巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

仲野谷るみ子大使

昆布、サンマ缶、山形伝統野菜で美味しい巻寿司レシピ

こんにちは。巻寿司特任大使の仲野谷るみ子です。
身近な食材を使って子供たちにも大人にも喜んでいただける「美味しくて」「オシャレな」巻寿司作りを目指しています。

 

今回は昆布シートを使った巻寿司です。しめサバのバッテラ寿司のように、しめサバ+昆布シートは黄金コンビですが、子供でも食べやすい食材を考えて、簡単に手に入り、味も間違いない缶詰の「サンマの蒲焼き」を使い、隣県・山形の伝統野菜「温海(あつみ)かぶ」の甘酢漬けも一緒に巻いてみました。

 

*「温海(あつみ)かぶ」とは、山形県庄内地方の伝統野菜です。皮は赤紫、内部は白で、甘酢漬けにすると全体がほんのり赤く色づきます。やや硬めの肉質なのでしっかりとした食感が楽しめます。
他の赤カブとの差別化するために、固定種子の使用、焼畑農法などにこだわり、ブランド化されているそうです。

この優しいピンクの色が入ると、巻寿司がぐっと華やかになります。昆布のツルンとしたのどごしがたまらない、美味しい巻寿司です。

 

●具材(1本分)
・全形海苔・・・・・・・・・・・・1枚
・すし飯・・・・・・・・・・・・・・・180g
・白ごま・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
・昆布シート・・・・・・・・・・・・1枚(18㎝×18㎝)
・サンマの蒲焼きの缶詰・・50g
・温海かぶの甘酢漬け・・・1㎝×1㎝の短冊にカット
・棒カニカマ・・・・・・・・・・・・1本
・リーフレタス・・・・・・・・・・・1~2枚
・キュウリ・・・・・・・・・・・・・・六つ割~八つ割、18㎝

●作り方の手順
①全形海苔を昆布シートのサイズに合わせてカットします。

②巻きすの上をラップで覆い、全形海苔、すし飯、白ごまの順に置きます。

③その上に昆布シートをかぶせます。(昆布シートの代わりに、おぼろ昆布を並べても良いです)

④全形海苔が上にくるようにひっくり返し、手前を5センチほど空けて、具材を並べます。

⑤ラップを巻き込まないように、きっちり巻きます。

⑥ラップを巻いたままカットして、完成です。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
→ https://makizushi-club.com/howto/maki

コハゼの田舎巻寿司レシピ

 

こんにちは!2020年度巻寿司特任大使の仲野谷です。三回目の巻寿司大使の活動となりました。
今年のテーマは「家族が喜ぶ巻寿司作り」です。
遠くにいる家族や友人たちと集うとき、「美味しい!」と言ってもらえることを想像しながら、
身近な食材を使った巻寿司をご提案したいと思います。

今回ご紹介するのは秋田県民の身近な食材、コハゼの実。この実のシロップ漬けは、秋田の田舎のお母さんたちは備蓄し、
大根の漬物やお菓子などに使っています。また、コハゼのシロップ漬けを、炊いたもち米に混ぜた「コハゼ寿司」や「コハゼ飯」も一般的です。
コハゼはナツハゼのことで、秋田ではコハジャ、コハジョともいわれています。
その実はブルーベリーに良く似ていて、香りも豊かで色もきれいなので、巻寿司にしてみました。

 

  • 具材(1本分)

・全形海苔・・・・・・・・1枚

・すし飯・・・・・・・・・180g

・コハゼのシロップ漬け・・大さじ1(ブルーベリージャムでも代用可能ですが、甘みが強くなります)

・薄焼き玉子・・・・・・・10㎝×18㎝ (お手持ちのフライパンでできるもので十分です)

・キュウリ・・・・・・・・18㎝×1㎝角くらいのもの

・煮かんぴょう・・・・・・3~4本

・カニかま・・・・・・・・18㎝

・ヤーコンの梅漬け・・・・18㎝(大根の梅酢つけや、その他の漬物でもO K)

 

今回使った珍しい食材はコハゼのシロップ漬けとヤーコンの梅酢漬けです。
コハゼのほうは友人宅で大量に出来たものをいただきました。ブドウ系の香りがよく、発色もいいです。
独特の香りが特徴で、上品な紫色に食べ物を染めることができます。
ヤーコンの梅酢漬けは道の駅で販売されていて、珍しいので買ってみました。

 

 

  • 作り方の手順

①すし飯にコハゼのシロップ漬けを混ぜます。

すし飯が熱いと、色が黒っぽくなるので、冷めてから混ぜるのがポイントです。

 

②薄焼き玉子で具材を巻きます。

 

③全形海苔の上部5㎝ほど空け、下のほうに①のすし飯を広げます。すし飯の中央に②を置き、巻きすで全体をぐるりと巻きます。

 

④カットして出来上がりです。

 

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪

https://makizushi-club.com/howto/maki

 

本レシピの具材「かんぴょうの煮方」については、こちらから♪

「巻寿司の具材あれこれ」

https://makizushi-club.com/howto/

 

十和田バラ焼き巻寿司レシピ

こんにちは。巻寿司特任大使の仲野谷です。
2019年度巻寿司特任大使として、最後のレシピのご紹介となりました。

今回は、私の住む秋田県のお隣の青森県のソウルフード、“十和田バラ焼き”で巻寿司を
作ってみましたのでご紹介します。

十和田バラ焼きは、B1グルメのグランプリに輝くなど、全国的にも有名ですが、
具材はバラ肉(主に牛肉が多いですが、豚肉、羊肉でもOK)と、たっぷりのタマネギだけ。
それを濃いめの甘辛いタレで、汁気がなくなるまで焼くという、とてもシンプルなお料理なんです。

今回は豚肉を使い、彩りにグリーンアスパラガスを加え、青森や秋田の巻寿司には欠かせない
“紅ショウガ”も一緒に巻いてみました。
青森や秋田ではスーパーなどでは“バラ焼きのタレ”といった専用品も売られていてるのですが、ほかの地域のご家庭でも簡単に作れるように、焼き肉のタレと焼き鳥のタレで作ってみました。

●具材(1本分)

全形海苔…1枚
すし飯…180g
豚バラ肉…200g
焼肉のタレ…大さじ2
焼き鳥のタレ…大さじ2
タマネギ…大1個(薄切りにする)
グリーンアスパラガス…3本(3cm程にカット)
玉子…1個
紅ショウガ…20g
砂糖…適量
塩…適量
コショウ…適量

●作り方の手順
①下ごしらえとして、玉子を砂糖、塩、コショウで味付けをし、しっかり火を通した炒り玉子を作る。

②豚バラ肉は、焼き肉のタレと焼き鳥のタレを合わせたものに10分ほど漬け込む。

③②をタマネギ、グリーンアスパラガスと一緒に炒める。

④巻きすの上にすし飯を広げて、具を並べる。その時、バラ焼きの肉、タマネギ、グリーンアスパラガスをそれぞれ一列に並べると、カットしたときに綺麗に見える。

⑤カットして出来上がり!

濃いめの甘辛味は東北の人が大好きな味付けです。若い方々、男性にも好評間違いなし!前日の夕飯で残った肉炒めに少しの砂糖と醤油を足して、ぜひ試してみてください。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
→ https://makizushi-club.com/howto/maki

 

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments