巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

毛利滋子大使

地元の食材で作る巻寿司レシピ

 

こんにちは、2020年巻寿司特任大使の毛利滋子です。
今年も楽しく、地元の食材で美味しく巻寿司を巻いていきます。

私の地元の鹿児島県は黒豚とオクラが有名なのですが、今回はそんな食材に
「生でも食べられる」コリンキーと山芋、梅干しをプラスして、食感も楽しめる巻寿司を巻きました。

コリンキーの代わりにキュウリ、セロリでも大丈夫ですよ!
オクラの切り口の星形がポイントになって可愛いです。

 

*コリンキーとは、生で食べられるカボチャの品種です。
果皮は鮮やかな黄色で、中は白っぽいクリーム色をしています。

●具材(1本分)
全形海苔・・・・・1枚
すし飯・・・・・・150g
オクラ・・・・・・2本
山芋・・・・・・・約10g
豚肉(薄切り)・・約10g
梅干し・・・・・・1個
コリンキー・・・・約10g
塩コショウ・・・・適量

 

●作り方の手順
①オクラのヘタ部分をそぎ切りにして固い部分を落とし、沸騰したお湯にサッとくぐらす。
粗熱が取れたら豚肉で巻き、塩コショウをしてフライパンでこんがりと焼いておく。

 

②全形海苔の上側を3cmあけて、すし飯を均等に広げる。
③コリンキーを千切りにして中央に置き、山芋の細切り、種を取り、叩いた梅干しを写真のように順にのせる。
(梅干しは、梅のチューブでの代用可)

 

 

④①のオクラの豚肉巻きをのせて、巻きます。

 

⑤カットしたら完成です。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
→ https://makizushi-club.com/howto/maki

タケノコと生ワカメをつかった巻寿司レシピ

 

こんにちは。鹿児島の巻寿司特任大使の毛利滋子です。

今回は、まだまだ春を感じられるタケノコと、生ワカメを巻いてみました。
タケノコと生ワカメの食感がたまりません!
味にインパクトが出るように、辛子酢味噌を加えました。

 

 

  • 具材(1本分)

全形海苔…1枚
すし飯…250g
タケノコ(茹でたもの)…40g
生ワカメ…15g
カニ蒲鉾…1本
辛子酢味噌…適量

 

  • 作り方の手順

①全形海苔にすし飯を広げます。

②すし飯の上に、茹でたタケノコをのせます。

③さらに、生ワカメをのせ、辛子酢味噌をのせます。

④最後に彩りを添えるために、カニ蒲鉾をのせて巻きます。

⑤カットして、完成です。

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪

https://makizushi-club.com/howto/maki

 

数の子とワサビ菜を使った大人の巻寿司レシピ

こんにちは。2019年度巻寿司特任大使、鹿児島の毛利滋子です。
今回は、歯応えのある数の子とワサビ菜を使った巻寿司レシピをご紹介します。

■具材(1本分)

全形海苔…1枚
すし飯…200g
数の子…2腹
ワサビ菜…適量
削り節…10g
濃口醤油…適量

*削り節と濃口醤油は合わせておきます。

■作り方の手順

①全形海苔の上にすし飯を広げます。
すし飯は少し甘めがお勧めです。

②すし飯の中央に、ワサビ菜、数の子、削り節を置きます。

③全体を巻いて、完成です。

数の子の食感がたまりません。ぜひ作ってみてくださいね。

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

毛利大使のFaceBookはこちらから!

https://www.facebook.com/mouri.p.friend

 

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments