、節分の日に2本のTV出演のお話があり、それぞれの番組で、簡単にできる巻寿司の作り方や、巻寿司特任大使として、節分が年に4回あるお話などをさせていただきました。

オリジナルで作った「鬼の飾り巻寿司」は、生徒さまにも可愛いと人気ですが、実はこの巻寿司は、息子が幼稚園の時に作った「鬼のお面」を飾り巻寿司として再現したのが始まりです。

鬼のお面では、鬼の髪の毛を毛糸で作っていたところを、鰹節で再現しました。
息子は、この巻寿司を見るたびに懐かしく思っているようです。

さて、節分は、その時の恵方を見ながら巻寿司を食べます。

そして、願い事を唱えながら、「食べ終わるまで喋らない」という決まりがありますが、息子が幼稚園の時は、大きな恵方巻きが食べにくそうだったので、我が家では、細巻きの恵方巻きを作って、お願いごとをしていました。

食べやすく、色々な味が楽しめると、とても好評でした。
今回は、その「節分細巻寿司」の作り方をご紹介いたします。

●具材(細巻き1本分)
すし飯…70g
全形海苔…1/2枚
キュウリ…適量
照り焼きチキン…適量
チーズ…適量
青菜…適量
玉子焼…適量
とびっこ…適量
おぼろ…適量

●作り方の手順
①海苔の上に、すし飯70gを広げる。

②中央に好きな具材を並べる。

③くるりと巻き上げる。

お子様のお好みの具材で作ってみてくださいね。
色々な味を楽しめるところが、ワクワクしますよ。是非作ってみてくださいね。

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

 本レシピの具材「玉子焼」「おぼろ」については、こちらから♪
「巻寿司の具材あれこれ」
→ https://makizushi-club.com/howto/

母校の小学校でロング巻寿司作り!

こんにちは、2019年度巻寿司特任大使の川井ゆかりです。

2月12日に、私の母校の矢板市立安沢小学校の5年生の親子活動として、「親子で巻寿司を作ろう!」と題したロング巻寿司作りを行いました。

少しでも楽しんでもらえたらと思い、私から子供たちへ、事前にお寿司屋さんで被る帽子をプレゼントしました。
担任の先生によると、当日は帽子に、「〇〇寿司」「安くて美味しいよ!」などと書いてくれて、イベントに向けて気分を高めてくれたそうです。

そんな子供たちと保護者の方、地域のボランティアの方と一緒に、8mのロング巻寿司を綺麗に巻き上げました。


「自分たちの巻いたお寿司は美味しいね!」と言いながら食べてくれました。
「コツをつかめば簡単にできるんですね!」「自宅でも作ります!」とも、お話ししてくれました。

みんなで試食したあとは、お礼の言葉と、歌を歌ってくれました。
素晴らしいハーモニーと、恥ずかしかったりせずに堂々と歌う姿に感動してしまい、胸がいっぱいになりました。

小学生の時の私はとても恥ずかしがり屋で、人前で話すのがとても苦手な子でした。
そんな私が、時を経て子供たちに「教える」という機会を持つことが出来て、大変感謝しています。

嬉しいことに、この日の様子は翌日の下野新聞に掲載されました。


この子供たちが、今後どう成長していくのか楽しみです。

夢の宝島ツアー!巻寿司も日本のたからもの♪

こんにちは。2019年度巻寿司特任大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。
岡山大学の留学生と早島町の小中学生がペアになり、早島町の宝物を探すなど、様々なことを体験するイベント「早島町 夢の宝島ツアー with 留学生 in English」に呼んでいただきました。

このイベントは、早島町の歴史のフィールドワーク、花ござピンポン、手織り体験、い草製品の見学など、盛りだくさん!
そのなかのランチタイムのイベントとして、デコ巻寿司作りと実食がありました。

チラシを見ていただくと分かるように、本当に活動が盛りだくさん!大忙しの一日です。
それでは、デコ巻寿司作りの開始です。

「Nice to meet you!」

まずは英語での挨拶からスタートしました。
そして、海苔の表裏や巻きすの向きについてなど、基本的なことから説明しました。
とはいっても、英語で説明するのは難しいですね。


今回は簡単に出来て可愛い、ペンギンを巻きます。
このペンギンの頭の部分は、早島町の古くからの産業である、い草のパウダーで色付けをしています。い草の香りがふんわりと辺りに広がります。

「Rice on the rice.」

私の片言の英語でのデコ巻寿司作りは続きます。
岡山大学の先生や教育長さんたちが、私のつたない英語をどんどん翻訳して伝えてくださいました。

小中学生の子どもたちも身振り手振りや、知っている英単語を使って、なんとか気持ちを伝えようとしているのが印象的でした。留学生のみなさんも、英語がわかりやすいように、ゆっくりと丁寧に話してくれていました。

うまくできているかな?ドキドキしながらカットします。


留学生のみなさんが作ったデコ巻寿司の断面、どうなっているかな?

みなさん上手に出来ました!

宗教上の理由で、肉や魚が食べられない方もいらっしゃいましたので、椎茸巻きやサラダ巻きなどの巻寿司をたくさん食べていただきました。

また、節分に巻寿司を丸かぶりすると、その年は幸運がめぐってくると言い伝えられていることや、今年の恵方、巻寿司が食べられるようになった由来など、節分の丸かぶりの行事についてもお話ししました。留学生の方々は、日本の古くから伝わる行事について、とても興味深そうに聞いてくれました。

このイベントは翌日、読売新聞にも掲載されました。

留学生の方々には日本の文化を喜んで体験してもらえたこと、小中学生のみなさんには、巻寿司を通して、楽しんで留学生の方々と英語でコミュニケーションがとれたこと、とても嬉しく思います。

私自身ももっと英語を勉強して、海外の方に巻寿司の楽しさを伝えていきたいと思います。