巻寿司イベント情報

巻寿司教室レポート

MAKIZUSHI倶楽部が各地で開催する「巻寿司教室」の様子をおとどけします!

巻寿司教室レポート〜MAKIZUSHI倶楽部が各地で開催する「巻寿司教室」の様子をおとどけします!

巻寿司教室 in 福岡

巻寿司教室レポート 出張巻寿司教室in 福岡

 

2016年6月23日。

前日まで大雨が降り続いた福岡ですが、当日は小雨で晴れ間も見える中、

MAKIZUSHI倶楽部主催の巻寿司教室を、博多で開催しました。

 

 

会場は、博多駅から程近い場所にあるママコミュニティー『ママクラブピーチな赤ちゃん』のスタジオです。

CIMG5303

今回は、MAKIZUSHI倶楽部初の午前と午後の2回開催となりました。

 

講師は昨年度、巻寿司大使を務めてくれたSHIMAさんこと、フジモトシマさん。

福岡のテレビ番組や「SHIMAのオウチカフェ」というブログでも活躍中で、

参加者の皆さんからは「本物だ~」「テレビで見るより小柄ですね~~」という声もあがり、なかなかの有名人ぶり♪

記念撮影される方もいらっしゃいました^^。

 

シマさんは、巻寿司大使として培った経験をふまえて、

巻寿司を作るときの手の添え方、力加減などをとても細かく

皆さんに伝授してくださいました。

今回は2種類の巻寿司を作りました。

それぞれの具材は次の通り。

 

(1)基本の太巻き

厚焼き卵、おぼろ、かにかま、野菜の煮物(ゴボウ、インゲン、ニンジン、カンピョウ、シイタケのセット)

 

(2)おかず巻き

野菜入り厚焼き卵、肉そぼろ、広島菜とニンジンのあえもの

 

「おかず巻き」は家庭によくありそうな具材を使って作れるので、

「お弁当のおかずが何もない!」なんてときも、

残りもののおかずや、常備菜 + 卵焼きで、

とってもおいしく栄養価の高い巻寿司をササッと作れちゃいますよね!

CIMG5306

お弁当に巻寿司を入れるときは、どんな風に盛り付けたら美味しそうに見えるのかも、

重要なポイントです。

 

シマさんによると、

お弁当に巻寿司を入れるときは、巻寿司のきれいな断面が見えるように、

少し隙間をあけて並べるとよいそうです。

そしてレンコンの酢漬けなどをちょっと間に挟んだりするのもおすすめ。

レンコンの丸い形がかわいく、お弁当箱の中で存在感を発揮してくれますよ。

 

巻き方のコツもしっかりレッスンしてもらいました。

CIMG5337

海苔の上部は3センチほどあけて酢飯を広げ、左右の端にはしっかり土手を作ります。

 

CIMG5311

具は、おぼろやそぼろなどの細かいものを最初に敷いて、

次に芯になる卵焼きやかにかま、キュウリを真ん中に乗せます。

崩れやすい野菜やシイタケの煮物は、手前に乗せると巻きやすいそうですよ!

 

親子で参加してくださった方、

CIMG5342

仲良しグループ♪

CIMG5345

赤ちゃんが寝ている間に~~、ママさん達も♪

CIMG5348

シマ先生が教えてくれたポイントに気をつけると、

初めての人も、くるくるっと簡単に巻けましたよ~~!

 

参加者の皆さんからはこんな感想をいただきました。

 

「具が、ちゃんと真ん中に来て、きれいに巻けた!」

 

「海苔に表裏があるなんて、気にしたことがなかった!」

 

「巻寿司を切るとき、いつもつぶれてしまっていただけど、

包丁をぬらすことでスパッと切れるなんて驚きです!」

 

「子どもが食べやすい具で巻いてみようと思います」

 

CIMG5351

ランチボックスに詰めると、おしゃれなデリのテイクアウトみたいですよね!

お弁当箱を開けたときの「わぁ!」って喜ぶ顔が目に浮かびます♪

 

残りもののおかずが、豪華な巻寿司に大変身!

皆さんもぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

巻寿司教室 in 福岡

とき:2016年6月23日11:00~/14:00~

ところ:福岡市博多区 スタジオピーチM

協賛企業:株式会社日之出水産

 

 

 

2016/6/27|

【お知らせ】第6回「巻寿司教室(福岡市)」の参加者を募集します!

巻寿司ランチbox
                      ※画像はイメージです。

 

日本の伝統食“巻寿司”を広める【MAKIZUSHI倶楽部】では、
巻寿司の歴史やおいしい作り方をお伝えするために「巻寿司教室」を開催しています。

第6回目の「巻寿司教室」は、福岡市での開催です。
テーマは、ズバリ!『家庭でも気軽にトライできる巻寿司アレンジ』。

今回は、基本の巻寿司の他に、
家庭によくあるような具材をアレンジして作る巻寿司にも挑戦します。
巻き方だけでなく、オシャレで美味しそうに見える盛り付け方もお伝えしますよ。

ママ友同士の持ち寄りパーティや、
女子会に持って行くと喜ばれること間違いなしの
巻寿司テクニックを学んでみませんか?

*イベント詳細*
【日 程】6月23日(木)

【時 間】午前の部 11:00~12:30
午後の部 14:00~15:30

【場 所】福岡市博多区住吉4-1-5 福岡GOAビル901号
(スタジオピーチM セミナールーム)

【定 員】各20名

【持ち物】エプロン・三角巾

【ご応募】応募フォームに必要事項をご入力のうえ送信ください。
     ★応募フォームはこちら→

【〆 切】定員になり次第、募集を終了いたします。

【参加費】300円(材料費など込み)

※お子様とご一緒の参加もOKです。
※駐車場はありませんので、近隣のパーキングをご利用ください。

 

★参加費について★
連日報道されている熊本県の震災について、
【MAKIZUSHI倶楽部】としても何かできることはないかと考えておりました。

この度、偶然にも福岡市で巻寿司教室を開催することになりましたので、
参加費としていただく300円は、全額被災地への寄付とさせていただきます。
イベント当日は、会場にもチャリティ-BOXを設置させていただきます。
ぜひご協力くださいませ。

2016/4/25|

【お知らせ】「第10回本場大森品川問屋のり祭り~ジャンボ海苔巻き作り」中止のお知らせ

4月10日(日)に開催とお知らせしておりました
「第10回本場大森品川問屋のり祭り」ですが、
残念ながら運営側の事情により、開催中止となりました。
そのため「ジャンボ海苔巻き作り」のイベントも中止とさせていただきます。
急なお知らせではございますが、皆さまにはご理解いただけますようお願いいたします。

また、今後のイベントが決まりましたら、ご連絡させていただきます。

2016/4/5|

【イベント】ジャンボ海苔巻きを作ろう~小学生の参加者募集(先着50名)/東京都大田区

第10回本場大森品川問屋のり祭りチラシ
→CLICK!本場大森品川問屋のり祭りチラシ

平成28年4月10日(日)、大森海苔のふるさと館(東京都大田区平和の森公園)にて
「第10回 本場大森品川問屋のり祭り」が開催されます。
MAKIZUSHI倶楽部は大森海苔協同組合様とのコラボ企画として
「ジャンボ海苔巻き作り」をさせていただくことになりました。

「ジャンボ海苔巻き作り」の参加対象は小学生のみ
ジャンボ海苔巻き作りの実演は13時からですが、
当日の12時から整理券を配布し、先着50名さまに参加いただけます。
参加希望の方は当日の時間まで会場までお越しください。
定員に達した時点で締め切りとさせていただきますのでお早目にご来場くださいね。

なお当祭りでは、「ジャンボ海苔巻き作り」の他にも海苔つみ体験や、
海苔製品を海苔問屋ならではのお得な価格で購入できる直売会も開催されます。
お近くの方はぜひご参加ください!!

■第10回本場大森品川問屋のり祭り
日時/平成28年4月10日(日) 10:00~16:00
場所/大森海苔のふるさと館(東京都大田区平和の森公園)

★第10回本場大森品川問屋のり祭り
「ジャンボ海苔巻き作り」参加者募集
日時/平成28年4月10日(日) 実演13:00~
※同会場にて12:00から整理券を配布します(先着50名様限り)
  参加希望の小学生の皆さんはお早目にご来場ください。

 

 

 

 

 

 

2016/4/1| ,

『あじかん工場見学ツアー』を開催しました!

2016年3月11日、2015年度の巻寿司大使を対象に『あじかん工場見学ツアー』を開催しました。

広島市に本社を置く「あじかん」は、MAKIZUSHI倶楽部の運営会社であり、卵焼きを始め、かんぴょう煮、しいたけスライス煮、カニカマなどの巻寿司の具材を製造している食品会社です。

 

MAKIZUSHI倶楽部が主催する巻寿司教室では、「あじかん」の食材を使っていて、巻寿司大使たちもこの具材を使って巻寿司教室を開催しています。

この日は、その食材が作られる工程を見て、より一層巻寿司愛を深めてもらおうという目的で開催しました。

 

はじめに、あじかんの中谷代表取締役社長からのご挨拶。

1

今や「あじかん」の主力商品となった卵焼きですが、

一番美味しいのはやっぱり家庭のお母さんが作る卵焼き。

だから、少しでもその味に近づけたいと創業以来、技術開発を続けてきたというエピソードもありました。

 

続いて、巻寿司大使の自己紹介タイム。

初めての顔合わせですが、「巻寿司」という共通の話題で大変盛り上がり、

初対面とは思えない和気あいあいムード。

2

それぞれの立場でどのように巻寿司を伝えてきたか、ということも発表してもらいました。

 

チェリカさんから、巻寿司は宗教により食べ物に制限があるハラルフードというジャンルにも応用できるので海外選手が集まるオリンピックでも活用できるという提案や、

瀬分さんと掛飛さんからは、「小さなお子様のいる家庭こそ巻寿司を作ろう!」とアピール。

巻寿司は栄養バランスがよく見栄えも良いし、

冷蔵庫の常備菜で簡単に作れるのだから、これからは「ハレの日」だけではなく、

もっと日常の食生活に取り入れることを伝えていきたいと意気込みを聞かせてくれました。

 

田中さんからは、「全国各地に『ご当地巻寿司』を作って、この県にいけばこの巻寿司が食べられる!というご当地マップを作りましょう」という提案も飛び出し、今後の活動目標となるようなお話も。

 

自己紹介の後は、いよいよメインイベントの工場見学。

まず清松工場長から、工場の概要と安心安全のための取り組みのお話を聞いてから、

工場の安心安全を守る為に、見学者の私たちも徹底した異物混入対策をしました。

 

ピンクの帽子の下には、ネットをかぶり、装飾品もすべてはずしてスタンバイ完了!

人生初の格好に皆さんテンション高めです。

3

ここから先は、企業秘密のため撮影は禁止。

状況を文章だけでお伝えしていきますね。

 

今回は、実際に工場で作業している従業員から話が聞けるくらいの距離で見学するため、見学する巻寿司大使たちも従業員レベルの衛生管理が求められます。

 

ハンディ掃除機のようなもので全身の毛髪や小さな汚れを吸い取ること30秒。

さらに衣服についたごみを、粘着テープで取り除き、長靴に履き替えて、

温水プールの入り口のような、消毒液が貯めてある場所を通って靴底も殺菌し、

エアブラシで汚れを吹き飛ばします。

それから、手洗い30秒のあとアルコール消毒し、

ゴム手袋をはめてさらに消毒液に手を浸して30秒。

 

これらの一連の準備だけで5分はかかります。

従業員は、休憩のたびにこの一連の消毒殺菌を繰り返しています。

 

いよいよ工場見学へ。

最初に案内されたのは、工場2階の原料が保管されている区画。

“どの卵焼きに”“いつどこから入荷した”“どの原料が使われているか”、

質問があれば遡れる管理システムになっています。

アレルギーを起こしやすい原料は別に管理するなど、

ここで徹底した原料の管理が行われていることがわかりました。

 

次に卵液ができる工程を見てから、いよいよ卵を焼いている工程場所へ移動。

卵焼き用のアツアツの鉄板と、焼きあがった商品を載せるステンレスラックがぎっしり並んだ工場内を、ピンク帽子の見学隊がぞろそろと歩いていきます。

 

卵がこんがり焼ける匂いが漂うなか、

世界に一台しかないという、丸い出汁巻き卵を作る機械を見ることができました。

くるくる回りながら卵焼きがみるみる成型されていきます。

 

「へ~~!こうやって作られてるんだ~!!」と一同、驚きながら覗き込んでいました。

 

あじかんの品質管理のクオリティの高さを感じた後には、全員でランチ交流会です。

4

工場で焼きあがったばかりの卵焼きも試食させていただきました。

ふわっとやわらかくて、香りも高く、本当においしい!!

活発に意見交換をしながら、ランチタイムを楽しみました。

 

 

午後からは、巻寿司インストラクター名誉師範の浪岡さんより、

基本の太巻きと裏巻きの巻き方について、実践講習を受けました。

5

三代続いた寿司屋で寿司職人をしていたという浪岡さんは、手さばきも鮮やか。

軽妙なトークとポイントを抑えた説明に、さすが!!!のひと言です。

 

6

巻寿司大使の皆さんもさっそく裏巻きにチャンレンジ!

7

力加減や手の添え方、具材を並べる大きさなど、

細かい部分も丁寧に教えてもらいました。

 

8

サラダ菜、ツナマヨ、玉子芯、かにかま芯、アボガド芯を巻きました。

仕上げのとびっこで、一気に華やかになりますね。

 

最後に、みんなで記念撮影。

9

日本の伝統食である巻寿司を、もっとたくさんの方に、そして世界に広めたい!!

今回のツアーでさらに巻寿司“愛”が深まった大使の皆さんでした。

 

今後も、より多くの人に巻寿司の良さを広めるために色々な企画を考えていきますので、

MAKIZUSHI倶楽部の活動にも、さらにご注目くださいね!

 

omiyage

巻寿司大使向けの特別プログラム

『あじかん工場見学ツアー』

 

とき:2016年3月11日

ところ:広島市西区商工センター5丁目5番24号

株式会社あじかん 本社工場

 

 

 

 

2016/3/22|

巻寿司教室レポートNo.4 出張巻寿司教室in神戸

2016年2月3日。節分当日。

肌を刺すような空気ではありますが、先週までの寒さが和らぎ、青空が広がりました。

 

節分の数日前から、テレビでも恵方巻や飾り巻が紹介されていて、

我らが巻寿司大使も取材をたくさん受けました。

 

各地でも巻寿司イベントがたいへん盛り上がってきている中、

MAKIZUSHI倶楽部も神戸で巻寿司イベントを開催しました!

 

会場は、新神戸駅から少し山の手に歩いたところにある「くもち幼稚園」。

IMG_1187

熊内八幡神社の敷地内に幼稚園があります。

私たちスタッフが到着したときは、ちょうど園児たちが豆まきをしていました。

IMG_1199

 

今回の巻寿司教室で準備した具材は、

玉子芯、カニカマ、キュウリ、おぼろ、シイタケ、カンピョウ。

酢飯は、200グラムごとにラップでくるんで用意します。

 

恵方巻では、七福神にちなんで七種類巻くと良いとされていますが、

園児たちの食べやすい食材を中心に準備しました。

CIMG5159CIMG5145

講師は、巻寿司大使の山口ようこ先生。

自宅で料理教室を開催したり、イベントの料理講師として活躍されています。

CIMG5166

参加した園児54名に「巻寿司を巻いたことがある人は?」と聞いてみると

約半数の園児が巻いたことがあると答えました。

思っていた以上に多いので驚きました。

 

また、節分の日に巻寿司を食べる風習は、ほとんどの園児が知っていました。

さすが、恵方巻発祥の地と言われる関西ですね♪

でも、「節分は年に何回あるでしょう?」という質問には、みんなビックリした様子。

「え!?節分は今日だけだよ。」という答えが多い中、節分の日は年に4回あること、「巻寿司の日」も年に4回あることをしっかりとお伝えしました。

 

 

いよいよ巻寿司の巻き方を伝授。

先生が巻寿司を上手に巻くポイントを教えてくれましたよ。

 

「ご飯を置くときは、奥を3センチあけること」

「具材は、おぼろのような細かいものからおいていくこと」

 

園児たちはみんな先生の話を真剣に聞いています。

さあ、いよいよみんなで巻いていきますよ!

CIMG5181

園児一本、保護者一本、それぞれが好きな具材で巻寿司を巻きました。

巻き方のポイントをおさえるだけで、こんなに上手に巻けるようになりました!

画像①

お母さんと一緒に巻き巻き、楽しそうですね!

巻寿司が完成したら、みんなで恵方を向いて丸かぶりに挑戦です!

2016年の恵方は、南南東。

食べている一瞬は、会場がシーンと静かになりました^^

CIMG5191

お母さんと一緒に巻いたお寿司は、いつもより美味しくて、

ほとんどの子どもが1本全部食べてくれました!

くもち幼稚園の皆様、ご参加ありがとうございました♪

 

 

巻寿司教室 神戸

とき:2016年2月3日

ところ:熊内幼稚園 (神戸市中央区)

 

2016/2/8|

巻寿司教室レポートNo.3

巻寿司教室レポートNo.3「ジャンボ巻寿司と黄色いバラ飾り巻」

 

秋晴れに恵まれた9月19日(土)に、第三回目となる巻寿司教室を開催しました。

今回のテーマは、なんと「世界平和」です。

 

日本の巻寿司の良さを知ってもらい、巻寿司を通して世界中の人が仲良くなって欲しいという願いを込めて、NPO法人minimini外国の会員の皆さんと、留学生会館にお住まいの様々な国の留学生の方たちと一緒に、総勢約50名でジャンボ巻寿司と、黄色いバラの飾り巻作りにチャレンジしました!

 

MAKIZUSHI倶楽部初の試みとなった、ジャンボ巻寿司の長さは、

なんと10メートル~~~~~!!!!!

参加者一同が、ずらっと横一列に並んで巻寿司を作りましたよ!

 

会場は、広島市留学生会館(広島市南区)。

実はマツダスタジアムに行くときに、いつも気になっていた場所。

上階は留学生の居住区となっています。

CIMG4947

ロビーでは、いくつかのグループが語学学習をしていて、

様々な言語が飛び交っていました。

CIMG4948

会場となったのは、留学生会館2階の大きなホール。

CIMG4951

始めに、私たちMAKIZUSHI倶楽部の活動主旨をお伝えし、

巻寿司の歴史や栄養価、郷土巻寿司などについて学んでいただきました。

 

その後は、いよいよジャンボ巻寿司作りに挑戦です!

1メートルの大きなまきすが10枚並べてあるテーブルに参加者が横一列に並び、

目の前にロール状の海苔を広げていきます。

海苔はこの日のために用意された、切れてな~い♪海苔です。

CIMG4967

本日の巻寿司の具は、かにかま、卵焼き、キュウリ、カンピョウ、おぼろ、シイタケ。

オーソドックスですが美味しい組み合わせですね^^

CIMG4937

酢飯は200グラムごとにまとめています。

参加者の皆さんが、手に取って海苔の上に広げやすいように工夫しました。

酢飯にかけている手ぬぐい!お気づきになりましたか?

こちらは、MAKIZUSHI倶楽部のオリジナルなんです!!

かわいいでしょ~~~♪

 

CIMG4954

米粒をつぶさないように手前まできっちり詰めて、1人が20センチくらいの幅に広げます。

酢飯の薄い部分があったら、厚い部分の酢飯を取って上に乗せるといいそうですよ。

 

CIMG4975

具材は、おぼろをまず中央に棒状に広げます。

おぼろやシイタケなどの小さい具材の上に、

卵焼きなどの大きな具を乗せると、巻く時にこぼれ落ちにくいんですよ。

 

CIMG4985

 

さぁ!巻きますよ~~~!

息をあわせて、心を一つに!  「せ~の~っ」

 

CIMG4989

 

ぎゅ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!

海苔が破れるところもなく、大成功!!!

 

CIMG4991

 

完成後は、みんなで持ち上げてみました!

これぞ世界友好のジャンボ巻寿司♪

見た目はまるで電線?!(笑)

 

CIMG4996

 

断面はほら!

 

CIMG5002

そして、次は黄色いバラの飾り巻きを作ります!

 

材料は、薄焼き卵、広島菜、海苔、おぼろをまぜたピンク色の酢飯と普通の酢飯。

作り方がとてもおもしろくて、

薄焼き卵の上にピンク色の酢飯をポンポンと水玉模様のように置いて、

それを端から巻いていきます。

 

CIMG5012

 

できあがりは、こんなにきれいな形になります!

 

 

CIMG5015

黄色いバラの巻寿司は、おもてなし料理にぴったりの華やかさですよね!

各テーブルからも、飾り巻を切るたびに歓声が上がっていました!

 

CIMG5020

 

本日、講師を務めてくださった、巻寿司大使の小西先生。

先生が着用しているのは、MAKIZUSHI倶楽部特製エプロンです♪

イラストがかわいいと好評でした!

 

CIMG5024

参加者からは「オイシイ、ベンキョウニ、ナリマシタ」との感想をいただきました!

ぜひ、ご自宅に帰られても巻寿司作ってみてくださいね!!

 

とき:2015年9月19日(土)

場所:広島市留学生会館

 

 

 

 

 

2015/9/30|

第3回「巻寿司教室」を開催します!

こんにちは。
まだまだ日中は暑いですが、少しずつ秋の気配が感じられるようになってきましたね。

MAKIZUSHI倶楽部では、9月19日(土)に第3回目となる「巻寿司教室」を開催します。

今回ご参加いただくのは、広島を中心に活動されているNPO法人minimini外国という団体と
広島の留学生会館に居住している各国の留学生の方たちです。

日本人はもちろん、アメリカ、中国、モンゴルなど色々な国の方と一緒に、巻寿司を巻いていきます。

そして今回は初めての試み、ジャンボ巻寿司に挑戦します!!
その長さは・・・、それは後日、報告レポートでお伝えしま~す☆お楽しみに!

 

2015/9/2|

巻寿司教室レポート【番外編】「MAKIZUSHI倶楽部×未来のこどもがっこう」

7月25日(土)、柏の葉キャンパス(千葉県柏市)にて巻寿司教室が開かれました。
今回は「未来のこどもがっこう」という、街全体で子ども達に学びの場を提供する活動のカリキュラムの一環です。

photo9

講師を務めたのが、我らが巻寿司大使の田中可奈子さん。
MAKIZUSHI倶楽部もほんの少しお手伝いをさせていただきました。

午前の部に参加してくれたのは親子15組。幼稚園~小学生3年生の子ども達とそのご家族、
おじいちゃんもいらっしゃいましたよ。
午後の部は、小学4年生~高校生の子ども20名でした。

photo3

さあ、いよいよ巻寿司教室がスタート!
すると、まず講師の田中さんから子ども達に宿題がだされました。

「今日、巻寿司の作り方を覚えたら、帰ってから必ず今日のことを家族とお話してね。
それから、お父さんお母さんや、おじいちゃんおばあちゃんなど、
でもいいから誰かと一緒に巻寿司を作ってね。それが今日の宿題です。」

「未来のこどもがっこう」は、コミュニケーションを育むことを目的としています。
だから、巻寿司作りを通じて家族でコミュニケーションがとれるような宿題がだされたのですね。
そして、宿題を最初に伝えたのは、その場を楽しむだけでなく、きちんと覚えて帰ってもらいたいからなのだそうです。

この日は基本の太巻きと、一筆書きのようなお花の飾り巻を作りました。
講師の田中さんは柏市在住。「せっかくなので、柏市にちなんだ食材で作りたい」と、柏市の三大野菜の一つ、「ホウレンソウ」を使った飾り巻を考案してきてくれました。

photo12photo10

飾り巻の巻き方は、子どもたちにも分かりやすいようにとタオルと色画用紙で作った見本を展開図のように広げながら説明しました。
これには親御さんたちからも「おぉ~!」と驚きの声が!

photo1photo13

さっそく、子ども達も巻いてみます。みんな、真剣そのものです。

photo17photo14

完成したら、試食タイム♪
巻寿司を初めて作ったという子どもも、みんな上手に巻けて満足そう!

photo4

photo7

photo6

お土産としてMAKIZUSHI倶楽部から参加者全員に、“まきす”をプレゼントしました。
後日、参加者から事務局に、
「帰って早速、もらったまきすを使って巻寿司を作りました。子どもたちが好きな具でアレンジを楽しみました。」
「親の方が勉強になりました。飾り巻も、実際にやってみると意外と簡単で、もっとレパートリーを増やしたくなりました。」
という嬉しいメールが届きました!
巻寿司を通じて家族のコミュニケーションが深まること、大切な食文化が伝えられていくことを願って、MAKIZUSHI倶楽部は今後も活動していきたいと思います!

参加してくれた皆さま、「未来のこどもがっこう」スタッフの皆さま、どうもありがとうございました。

photo16-2

とき: 2015年7月25日(土)
ところ: 柏の葉キャンパスシティ(千葉県柏市)

2015/8/4|

巻寿司教室レポートNo.2「小学生のみんな集まれ!夏休み子ども巻寿司教室」

第二回目の巻寿司教室は、夏休み中の開催ということで、子ども達に日本の伝統料理を学んでもらおうと、

小学生を対象とした「夏休み子ども巻寿司教室」を開催しました。

 

たくさんの応募者の中から選ばれた20名の子ども達が参加してくれました。

講師はキッズキッチンエンジェル広島の井場先生。

巻寿司の歴史や巻寿司にまつわるいろいろなお話を教えてくださり、

子ども達も真剣な表情で聞いていました。

子ども巻寿司1

「お家で巻寿司を作ったことある人~?」

「は~~~い!!」

8割以上の子ども達の手が挙がり、保護者の皆さんもスタッフも驚きました(^^)

CIMG4669

酢飯を炊くときと、お汁のだしを作るときに入れる昆布をとりだした井場先生。

すると、子ども達から「こんなに長い昆布は見たことがない!」という声。

昆布には根っこもついていました。

CIMG4648

カンピョウの原材料である「夕顔」も初めて見ました。

生産者からの直送だそうです。

一人ひとりまわして持ってみて、重さや質感を感じてみました。

「スイカに似てるけど、見た目ほど重たくないね~!」「ほんとだ~!」

CIMG4697

さぁ、いよいよ班に分かれて調理開始です!

まずは、ニンジンをスライサーで薄くスライスして、甘く煮ます。

キュウリは縦に長く切って、シイタケは石突を取り除いて3ミリの厚さに切って煮ます。

調味料も全部子ども達で合わせていきます。

CIMG4723 CIMG4733

 

 

卵は固まる前に素早く混ぜて、ひっくり返します。

「やけどに気をつけて!!」と見守る大人たち。

「上手くできた~!」と嬉しそうな子ども達の笑顔に一安心です。

CIMG4755CIMG4770

まきすに海苔を置く方向はもう覚えたかな?

目印のお箸をおいて、寿司飯を均一に広げます。

シイタケなどの細かい具材の上には、カンピョウやニンジンをかぶせると巻きやすいそうですよ。

CIMG4827 CIMG4807

端をしっかり持って一気に巻いていきます!

海苔の端を中に押さえるところは、丁寧に!丁寧に!

CIMG4836 CIMG4835

できあがったら、保護者の方と一緒に食事タイム~♪

巻寿司とお汁とデザートのスイカも!豪華な食事になりました。

CIMG4719

お汁に入れたお豆腐は、子ども達それぞれが手のひらの上に置いてそっと包丁で切ったんですよ!

できたときの子ども達の表情はとっても輝いていて、見ているこちらまでガッツポーズが出るほどでした!

 

美味しくて手軽な巻寿司!

今日の経験を活かしてお家でもたくさん作ってくださいね!

CIMG4847 CIMG4860

とき:2015年7月23日(木)

ところ: ガストピアセンター(広島市中区)

 

 

 

 

 

2015/7/30|