巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

太巻、細巻、裏巻の3本に挑戦!

こんにちは。アメリカ、オレゴン州に住む2018年度巻寿司大使の加藤真記です。
今回は私が巻寿司大使に任命された記念として
「太巻、細巻、裏巻」の3本立てで巻寿司教室を開催しました。

まず最初はすし飯の作り方とまきすの使い方の説明から。
寿司酢にあらかじめ昆布の一片を入れたものと入れていないものを味比べしてもらって、
昆布のうまみを体感してもらいました。

生徒さんにはいつもこのように味比べをしてもらうのですが、
みなさん必ず違いがわかりますし、昆布のうまみにとても驚かれます。

参加される方の中には、巻寿司初挑戦の方や、
一度は自分で作ったことがある方などそれぞれですが、
みなさんやはり「巻寿司は難しいもの」と感じている方が多いと思うので、
そこを「わー、こんなに簡単にできるんだ」とか「案外簡単だったわ、家ですぐやります」
と言ってもらえたら嬉しいなというのが私の目標の一つです。

それから具材の玉子焼やかんぴょうも手作りなので味見をしながら意見を交えたりもします。
そんな時、まだこちらへ来て1年も経たない方がいたりすると、
そのまま周辺の情報交換の話で盛り上がったりすることも。

私もまだまだ知らないことが多いので、お店などの情報を聞けたりするのはとても助かります。
こうしていつも生徒さんと楽しい時間を過ごさせてもらっています。

情報交換で盛り上がった時に、アメリカのお寿司の話題で、ソイシートの話しがでました。
製品によってソイラッパー(Soy wrapper)といったりします。

黒い色の海苔が苦手な方のために作られたもので、
大豆の成分でできていて色も緑やピンクがあり、
海苔のように薄いシートで巻寿司を作ることができます。

最近では巻寿司の海苔は通常の黒い海苔というのがほぼ浸透したためか、
ソイシートで作った巻寿司をスーパーなどで見かけることはありませんが、
丁度私の手元にあったので、生徒のみなさんにソイシートでの細巻にも挑戦してもらいました。

すし飯がなくなるまで、生徒さんにはどんどん巻いてもらいました。
その中でソイシートのピンクの細巻が意外にも彩りをきれいに見せてくれました(笑)。

また生徒さんのリクエストでお花とアンパンマンの飾り巻き寿司も作りました。
アメリカでも日本のお母さんと子ども達にはアンパンマンは不動の人気なのです!

こんな笑顔をみせてもらったらお母さんたちもたまりませんね。(私もです!)

コメントを残す





スパム対策のため下記の入力をお願いします。 (必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)