巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司レシピ

オードブル?サラダ?マヨネーズで食べるマッシュポテト巻寿司

こんにちは。2019年度巻寿司大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。
今回は残ったマッシュポテトを使った巻寿司をご紹介します。
前日に作ったコロッケの残りのマッシュポテト、どんな巻寿司にしようかと考えました。

●具材(1本分)

全形海苔…1枚
マッシュポテト…180g
プリッツ…適量
キュウリ…適量
ソーセージ(太)…1本
スティックチーズ…2本
おぼろ…適量

●作り方の手順

①材料はこちら。うん?これが果たして巻寿司になるのでしょうか?

②全型海苔に、マッシュポテトを向こう4cmほど空けて広げます。
胡椒をふります。

③プリッツを並べます。実はこのレシピを作っていたのは、11月10日なんです。
あっ、明日の11月11日は、〇〇の日じゃーん!巻かなきゃ!と思い立って、サラダプリッツを使うことが決まりました。

④きゅうりの細切り、スティックチーズを縦に1/4にしたものを、プリッツの間に交互に並べます。マッシュポテトに埋め込むようにします。

⑤おぼろをふります。ソーセージを中央手前に置いて巻きます。

⑥断面はこんな感じ。

⑦素敵に盛り付け、完成です。

これは、マッシュポテト巻きなので きっとマヨネーズが合うはずですね。この巻寿司はオードブル?サラダ?いやいや、美味しければ大丈夫。
プリッツの感触が楽しいマッシュポテト巻寿司の出来上がりです。実は食べてみて、思ったことがあります。彩りを考えておぼろをふりましたが、カレー粉やパプリカパウダー、マスタードも合うかも。
「えーっ」と思うかもしれませんが、これは、食感も楽しいので、きっとお子さんも大好きだと思います。ぜひ巻いてみてください。

2019/12/19|

ふく巻寿司

こんにちは!巻寿司特任大使の池田です。

山口県下関市(私の実家)を代表する食材を巻いてみました。
まず何と言っても「下関」と言えば「フグ」ですね。
下関では「フグ」のことを「ふく」と呼ぶほど縁起の良い食べ物になっています。
更に、「安岡ネギ」は、下関の一部でのみ作られており、フグ鍋(てっちり)の薬味として利用される大変レアなネギです。

※普通の万能ねぎや細ネギでも十分代用できます。

●具材(1本分)

半形海苔…1枚
すし飯…100g
フグ唐揚げ…1本
安岡ネギ(万能・細ネギ)…10本
紅だて…2g
ポン酢ジュレ…適量もみじおろし…適量

*ポン酢ジュレの作り方

鍋にアガー2g・水30ccをいれ、弱火で溶かしポン酢を入れてまぜる。
バットにうつし、そのまま室温で冷まし固まったらスプーンでかき混ぜて、崩してつかう。(アガーは30度~40度で固まるがゼラチンは20度以下でないと固まらない為、アガーを使用することで巻きやすくなる。)

●作り方の手順(※裏巻きバージョン)

①まきすにラップを敷きその上に海苔を置いて、全体にすし飯をひろげる。

②海苔ごとひっくり返して中心にポン酢ジュレ、もみじおろし、フグ唐揚げ、ネギ、紅だてを並べる。

③ラップごと巻く。

④ラップを剥がして、小口切りにしたネギを全体にまぶして完成。

(左が裏巻き)

2019/12/16|

食感がたまらない、山芋の巻寿司

鹿児島の巻寿司特任大使、毛利滋子です。
今回は、山芋の食感が癖になる巻寿司をご紹介します。

 

●具材(1本分)

全形海苔 …1枚
すし飯… 220g
大葉…適量
梅干し…適量
生キクラゲ…適量
山芋…適量
すりゴマ…適量
胡麻油…適量

*胡麻油を少したらせば、風味アップです。

●作り方の手順

<下準備>

・生キクラゲをサッとお湯で茹でて、切っておく。

・山芋は短冊切りにして、酢水につける。

①海苔の上にすし飯を広げる。

②すし飯の上に大葉、梅干し、キクラゲ、すりゴマをのせ、胡麻油を少々ふる。

③最後に山芋をのせて、巻く。

④完成です。

2019/12/12|

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments