巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

宮城の夏の味覚、ホヤ!!

こんにちは!
巻寿司大使、わたりようこです。

皆さん、『ホヤ』って食べたことありますか?

宮城の夏と言えば、海のパイナップルとも呼ばれる珍味、ホヤ!!
宮城を代表する水産物で、その水揚げ量は日本一を誇ります。

最近では、首都圏でも食べる方も増えているそうですが、
宮城では昔からごく一般的に食べられていた食材です。

ホヤは味覚の基本要素がすべて揃った珍しい食材で、
甘味・塩味・酸味・苦味・旨味を一度に感じることができるそう。

苦手という方も多いのですが、
その不思議な味わいと独特な風味が、ホヤ好きにはたまりません!!

ホヤの旬は5月~8月。
これからどんどん美味しいホヤが出回ってきますね。

私は子供のころからホヤを食べていて、
旬のこの時期になると、冷蔵庫に『ホヤの青紫蘇巻』がよく入っていました。

ちょっぴり塩辛い紫蘇巻はホヤの保存食のようなもので、
作られるのはホヤの産地に近い一部の地域らしいです。
母が、晩酌をする父の為に作っていたんですね。
もちろんご飯にもよく合いますよ。

ホヤをよく食べる宮城でも、ホヤの巻寿司はあまり聞いたことがなかったので、
今回は、ホヤの紫蘇巻を巻寿司にしてみました。

ホヤの紫蘇巻寿司
<作り方>
1
ホヤを短冊に切り、青紫蘇で巻いて、塩漬けにします。
1日~2日位置くと、水分が上がってきて味が凝縮されます。

右の写真が1日経過したものです。少し水分が上がってきました。

2
1のホヤ紫蘇をキュウリと一緒にいつもの巻寿司の要領で巻きます。
すし飯を少な目にして細巻にします。


ホヤの美味しさと、青紫蘇のさわやかな風味が寿司飯とピッタリ。
とても美味しい巻寿司になりました。

玉子焼やかに風味かまぼこ、かんぴょう等が入った太巻に
ホヤの紫蘇巻を入れて作っても美味しいですよ。

個性の強いホヤを入れても美味しくなるなんて、
巻寿司はどんな具材でも巻き込むだけで美味しくしてしまう、
とっても便利な料理だと思いました。
皆さんもこの機会に『ホヤの紫蘇巻寿司』をぜひ、作ってみてくださいね!

今回のレポートで2017巻寿司大使の任期は終了し
次の大使さんたちへバトンタッチしますが、
私の巻寿司愛はこれからも続きます(#^.^#)♡
皆さんもいろんな食材を巻いて、自由な巻寿司lifeを楽しんでくださいね!!
1年間、ありがとうございました!!

2018/6/15|

コメントを残す





スパム対策のため下記の入力をお願いします。 (必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)