巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

韓国の海苔巻き・キンパ(김밥)

 

こんにちは!
京都の巻寿司大使・岩佐優です。

義父がよく通う店があります。
そして、いつもお土産をいただきます。

定番の自家製キムチ、昆布と蓮根、干し椎茸なんかを佃煮風にしたもの、
チジミ、そしてキンパです。

大変おいしいので尋ねたことがあります

「巻寿司とごこが違うの?」と。
どうやら、酢飯の代わりにゴマ油&塩で味付けしたごはんを使うようで
韓国ダシをひとつまみ入れると、風味がアップしておいしくなるんだそうです。

一部のお店では酢を入れているお店もあるそうですが、

“ご飯が違う”

これが日本の巻寿司と一番違うポイントかもしれません。

日本の巻寿司は、甘酸っぱい味?
それはもちろん酢飯だからからです。

しかし、韓国のキンパは、ご飯にお酢を入れません。
酸っぱさゼロですね。

日本の巻寿司は、酢飯を使うのが当たり前。
でも韓国には酢飯が存在しないので、
海苔巻きにも普通のご飯か、
ごま油と塩で味付けたご飯になるのですね。

また日本と韓国とでは、美味しいと感じる温度も違いますね。

“温度が違う”

これも1つのポイントです。

日本は酢飯を使います。
そして、海苔で巻く前には酢飯をよく冷まします。

しかし、韓国はアツアツのご飯を入れて巻きます。
やっぱり韓国のキンパはアツアツのご飯で
作りたての温かいキンパが一番美味しいんだそうです。

韓国では巻きたての温かいキンパがおいしいというだけ
店頭で「即席キッパ」(韓国語:즉석김밥)と看板に書いて
アピールしているお店が多いそうです。

キンパというと魚肉ソーセージを入れるイメージを持つ方もいるそうですが、
本来は巻きたい具材を巻いて食べるんですね。
キンパをよく知っている方は、ゴマの葉などを巻き込むようです。

“生ものが入っているか”

あたたかいキンパには、生ものを入れません。
しかし、日本の巻寿司はサーモンなどの生ものが入っている時が多いですね。

これは、“ご飯が違う”“温度が違う”
の違いからくるものです。

先入観とは恐ろしいもので「韓国料理=辛い、しつこい」
といった印象を持つ方が多いのでは?

確かに、キムチを巻けば辛くなりますけれど、
基本的にキンパは辛くなくて食べやすいんです。

キンパを知らなかった日本の方は

「初めて知ったけど、あっさりしてて食べやすい!」

というお声がたくさんあるようですよ。
“茶色い具材が違う”

日本の巻寿司、韓国のキンパとも茶色い具材が入っていて、
それによって全体的な見た目もかなり似ているように思います。

巻寿司、キンパともその具材は醤油で味付けされており、
両方とも塩加減の責任を負っているかなり大きな存在ですが、

日本の巻寿司は「干瓢」「椎茸煮」

韓国のキンパは「牛蒡」

それゆえ、当然ながらかなり味が違いますね。
また、この具の違いは、次の違いにも影響を及ぼします。

“歯ごたえが違う”

韓国のキンパのほうが歯ごたえがあるようです。
それは当たり前、歯ごたえのある具材が必ず入っているからです。

「キンパと言えば、具材として何を思い浮かびますか?」
と韓国人に聞くと大体この8つを言うそうですよ。

沢庵、人参、牛蒡、ほうれん草(胡瓜)、卵、練り物、ハム、かまぼこ

この中で歯ごたえがあるものが、沢庵、人参、牛蒡、胡瓜、この4つです。

そして韓国では
「自国の国旗の色、黒・白・赤・青・黄色の食材を食べよう」
と言われており、
まさにその通りにすると、栄養が偏らないんですね。

似ているようで似ていない巻寿司とキンパ。
比べてみるとその違いがよくわかったのではないでしょうか。

ありがとうございました。

ゆったり、ほっこり♪

★巻寿司大使プロフィールはこちら

2016/3/28| ,

Comment

  • streetcat 2018年1月19日10:59 AM

    沢庵や、かまぼこって韓国にもあるの?
    日本特有の食べ物と思っていた…

  • ajikan 2018年6月6日3:33 PM

    streetcatさん、ご質問ありがとうございます。私自身詳しくないのですが、たくあん、かまぼこって、日本のほかにもあるのかもしれませんね。調べてみたいテーマですね。MAKIZUSHI倶楽部事務局

コメントを残す





スパム対策のため下記の入力をお願いします。 (必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)