巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

”秋の味覚のキノコ巻き寿司”と”栗を使った和スイーツ巻寿司”♬

巻寿司特任大使の甲賀です。
朝晩は涼しくなって過ごしやすくなりました!
食材は既に秋の装いになって来ましたね~♬

秋の味覚のキノコや栗を使った、和のテイストで和スイーツ巻寿司を考案してみました!
スイーツ男子にもオススメですよ⁉️

●食材(各1/2本分)

「秋の味覚のキノコ巻き寿司」

半形海苔…1枚
すし飯(ピンクおぼろで色付け)…80g
松茸…1本
しめじ…30g
舞茸…10g姫ねぎ…適量

「栗を使った和スイーツ巻寿司」
半形海苔…1枚
すし飯…90g
さつまいも…40g
栗…3個

●作り方の手順(*2本同時進行で作っていきます)

①先ずは栗の渋皮煮を作ります!(水につけて一晩置いて剥くと剥きやすいです)

②さつまいもできんとんを作ります。(甘さ控え目が良いです)

③きのこ類を煮椎茸の煮汁の少し薄めでサッと煮て冷まします。(今回松茸はホイル焼きをします)

④シャリを敷き、裏巻きの要領で栗きんとん風に巻きます。
(切った時栗の断面が真ん中にな様に並べましょう)

⑤「秋の味覚のキノコ巻き寿司」の方を巻いていきます。
冷ましたきのこ類の汁を切り、ピンクオボロで色付けたすし飯で巻きます。

⑥食べやすく切り分けます。余った材料をスイーツの様に見立て、盛り付けて完成です♪

手作りだと時間がかかりますが、自分のお好みに出来るのと、安心・安全スローフード派には是非作って欲しいです。
自然の味を大切に、食材の味を活かす食べ方として、スダチをぎゅっと絞りそのまま食べるとシャリにも合うし、紅茶や白ワインにも合いそうですよ。
食欲の秋ですね~、食べすぎ注意!(笑)

コメントを残す





スパム対策のため下記の入力をお願いします。 (必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)