巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司レッスン・巻寿司パーティ情報

お子さん以上に、熱心な保護者の皆さん!

こんにちは、2018年度寿司大使の武田折恵です。
節分レッスン2日目、2月2日(土曜日)戸坂公民館さんで開催しました
「親子巻寿司講座」のレポートです。
今回は21名の親子さんと巻寿司作りを楽しみました。

巻寿司を初めて巻くお子さんはもちろん、保護者の方も熱心にメモを取ったり、
質問をしたりと、大いに盛り上がりました。

巻寿司講座のときは、実際に巻いていただく前に
必ず私がデモンストレーションをしています。

開催場所は違えど、皆さん、あっという間に巻寿司が巻けるのを見て、
必ず驚かれます。

具材の置き方や、巻く時のポイントなどお伝えすると、
「巻きたいけど、巻き方がわからない」と言われていた保護者の方も、
「参加して大正解!」と、喜んでくださいます。

そういう言葉をいただけると、とても嬉しいですね。
巻寿司は、おむすびと一緒で手軽に作れる日本食です。

お家にある夕飯の残りや、買ってきたお惣菜も立派な巻寿司の具合になるんですよ。
ぜひお家で気軽に作ってみて下さいね。

こんなに簡単に巻けるんです!

こんにちは、2018年度寿司大使の武田折恵です。
今年の節分、巻寿司レッスンは、
「目からウロコ」に「目が点になる」方が続出でした!

まずは一日目、1月26日(土曜日)二葉公民館さんで開催した「親子巻寿司講座」です。
巻寿司を初めて巻くというお子さんから、巻寿司世代のマダムまで
17名様と巻寿司作りを楽しみました。

まずは私のデモンストレーションから。
具材を置くポイントと、大きさ、巻くコツなどをお伝えします。
そして、いよいよ巻寿司を巻くという時にいつも言うんです。

「瞬き厳禁ですよ~!!」

すると、みなさん「なぜ?」って不思議そうにされます。
そして実際に私が巻寿司を巻いてみると、
皆さんの目は「?????」が何個付くかというくらい見開いて、
言葉を失っています。

そして「えっ?もう巻けたんですか?」「こんなに簡単に、巻けるんですね」
と、言ってくださいます。

そんなデモンストレーションを見ていただいたのち、
いよいよ皆さんにも巻いてもらうのですが、
自分で巻いた巻寿司にも、驚きを隠せません。

「初めて!綺麗に具材が真ん中に入ってる!」
「こんなに簡単に巻けるなんて知りませんでした」
「こんなに簡単ならお家で巻いてみたいです」

皆さん、体験するまで巻寿司を難しく考えすぎていたみたいです。
私がお伝えする具材の置き方と、巻く時のコツがお役に立ってとても嬉しいです。

是非お家でも巻寿司作りを楽しんでくださいね。

恵方巻は、静かに食べるべし!

こんにちは、2018年度寿司大使の武田折恵です。

節分というと、その年の良いとされる方角の方を向いて、
恵方巻を切らずに食べると、ご利益があるとされていますよね。
今回は、20人の小学生の皆さんと恵方巻作りを楽しんだ時の
様子をレポートいたします。

まず、私のデモンストレーションから。
巻寿司を巻くのを見たみんなが目を真ん丸にして
「えっ?もう巻けたの?」「そんなに簡単にできるの?」
「私も、できそう!」

などなど、あっという間に巻ける巻寿司にビックリした様子の子どもたち。

そして巻く前から
「これお母さんに食べてもらうんだ」「巻寿司大好き!」
「先生の巻寿司は、美味しいから好き!」

と、いつも以上にテンションMAX。

いろいろな年齢の子どもたちが集まっての巻寿司づくりでしたが、
思った以上に早く、上手に巻くことができ、私の方がビックリしちゃいました。
一番早く巻けた子は、5分もかからなかったほど^^


巻寿司って難しいものって思われている方が多いのですが、
こうして小学生の子どもたちでも、簡単に巻けるんですね。

日本の伝統食文化、巻寿司。
「難しく考えないでね」と、子どもたちにはいつも伝えています。
子どもの時から、巻く楽しさを知っておくと、
家でも巻く機会が増えるのかな?と、思います。

