巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

八幡名子大使

祝!新成人☆巻寿司レシピ

こんにちは!巻寿司特任大使のやはためいこです。

あけましておめでとうございます。昨日は1月11日、成人の日でしたね!

新成人をお持ちの親御さんにとっては、子育てがひと区切りついて、記念すべき日となったのではないでしょうか?

我が家も昨年、娘の成人をお祝いしました。今年は、各自治体が開催する成人式がコロナの影響により簡素なもの、または中止した地域もあると聞き、大変心を痛めております。

 

そこで、巻寿司で新成人のお祝いをさせていただければ!と、レシピを考えてみました。

巻寿司は少しの工夫で華やかになります。是非、ご家庭で作って楽しんでみて下さいね!

 

  • 具材(1本分)

・全形海苔・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2枚

・すし飯(白)・・・・・・・・・・・・・・・・・60g

・すし飯(ピンク)・・・・・・・・・・・・・・60g *ビーツを浸したすし酢を使用

・お好みのお刺身、または野菜・・適量

 

*すし飯(ピンク)ですが、今回はビーツを浸したすし酢を使用しました。生のビーツを保存袋に入れ、すし酢を注ぎ、一晩以上置いておくだけです。

そのままご飯に混ぜれば、綺麗なピンク色のすし飯になります。色の濃さはビーツの量とすし酢の量で変化しますので、お好みで調整してください。

 

  • 作り方の手順

①市販の全形海苔のサイズは21cm×19cmです。長い方の辺(21cm)はそのまま残し、短い方の辺(19cm)を13cmになるようにカットし、同じサイズ(21cm×13cm)を2枚準備します。

カットした海苔にお好みのお刺身(又は野菜)を横3cm×縦3cmになるように盛り、巻きすを使って巻きます。

 

海苔の手前は少し開けて、具材を置くと良いです。

 

具材を3cm×3cmになるように盛ります。

 

具材は動かさず、海苔ごと巻きすを覆い被せるようにすると、やりやすいです。

 

②もう一枚の海苔に、すし飯(白)とすし飯(ピンク)を、それぞれ幅4.5cmになるように広げます。

 

③全体をラップで覆い、巻きすを被せて、巻きすごと表と裏をひっくり返します。

 

 

④真ん中に①で作った具材を上下逆さまに置き、巻きすを使ってすし飯を具材に添わせます。

仕上がりが上下逆さまになるので、具材も上下逆さまに置いています。

 

写真のように巻きすごと90度回転させてから、左右の海苔を立ち上げるとやりやすいです。

 

上下をひっくり返し、かまぼこ状になるように形を整えます。

 

⑤食べやすい大きさにカットして、出来上がり!

ラップごと切ると切りやすいです。

 

お子様が大好きなお刺身や野菜を具材にして、笑顔溢れる晴れやかな食卓になりますように☆

成人の日、心よりお祝い申し上げます!

 

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪

https://makizushi-club.com/howto/maki

 

フルーツも巻寿司に!パッションフルーツ巻寿司レシピ

こんにちは!巻寿司特任大使・東京都八王子在住のやはためいこです。

東京でも南国フルーツが作られていることをご存知でしたか?
東京の西側に位置する八王子ではパッションフルーツが生産されており、若手の生産者グループが毎日、汗を流し頑張っていらっしゃいます!

甘酸っぱいパッションフルーツはすし飯との相性も抜群なので、巻いてみましたよ♪

いろんな食材を巻ける巻寿司は、味のバリエーションも無限大!楽しいですね♪

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・・・1/2枚
・すし飯・・・・・・・・・80g
・パッションフルーツ・・・大さじ1(増量減量はお好みで)
・クリームチーズ・・・・・40g
・ハチミツ・・・・・・・・小さじ1
・パストラミ・・・・・・・5枚
・ベジート・・・・・・・・1枚(野菜から作られたシート。無ければ、薄焼き玉子でも可)

材料です。

パストラミを選んだ理由は胡椒が入っているからです。胡椒とクリームチーズ、甘酸っぱいパッションフルーツは相性抜群!普通のハムでも代用可能ですが、パストラミの方をお勧めします。

室温で少し柔らかくしたクリームチーズにパッションフルーツ、ハチミツを混ぜ、再度冷蔵庫で冷やしておきます。(クリーミチーズが柔らかすぎると、綺麗に巻けなくなるのでご注意ください。)

この写真のクリームチーズには既にパッションフルーツが混ざっています。


●作り方の手順
①パストラミは30cmほどの長さになるように置きます。

②パストラミに被せるように、半分にカットしたベジートを縦位置に2枚置きます。

③パッションフルーツクリームチーズを塗り広げ、手前からくるくると巻きます。

④半分にカットした全形海苔の奥側2cmほどを残して、すし飯を広げます。
真ん中に③をおき、手前からぐるりと巻きます。

⑤4等分にカットして、出来上がり♪
お好みでパッションフルーツをトッピングしてお召し上がりください。

 「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

ソース味でお子様にも大人気!な細巻寿司レシピ

こんにちは!今年度も巻寿司特任大使として活動させて頂くことになりました、やはためいこです。
今年度も巻寿司愛をお伝えしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

今回はソース味の細巻きをご紹介したいと思います。粉末の焼きそばソース、ご家庭に眠っていませんか?粉末の焼きそばソースと魚肉ソーセージでお子様にも大人気な細巻きです。
抜き型を使うので、お子様と一緒に楽しく作ってみてくださいね!

●具材(1本分)
全形海苔・・・・・・・・2/3枚
すし飯・・・・・・・・・70g
魚肉ソーセージ・・・・・1本
粉末の焼きそばソース・・3g
キュウリ・・・・・・・・3g(ひとかけ)
練り物・・・・・・・・・3g(ひとかけ)
ショウガの甘酢漬け・・・3g
揚げ玉・・・・・・・・・3g

 

●作り方の手順
①材料を用意します。
キュウリと練り物は使用するのはひとかけずつです。キュウリと練り物、ショウガの甘酢漬けは細かく刻んでおきます。

②魚肉ソーセージはお好みの抜き型で抜きます。

③すし飯に粉末の焼きそばソース、キュウリ、揚げ玉、練り物、ショウガの甘酢漬けを混ぜます。

④全形海苔の長い辺を7cmカットします。

⑤全形海苔の上に③で作ったすし飯を奥側2cmほど残して、広げます。
すし飯の中央に②の魚肉ソーセージを並べておきます。端っこまで足りないかもしれませんが、そのまま続けます。

横から見て、魚肉ソーセージの形が見えるように並べます。
⑥全体をぐるりと巻きます。魚肉ソーセージが入っていない両端をカットしてから、8等分にカットして出来上がりです!

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
→ https://makizushi-club.com/howto/maki

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments