巻寿司イベント情報

巻寿司教室開催レポート

MAKIZUSHI倶楽部が各地で開催する「巻寿司教室」の様子をおとどけします!

巻寿司教室開催レポート〜MAKIZUSHI倶楽部が各地で開催する「巻寿司教室」の様子をおとどけします!

2017年 春の節分!巻寿司イベント

2017年5月4日巻寿司イベント

 

「5月4日は何の日か知ってますか~?」

 

「こどもの日の前日?」「GW真ん中?」

どちらも正解ですが、実は「春の節分」なのです。

 

節分ということで、岡山インターチェンジ近くにある『エブリイOkanaka津高店』にて、

子どもたちと一緒に5メートルのロング巻寿司を巻いて無病息災を願おう!

という巻寿司イベントを開催しました!

3月末に新装オープンしたばかりの『エブリイOkanaka津高店』。

フードコートの中にこんなに素敵なステージがあるんです。

イベント会場としてこのステージを使わせていただきました。

 

今回は岡山での開催ということで、巻寿司の具材に全国一の生産量を誇る

岡山の黄ニラを使うことに。

香りはニラそのものですが、食べるとほんのり甘くてフレッシュな味がします。

さっと湯通しして1.5センチほどに刻んでおきます。

 

 

 

会場には、黄ニラ生産農家で黄ニラ大使として活躍されている植田さんに、

ゲストとして出演いただきました。

植田さん、全身黄色です!!

 

絵の具の黄色のように鮮やかな黄色のつなぎに、

黄色い眼鏡、黄色い時計、スニーカーまで黄色です。

 

お買い物に行っても、黄色いアイテムに引き寄せられるのだとか。

心から黄ニラを愛していらっしゃるのですね。

 

 

イベントには、3歳から11歳の子どもたち、延べ約50人が参加してくれました。

「早く巻きたい!」という気持ちを抑え、きちんと座って説明を聞いています。

 

まずは、講師の2015年度巻寿司大使の上田さんと、

2016年度巻寿司大使の莉々さんから

基本の巻寿司の作り方を習います。

 

 

テーブルに用意された、5メートルのながーい海苔の上に、

まずは酢飯を敷き詰めていきます。

巻寿司を巻くときのお約束、海苔の上側を3センチほど残し、

お隣のお友達との間はすき間があかないように、酢飯をきっちり埋めていきます。

細かい具材から酢飯の上に載せていきます。

ピンク色のおぼろ、黄ニラ、椎茸、かんぴょうを載せてから、

カニカマ、玉子焼き、キュウリ、アナゴを積み上げます。

彩鮮やかな巻寿司になりそうです。

 

 

 

材料を全部載せたら、

ここからは、みんなの心を一つにして一気に巻いていきます!

 

「せ~~の~~っ!」

 

黄ニラ大使の植田さんと司会者の合図に合わせて、

手前から奥へ巻きすを合わせます。

巻きすを酢飯に巻き込まないように、巻きすの端をしっかり出して、

上から小さな手でギュッギュと一生懸命締めています。

半回転させたら、 いよいよ巻きすを開いてみますよ!
きれいに巻けたかな?どうかな?

 

「わぁ~~~~~!(歓声)」
5 メートルのなが~いロング巻寿司の完成です!!

 

試食してみると、アナゴの香ばしさと黄ニラの甘みがよく合って、

いつもの巻寿司がグレードアップしたように感じました。

参加してくれた子ども達には、巻きすをプレゼント!

みんな大喜びしてくれました。

 

夏休みやお盆になると、家族やご親戚で集まる機会も多いと思います。

おうちでもぜひ巻寿司を巻いてみてくださいね!

とき:2017 年 5 月 4 日

ところ:岡山市エブリィ Okanaka 津高店 2 階フードコート内

2017/5/14|

『SAKE de MAKIZUSHI』~酒どころ竹原の美味しい日本酒で巻寿司をたのしむ会~

銀座にある広島のアンテナショップTAUでは、広島の銘菓や特産品のほかに、広島のお酒を集めたコーナーも大変人気が高いそうです。
そこで、広島の日本酒と巻寿司をコラボさせた食べ呑み企画『SAKE de MAKIZUSHI』を開催しました。
MAKIZUSHI倶楽部初となる、夜の大人のイベントです!

IMG_4036 IMG_4037

広島県竹原市の酒造メーカー藤井酒造を代表する『龍勢』を飲み比べできる贅沢な内容とあって、遠方からご参加いただいた方も多くいらっしゃいました。

IMG_4047 IMG_4043

まずはMAKIZUHSI倶楽部のご紹介をさせていただき、日本酒セミナーがスタート。
藤井酒造五代目蔵元の藤井善文氏の軽妙なトークが会場を沸かせます。

そして、できたての濁り酒『活濁酒』で乾杯。
酵母が生きているので、キャップをひねると瓶の中で泡がシュワシュワシュワ―と立ち上がり、いい香りが広がります。

IMG_0927

『活濁酒』は、にごり酒の中でも甘さはひかえめで食事にあう辛口。
参加者の皆様にとても人気でした。

IMG_4032 IMG_4031

酒のあてに、おつまみを二皿。
広島らしく牡蠣の燻製も添えました。

IMG_0999

ひやと燗で4種類の『龍勢』を味わいながら原料の米の種類や醸造の過程について、藤井社長ととことんトーク!酒好きにはたまらない時間となりました。

後半は2016年巻寿司大使の川澄健さんによる、飾り巻き寿司のパフォーマンス。
今回のイベントには、川澄さんに一目会いたいと駆けつけてくださった方もたくさんいらっしゃいました。

IMG_4053

グラスとスマホを手に集まって巻寿司パフォーマンスは大盛り上がり!

IMG_1051 IMG_1091

包丁でカットして、絵柄の断面が出るたびに大歓声があがっていました。
もう、まるでマジック!次から次へと繰り出される技は、ほんとうに素晴らしいものでした!

IMG_4065 IMG_4068

かわいくて美しい絵柄からも、川澄先生のお人柄がにじみ出ていますよね。
出来上がった作品は、もちろんご試食いただきました。
「かわいくてもったいない~」「巻寿司と日本酒があうねぇ」と舌鼓をうつ皆さん。

最後は、全員で記念撮影。
お酒も巻寿司も堪能していただいた熱い夜となりました。

IMG_1155

とき:2017年1月20日

ところ:銀座TAU 3階イベントスペース

2017/1/27|

『まきずし まきずし さあつくろう!』巻寿司教室 in 東京

2017年最初の巻寿司教室は、銀座にある広島のアンテナショップTAUで開催しました。
今回は初めて夜の部も開催するということでスタッフ一同ドキドキ…。

まずはお昼の部の巻寿司教室『まきずし まきずし さあつくろう!』のレポートからお届け します。

当日は小雪の舞う寒空の中でしたが、みなさん楽しみにしてくださっていたそうで、和気あいあいとスタートしました。

IMG_3966

「みなさん!節分は年に何回あるか知っていますか~?」

「2月3日の節分の日はもちろんのこと、
立春、立夏、立秋、立冬の季節の変わり目の前日はすべて節分といいます。
ということは、年に4回の節分がありますね!
年に4回の節分の日は、巻寿司の日として記念日認定されているんですよ。
2月だけでなく、他の節分の日にもぜひ巻寿司を食べて無病息災を祈りましょう!」

と、まずは巻寿司の歴史・節分についてのお話しや、MAKIZHSI倶楽部の紹介をさせていただきました。

最近では、夏の節分に巻寿司がお店に並ぶことも多くなってきましたが、このような行事を通じて、日本の伝統食である巻寿司が家庭にとってもっと身近な存在になってほしいと思っています。

今回は節分が近いということで、『恵方巻(太巻)』と広島にちなんだ巻寿司『広島菜巻』の2種類の巻寿司を巻きました。

講師は2015年度巻寿司大使のやまぐちようこさん。やまぐちさんは広島在住の料理家で、昨年の節分には「広島の地元食材を使ったご当地巻寿司」を紹介する地元のテレビ番組にも出演されたんですよ。

昼2 IMG_3972

恵方巻の具材には、おぼろ、椎茸、かんぴょう、カニカマ、玉子焼、キュウリ、そして広島らしく『アナゴ』の7種類を用意。
ちなみに、恵方巻には七福神をちなんで7種類の具材を入れると縁起がいいともいわれています。

2016年度巻寿司大使の杉本さんも、岡山からお手伝いに駆けつけてくれました。(写真中央)
まさに手取り足取り!参加者の皆さんに巻寿司の巻き方をわかりやすく伝授していきます。

IMG_3988

『広島菜』を作るコツは、巻きすの上にラップを広げて、その上に広島菜を広げて酢飯と具材を置き、ラップを巻き込まないように少しずつはがしながらラップごと巻いていきます。巻き終えた巻寿司はラップでくるんで置いておき、切り分けるときにラップごと包丁で切ると、形が崩れることを防ぐことができるそうですよ。

昼6修正IMG_4008

向かって左の写真は福岡県から参加されたご夫妻。
1か月ほど前に銀座TAUでお買い物をされた際にこのイベントを知ってご応募くださいました。わざわざ飛行機でお越しいただいたそうです!

IMG_4002 IMG_3980

向かって右の写真は親子お揃いのエプロンコーデでご参加され、お手伝いを積極的にしていた3歳の女の子。上手に巻き巻きできたようです。これから一緒にお料理される機会も増えるでしょうね~!

今回特別に広島らしい巻寿司『牡蠣の燻製巻』もご用意。広島カープのロゴ入りかまぼこを添えてご試食いただきました。
チーズとキュウリとの相性もよく「お酒の席のおつまみやシメにもいいね」と好評でした。

IMG_4013

さらに参加者の皆さまには、MAKIZUSHI倶楽部から巻きすをプレゼント。
節分の日にはご家庭で恵方巻を作って味わってくださいね!

夜の部のイベント「SAKE de MAKIZUSHI」の様子は、次のレポートで!

とき:2017年1月20日(金)お昼の部

ところ:銀座TAU 3階レストラン イベントスペース