巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司レッスン・巻寿司パーティ情報

キラリ☆サマーキャンプin磐田

こんにちは~♬
2017
年度巻寿司大使の甲賀です!

毎年恒例になってきました磐田青年会議所主催の青少年育成事業キャンプ『キラリ☆サマーキャンプ』!
静岡県磐田市の小学5年生を対象に毎年夏休み中に開催されますが、
23日の最終日はナント夏の節分、恵方巻の日!っということで、
今年も子ども達と恵方巻作りにチャレンジしてまいりました!

2017年の当キャンプが大変好評で(そのときのレポートがこちら!→)
先方様より今年もぜひ昨年同様よろしくお願いしますとのご依頼をいただき、
喜んで参加させていただきました!

恵方巻作りをしたのは23日のキャンプの最終日、きっと疲れもたまっていたはず。
そんな時だからこそ栄養補給はもちろん、サッパリと食べやすい酢飯のシャリは食が進みますね。

夏はなんといっても食中毒が一番心配なので、涼しい朝食タイムに恵方巻をみんなで作りました!
涼しいとはいっても、夏のこの時期に野外の場所で巻寿司を作る作業は衛生面にも難しいもの。

そこで、一人一本の恵方巻用の食材(玉子焼、煮椎茸、カニ風味かまぼこ、かんぴょう、カッパ)
全て事前に下ごしらえしたものを分量を分けておいて、
現場では海苔とすし飯で具材を巻くだけで
OKの状態にしました。

作り方を子ども達の前でデモンストレーション!


子ども達にもビニール手袋を着用してもらい、安全第一で巻いていきます!
巻寿司は男の子も女の子も興味があるようですね~!楽しい作業のようです!
最後には、男の子数人からサインまで求められました!()感謝♬

自分で巻いた巻寿司を切らずに恵方(南南東)を向いて無言で食べた子ども達。
さてさて願い事は叶うのでしょうか?

ボランティアの皆さんにも巻き司作りにチャレンジしてもらいました。
初体験の人も楽しく巻けて食べて、美味しいし良い思い出になりましたとのこと。
嬉しい言葉をいただきました。


年に
4回ある節分(立春、立夏、立秋、立冬)。
2月の節分以外も、節分といえば恵方巻を食べる習慣が普及するよう、
これからも巻寿司大使として活動していきます!

夏休み!子ども巻寿司教室

こんにちは。
2018年度、巻寿司大使の恵方マキです。

今年の夏はとても暑い日が続きました。
皆さん、体調をくずされていませんでしょうか。
さて、夏休みに子ども巻寿司教室を開催しました。


「巻寿司を作るのが初めて!」というお子さんばかりでしたが、
こちらが驚くほど、とても上手に作ることができましたよ。
また、特に小さなお子さんも真剣に注意深く、説明を聞いてくれました。

レッスンの途中にも、「楽しいね」「おもしろいね」という嬉しいコメントを聞くことが出来ました。
また、近くの子どもたち同士で楽しそうに話したり、教えあったりと微笑ましい光景も見られましたよ。


巻寿司をいよいよ切り終えると、「出来た~」という歓声が教室中に響きわたるとともに
子どもたちの笑顔でいっぱいでした。

「難しいと思っていたけど、簡単に出来た」
「とても楽しかった」
とレッスン後に楽しそうに話してくれました。
「自分で作ることができた」という達成感でキラキラ輝いている子どもたちの顔を見て、
こちらまで嬉しくなりました。

そして「お家でもまた作る!」と張り切っている子ども達の姿に心が和みました。
お家でも家族と巻寿司を巻く楽しさを共有してくれたら嬉しいなぁ。

さらに、夏休み小学生向けキャンペーン『巻寿司のひみつをよんで巻寿司をつくろう!』をご案内したところ、
皆さん興味津々でしたよ。

「こんな巻寿司があったら楽しいね」
「次はこんな具材を巻いてみたい」等々

楽しそうに話す、子ども達の会話があちらこちらから聞こえてきました。

これからもどんどん巻寿司に触れていってほしいものです。

最後に、
これからはグローバル化が進み、沢山の日本人が海外に行くことになると思います。
きっとこの中の子ども達も…。

他の国の方々に自分の国の文化について話す機会があった時に、
今回の巻寿司レッスンが話題を盛り上げる、一つの材料となってくれたら嬉しいですよね。
日本が世界に誇る食文化の魅力を、子ども達に楽しく学んでいただくよい機会となりました。

このレッスンが子ども達の夏の楽しい思い出の一つとなってくれている事を願います。

好きなものをたっぷり!基本の太巻作りと レシピなしの『デコ巻きずし』

こんにちは。まだまだ暑い日が続いていますね。
巻寿司大使のmika makkinen (ミカ 巻キネン)です。

 

7月に巻寿司大使交流会に参加しました。
巻寿司材料の工場見学のほか,全国の巻寿司大使さんと情報交換をしたり,
巻寿司講習会で太巻を教わったりと,とても充実した時間を過ごすことができました。

私はデコ巻きずしを巻く機会は多いのですが,太巻を巻くのは,なんと人生で2度目。
太巻を巻いて思ったのは,「楽しい。きれいで簡単!」
そして食べてみると「すごくおいしい!」
と、すっかり太巻の魅力に取り憑かれてしまいました。

巻寿司交流会に参加してからは太巻を巻く機会も増えて
最近はデコ巻きずしだけでなく,太巻の教室も開くようになりました。

基本の具材以外にも、自分で好きなものを選んで作ってもらうようにするなど工夫もすることで、
みなさん笑顔で参加くださっています。

アスパラや大好きな玉子焼を2本入れたオリジナルの巻寿司を作る男性もいらっしゃいました。
いろいろな具材を用意しておくと,よりいっそう楽しめますね

教室の参加者から

「デコ巻きも好きだけど,もっと簡単で可愛い巻寿司が巻けたら楽しいのに」

という要望をいただき“ミカ巻キネン覚醒”!!! 目がキラリ☆。
レシピなしの『デコ巻きずし』を思いつきました。

岡山はフルーツ王国なので、柄はフルーツのぶどうに決まり!

ピオーネの『デコ巻きずし』の作り方をご紹介しますね。

① 赤シソで着色した紫色の酢飯を6等分して海苔で巻きます。
シャインマスカット柄を作るときは青海苔で酢飯を着色するといいですよ。

② 海苔に白いすし飯を広げて,その上に野沢菜とかんぴょうをのせます。
なければ,ご家庭にある緑の野菜や,まぐろフレークなどでもいいですね。

③ 紫のすし飯を下から3・2・1と三角形に配置して,くるんと巻くだけ!簡単です。

④岡山のピオーネのできあがり。レシピなしで,簡単にかわいい『デコ巻きずし』ができました。

分量など気にせず、作れるのでみなさんも「デコ巻きずしって難しそう」と思わずに
ぜひ,チャレンジしてくださいね。

 

日本伝統食「巻寿司」の魅力を伝える巻寿司教室

はじめまして
鹿児島の巻き寿司大使の、毛利滋子です。

私は日頃、「綺麗な日本人になりましょう。」をコンセプトに、
心も身体も元気になる日本伝統食の素晴らしさを
お伝えするお料理教室を開催しています。

今回は基本の巻寿司を丁寧にお伝えしようと、
小学生の男の子から最高年齢85歳の女性までご参加頂き、
みんなで楽しく巻寿司を作りました。

会場は『マルヤガーデンズ』という商業施設のキッチンをお借りしました。
お客様からも巻寿司教室が見えるオープンキッチンの為、
飛び入り参加も有り、笑いの絶えないお教室になりました。

次回は鹿児島の郷土料理のさつま揚げやキビナゴを使って
薩摩巻寿司を作る予定です。
次回のレポートもどうぞお楽しみに。

巻寿司の可能性

こんにちは!
2018年度巻寿司大使の八幡名子です。

私は物心ついた頃から巻寿司が大好きです。
しばらく食べてないと無性に食べたくなってあれこれとひたすら巻いては満足して落ち着く、
という生活パターンを送っておりました。

今年度の巻寿司大使に任命して頂いたのをきっかけに、
もっと濃い巻寿司ライフになりそうとワクワクしております。

今回は、私が思う巻寿司の奥深さをお伝えしたいと思います。

巻寿司は当然のことながら、食べられます。
人は基本毎日食事を取るわけですが、現代人は何と言っても忙しい・・
周りを見渡しても皆さん本当に忙しそうです。

食べるという行為が毎日のことであるが故に
ちょっと疎かになってしまったり・・なんてことはないでしょうか。

巻寿司は日本人の主食であるご飯と卵などのタンパク質に
野菜のビタミンをはじめとしたミネラル、
そして食物繊維の多い海苔を一緒に口の中に放り込めるという、
実に一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなるという素晴らしい食べ物なのです。

そんな巻寿司は、遊びに夢中になって食事が疎かになってしまいがちな
小さいお子さんでも手軽に栄養補給ができる食べ物です。
また巻寿司の具材に何をいれるか決まりはないので、何でも巻き込めるのです。

だからこそ、巻寿司の奥深さは無限大です!
地元の野菜のみを巻いて「勝手にご当地巻き」を作ってみたり、
冷蔵庫の残り野菜をあれこれ巻き込んで「ごちゃ巻き」を作ってみたり、
はたまたお酒のおつまみを巻いて「肴巻き」にしてみたり、
いろんなアイディアで世界に一つだけの巻寿司が出来上がります。

このように、いろんな巻寿司の楽しみ方がありますが、
ここ最近、特に楽しんでいるのが巻寿司のアートです。

まさに巻寿司は「食べられるアート」!
毎月テーマを決めて、巻寿司で表現する!
これが面白くって面白くって。
私の巻寿司のアートをいくつかご紹介させて頂きますね。


作品名「森のくまさん」


作品名「妖怪だってお花見」


作品名「恵みの雨」

毎月、季節を感じられるテーマで制作しています。
今年の夏は全国的に酷暑となっていますので、
次回は夏を乗り切れるような元気カラーをテーマに作成しようと今、模索中です。

さてここで「森のくまさん」に登場している「くま巻き」レシピを
ご紹介したいと思います。
くま巻き教室を開催したときに配った、手書きレシピです。

この時の生徒さんの作品もご紹介しますね。
一つとして同じものはなく世界に一つだけの「くま巻き」です。
まさにアートですね!

今年度の巻寿司大使の皆さんと協力しながら巻寿司の魅力発信に努め、
そして大使の皆さんのレポートを私も楽しみにしながら、
この一年間頑張って参りたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します!

巻寿司はすごい!Sushi roll is amazing!

初めまして、2018年巻寿司大使に任命されました加藤真記です。
これから1年間どうぞよろしくお願いします。

私は今アメリカのオレゴン州に住んでいます。
今回知り合いの方から会社で開くランチパーティーのメインの一つとして
巻寿司をお願いしたいということで引き受けました。

その準備の過程や今回気づいたことをお伝えしたいと思います。

アメリカは多種、多民族であり、宗教も食の嗜好や制限もさまざまです。
そうしたこともあって、アメリカのレストランでは
ベジタリアン、ビーガン(動物性食品を食べない)、またグルテンフリーの方が注文しやすいよう、
メニューにそれぞれ表記してあることが多いです。

今回のご依頼にあたっては、
こうした様々な食の制限を持つ方たちにも対応した巻寿司を用意して欲しい
というリクエストをいただきました。

ベジタリアンの方には、玉子・ホウレン草・かんぴょうの巻寿司と玉子の握り寿司を用意。
(ベジタリアンでもお肉は食べないが魚は食べるという方もいます)

ビーガンの方にはキュウリ、ホウレン草、アボカドの巻寿司を用意しました。
お米はグルテンフリーの食材の一つですが、
米酢やお醤油もグルテンフリーの表記があるものを購入しました。

最近ではグルテンフリーダイエットなるものもあるようですが、
もとは小腸がグルテンに対応できずに起こる「セリアック病」や「グルテン不耐症」などの
体調不良を起こす方のための食事療法です。

アメリカではやはり裏巻寿司が人気があるので、
細巻以外はすべて裏巻にしました。

今回のランチパーティーでは予想どおり「えび天ぷらロール」が一番人気でした。
えび天ぷらと他の具材を、とびっこをまとった裏巻にして
スパイシーなソースをかけた裏巻寿司です。
アメリカ人にはやはり濃い味が好まれるようですね。

巻寿司のすごいところは、巻き方さえ知っていれば好みの具材で作ることができ、
海苔の巻き方も表巻や裏巻があったりと見た目も自由自在です。

だからこそ世界でいろんなタイプの巻寿司が作られ、
たくさんの人に親しまれるのでしょうね。

海外では黒い色の海苔を食べることに苦手な人も多くいます。
どうしても海苔が食べたくない人には握り寿司をおすすめします。

ベジタリアンのお友達とパーティーをする際は、
マグロの代わりに赤いパプリカを焼いたものをすし飯で握っているという、
知り合いもいました。すごくいいアイデアですよね。

では次回レポートもどうぞお楽しみに!

