巻寿司大使リレーレポート

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

おいしい巻寿司のお店

~ 札幌でイチオシのお寿司屋さんで、巻寿司大使会議~

皆さんこんにちは!! 札幌の巻寿司大使コクセンです。
年末、札幌にいらした2015年度巻寿司大使 料理研究家の田中可奈子先生と、
ススキノの一角にある私の大好きなお寿司屋さん〝鮨処いちい〟に行ってきました。
こちらは本当に素敵なお店なんですよ!!
%e5%9b%bd%e4%bb%99a1

カウンターでお寿司を握る大将は、食材や道具へのこだわりを持った方。
そのための情報収集をとても大切にされています。

芯のピシっと通ったお話から頑固そうなイメージはありますが、
私の子どもっぽい質問にも優しく惜しみなく色々なことを教えて下さって、
北海道を心から愛していらっしゃるんだなと、
私もお話を聞くといつも嬉しくなってしまいます。

そんな大将をサポートしているのが女将さん。
お店のインテリアは以前デザイン会社にお勤めされていた女将の手作りの和小物が
さりげなく使われています。
地元のテレビにコメンテーターとして出演され、
雑誌では北海道の食材についてのコラムを掲載されている、
視野の広い品のある素敵な女性です。

そして今回は私の憧れの田中可奈子先生と大将オススメの北海道三笠市産の白ワインで乾杯。
北海道近海で捕れた秋ニシンや鮭の入ったお刺身の盛り合わせをいただきました。
%e5%9b%bd%e4%bb%99a2 %e5%9b%bd%e4%bb%99a3

程よく油がのった秋ニシンのお刺身と、
ふわっと広がるさっぱりとしたぶどうの香りがたまりません。

お寿司屋さんなので握りを頂きたいところなのですが
「巻寿司大使としてはやっぱり巻寿司でしょ」
と田中可奈子先生と相談して巻物をいただくことにしました。

一般的に江戸前のお寿司は冷蔵技術の無い時代に誕生しているので、
酢〆にしたり醤油漬けにしたりと、ネタにひと手間かける技法が多いのですが、
北海道は新鮮でおいしい魚介類が捕れる土地柄ということもあり、
海鮮物を巻寿司に巻くお寿司屋さんが多いのです。

そこでメニューに載っていた〝磯がっぱ巻き〟をお願いしました。
%e5%9b%bd%e4%bb%99a4
こちらの細巻には〝蝦夷アワビ〟と〝キュウリ〟が入っています。
日本海側の後志(しりべし )地方の漁師町が発祥らしく〝まかないめし〟にもされていたとか。
漁師さんが本当にウラヤマシイですね。

〝蝦夷アワビ〟は本州で採れる〝黒アワビ〟よりも小粒ですが、
歯ごたえがありキュウリの香りとよく合います。
そして海苔が本当においしい!! 香りが全然違います。

「巻寿司にはどのような海苔がお勧めですか?」と質問すると、
大将は持ち帰り用とその場で食べてもらう海苔を数種類使い分けていると教えて下さいました。

そして「巻物巻いてあげるかい?※」と、
(※注  北海道の方言で「巻物を巻いてあげようか?」という意味です)
この日大将オススメの海鮮ネタを使って、
巻き方のポイントをお話しながら具だくさんの大きな太巻を巻いてくださいました。
%e5%9b%bd%e4%bb%99a5 %e5%9b%bd%e4%bb%99a6 %e5%9b%bd%e4%bb%99a7

一巻食べただけでもお腹いっぱいになりそうな巻寿司。
方向を変えて食べると味の順番が違うので楽しみ方も倍増です!!

おいしいお寿司を食べながら、
女将と田中可奈子先生からも巻寿司のすし飯のアドバイスを頂いたり、
これからの巻寿司のことだけではなく、お二人の経験談や出会いのご縁の大切さ、
人として見聞を広げ努力をすることの大切さなど、深いお話を沢山聞かせて頂きました。

私自身もこれからお二人のように輝いた人生を進むことができるように頑張って行きたいと思った、
大将・女将・田中可奈子先生に励まされた素敵な会食になりました。
田中可奈子先生、お忙しい中お時間を作って頂いて本当にありがとうございました!!
これからもぜひよろしくお願い致します!!

皆さんも札幌にお越しの際は、ぜひこちらのお寿司屋さんで、
大将と女将さんとの大人の会話を楽しみながら、美味しいお寿司を召し上がって下さいね!!
%e5%9b%bd%e4%bb%99a8

鮨処いちい
http://susukinoichii.com/
住所/札幌市中央区南4西4第5グリーンビル1階
営業時間/17:00~翌朝2:00 (日曜定休・祝日要問合せ)

岡山のご当地お寿司

こんにちは。岡山の巻寿司大使、杉本美咲です。
今回は、岡山ならではのお寿司と巻寿司をご紹介いたします。
%e6%9d%89%e6%9c%ac%ef%bc%92
まずご紹介するのは、創業明治45年の「吾妻寿司」のバラ寿司です。
焼き穴子、エビ、サワラ、ママカリ酢漬け、錦糸卵、インゲン、ニンジン、
レンコン、椎茸、などいろいろな具がのった、見た目にも華やかなお寿司です。
具の種類が多く、具材一つひとつのサイズが大きめというのが特徴です。

バラ寿司は、一見、酢飯の上に具材が乗っているちらし寿司のようにも見えますが、
独特の成り立ちがあるようです。

かつての岡山藩主、池田光正公が「庶民派一汁一菜にせよ」という倹約令を出したことで、
いろいろな具をのせても「一菜」とする庶民の知恵から生まれたといわれています。

当時はたらい状の飯切り桶の中に具を敷きつめ、それをす飯で覆うことで粗食を装い、
食べるときにひっくり返してお皿に盛ったそうです。

また、「ぬく寿司」も寒い時期に岡山でよく食べられるお寿司です。
見た目はバラ寿司と似たようなものですが、せいろで蒸していただくお寿司で、
おそらく名前は温い(ぬくい)からきていると思われる蒸し寿司です。

温かいお寿司とうものを岡山に来て初めて食べましたが、なかなか美味しいものですね。
バラ寿司、ぬく寿司は岡山の郷土料理として、
これからも後世に伝えていかなくてはいけない食文化だと思います。

サワラ、ママカリなど岡山でよく獲れるものを使った料理が
“岡山らしい”とうことになると思いますが、もう一つ、
全国で一番の生産量を誇る黄ニラも岡山ならではの食材の一つです。

今回、吾妻寿司というお店で「10種類の巻寿司」も合わせて購入しましたが、
「旅のお供に」ということでしょう、すぐ食べられるようカットしてありました。
%e6%9d%89%e6%9c%ac%ef%bc%93
焼き穴子、エビ、キュウリ、玉子焼、かんぴょう、椎茸、
シソ、おぼろ、ごま黄ニラが入った太巻寿司です。

とてもボリューミーで、食べごたえのある巻寿司です。

今回ご紹介した吾妻寿司のバラ寿司や黄ニラ入りの
「10種類の巻寿司」は岡山駅の新幹線のすぐ前の売店で購入することができます。
岡山にお立ち寄りの際には、岡山の郷土料理「バラ寿司」や巻寿司を食べてみてくださいね。

DSC_1787

<吾妻寿司 さんすて岡山店>
岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山2F
TEL086-227-7337
営業時間:11:00~22:00
ランチタイム:11:00~14:00(土・日・祝日は除きます)

もみじの恵方巻

巻き寿司大使「のほほんうさこ」こと山口ようこです。
活動している地区で、地元ならではの恵方巻があることを知りました。
佐伯区湯来地区の手作り恵方巻「もみじの恵方巻」。
image1 (1)
すし飯に特徴があり、すし酢に魚を漬けこんだもの(すのこと呼んでいるそうです)
を作っているそうです。
素材を活かしてお料理をされるもみじの女将ならではの作り方です。
こちらは国沢さんの恵方巻。
image2 (1)
すし飯も具材も甘くて、地元のお年寄りや子供たちに人気だそうです。

どちらも湯来温泉そばの特産品売り場にありました。
温泉帰りのお土産にもおすすめです。

★巻寿司大使プロフィールはこちら

嬉しいお土産~門司名物「千両」の巻寿司

よく言えば寛容な…その実、無関心な(笑)主人。
私が巻寿司大使をしているのを知ってか知らずかわかりませんが、
先日、九州物産展にて巻寿司をお土産に買ってきてくれました。
ありがたくレポートのネタにさせてもらいます。

買ってきてくれたのは、門司名物としても有名な「千両」の巻寿司。

パッと見た目は卵の大きさが目を引きます。ものすごいインパクト。
この大きな卵焼きが千両の巻寿司の特徴のようです。

フライヤーの情報によると、
kakehi03252 (2)
東京で寿司職人をしていた先代が、
義実家の門司にやってきたときにお金がなくて十分な魚も買えず、
何か商売を…と考えた時に卵焼きを作ろうと考えたのが始まりだそうです。
目を引く卵焼きの大きさの謎が解けました。

卵焼きは一見目立ちにくいネタではありますが、
寿司の世界では職人の技量が試される一品。
有名な寿司マンガ『将太の寿司』でも、
卵焼きがテーマとして取り上げられていたことを思い出して、
「千両」の巻寿司のでっかくて甘い玉子焼きに対する先代の熱い思いを感じたのでした。

さて…お味ですが、
シャリを通り越してすぐに甘ーい玉子焼きがじゅわっと存在感を主張してきます。
そして、カンピョウ、シイタケで少し味が変わり、
三つ葉の苦味が程よいアクセントとしてやってきます。

夕飯前にちょっとつまむつもりだったのに、
あっという間に完食してしまいそうになってちょっと焦りました(笑)

また食べたいなあと思える、美味しい巻寿司でした。
九州門司に行かれた際にはぜひお試しください。

寿司処 千両
巻寿司(1本) 550円(税別)

★巻寿司大使プロフィールはこちら

逸品!博多の隠れ名物「博多巻」〜福岡・潮寿司〜 知ってる???地名のついた巻寿司「博多巻」

こんにちは。
巻寿司大使のSHIMAです。

福岡は唐人町にある隠れた名店「潮鮨」。
唐人町商店街にむかう路地にあるお寿司屋さんです。
その名店にある逸品!博多の隠れ名物「博多巻」をご紹介します。
shima6

お寿司屋さんというとちょっと緊張しますが、潮鮨は気取らないアットホームな雰囲気のお店。
大将とおかみの夫婦、息子さんでもてなしてくれます。

店内はそう広くはありませんが、夫婦でお客さんをもてなすのにはちょうどいい広さ。
暖簾をくぐると大将の「ラッシャイ!」という元気な声につづき、
おかみさんの優しい「いらっしゃ〜い」という声がこだまします。

父親が魚屋だったという大将。
日々のネタ選びも美味しくどれも新鮮な物ばかり。
shima4
リズム良く握る姿も職人そのもの。
そんな大将の握る寿司は小さめで、優しいシャリに大きめのネタがのっていて、
いくつ食べても飽きがこないのです。
shima5

もちろん、魚も握りも素晴らしいのですが、
是非食べていただきたいのがこれ、潮鮨名物の「博多巻」。
shima6

定番メニューの太巻き、カッパ巻、納豆巻きなどの中でも
ひときわ目を引く「博多巻」。

海苔のかわりに昆布で裏巻きし、具材はカンパチです。
小さく切ったカンパチには唐辛子とネギを混ぜであり、
ピリリときいた唐辛子と昆布のシャリと大葉、海苔のハーモニーが
病み付きになる逸品です。
shima7

日本料理の特有の呼び名の中に、
博多帯の縞目になぞらえて、重ねて切り口に模様を出す
「博多押し」という表現技法があります。

「博多巻」の命名の由来は詳しくはわかりませんが、
切り口の断面の美しさは博多織の柄の様にも見えます。
もしかしたらそんな美しさから命名されたのかも知れません。

他にも福岡のお店には「博多巻」という名の巻寿司を出している所もあるようで、
ブリやカンパチに唐辛子、ネギを施し、昆布で巻いたものから、
博多名物の明太子を入れたものなどもある様です。

潮鮨の「博多巻」のオススメの頂き方は食事の〆に。そしてお土産に。
珍しいので博多に招待した友人のサプライズになども。
そして、お酒のお供にも!

shima8

地名のついた巻寿司「博多巻」。
機会がありましたら是非おためしくださいね。
潮鮨
福岡県福岡市中央区唐人町1-3-4 シャンテアカサカ1F奥
092-716-5068
営業時間 14:00~22:30
店休日 毎週月曜日
博多巻(1本) 800円
★巻寿司大使プロフィールはこちら

韓国の巻寿司キンパの美味しいお店のご紹介/札幌円山「いただき繕」

こんにちは。
千葉県柏市の巻寿司大使の田中です。
今、柏と札幌を半分ずつ行ったり来たりの生活をしています。

その札幌で、おいしいビーガンレストランと出会いました。
札幌円山にある「いただき繕」です。

そのお店の一押しがこの巻寿司「キンパ」
田中 札幌いただき繕3

ビーガンは「完全ベジタリアン」という意味で、動物性のものは一切使いません。
「え?それじゃあ、物足りないんじゃないの?」
というのを見事に裏切って、箸が止まらないおいしさ!
田中 札幌 いただき繕 ランチ

「いただき繕」のオーナーの春山亜季子さんは、
ビーガンで心から満足できる味を探していた時に
韓国のキンパに出会ったそうです。

大麦をブレンドしたオリジナルの元精穀を炊き込んだご飯で
油揚げのステーキとナムルを巻いてあります。

プッチプチの大麦はコクもあり、ナムルのジューシーさと相まって
あとを引くおいしさです。

春山さんは、大麦の良さを

●消化が良い。
●女性を司る穀物である。
●精力が付く

と言っています。

大麦が女性を強く、元気にしてくれる・・・と聞いて、
わたしも早速「元精穀」食べてみようと思って買ってきましたよ!
田中 札幌いただき繕5

農を愛して、共鳴して集まった人たちが作物を作るだけでなく
社会的に提示したいと始めたレストランの第一号店は
なんとロンドンでした。
6年前に開いたこのロンドンのレストランは
今では予約の取れないほどの人気店になっているそうです。

おいしい一口の中には栄養がいっぱい!
巻寿司の魅力は、国を超えても食材が変わっても共通でした!

田中 札幌いただき繕 店

「いただき繕」
住所/札幌市中央区南2条西23丁目2-1
電話/011-676-8436
URL/http://itadakizen.com/

★巻寿司大使プロフィールはこちら

「そばと巻寿司とスイーツ」が食べられるカフェ見つけた!(広島市中区)

こんにちは!巻寿司大使の越智です。
今回は、巻寿司の興味深いお店を見つけたのでご紹介します。

広島のローカルテレビ番組を見ていると、
広島のトレンドを紹介するコーナーで、巻寿司が食べられるカフェが紹介されていました。

お店の名前は「兎(うさぎ)」(広島市中区三川町)。
つい最近、広島市中心部にオープンしたばかりのお店で、
お蕎麦、巻寿司、スイーツを気軽にいただけるカフェだそうです。

カフェで巻寿司!!
たしかに軽食でパクっと食べたいな~と思うことありますよね。
このお店では、お蕎麦+巻寿司のメニューが一番人気だそうです。

巻寿司はもちろん店主自らがこだわりの具材で作っているそうで、
野菜をメインにしているそうです。

お近くの方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

「兎(うさぎ)」
住所/ 広島市中区三川町4-14-7階
電話/ 082-249-8339
営業時間/ 11:30~26:00

★巻寿司大使プロフィールはこちら

 

巻寿司大使 上田直美のオススメする「美味しい巻寿司のお店」

私のお気に入りの広島のお寿司屋さんは、広島市西区井口明神という所にある
「寿し若」というお店。

「寿し若」の巻寿司は、広島ならではの穴子入り。
実は、「瀬戸内海の穴子は美味しい!」と全国的に有名なんだとか。
広島「寿司若」の穴子巻寿司

他に、海鮮巻(海鮮巻寿司)もオススメです!
広島「寿司若」海鮮巻寿司
もちろん、海鮮という名が付くだけあって、具材はお刺身がたっぷり
そして、それらの海鮮をひきたてるのが、大葉とヤマイモ。
ヤマイモの食感が なんとも言えません!!!

お値段も、巻寿司が500円+税、海鮮巻も1,000円+税と
カウンターのある、お寿司屋さんにしてはリーズナブル!!

お持ち帰りメニューもあるので、
持って帰って、お家でわいわい食べることもできます。
事前に予約をしておけば、待ち時間なしですぐに持って帰れますよ。

駐車場も広く、アクセスも良好です。
お近くの方はぜひ行ってみてください!

「寿し若」
住所/広島市西区井口明神3-8-16
電話/082-270-0570
営業時間/11:30~23:00
※予約の際は10:30から電話がつながります。

★巻寿司大使プロフィールはこちら