巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

讃岐三大金時の巻寿司レシピ

みなさん、こんにちは!巻寿司大使の野梨のりこです。

私の住む香川県には、「讃岐三大金時」という特産品があります。
それは、真っ赤な色の「金時人参」、甘さが特徴的な「金時芋」、ひときわ濃い紅色の「金時みかん」です。

上の写真のなかで、ひとつだけ違う色のみかんは「温州みかん」です。
香川県特産品の「小原紅早生」という品種で、店頭に並んでいます。

その讃岐三大金時を使って、巻寿司にしました。

 ●具材(3本を同時進行で作った場合の分量です)
米…3合
金時みかん果汁…100cc
寿司酢…適量
全形海苔…3枚(*1枚は、3/4にします)
金時みかんの皮…1個分
金時ニンジン…1本
金時ニンジンの葉…適量
金時芋の干し芋…適量
玉子焼シート…1枚
お好みの和え衣…適量

 <下準備>
①まず、金時みかんの皮をみじん切りにして茹でこぼし、苦味をとります。

②お米3合を洗い、金時みかん果汁100cc、水を加えて炊き上げます。
すし飯にし、200gずつに分けます。

③金時ニンジンの葉を茹で、ゴマ和えにします。

●作り方の手順
玉子焼シートver.
①玉子焼シートの手前に金時ニンジン、金時芋、金時ニンジンの葉をのせ、クルクル巻きます。

②全形海苔1枚の上にすし飯を広げます。

③玉子焼シートで巻いた具材をのせ、巻きます。

通常の巻寿司ver.
①全形海苔1枚に、すし飯を広げます。

②金時ニンジン、金時芋、金時ニンジンの葉をのせて巻きます。

裏巻ver.
①巻きすにラップを敷き、全形海苔3/4の大きさにすし飯を広げます。

②全形海苔3/4をのせ、金時ニンジン、金時芋、金時ニンジンの葉をのせて巻きます。

 ③全てを切ってお皿に盛ります。完成です。

*すし飯の上のオレンジの粒は金時みかんの皮です。

 

「巻寿司の基本的な巻き方」については、こちらから♪
https://makizushi-club.com/howto/maki

2020/2/8|

コメントを残す





スパム対策のため下記の入力をお願いします。 (必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)