巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

ちばIBDでハロウィン巻寿司 

2015年度巻寿司大使の田中可奈子です。 

 みなさん、IBDって聞いたことがありますか?
最近は知っていらっしゃる人も増えてきました。そうそう、今の首相も以前調子を崩しましたね。あの病気です。 

 IBDは免疫の病気で指定難病になっています。調子がいい時は普通に生活できますし、今はいい薬がたくさん出てきているので、何を食べてもいいとされています。でも調子がいい時、悪い時を繰り返す病気と言われています。 

 悪くならないように普段から気をつけること。それは脂質を控えること、残渣(ざんさ)の少ない食事にすること、と言われています。 

 その点、巻寿司は巻いて楽しい♡♡♡食べておいしい♡♡
日本に古くから伝わるすばらしい食べ物なんです。 

 自分の好きなものをくるりと巻いたらその一口に炭水化物、ビタミン、たんぱく質など栄養バランスも摂れるなんて、日本が誇れる料理ですね。 

 さて、106日日曜日、ちばIBD患者会で巻寿司を楽しみました。
ハロウィンも近いので「かぼちゃのお化け」(Jack  O  Lantern)を巻きながらの交流会です。 

 始めは手慣らしに基本の太巻きを巻きました。
男の人も参加して、自分でチャレンジ。 

 巻きすの向きや方向なども真剣に聞いて、
「バラバラになりやすいおぼろや椎茸なんかは最初に敷きます。」ちょっと迷いながらも上手に巻けるとうれしそうな笑顔。こっちもうれしい。 

ほら、上手に巻けました! 


 そしてかぼちゃのおばけ。
酢飯をとびこでかぼちゃの顔のオレンジ色にします。 

 

パーツパーツを細かくのりで巻いて準備して、いざ組み立てます。 

「これ、ちゃんと顔になるのかな~?」 「手がごはんだらけ~!」
キャーキャー言いながら組み立てて切ってみると
「うわ~!かわいい!」「我ながらセンスある!」と自画自賛! 

 

笑顔がたくさんはじけていました。 

手を動かして作業をすると、自然に笑顔になれて、コミュニケーションもスムーズになって、更に笑顔になって話も弾んで。
みんなで食べるとおいしくてもっともっと笑顔になれますね。
2015年度、巻寿司大使になって良かったな。

病気になると悲しくなるし不安になるけど、こんなに楽しくておいしいのもあるよ。
みんなでしゃべりながら、楽しくておいしい作業をしたら、こんなに話せて元気になれるよ。そんなことが伝わったらうれしいな。 

コメントを残す





スパム対策のため下記の入力をお願いします。 (必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)