千葉県いすみ市飾り巻き寿司体験教室

こんにちは!巻寿司大使の八幡名子です。

7 月 29 日(日)に千葉県の外房に位置する、いすみ市にて
『いすみ市のシンボルを巻こう!』と いう体験教室の講師をさせていただいたので、
その様子をレポートしたいと思います。

この体験教室の目的は、いすみ市の魅力を巻寿司という食べ物を通してお伝えするという事。
いすみ市はタコや伊勢海老等の特産品はじめ海の幸が沢山あるうえ、
野菜の栽培や酪農もさかんです。
田んぼもたくさんあって、『いすみ米』というブランド米もあります。

食以外でも、『いすみ鉄道』という田んぼの真ん中を通るワンマン列車があり、桜の時期や菜の花 の時期に走るいすみ鉄道は自然とのコラボが素晴らしく、とても人気のある鉄道です。


田んぼの中を走るいすみ鉄道

……と、このように語ればキリがないほど魅力満載のいすみ市。
これを巻寿司で表現するという重大任務を仰せつかり、どのように表現しようか悩んだ挙句、
最終的に選んだのは「タコ」と「いすみ鉄道」でした。

タコのピンク色はいすみ産ビーツと大多喜町の古代米、
いすみ鉄道の緑ラインはいすみ市産インゲンマメで表現しました!


タコ巻

いすみ鉄道巻

巻寿司の基本となるお米はいすみ米を使用しました。

教室に参加された皆さまは全員地元の方々。
中にはシェフをされていたり、太巻の先生(千葉県には太巻文化があるのです!)を
されている方もいらっしゃって、さすがは手際がいい!
皆さんの集中力は素晴らしく、それぞれ素敵な作品が出来上がりました。


巻寿司の魅力はなんといっても、具材のアレンジがきくということ。

今回の教室を通して、参加いただいた皆さまにとって
地元の食材を見直すきっかけの一つになればこれほど嬉しいことはないと思います。

巻寿司は食材の生産者の思いを巻き込める素敵な食べ物ですので、
一口一口その思いを馳せながら 食べれば、より美味しくなるはず!
巻寿司を見かけたらぜひ、どんな食材が巻き込まれているかチェックしてみてくださいね。

最後に、いすみ市のスーパーで見かけた太巻のご紹介です。

こちらでは甘い玉子焼で巻かれたお花模様の太巻です。
食べる箇所によって味や食感が変わるのが楽しい太巻でした♩

第1回巻寿司の基本講座を開催しました!

こんにちは。巻寿司大使の武田です。
私が主宰している教室で開催した「巻寿司講座」についてレポートします。
この講座は、基本の巻寿司から変わったお寿司まで、
4回にわたって掘り下げて学びます。

今回は、その第1回「基本のキ」の講座でした。

基本の巻寿司の具材は、
玉子焼・椎茸・かんぴょう・キュウリ・高野豆腐・カニ風味かまぼこ・おぼろ。

お一人で巻寿司を、巻けるようになるためのコツや、
巻寿司にまつわる歴史もおり交ぜながら
巻寿司の雑学も紹介するなどして、楽しんで頂きました。

  

   
巻寿司を上手に巻くポイントとして、
巻くのではなく閉じることを意識するようにお伝えしました。

参加くださった皆さんからこんな感想をいただきました。

・今までの巻き方とは少し違っていて驚きました。
・息子がペロリを食べたのにビックリ!。
・包丁の使い方がわかり、初めて、綺麗に切れました。

皆さんが作った巻寿司はしっかり記念撮影。

次は、11/3(土・祝)に、
ちょっと変わった材料で「クリスマス」「お正月」にも使える巻寿司を作る予定です。
2回目からの参加も可能なので興味のある方はどうぞ。

子ども達の喜ぶ巻寿司とお寿司屋さんごっこ

初めまして巻寿司大使のmika makkinen です。
私は日頃、マイスター同士での勉強会や、近所の方たちとデコ巻き教室を開いています。
1年間巻寿司大使として、巻寿司の楽しさ、奥深さを
たくさんの方に伝えていけたらと思っています。

