巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

“ヘアドネーション”のチャリティをしながら、たくさんの方に巻寿司の楽しさを知ってもらいたい!みんな集まれ!「トルてマルシェ」!

こんにちは。2019年度巻寿司特任大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。
曇ったり、雨が降ったり、梅雨の季節の到来ですね。以前、美容関係の方から“ヘアドネーション”の話を聞き、私は、自分にもできることはないかと考えていました。

“ヘアドネーション”とは、病気や事故などにより髪の毛を失った子供たちに、わたしたちの髪の毛を寄付し、ウィッグを無償提供する活動です。

長さが足りず、髪の毛を寄付することはできなくても、募金やほかの方法で助けることはできます。

そこで、地元のマルシェに参加して、巻寿司の楽しさを伝えると同時に、ヘアドネーションに募金をすることにしました。

トルてマルシェは岡山のおいしいお店や可愛い雑貨屋さんが集まった楽しいマルシェです。私は、「ミカ巻キネンのデコ巻きずし」というお店で出店しました。

まずは準備です。委託販売だったので、分かりやすいように値段を3段階に分けシールで色分けし、商品の写真を貼ったメニュー表を作りました。また、暑くなりそうなので、巻寿司は保冷剤を入れた発泡スチロールの箱に入れました。

朝3時に起きて、巻寿司づくりです。友達にも助けてもらい、子どもたちの好きそうな柄をできるだけたくさん巻きました。

今回はあじかんさんにも食材提供をしていただいていたので、多くの種類をいろいろな色で巻くことができました。

この写真は、巻寿司の一部です。ラップで包んで、袋に入れてシールを貼りました。

そしていよいよ、マルシェが始まりました!

始まってすぐ、「ミカ巻キネンのデコ巻きずし」の店に行列ができました。
何個も買われる方や、色違いで買われる方、100円玉を握りしめて、嬉しそうに選ぶお子さんもいました。倉敷市からインスタを見て来てくださった方もいて嬉しかったです。

一種類ずつ商品がなくなり、なんと開始から30分後には完売しました。
こんなに早く売り切れて、感謝の気持ちでいっぱいでした。

たくさんの方のおかげで、ヘアドネーションには7088円を寄付することができました。

マルシェを通じて、たくさんの方にお世話になり、私の巻寿司を食べていただき、達成感でいっぱいです。

これからも、巻寿司大使として、巻寿司の楽しさを伝えていきたい。

私にできることを考えて、行動に移していきたいと思います。

2019/7/6|

コメントを残す





スパム対策のため下記の入力をお願いします。 (必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)