巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

ミートアップで巻寿司教室

アメリカ、オレゴン州在住、巻寿司大使の加藤真記です。
2019年、今年初めてのレポートになります。

12月に「Let’s practice Japanese and English!」 というミートアップで
カリフォルニアロールとかっぱ巻に挑戦しました。

ミートアップとは語学の勉強やお料理、政治活動やスポーツなど
いろんな趣味が共通な人々と気軽に会えるようにグループを作ること。
日本でも外国人と友達になろうというミートアップなどあるようですね。
今はアプリもありますので興味のあるかたは見てみてください。

さて、この「Let’s practice Japanese and English!」は日本語を学びたいアメリカ人と
英語を勉強したい日本人がお互い気軽にランゲッジエクスチェンジをするミートアップです。

参加人数は20名ほど。
みなさんが巻寿司に関してどのくらい知っているのか知りたかったので最初は3人くらいのグループを作ってもらい巻寿司トリビア(クイズ)をしました。

第一問です。
世界最長ギネス記録の巻寿司の長さは?(2016年11月熊本県玉名市高校生が作った記録)
A. 9,333 ft.(フィート)
B.12,388 ft(フィート)
※アメリカはメートルではなくフィートです。 
正解はAの9,333フィート、2844.61mです。ちなみにBは富士山の高さでした。
他には、巻きすの置き方やすし飯の置く海苔の面はどちらか?など、
これから巻寿司を作るに当たって、巻寿司作りの基本をクイズを使って伝えました。
クイズは全10問用意しましたが、全問正解したグループも1組ありましたよ。

クイズの後はさっそくカリフォルニアロールを作りました。
みなさん、とても丁寧にすし飯を扱って海苔に広げていました。

カルフォルニアロールは裏巻になります。裏巻を巻くときは巻きすの扱い方を説明するのが難しく、
きちんと伝わっているか確認しながら慎重に進めます。
時々具材が多すぎてはみ出た場合は具材を少なくしてもう一度チャレンジしてもらいました。

かっぱ巻はみなさん、キュウリがきちんと真ん中にくるよう上手に巻けていたのでびっくりしました。
ミートアップの主催者の方にもとても喜んでいただき、有意義な年の締めくくりのイベントとなりました。


年末は、12月の中旬から2週間ほど日本に一時帰国し、大阪に滞在しました。
美味しい日本食を堪能し、日本は素晴らしい食文化を持った国だと改めて思いました。
皆さま今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す





スパム対策のため下記の入力をお願いします。 (必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)