巻寿司イベント情報

巻寿司教室開催レポート

MAKIZUSHI倶楽部が各地で開催する「巻寿司教室」の様子をおとどけします!

巻寿司教室開催レポート〜MAKIZUSHI倶楽部が各地で開催する「巻寿司教室」の様子をおとどけします!

エブリイOkanaka津高 イベント「みんなで10m?! 長~い巻寿司を巻こう!」を開催しました!

5月5日は「春の巻寿司の日」ということで、5月3日(金)に岡山のエブリイOkanaka津高さまにて、イベント「みんなで10m?!長~い巻寿司を巻こう!」を開催しました。

「節分は2月3日じゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、実は節分は2月3日だけではなく、年に4回あります!
季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前日が節分です。
そして、年4回の節分は、「巻寿司の日」として記念日登録されています。

今回エブリイさまで開催されたイベントは、今年で3回目を迎え毎年春の恒例行事になってきました!
イベントには3歳から12歳までの子供たちとご家族のみなさんが、午前・午後合わせて約65名参加してくれました。

巻寿司を巻くのは初めて、という方のために2018年度巻寿司大使のミカ巻キネン先生(岡山)にお越しいただき、とってもわかりやすく巻寿司の巻き方を教えていただきました!

巻寿司の巻き方がわかったら、早速5mの長~い巻寿司で実践です!
「先生はどんなふうに酢飯を伸ばしてたかな?」「具材を置く順番はどうだったかな?」
子供たちに、学んだことを教えてもらいながら、少しずつ長~い巻寿司が完成に近づいていきます。

今回は、おぼろ、玉子焼、穴子、椎茸、かんぴょう、高野豆腐、きゅうりが入った和風の具材たっぷり巻です。長~い海苔は広島海苔(株)さまより、穴子はボングルメ(株)さまより協賛していただきましたよ!さすが子供たちの記憶力、先生に教えてもらった順番をしっかり覚えてくれていました。

 

具材が全て置けたら、いよいよ長~い巻寿司作りのクライマックス!
「ここが一番大事なところだよ!みんなでせ~ので巻くから、心を一つにしてね!!」
と司会者にも熱が入ります。

最後にもう一度先生に教えてもらったことを思い出して、親指はまきすの下、人差し指は海苔と酢飯を押さえて、残りの指全てで具材を押さえます。

司会者の「せ~~~~~~のっ!!」を合図に、手前から奥に巻いていきます。
手前の酢飯と奥の酢飯がピッタリ引っ付いたら、まきすの上からギュッギュッと握り、そしてまた半回転します。
「さぁ、きれいに巻けているかな~?」
みんなでそ~っとまきすを開いてみると・・・・・・

「わ~~~~~~~~~~お!!!」
みんなで合わせて10mの長~い巻寿司の完成です!!
会場中に皆さんの歓声と拍手が鳴り響きます!

巻き終わったら、毎回恒例の長~い巻寿司を持ち上げて記念撮影!!

みなさんに巻いていただいた巻寿司は、それぞれご家庭にお持ち帰りいただき、巻寿司大使さんがあらかじめ同じ具材で巻いておいた巻寿司をご試食いただきましたよ♪
参加者の皆様には、最後にまきすや「まきずしのおはなし」の冊子、あじかんのごぼう茶をプレゼント!
子供たちは早速、「家でも巻寿司を巻いてみたい!」と張り切っていました。

今回のイベントをきっかけに、巻寿司のことをもっともっと好きになっていただけると嬉しいな♪
このレポートを読んでくれている皆様、是非ご家庭で巻寿司を巻いてみてくださいね!

とき:2019年5月3日(金・祝)
ところ:エブリイOkanaka津高 2階 FOOD PARKステージ

2019/5/12|

巻寿司キャンペーン優秀賞「つくば工場見学」開催レポート

2018年の夏休み期間中に開催した、『巻寿司のひみつを読んで巻寿司をつくろう!キャンペーン(㈱あじかん主催)』の優秀賞受賞者を あじかん つくば工場見学にご招待しました。

つくば工場では、巻寿司の具材となる「厚焼玉子」や、あじかんのヒット商品「ごぼう茶」の製造工程を学ぶことができます。「お母さんが作ってくれる玉子焼は知っているけど、工場ではどうやって作られているんだろう?たくさんの人が一つひとつフライパンで焼いているのかな?」いろんな想像を膨らませながら、ドキドキの工場見学がスタートです。

まずは、あじかんの生い立ち、作っているものについて簡単にご紹介した後、早速「厚焼玉子」の見学へ!つくば工場には見学者専用の通路があるので、お子さんも安心して見学することができます。

わくわくしながら階段を上っていくと、そこには巨大な生き物が?!巻き巻き忍者、巻之助くんがお出迎えしてくれました。サプライズゲストの登場に子供も大人も大盛り上がりです。

見学中はみなさん真剣!興味津々に説明を聞いていただきました。厚焼玉子が次々と出来上がっていく様子には、「いつまでも見ていられるね~」という声も。

続いては「ごぼう茶」の見学へ。扉を開けた瞬間漂う香ばしいごぼう茶の香りに「いい匂い~!」。中々知らないごぼうの成長過程からご紹介!ごぼう畑や実寸サイズのごぼうと記念撮影しました。あじかんが使うごぼうはスーパーで見かけるごぼうの倍ほど長く、しかもとても太い!でも全然固くなく美味しいごぼうなんですよ。

工場見学が終わった後は、優秀賞のみなさんの作品を紹介させていただき、表彰式を行いました。みなさん本当によく考えてくれていて、主催者は感謝感激。( 作品詳細はあじかんHPで!→

そして最後のビッグイベント、巻寿司教室です。どうしても具材が真ん中にならない…そんなお悩みもこのレッスンで解決!みなさんとても上手に巻けるようになりました!ちょっと難しい具材たっぷりの巻寿司にも挑戦。苦戦しながらもみなさん楽しみながら巻いていただきました。

完成した巻寿司を食べていると、巻之助くんが乱入!盗み食いされそうになりながらも、仲良く記念撮影です。

最後は工場をバックに集合写真。お土産に極太ごぼうとごぼう茶、巻之助くんシールをプレゼント!とっても喜んでいただきました。

このキャンペーンに参加してから料理に興味を持つようになった、優秀賞を受賞したことで自信になり何でもチャレンジするようになった、というご感想をいただきました。巻寿司を通じて食育活動にも参画できたことを実感し、主催者としてとても嬉しく思います。

今年度、あじかんMAKIZUSHI倶楽部は更にパワーアップして様々な啓蒙活動を展開していきます。巻寿司レシピなど役立つ情報もどんどん発信していきますので、SNSも合わせてチェックしてくださいね。

とき:2019年3月27日
ところ:㈱あじかん つくば工場

2018年度巻寿司教室レポート<宇品小学校>

MAKIZUSHI倶楽部の活動のひとつである食育講座。
巻寿司文化の次世代への継承を願って、各地で授業をさせていただいています。

毎年4月に教育委員会に募集を掲示してもらい
応募のあった学校の中から抽選で選ばせていただいています。
本年度は宇品小学校へ行かせていただきました。

秋の作品がお迎えしてくれました。
生徒数の多い学校で、各学年8~10クラスあるそうです。
家庭科室は2階にありました。

今日の食育授業は、1~6年の複式クラスの生徒と保護者の約60名で行いました。

はじめに、巻寿司の歴史や、
全国のご当地巻寿司についてお勉強。
給食後の眠くなる時間帯ですが、みんな真剣に聞いてくれていました。


続いて、巻寿司の巻き方を見学。
講師は2015年度の広島の巻寿司大使の渡辺裕美子さん。
以前は学校の先生をされていたので、
黒板の書き方もカラフルで、わかりやすい!
子どもたちにも大人気で、「ねぇねぇ先生~」と
次から次に質問がでていました。

先生いわく、巻くときのポイントは「勢い!!」
巻くときは迷ってはいけません!一気に巻くことがコツだそうです。
真ん中に来てほしい食材を、ご飯の中央に来るように配置すると
きれいに巻けることを習いました。
「おいしくな~れ」と愛情をたっぷり込めて巻いてくださいね♪

今日は、基本の太巻きとしずく巻きを作ります。
◇基本の太巻きの食材は、
かんぴょう、玉子、カニカマ、高野豆腐、キュウリ、おぼろ、シイタケ
◇しずく巻きは、
おぼろ、細く切ったきゅうりです。

玉子アレルギーのある生徒さんには、
アレルギー食材をのぞいた、しいたけ、かんぴょう、キュウリを別パレットに用意しました。


弟君が見守っているのは、
巻き終わった太巻きを、コロコロ巻きすのなかで転がして海苔をなじませているところです。
親子で楽しい作業になりました。


包丁はしっかり気を付けながら、保護者や先生と一緒に挑戦しました。


しずく巻きは、簡単にできて花びらの形に並べるとフォトジェニック!
お弁当にする時は、お花の中心に魚肉ソーセージなどを置くといいそうです。


こちらは、広島のご当地巻寿司の江波巻です。
おかかと広島菜からいい匂いがしています。
具材を、シーチキンマヨネーズなど子どもの好きなものに変えて、
気軽に巻寿司を食べられることを学びました。


先生がデモンストレーションで巻いてくれたサンタクロース巻き!
こんなかわいいデコ巻寿司ができるなんて!
切ったとたんに歓声があがっていました。
海苔パンチで海苔をカットして顔をつけたら完成です。


巻の助くんのステッカーなど、お土産も喜んでもらえたようです。

これからクリスマス、年末年始など、家族が集う場面が多くなる時期ですね。
食事はどうしよう?そんな時は、栄養価が高くてみんなでシェアできる巻寿司を!
巻く具材を変えると、幅広い年代に楽しんでいただけると思います。

宇品小学校の皆さま、ありがとうございました。
先生も楽しんで参加してくださっていたのが印象的でした。

次回の巻寿司教室は、また来年度になりますが、
各地の巻寿司大使の皆さんのお教室などでは、
節分前後でたくさんのイベントが開催予定ですので、
今後もMAKIZUSHI倶楽部の記事をチェックしてくださいね。

MAKIZUSHI倶楽部

とき:2018年11月27日(火)
ところ:宇品小学校 家庭科室

2018/12/1|