さて、いよいよ暑くなってきましたね。
この時期は雨も多く、外で遊べない日も多くなりがちです。
そんな日はお子さんと巻寿司を巻いてみてはいかがでしょうか。
   
子ども達と『デコ巻きすし』を巻いていると、集中力の高さに驚かされます。
楽しく巻いて、一緒に食べるって楽しいですね。

この季節、カエルやてるてる坊主を巻くのも楽しいかもしれませんね。

巻寿司は、子ども達の誕生会やちょっとしたおもてなしにもぴったりです。
また、簡単な小道具を使うだけで巻寿司作りがもっと楽しくなります。

例えば、私自身も気分を盛り上げるために、
教室では作務衣を着て巻き方を教えています。

この写真は知り合いの方に作っていただいたオカモチです。
デコ巻き教室にも、いつも持っていきます。
作った巻寿司を寿司桶に入れるだけで、気分が盛り上がります。

作った巻寿司をこの寿司桶とオカモチに入れて、
「こんにちは」「おまたせしました。巻寿司です」と
子ども達とお寿司屋さんごっこを楽しんでいます。

こちらはよく作られる花巻ですが、
外側をソイシートで巻くことで華やかになって、パーティにもぴったりです。
 

テーブルコーディネートも大切です。
たくさん巻寿司が並ぶだけでも素敵ですが、季節のアイテムを選び、
大皿に盛り付けたり、笹を敷いたりすることでぐっと華やかになりますよ。

不器用だった私が、どうして巻寿司に夢中になってしまったのか、
自分でもよくわかりませんが、切るときのワクワク感は、何回経験しても変わりません。

巻寿司大使として巻寿司に関わっていけることを幸せに感じています。
1年間どうぞよろしくおねがいします。

子ども達と巻寿司レッスンin富山

こんにちは!
2017 年度・巻寿司大使 おりたみゆき です。

今回のレポートは、
富山市堀端町にて学童保育を運営されている『ハレア』にて
たくさんの子ども達と一緒に巻寿司を作った「巻寿司を作ってみよう!」編です。

『ハレア』の先生方は元体操選手ということで、放課後保育以外にも体操教室を運営されています。
未就学児でも、トランポリンを使ってかわいらしいピョンピョン飛びや
本格的なバク転練習もできると、人気があります。

さっそく先生や保護者の方にお手伝い頂きながら、巻寿司作りのスタートです。
今回の巻寿司レッスンでは
子ども達が大好きな「照り焼きチキン」を具材の中心に巻き上げることにしました。

≪太巻レシピ≫

全形海苔 1 枚
すし飯 200g
玉子焼
照り焼きチキン
シーフードカマボコ
椎茸
おぼろ
キュウリ
山ごぼうなど

その前に、まずは上手に巻寿司を作るためのコツをレクチャー。
海苔・巻きすの裏表についてや、すし飯の広げ方、具材の配置の仕方など
いくつかのポイントを説明しました。


用意ができたら、いよいよ皆で一斉に巻きスタート!

「抑えている具材と巻きすから手を離さないで~」
「鉄棒の前回りと一緒だよ~」

と巻くときのコツを伝えると、
『ハレア』の先生から「日頃の運動成果を発揮する場面だよ~」と声が掛かります。

今回の太巻は肉厚な照り焼きチキンを巻くので、いつもより太いサイズ。
手の小さな低学年の子ども達も頑張って、
上手に巻くことができました。

子ども達に包丁の使い方も体験してもらいたかったのですが、
小さいお子さんもいるため、安全第一ということで、先生方にカットして頂きました。

保護者の手を借りずに、自分だけで巻き上げた巻寿司を手に
やりきった達成感で顔がキラキラしていました。

小さい手の子ども達も、「上手に巻くためには…」を考え、
実行するパワーに感動しました。

実はお引越しのため、これが富山県で最後の巻寿司レッスンとなりました。
子ども達からたくさんの元気をもらいました。
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました!