巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

大好きなスパム巻寿司の紹介

こんにちは。巻寿司大使の田中佳代子です。
初めてのレポートになりますので少し自己紹介をさせてください!

私は愛知県で生まれ育ち、主人の仕事の関係で香港に。
20年香港に住んだのち昨年末、鳥取県米子市にIターンしました。

米子市を3番目の故郷!!と呼べるように新しい土地での生活、
いろいろな方向にアンテナを張って楽しいことを探しながら生活しています。

そんな折、巻寿司大使にも挑戦!
新しい世界を広げていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

さて、記念すべき?!第1回目のレポートは、
私が大好きなスパム巻寿司のご紹介です。

海外では「スパムむすび」と呼ばれることが多い巻寿司。

スパムが大好きな私は、いつも家に常備しています!
ですので、スパム巻寿司は気軽によく作っています。

今回は押し寿司のように作るタイプと巻寿司タイプと2種類作ってみました。

まずはどちらにも共通するスパムの下準備。
押し寿司用はスライス、巻寿司用は棒状に切ります。
そしてカリッと焼いて照り焼き味にします。
そのまま焼くだけでもおいしいのですが、照り焼き味にするのが私のオススメ!

スパム押し寿司は、
押し寿司の型に、すし飯→玉子焼→スパム→すし飯と段々に重ねて、
最後に海苔で巻きます。

巻寿司は、韓国の巻寿司のようにカラフルで具だくさんにするのが好きなので、
具材はスパムのほか、玉子焼、にんじんナムル、ほうれん草の胡麻和え、
たくあんを使いました。

どちらも巻いたら、食べやすい大きさに切って完成!

香港時代に、子どもの学校で持ち寄りパーティがあった時には
いつもこのスパム押し寿司やスパム巻寿司を作っていました。

先日もお友達と持ち寄りランチをしたのですが、
その際にもスパム巻寿司を持っていったところ好評でしたよ。

今回は押し寿司の型を使いましたが、
今はいろいろ便利な型も売っていますので、
そういったグッズも上手に使って、手軽に好きな具で巻寿司作りを
楽しんでもらえたらなと思います。

2018/7/13|

旬を美味しく食べる!

こんにちは!
2018年度 巻寿司大使の恵方マキです。

暑い日が続いておりますね。
今日は夏野菜の代表、キュウリを使った
簡単で美味しい巻寿司をご紹介いたします。

≪キュウリの飾り巻き寿司≫

作り方
1.ピーラーでスライスしたキュウリを、格子状に編み込みます。

2. その上に海苔を置き、すし飯を広げ、具材をのせて巻きます。

我が家には高校生になる娘がおり、毎日部活動にはげんでいます。
暑い中で練習する夏の部活は、普段よりも疲れが増すようです。

夏野菜のキュウリには、『カリウム』が多く含まれ夏バテ防止・回復に効果があります。
巻き込んだ具材に使ったのは、
免疫力を向上させ、疲労回復をサポートしてくれるシソと、エビ。

そして疲労感が軽減され
筋肉増強効果が期待できる、玉子焼をチョイスしました。

栄養たっぷりの巻寿司で、元気に楽しく過ごしてくださいね。

2018/7/10|

巻寿司の代表具材「かんぴょう」

こんにちは、2018年度巻寿司大使の川井ゆかりです。
一年間多くの方に巻寿司を作る楽しさと笑顔を広めていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

巻寿司によく使われる代表的な具材「かんぴょう」ですが、
実は私が住んでおります栃木県を代表する特産品で、
全国の生産量の90%以上を占めています。

今回は味付けしてあるかんぴょうがどんな風に作られているのかを
ご紹介したいと思います。

かんぴょうとは?
ユウガオの実を細長く削り、乾燥させたものです。

画像提供/とちぎの百様

かんぴょうの由来 
 
原産地はアフリカとされており、シルクロードを渡り、
神功皇后が朝鮮から 種を持ち帰り、関西地方を中心に栽培。精進料理の素材として食され、
江戸時代に下野の国(栃木県)で栽培されるようになりました。

マルユウガオ【瓠(フクベ)ともいう】
まるまると大きく育ったかんぴょうの 実はスイカくらいの大きさになり、
重さも7~8kgになり7月~8月頃に収穫されます。

※株式会社小野口商店公式サイト『かんぴょうについて』より

かんぴょうの作り方

1 皮を剥ぐ

画像提供/株式会社ヤマケ

専用の機械を使って剥いていきます。
ホウレンソウの約2倍も食物繊維があるかんぴょう。
またカリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれているので
骨の成長を助けて老廃物の排出や内臓の機能を向上させてくれるといった作用があるそうです。

2乾燥させる

画像提供/とちぎの百様

真夏の太陽熱にて2日間干し上げます。
乾燥したものを水で戻し、味付けして煮たものが皆さんよく食べているかんぴょうとなります。

中のワタ(白い部分)
私が幼い頃、家でも家庭保存食用にかんぴょうを作っていて
残ったワタを調理して食べていました。
みそ味に炒めたり、煮込むと出汁の味が染み込んでとても美味しかった記憶があります。

先日かんぴょうの産地、壬生町に行ってお話を聞きましたら、
ワタを食べる習慣はないそうで、地域により食べ方を工夫をしていたのかもしれませんね。
ワタのお料理は新鮮でないと食べられないので、今では懐かしい思い出の料理となりました。

郷土ならではの食べ方
栃木県は雷が非常に多い地域。
海苔(又はワカメ)をカミナリ雲、かんぴょうの卵とじを稲妻に見立てた
しょうゆ味の和風スープを「雷汁」(かみなりじる)と呼んでいます。

もともとは、栃木の名産・かんぴょうに親しんでもらうため、
1995年頃に学校給食で出したところ好評で、地元の名物になりました。

かんぴょうの巻寿司
巻寿司を作る時は、かんぴょうを使います。
具材の中に入れると味のバランスもよく、美味しく召し上がれます。
またかんぴょうを紅白に色付けして、いなりずしに結ぶと華やかになりますね。
食物繊維たっぷり、かんぴょうの巻寿司を食卓の一品にいかかでしょうか?
 

2018/7/6|

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments