巻寿司イベント情報

巻寿司教室開催レポート

MAKIZUSHI倶楽部が各地で開催する「巻寿司教室」の様子をおとどけします!

巻寿司教室開催レポート〜MAKIZUSHI倶楽部が各地で開催する「巻寿司教室」の様子をおとどけします!

巻寿司教室レポートNO2<広島女学院大学>

これまでMAKIZUSHI倶楽部では、幼稚園や小・中学校、地域の団体・グループなどで、
たくさんの巻寿司教室を開催してきましたが、
今回初めて、大学の授業の一環として巻寿司教室を開催しました。

その大学とは、事務局のある広島市内に立地する広島女学院大学です。
創立130周年の歴史を誇る大学で、街中にありながら森の中に校舎が点在しているかのような
緑豊かで美しい大学です。

今回は食育のプロを養成する広島女学院大学管理栄養学科の選択プログラムの一つとして、
学生の皆さんにMAKIZUSHI倶楽部の活動を体験していただきました。

会場は新設されたばかりの多目的校舎『クックホール』にある実習室です。


今回は基本の太巻と、房総半島の伝統巻寿司である四海巻を作っていきます。
ぶつ切りのキュウリは丸かぶり用…ではなくて、四海巻の芯に使います。


太巻作りの講師は、2015年度巻寿司大使の上田さんです。
「私も、うん年前には皆さんと同じように白衣を着て栄養学などを学んでいました」と自己紹介。

小学生を対象とした教室を開催する機会も多い上田さんは、
子ども達が相手の場合は巻寿司の食材クイズなどをして盛り上げる、
など食育活動をする際のコツなども教えてくれました。


『巻きすを手前に引きながら締める』というポイントは
初めて聞いたという学生も多かったようですが、
巻寿司を巻いた経験のある学生が多く、上手に巻いていました。


具材が真ん中にしっかり詰まった、おいしそうな太巻の完成です。


続いて、四海巻作り。
講師は2015年度巻寿司大使の山口さんです。


手書きのレシピも用意されていました。これはわかりやすい!


いよいよ調理開始。
まず、ピンク色のおぼろご飯をつくります。

 
キュウリを芯にして、白い酢飯とおぼろ酢飯を二重に巻き、それを4等分します。
四海巻では、このキュウリの切り口が出来上がりを左右すると聞き、慎重に切っていく学生たち。


巻きすの上で、四角い形になるように巻くのは初めての経験です!

 
できました~~!断面の美しさに歓声があがります!

「大学で学んで料理の腕があがったと家族が喜びそう!」
「今年のお節料理には見た目も豪華な四海巻を取り入れてみたい!」

と学生から喜びの感想があがりました。

最後の質疑応答の時間には、
「食品会社ではどのように食育活動をされていますか?」
「子どもたちを相手に食育教室を開く場合の注意点はありますか?」
など、あじかんの社員やMAKIZUSHI俱楽部のスタッフに向けて積極的に質問もあがりました。
卒業後の進路は、食品会社に就職したり、管理栄養士や
中・高等学校の教師になることを希望しているという彼女たち。
お仕事を通じてたくさんの方に巻寿司の魅力を伝えてほしいですね。
とき:2017年10月25日
ところ:広島女学院大学

2017/11/1|

巻寿司教室レポートNO1<湯来東小学校>

こんにちは!
年度がかわって初めてとなるMAKIZUSHI俱楽部主催の巻寿司教室のレポートです。

今年度は、これからの日本を担う子ども達に、
学校教育の一環として巻寿司について勉強してもらいたいとの思いから
小学校での巻寿司教室を企画しました。

まずは、MAKIZUSHI倶楽部事務局のある広島県内の小学校から開催することになり、
訪れたのは広島市の中心街から車で約1時間ほどの場所にある『湯来東小学校』。
県内外の観光客に人気の湯来温泉のほど近くにあります。

実は夏休み前に一度、開催を予定していたのですが大雨で延期になっていました。
今回も前日まで雨が降っていたのですが当日は雨も止み、さわやかな秋晴れとなりました。
子どもたちもとても楽しみにしていてくれたそうなので本当によかったです。
調理室の窓を開けると、教室に涼しい風が吹き込んできました。

 

  

参加してくれたのは、湯来東小学校の5、6年生の皆さん。
講師は、野菜ソムリエの資格も持つ2015年度巻寿司大使の越智さんです。

湯来東小学校のある湯来町では、お正月やお祭りのときに家でも
よく巻寿司を食べているそうで巻寿司の認知度も高くみんな興味津々!
真剣なまなざしからも関心の高さが伺えますね。

説明通りに海苔の上にすし飯200gを広げるのですが、これがなかなか難しい!
すし飯が足りなかったり、広げるときに米粒をつぶしてしまったり、
各テーブルから助けを求める声が!


すし飯を広げたら、次は基本の太巻の具材を各自のせていきます。
苦手な具材はお隣のお友達のすし飯の上に乗せてみたり、
その場でほおばってお味見している子どももいましたよ!

慎重に巻いて巻いて~~~~「できた!」

中には、『カニカマの二段重ね』をしているツワモノもいました!
頑張って巻いてみたけれど、具が多すぎてやっぱりはち切れてしまいました。
カットしてみるとご覧のとおり(笑)
味は美味しいのですが…結局、スプーンで食べていました^^

切り方も教えてもらった通りそれぞれ試みたのですが、
小学生にとって8等分するのはなかなか難しい!

切れるところだけ切ってみたら、ちょっと大きめの一口サイズになりました。

今回の巻寿司教室は、給食のあとの5時間目だったのでお腹が一杯のはずですが、
自分で作った巻寿司は別腹のようです。
太巻、サラダ巻の2本を完食した子どももいました!

スタッフのデモンストレーションとして、ゆで卵巻と江波巻も巻きました。
江波巻は広島市の郷土巻寿司ですが、
先生たちも「聞いたことはあるけど、食べたことはない」とおっしゃっていました。


写真左側:ゆで卵巻きのキレイな断面に大歓声があがりました。
写真右側:海苔をキャンディーのように包んだ江波巻き。

中には刻み広島菜とおかかとゴマをお醤油で和えたものがぎっしり詰まっていて、
試食では「ご飯が何杯でも食べられそう!」と喜ぶ姿も!

この日使った巻きすは、お土産としてプレゼント。
「家でも作ってみるね!」「今日の晩御飯にまた巻きたい!」
という嬉しい言葉も聞くことができました。

最後はみんなで記念撮影。

湯来東小学校の皆さま、ありがとうございました!

とき:2017年9月12日
ところ:広島市佐伯区 湯来東小学校

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/9/25| ,

2017年度 巻寿司大使講習会を開催しました!

全国的に真夏日を記録した7月13日、
「2017年度巻寿司大使交流会」を開催いたしました。

北は秋田県から南は日本を飛び越えてシンガポールまで、
巻寿司をこよなく愛する巻寿司大使の皆さんが
MAKIZUSHI俱楽部事務局のある広島に集結しました。

午前9時半。
待ち合わせの駅で顔をあわせた巻寿司大使の皆さんはすぐに打ち解けて、
会場までの道のりも和気あいあいと会話も弾みます。

会場につくと、いきなりこんな掲示板を発見。

巻寿司にまつわるポスターに混じって、これまでの巻寿司大使の活動が掲示されていました。
事務局スタッフも巻寿司大使の皆さんもこれには思わずテンションが上がります!

午前10時。いよいよ交流会がスタート。

まずは(株)あじかんの中谷会長から巻寿司大使の皆さんへ歓迎の言葉とともに、
今年で3年目になる巻寿司大使の活動を楽しみにしていること、
「巻寿司のひみつ」という漫画を作成し、全国の小学校と公立図書館に寄贈したこと、
巻寿司の伝統をしっかり残していきたいという熱い思いが伝えられました。

続いて巻寿司大使の皆さんの自己紹介です。
先陣をきってくれたのは、現役寿司職人の甲賀進一さん。
「いろいろなジャンルの寿司を握れてこそ一人前の職人だと思う。
大使の皆さんと同じ目線で、巻寿司を多方面から発信したい」と意気込みを語ってくれました。

大分から参加の石井さんは、あるテレビ番組で千葉の房総の太巻を知り、
大分で教わる場所がなかったので大阪まで行って講師資格を取ったという話や、
スーパーで流れていた巻寿司ソングをとても気に入ったので、
頒布元のあじかんに連絡をとってCDを手に入れたというエピソードを披露し、会場を沸かせました。

シンガポールから参加の河崎さんは、
巻寿司と関わるようになったきっかけについて、
ご主人の海外転勤時に「自分が継承できる日本文化は何だろう?」と考え、
巻寿司にたどりついたということ、

また最初の赴任地のエジプトでは大使館の日本人職員に巻寿司を披露したところ大変喜ばれ、
巻寿司を注文されるまでになったというエピソードを披露。

現在の赴任地であるシンガポールでは、たくさんの生徒さんから
巻寿司の食材を輸入できるように交渉してほしいと懇願されてきたそうで、
あじかんに直接販路拡大をお願いする場面もありました。

可愛い赤ちゃんを連れての参加となったIZUMIさんは、
外国人の友人やお客様がとても多いご家庭ということで、巻寿司を教える機会も多いとか。
これからも日本文化を伝えることに取り組んでいきたいと意気込みを語りました。

香港からの参加となったダイベスタイン由紀さんも、
「インターナショナルな環境にいるからこそ、日本の食文化を大切にしていきたい」と
素敵な笑顔で語ってくれました。

巻寿司大使の皆さんの顔ぶれからもうかがえるように、
MAKIZUSHI倶楽部の活動も3年目を迎え、
どんどんワールドワイドになってきています。
日本のソウルフード「巻寿司」が、世界に広まっているということでしょうか!

さて、自己紹介後は皆さんがとても楽しみにしていた工場見学です。
普段は着ることのない白衣にテンションがあがる巻寿司大使の皆さん。

しかし・・・なんといってもこの日は猛暑。
会議室から工場への徒歩移動はもちろん、工場内の玉子焼用の鉄板近くは
温度も相当上がっていたようで、皆さん汗だくになって帰ってきました。
(お疲れ様でした!)
さあ、いよいよ美味しいお弁当をいただきながらのランチ交流会です。

各テーブルには、工場から届いた焼きたてほやほやの玉子焼も並んでいます。
写真手前はだしまきに近い、ちょっぴり塩味のきいた玉子焼。
写真奥は巻寿司の芯用によく使われるちょっぴり甘めの玉子焼。
どちらもとても美味しかったです!

 
午後の部は、あじかんの社内認定資格の巻寿司インストラクター名誉師範である、
浪岡保夫さんによる巻寿司講習会が行われました。

家業がお寿司屋さんだった浪岡さんは、
現在はあじかんでサーモンなどの仕入れ加工を担当されているそうで、
今回はチリ産のサーモンを使ったバラの巻寿司も教えてくださいました。

【講習会内容】
*基本の太巻
*裏巻(サラダ巻)
*バラの飾り巻き寿司
*デモンストレーションで江波巻の試食

巻き方のコツをしっかり聞いたら、グループに分かれてさっそく実践です。

現役寿司職人の甲賀さんと川澄さん(2016年度巻寿司大使)の手元には特に注目が集まります!
巻寿司を均等にカットする技術はさすが!

川澄さんの鮮やかな手さばきに、みんなの視線が集中!中谷会長も目が離せません。

こちらが、完成作品。まさに芸術品です!

こうして盛りだくさんだった巻寿司講習会も無事終了。
最後は記念撮影でしめくくりました。

このメンバーで今年一年しっかり巻寿司の魅力を広めていきたいと思います。
2017年度の巻寿司大使たちのこれからの活動をどうぞ楽しみにしていてください!

とき:2017年7月13日
ところ:広島食品工業団地協同組合 3階大会議室