巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司レシピ

ぶきっちょでも簡単!ぐるぐる太巻

こんにちは。
2018年度巻寿司大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。

デコ巻きずしマイスターでもある私は、デコ巻きずしを巻く機会は多いのですが、
太巻を巻く機会が少なく「いつまでたっても上手にできないなあ」と思っていました。

普通の太巻は写真のように、海苔にすし飯を敷き詰めて、
真ん中寄りの手前になるべくコンパクトに具材を置いて
手前の海苔の到達点が酢飯の向こう側の端になるように巻きます。

この場合、すし飯の量が多いとすし飯を巻き込んでしまうし、
少ないとすし飯のない空白の部分ができてしまいます。

具材を押さえながら海苔を向こう側にやって、
しっかり巻くというのは案外と難しくて
切ろうとすると、具材がボロボロこぼれてしまうこともありました。
そんな悩みを解消するべく、私が考えたのが「ぐるぐる太巻」です。

「ぐるぐる太巻」の作り方は、

① 海苔を2枚つないで、すし飯を薄く薄く敷き詰めます。
② ラップをかけて、菜箸で3~4センチ間隔の溝を作ります。

③ 具材は細めに切って、溝に置きます。このときにはみ出ても大丈夫です。

④ 手前から細く渦巻状になるようにぐるぐる巻いていきます。


できあがり!


簡単だったので、海苔を3枚つないだものも作ってみました。
断面がとても綺麗です。

お手軽簡単な「ぐるぐる太巻」を皆さんも作ってみませんか?

この季節しか食べられない!山菜おとな巻寿司

こんにちは。2019年度巻寿司大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。

先日、岡山北部の山に山登りした近所の方から、お土産をいただきました。みずみずしいわらびと、山椒の実です。今年は例年よりも気温が低く、6月になってもわらびや山椒が採れるところがあるそうです。

わらびも山椒も、この季節にしかにしか食べられない山の恵です。しっかりと下ごしらえをして、巻寿司にしてみました。

 

●具材(1本分)

全形海苔…1枚

すし飯…170g

山椒の実…適量

わらび…適量

納豆…1パック

大葉…4~5枚

白ごま・黒ごま…適量

●作り方の手順

①山椒の実とわらびのアク抜きをします。

山椒の実は水に30分程漬けたあと沸騰したお湯で茹で、たっぷりの水に漬けて一晩置く。

わらびは、硬い部分を切り落とし、水洗いする。沸騰したお湯に重曹を入れて少し冷ましてからワラビを漬け、一晩置いて水洗いする。

と、このように、下こしらえだけで一晩かかります。山菜おとな巻寿司を作るまでの道のりは遠い。。。

 

②さて、翌朝です。山椒の実とワラビの準備が整いました。全形海苔に向こう側2~3cm空けて、すし飯を敷き詰めます。白ごま・黒ごまを適量ふりかけます。
 
 
③中央よりも手前に大葉を敷き、その上にタレと和えた納豆、山椒の実を置きます。

 

④その横にワラビを置きます。


 
 
⑤親指は巻きすの下、人差し指で酢飯と海苔、残りの指で具材を押さえ、海苔の手前から向こう側のすし飯の端に向かって巻きます。(今回は、写真を撮っていたので、左手しか映っていません。)


 
 
⑥山の恵たっぷり、もう終わりが来ている春の最後のほろ苦さを感じられます。山椒の実はプチッとした食感で、味もピリリと効いていて、大人の味の巻寿司の出来上がりです。

一杯飲みたくなりますね。

2019/6/22|

香川県産アスパラガスのオリジナル品種・さぬきのめざめの肉巻き巻寿司

こんにちは。2019年度巻寿司大使の野梨のりこです。このたび四国から初めての巻寿司大使を務めさせていただきます。四国の美味しい物を巻寿司と一緒にご紹介させていただこうと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

香川県産オリジナル品種『さぬきのめざめ』は、長くて柔らかく、甘味が特徴で、いま旬を迎えています。
このアスパラガスを全国の皆さまに知っていただきたくて、巻寿司にしてみました。

●具材(1本分)

さぬきのめざめ(アスパラガス)…1本

豚ばら肉…100g

海苔…全形1枚と1/2枚

料理酒…50cc

お好みの焼き肉のタレ…適量

すし飯…300g

 

●作り方の手順

①アスパラガスに豚ばら肉を巻いたら、フライパンに入れます。そこに料理酒を入れ3分蒸し焼きにします。


 
②蓋をとり、残った水分を飛ばしながら焼き色をつけたら、焼き肉のタレで味付けをします。


 
③すし飯を使い、全形海苔1枚と1/2枚をくっつけ、大きな海苔を作ります。


 
④海苔を横長になるように巻きすに置き、すし飯300gを海苔の向こう3cm程度残し、全体に広げます。

⑤中心に②のアスパラガスの肉巻きを置きます。


 
⑥手前からくるんと巻いたら、8等分に切り分けて完成です。

2019/6/13|