晩御飯の残り物や、スーパーのお惣菜だって立派な具材になると教えると、
さっそく、「おうちにある具材で作りたい」と、張り切っていた子どもたちです。

さて、いよいよ出来上がった巻寿司の試食タイム。
今年は東北東に向いて食べるのですが、
うっかり私が「みんな美味しい?」と聞いてしまったのですが、
子どもたちは「・・・・・・・」。


「あれ、どうした?美味しくないの?」

静まりかえった実習室に、私の声だけが響き渡っています。
すると、ある女の子が口元に人差し指を押し当てて「し~!」
そうすると、他の子供たちも一斉に「し~!」


あらら、私ったら、恵方巻の食べ方をすっかり忘れていました。
「だまって静かに最後まで食べる」
これが決まりでしたね。

食べ終わった子どもたちから
「先生~しゃべっちゃいけんのよ!」って叱られちゃいました。

楽しい、節分の日の恵方巻教室でした。

巻寿司は笑顔をつくる!

こんにちは。
2018年度、巻寿司大使の恵方マキです。

2月3日は節分の日でしたね。
今はもう「節分には恵方巻!」というほど
節分に招福・無病息災を願って巻寿司を食べる習慣が
全国的に定着してきました。

そんな巻寿司を
「いつもお店で購入しているけれど、今年は自分で作ってみたい!」
という方も増えてきています。
今年の節分レッスンは、1ケ月でなんと100名近くの方にご参加いただきました。


ご年配の方も、1本の巻寿司から赤鬼と青鬼が同時に出来上がる巻寿司づくりに
大はしゃぎされていました。
一本の巻寿司から二つの種類の絵柄が出来るなんて魔法みたいですよね!


「私の鬼は、男前でしょ」
「私の鬼は、美人さんにできたよ」などなど


テーブルごと、笑い声や楽しい会話が聞こえてきました。

そして別の日には、ねこちゃん大好きな方々を対象に
「ねこちゃん巻寿司」を作っていただきましたよ。


ご参加いただいた皆さまは、巻寿司づくりが初体験という方が多かったので、
巻きすの使い方からご説明させていただきました。


「うちの猫ちゃんにそっくり~」
「今度は黒色の猫ちゃんをつくってみたいね」
などなど、初対面同士とは感じられないくらい楽しい会話や笑い声で
会場内が包まれていました。


さて節分にあたっては、
元モーニング娘の中澤裕子さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組でも
中澤裕子さんと一緒に巻寿司作りをさせていただきました。

福岡ではおなじみの児玉さんからも
「これは大人も子供も大はしゃぎしますね~」
と嬉しいひとことをいただきました。

中澤裕子さんは、巻寿司づくりは初めてということでしたが
「巻寿司づくりって楽しい~!家で子供達と作ります」と
とても喜んでくださり、巻寿司の楽しさを実感していただけたようです。

節分が終わってからも、受講された方々から
「こんな巻き寿司を作りました」「子供が喜んで食べてくれました」
「会話が弾み、こんなに楽しい節分は初めてです」
など、嬉しいメッセージを沢山いただきました。

日本の伝統的な和食を作る事の楽しさをこれからも
より多くの人に体感してもらえればいいなと思います。

巻寿司で笑顔に!

こんにちは。巻寿司大使の八幡名子です。

1月15日・16日と広島市安芸区矢野にて巻寿司講習会を開催させて頂きましたので、
レポートしたいと思います。

15日は矢野西小学校さんにて、
45人の保護者の方々と私のオリジナルであるお花柄の飾り巻き寿司を作りました。

材料は広島なので、やはり広島菜をチョイス。
それ以外に私の地元、八王子の伝統野菜である高倉ダイコン、おぼろ、
紅ショウガ、野菜シートも用意しました。

野菜シートとは、形が悪いというだけで市場に出せず産業廃棄物になってしまう野菜を
シート状にした『ベジート』という商品です。

このベジートの上に、おぼろを混ぜてピンク色にした寿司飯と紅ショウガ、
高倉ダイコンをのせて巻き、これを二本作ってお花が完成。
葉っぱに見立てたのは広島菜。これも海苔でくるくる巻くだけで完成。
後は、お花と葉っぱを交互に組み立てていけば、お花巻きの完成です!
とっても簡単!45人で一斉にお花を咲かせることができました。


矢野西小学校にて巻寿司講習会の様子

みんなで作ったお花飾り巻き寿司

16日は矢野公民館にて『可愛い恵方巻を作ろう!』と題して、
和風太巻とバラ巻の二本を19人の参加者の皆さんと巻きました。

ご飯の広げ方や具の置き方など、私のデモをよく見て実践されていました。
巻きすを使うのは初めての方もいらっしゃいましたが、
皆さん手際よく、とても綺麗な巻寿司2本が完成いたしました。

和風太巻


バラ巻をカットして「見てみて〜!」とみんなで見せ合いっこ。楽しそうでした。

今回の広島での巻寿司講習会開催にあたっては、沢山の方々にご協力をいただきました。
今年度の巻寿司大使に選出いただいたことで、広島にご縁ができたのが昨年の6月のこと。
そんな時に起こってしまった、西日本豪雨災害。

「何か少しでも力になれることを」と考え、たどり着いたのが巻寿司作り。
「現地の方々に少しでも笑顔になってもらえるかもしれない」という思いでした。

巻寿司は具を巻き込む作業もさることながら、最後にカットする時がとてもワクワクします。
オリジナルのお花柄は、カットした時にパッと明るい花が咲きますようにと願いを込めてデザインしました。

カットして現れたお花やバラ模様、7種類もの具の太巻の断面を見て、
皆さんから「うわ〜っ!」と歓声が上がりました。
私が広島で聞きたかった声です。

巻寿司には人々の心をパッと明るくする力があるんだなと、改めて実感できました。
これからも巻寿司を通して、あちらこちらで花を咲かせていきたいと思います。


矢野公民館での講習会に参加された皆さんと。
今年の恵方「東北東」を指差して、パチリ!

ミートアップで巻寿司教室

アメリカ、オレゴン州在住、巻寿司大使の加藤真記です。
2019年、今年初めてのレポートになります。

12月に「Let’s practice Japanese and English!」 というミートアップで
カリフォルニアロールとかっぱ巻に挑戦しました。

ミートアップとは語学の勉強やお料理、政治活動やスポーツなど
いろんな趣味が共通な人々と気軽に会えるようにグループを作ること。
日本でも外国人と友達になろうというミートアップなどあるようですね。
今はアプリもありますので興味のあるかたは見てみてください。

さて、この「Let’s practice Japanese and English!」は日本語を学びたいアメリカ人と
英語を勉強したい日本人がお互い気軽にランゲッジエクスチェンジをするミートアップです。

参加人数は20名ほど。
みなさんが巻寿司に関してどのくらい知っているのか知りたかったので最初は3人くらいのグループを作ってもらい巻寿司トリビア(クイズ)をしました。

第一問です。
世界最長ギネス記録の巻寿司の長さは?(2016年11月熊本県玉名市高校生が作った記録)
A. 9,333 ft.(フィート)
B.12,388 ft(フィート)
※アメリカはメートルではなくフィートです。 
正解はAの9,333フィート、2844.61mです。ちなみにBは富士山の高さでした。
他には、巻きすの置き方やすし飯の置く海苔の面はどちらか?など、
これから巻寿司を作るに当たって、巻寿司作りの基本をクイズを使って伝えました。
クイズは全10問用意しましたが、全問正解したグループも1組ありましたよ。

クイズの後はさっそくカリフォルニアロールを作りました。
みなさん、とても丁寧にすし飯を扱って海苔に広げていました。

カルフォルニアロールは裏巻になります。裏巻を巻くときは巻きすの扱い方を説明するのが難しく、
きちんと伝わっているか確認しながら慎重に進めます。
時々具材が多すぎてはみ出た場合は具材を少なくしてもう一度チャレンジしてもらいました。

かっぱ巻はみなさん、キュウリがきちんと真ん中にくるよう上手に巻けていたのでびっくりしました。
ミートアップの主催者の方にもとても喜んでいただき、有意義な年の締めくくりのイベントとなりました。


年末は、12月の中旬から2週間ほど日本に一時帰国し、大阪に滞在しました。
美味しい日本食を堪能し、日本は素晴らしい食文化を持った国だと改めて思いました。
皆さま今年もどうぞよろしくお願いいたします。

冬野菜たっぷり巻寿司教室を開催しました。

こんにちは。巻寿司大使の八幡名子です。
昨年末に開催した冬野菜たっぷり巻寿司教室のレポートをしたいと思います。

冬野菜の代表であるダイコンは、青首ダイコンに赤ダイコン、太いもの細いもの、
また味も甘いものから辛いものまで様々な種類があります。
今回はその種類の多さに注目!

数種類のダイコンをチョイスして、巻寿司の具にしました。
白いダイコンは八王子の伝統野菜「高倉ダイコン」。
現在、2軒の生産者さんしか作っていらっしゃらないという貴重なダイコンです。

それから赤ダイコンや紫ダイコン、中が赤い紅芯ダイコンなど(全て八王子産)、
色が綺麗な所に惹かれて購入したダイコン達です。

塩やお酢につけるとさらに鮮やかに発色するので、巻寿司向きですね!
黄色い柚子も具の一つに加えて、より冬らしさを出しました。


ある日の教室の具材。
左上:高倉ダイコン 右上:赤ダイコン 左下:柚子 右下:紫ダイコン

巻寿司に欠かせないお米は「伊勢ヒカリ」を使用しました。
(伊勢ヒカリは伊勢神宮の御神田で発見されたお米で、私は最近このお米に出会い、その香りと美味しさに感動しています。)

巻寿司を作るのが初めての方もいらっしゃいましたが、冬を感じるダイコンと柚子の香り、
お米の香り、海苔の香り、お酢の香り、そして巻きすの竹の香り・・と
様々な香りのハーモニーを感じ、巻寿司という日本文化に触れられたと、
皆さん喜んでくれました。


柚子は「獅子柚子」(多摩産)を使用しました。一般的な柚子より数倍も大きな柚子です。


年末年始のおもてなし用に、おめでたい紅白の色合いにしてみました。

冬野菜たっぷり巻寿司と一緒に、サンタクロース飾り巻き寿司も作りました。
飾り巻き寿司の楽しみはカットすると絵が出てくるところです。

みんなで同じパーツを作って組み立てていくのですが、
カットした時に現れる絵はなぜか作る人によって違うのです。そこが飾り巻寿司の醍醐味!


サンタクロースの帽子の黄色い部分は、教室開催場所の近所で有名な卵焼きを使用しました。

巻く食材はその場所で探すのも私の楽しみの一つとなってます。
巻寿司。この小さな世界の中に沢山の夢や希望、想いをのせられます。
・・というとちょっと大げさかもしれませんが、
私は巻けば巻くほど本当にそう思ってしまうのです。

巻寿司文化に万歳!

お正月に家族に喜ばれた、カリフォルニアロールを巻きました。

こんにちは、2018年度寿司大使の武田折恵です。
今回は、超初心者さんでも簡単にカリフォルニアロールを巻ける作り方をご紹介いたします。

「カリフォルニアロール」といっても、好きな物を裏巻で入れるというもの。
今回は、サーモン・アボガド・厚焼き玉子・海老・キュウリを入れました。
最近はお店で、とびこを手軽に購入できるので便利になりましたね。

この「カリフォルニアロール」は、巻寿司の中でも超初心者さん向けと思っています。
なぜなら、巻寿司の仕上げは“とじ目”を合わせて閉じないといけませんが、
カリフォルニアロールはのの字に巻くだけなので、実は手軽で簡単なんです。

【材料】1本分の材料
すし飯・・・・・・300g(約1合)
サーモン・・・・・2cm角、1本
アボガド・・・・・3~4枚(スライスした物)
海老・・・・・・・3~4本(ボイルした物)
厚焼き卵・・・・・1×2cmを1本
きゅうり・・・・・細切り1本
とびこ・・・・・・適宜
海苔・・・・・・・全形1枚
サニーレタス・・・2~3枚
【作り方】
① 巻きすの上にラップをのせ、その上に海苔を置き、200gのすし飯を全体に広げる。
② ①の上にラップを全体にかけて、持ち上げ、海苔の面が見えるようにひっくり返し、ラップを外す。
③ 海苔半分に、残りのすし飯100gを広げる。
④ ③で広げたすし飯の上にサニーレタスをのせ、その上に手前から厚焼き玉子、サーモン、キュウリ、その上に海老をのせる。
⑤ ラップを巻き込まないようにしながら、巻きすを使って“のの字”になるように手前から巻いていく。
⑥ すし飯が外回りになっていることを確認して、すし飯にとびこを貼り付けていく。
(スプーンで上からかけてもOK)
⑦ ラップをもう一度巻いて、ラップのかかった状態で8切に切っていく。
※ラップが巻寿司に残らないように、よくチェックして下さいね。

手作りって良いですよね。
是非、おうちで巻いてみてくださいね。

長い恵方巻にチャレンジ!

2018年度巻寿司大使 川井ゆかりです。
12月2日に地元ボランティアグループのデコずし講座で、うさぎちゃんとあきた巻を作りました。

うさぎちゃんは、お子さんのお弁当にちょうど良いサイズでとっても可愛い柄。
「あきた巻」は、2017年度MAKIZUSHI大使のくるみ先生考案。
簡単に巻けて、華やかでアレンジがきくとても素敵な柄です。

今回で3回目の講習会なのでみなさん手際がよく予定時間より早く作れました。

来年2月3日節分の日にあわせて、長い恵方巻を作るイベントの依頼があり、
今回レッスン終了後にご協力いただきみんなで事前練習しました。
今回の為に5メートルの海苔を特注しました。

みんな初めて見る長い海苔にテンションがUP!
呼吸を合わせ、「美味しくなーれ!」の合言葉で一斉に巻き上げました。

出来上がるとみんな笑顔。
「楽しかったー!」との声があがりました。

来年の本番は14メートルの恵方巻を作る予定です。

動画もぜひご覧ください!!
↓↓

結婚式でも…!

こんにちは
2018年度巻寿司大使の恵方マキです。

先日、「結婚する友人に、飾り巻寿司のお祝いを送りたい」とのご依頼をいただき、
飾り巻寿司でお祝いをさせていただく事になりました。

当初は、お二人にあった飾り巻寿司をディスプレイする予定でしたが
会場全体を盛り上げることが出来るデモンストレーションをすることにしました。

会場は、大型商業施設『トリアス久山』(福岡県糟屋郡)にある結婚式場『スイートヴィラガーデン』。
ホテルのスイートルームのような邸宅を貸し切って行う、まるで外国映画にでてくるようなアットホームな結婚式場で、私もうっとりしてしまいました。

ちなみにお二人の出会いは
新婦がされていた猫カフェへ、新郎がお客様として訪れたことがきっかけということで、
猫が大好きなお二人の結婚式は、ドレスコードも猫。

お客様も猫柄のドレスや猫の着ぐるみを着ていらっしゃったり、
男性のネクタイピンが猫だったりと、見渡す限り、猫、猫、猫!

私も、皆さんと同じようにネコちゃんメイクで
飾り巻寿司のデモンストレーションをさせていただきました。


デモンストレーションが始まると
会場のお客様は、初めて見る飾り巻寿司に釘付け!

以前、ラジオ番組でご一緒させていただいた事もあるMCさんのトークに導かれ
デモンストレーションの間も大盛り上がり!
会場からの笑いがたえませんでしたよ。

デモンストレーションでは、お祝いの字と
お二人の大好きなネコちゃんの肉球を作らせていただきました。

出来上がった巻寿司を切った時の会場に響き渡った大きな歓声が、今でも耳に残っています。切った飾り巻寿司は、新郎新婦に食べ合いっこをしていただきました。
仲睦まじい姿を見ることができ、心がほっこりしました。

私の出番が終わったあと、ご依頼くださった方や会場のスタッフの方から
「飾り巻き寿司ってこんなに盛り上がるんですね!」
という言葉をいただけて嬉しかったのを今でも覚えています。

お二人の幸せな時間の一ページを描くお手伝いが出来たこと、
本当に光栄に思います。

郎新婦のお二人へ。
猫ちゃんのようにお互いを癒しあえる、素敵なご夫婦になってくださいね。

最後に、ご依頼いただいたT様、そして式場関係者の皆様、
大変お世話になりました。