巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

野梨のりこ大使

クリスマスチキン巻寿司レシピ

みなさんこんにちは。巻寿司特任大使の野梨のりこです。

あっという間に12月になりました。

今年のクリスマスメニューにピッタリなキチンの巻寿司レシピをご紹介します。

 

  • 具材(1本分)

・すし飯・・・・・・・・・・・・200g

・全形海苔・・・・・・・・・・1枚

・鶏もも肉・・・・・・・・・・・1枚

(テリヤキチキンにする場合)

・醤油・・・・・・・・・・・・・適量

・砂糖・・・・・・・・・・・・・適量

・みりん・・・・・・・・・・・・適量

・酒・・・・・・・・・・・・・・・適量

(ローストチキンにする場合)
・ローズマリー・・・・・・適量

(フレッシュでもドライでもどちらでもOK)

・粗挽き黒コショウ・・・適量

・塩・・・・・・・・・・・・・・・適量

・グリーンリーフ・・・・・・1枚

・スライスチーズ・・・・・・1枚

・赤パフリカ・・・・・・・・・適量

・緑パフリカ・・・・・・・・・適量

それぞれのチキンの下ごしらえとして、調味料と材料の全てをビニール袋に入れ、よく揉んでおきます。ビニール袋を使うと、洗い物が少なくて助かりますよ♪

 

  • 作り方の手順

①お好みの味付けにしたチキン(ローストチキンか、テリヤキチキン)を焼きます。私は2種類作りました。

②パプリカをお好みの大きさにスライスします。

 

③全形海苔の上にすし飯を広げ、グリーンリーフ、パプリカ、半分に切ったスライスチーズ、カットしたチキンを写真のように置きます。

こちらはテリヤキチキンにした場合です。具材ののせ方は同じです。

④全体を巻き上げ、6~8等分に切り分けて盛り付けます。

 

こちらはローストチキンです。

こちらはテリヤキチキンです。

 

⑤完成です!

 

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪

https://makizushi-club.com/howto/maki

 

高松市ししまる館で親子巻寿司教室を開催しました

こんにちは、巻寿司特任大使の野梨のりこです。
“高松市ししまる館”は遊戯室や図書館もある施設で、子どもたちが安心して遊べる所です。
今回はこちらをお借りして、親子巻寿司教室を開催しました。

教室開催日は少し肌寒く感じる日でしたが、参加される方々の安全を考え換気のため窓を開け、しっかり消毒をして行いました。

今回は、巻寿司作りはもちろん、巻寿司の具材の“かんぴょう”についてもたくさん教えたかったので、栃木県の巻寿司特任大使の川井ゆかり先生にご協力いただき、予習をして臨みました。

さあ、親子巻寿司教室のスタートです!

「かんぴょうは何から作られているかわかりますか?」

「えー、かんぴょうってなに?」の声に、「これですよ」と、実物のかんぴょうを見せます。
長いひも状のかんぴょうを初めて見る子もいて、その長さにびっくりしています。

「さあ、かんぴょうは“パイナップル”“ユウガオの実”“海藻”“アスパラガス”、この4つのうちのどれから出来ていると思いますか?」
「どれかな~?」
「海藻かな?」
「ユウガオの実かな?」
「パイナップルかも?」

子どもたちの意見は分かれます。

「正解は…“ユウガオの実”です!」
「え〜、難しいね!」
「ユウガオの花は夕方咲くからユウガオといいます。その皮を剥いて、2日間天日干しにして…」

かんぴょう煮の作り方を説明すると、目をキラキラさせて真剣に聞いてくれる子供たち。
「かんぴょうってすごいね」「家に帰ってお母さんに教えてあげよう!」など、嬉しい声を聞くことができました。

クイズは終わって、実際にかんぴょうを使って巻寿司を作ります。
まずは私のデモンストレーションから。

「巻きすのひもを向こう側にして、海苔を置いて、すし飯を広げて…」

「かんぴょうを煮たらこんなになるんやね〜」と、感想もたくさん言ってくれました。
それぞれみんなで作る番です。みんな真剣です。

「海苔のザラザラした方が上になるんで。こっちにご飯を広げるんで」
「ピンクのおぼろを置いて、かんぴょう置くで」

子どもたちの微笑ましいやりとりが続きます。
デモンストレーションを思い出しながら具材をのせていきます。
巻寿司をクルンと巻き上げると、みんなホッとしたような表情になりました。

続いては切り分けます。迷いもなくスパッと切り分けていきます。

まるで販売されている商品のように、綺麗な巻き寿司が出来上がりました!
完成した巻寿司の写真や集合写真撮影の後、みんなで試食しました。

「売っている巻寿司よりも美味しい」
「じぃじにお土産にしたい!」

などと会話も弾み、みんな笑顔になりました。

最後に、「これは何という道具でしたか?」「海苔は表と裏とどうやって見分けますか?」など、もう一度復習をしました。
みなさん、最後まで本当によく聞いていてくれていました。「家でも作ろう!」と言ってくれて、楽しいイベントはおしまいとなりました。

ご参加いただいたみなさま、準備をしていただいた職員のみなさま、ご協力いただいた川井ゆかり先生、食材提供していただいたあじかんさま、ありがとうございました。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
→ https://makizushi-club.com/howto/maki

イチジクの巻寿司レシピ

みなさんこんにちは。巻寿司特任大使の野梨のりこです。

 

栄養価の高いイチジク。西日本のほとんどの地域で生産されているようですね。
四国・香川県では「まんのう町」で盛んに生産されています。
そんな、そのまま食べても美味しいイチジクを巻寿司にしました。生ハムの塩味がイチジクを引き立てて、とても美味しい巻寿司になりました。

 

  • 具材(1本分)
    ・全形海苔・・・・・1枚
    ・すし飯・・・・・・・・200g
    ・イチジク・・・・・・・1〜2個
    ・生ハム・・・・・・・・2〜3枚
    ・サニーレタス・・・1枚

 

  • 作り方の手順

①全形海苔1枚にすし飯を広げます。

 

②サニーレタス、イチジク、生ハムを順に置きます。

 

③くるっと巻き上げます。

 

⑤6~8等分に切り分け、完成です。

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments