巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

豆知識

~ 北海道の旬の食材 No5~

皆さんこんにちは!! 札幌の巻寿司大使コクセンです。

長い雪の季節が終わり、ようやく北海道にも春が来ました!!
これからは美味しいものがいっぱい楽しめる時期。
今回のレポートでは、北海道を代表する食材〝アスパラガス〟と
〝毛ガニ〟をご紹介いたします。

まずは毎年4月になるとお店に並び始める〝アスパラガス〟から。
出始めはハウスものが多いのですが、
5月になると露地物が食べられるようになります。

皆さんはアスパラガスが畑に植えられてから、
どれぐらいの期間で出荷されるかご存知ですか?
出荷されるまで実は3年もかかってしまうんですよ!!

アスパラガスはユリ科の永年性作物で、
タケノコのように地下茎から毎春多数の若茎が出てきます。
一度苗を植えると10年以上収穫することができますが、
アスパラガスは貯蔵根に蓄えられた養分を使って若茎を出すので、
光合成をして貯蔵根に栄養を貯めることが重要になるのです。

そのため農家さんは美味しくするために、3年かけて甘味を蓄えるんですね。
植えた年の春、土からニョキニョキっと美味しそうな顔を出しても、
ガマンガマンの3年間なのです。

そうして時間をかけて甘味を蓄えたアスパラガスは、収穫の時に鎌で刈り取ると、
切り口から茎から甘味を含んだ水が大量にドッと溢れ出すんですよ!!

もぎたてのアスパラガスは生で食べることもできます。
薄くスライスしても甘味としゃきしゃき感は抜群です。
もちろん茹でても軟らかくてみずみずしく、甘さを十分楽しむことができます。
この美味しさには調味料などは一切必要ありません。まさに地元の味なのです!!

左から ガインリム 満味紫(まんみむらさき) バイトルの3種類
北海道で収穫されるアスパラガスは種類も豊富です。

そしてもう一つの食材は〝毛ガニ〟です。
北海道では毛ガニ漁は地域ごとに年中行われていますが、
中でも特に美味しいと言われるのが、春先に旬を迎えるオホーツク海の毛ガニです。

冬の間オホーツク海はぎっしりと流氷に覆われます。
シベリアから流れてくる流氷は、毛ガニの餌となる養分を沢山運んできてくれます。

その下には「アイス・アルジー」という植物プランクトンが多量に含まれ、
それらは動物プランクトンを養い、それを毛ガニが餌にするという
豊かな食物連鎖が成り立っています。

ましてオホーツク海沿岸は砂地で、毛ガニの生息域として最適な環境です。
海水温度も低く運動量が少ない中、彼らはせっせと栄養を蓄えることができるのです。

しかも、オホーツク海では流氷の去る3月下旬から漁が始まります。
毛ガニは毎年7月前後に脱皮してしまうので
脱皮前後は身の付きが悪くスカスカしていますが、
この時期に捕獲されたオホーツクの毛ガニは特別に美味しいと言われているんですね。

 
オホーツク海の流氷の様子と、網走産の毛ガニくん

ちょうどタイミングよく、
網走で水揚げされた直後に港で釜茹されたばかりの毛ガニを頂いたので、
塩茹でしたアスパラガスと一緒に巻いてみました。

北海道に住んでいても贅沢な一品です。

ご紹介した北海道の食材を使って、
巻寿司を作ってみたいと皆さんに思って頂けたら幸せです。
北海道にお越しの際は、ゼヒゼヒ巻寿司と共に美味しい物を
たくさん召し上がってくださいね。

今年度、巻寿司大使として活動することで、沢山の方々と出会い、
色々なことを学ばせて頂きました。
これからもこのご縁を大切にしながらより一層努力して行きたいと思います。
一年間レポートを読んでくださって、本当にありがとうございました!!

2017/5/19| ,

~北海道の旬の食材 NO.4~

皆さんこんにちは!! 札幌の巻寿司大使コクセンです。

北海道ではそろそろ美味しい〝春ニシン〟の季節になってまいりました!!
ニシンは悪玉コレステロールを下げたり、血液をサラサラにするだけではなく、
身体を温める作用があり、免疫力を高める効果があるといわれる魚です。

風邪予防にぴったりの食材ですが、
今回はその春ニシンの卵〝数の子〟を使った〝松前漬け〟という食材をご紹介します。

〝春告げ魚〟と呼ばれる春ニシンは、
毎年3月頃北海道の沿岸に大量に押し寄せ産卵します。
メスが卵を産み付けオスが放精する産卵行動で海が真っ白になることを
〝群来(くき)〟といい、春の風物詩となっています。

江戸時代から昭和20年代頃までは大量のニシンが捕れていたそうで、
当時、北海道にとってニシン漁は米に代わって北海道経済を支えた重要な収入源でした。

江戸時代、松前藩(現在の道南松前郡松前町周辺)には北前船に乗った商人が沢山来て、
松前の産物である(ニシン・昆布・干しアワビ)を京都や大坂などの市場で売りさばき、
帰りには呉服物・米・味噌・しょう油・漁具など
いろいろな商品を松前に運んで商いしていました。

その松前藩の郷土料理のひとつが〝松前漬け〟です。
数の子が豊富にとれて余っていたので、
それにスルメと昆布をあわせ塩で漬け込んだ保存食にしていたようですが、
現在はしょう油に漬け込んだものが主流となっています。

〝松前漬け〟は酒の肴としてだけではなく、ゴハンとの相性も抜群!!
そこで今回は〝松前漬けの巻寿司〟を作ることにしました。
松前漬けも自家製なので味のバランスが良くなるよう、
ニンジンをたっぷり入れてみました。

松前漬けの巻寿司
≪材料≫
数の子 100g
きざみ昆布  30g
スルメ 25g
ニンジン 100g

調味料A(★印)
★しょう油 大5
★みりん 大2
★日本酒 大1
★素精糖(精製されていない砂糖でも代用可) 大1

唐辛子 少々

≪作り方≫
1. スルメ・きざみ昆布を用意し、細切りにします。
(今回は市販の松前漬けセットを使用)
きざみ昆布はさっと水洗いし、ニンジンは千切りにします。

2. 数の子は30分水にさらして塩を抜いてから適当な大きさにちぎります。
(今回は冷凍数の子を使用)

3. Aの調味料を鍋に入れ、ひと煮立ちさせます。
粗熱をとり具材に混ぜます。このとき、きざんだ唐辛子も入れます。

4. 重石(おもし)をして2~3日冷蔵庫で寝かせます。

5. 海苔の上に200~220gのすし飯をのせ、
4の松前漬け(50g)をすし飯の中心よりやや上に載せて巻きます。

6. 出来上がり。

海苔の歯ごたえ、磯の香り、食物繊維たっぷりの〝松前漬けの巻寿司〟。
ご家庭でも簡単に作れますので、皆さんもぜひ作ってみて下さいネ!!

岡山のご当地お寿司

こんにちは。岡山の巻寿司大使、杉本美咲です。
今回は、岡山ならではのお寿司と巻寿司をご紹介いたします。
%e6%9d%89%e6%9c%ac%ef%bc%92
まずご紹介するのは、創業明治45年の「吾妻寿司」のバラ寿司です。
焼き穴子、エビ、サワラ、ママカリ酢漬け、錦糸卵、インゲン、ニンジン、
レンコン、椎茸、などいろいろな具がのった、見た目にも華やかなお寿司です。
具の種類が多く、具材一つひとつのサイズが大きめというのが特徴です。

バラ寿司は、一見、酢飯の上に具材が乗っているちらし寿司のようにも見えますが、
独特の成り立ちがあるようです。

かつての岡山藩主、池田光正公が「庶民派一汁一菜にせよ」という倹約令を出したことで、
いろいろな具をのせても「一菜」とする庶民の知恵から生まれたといわれています。

当時はたらい状の飯切り桶の中に具を敷きつめ、それをす飯で覆うことで粗食を装い、
食べるときにひっくり返してお皿に盛ったそうです。

また、「ぬく寿司」も寒い時期に岡山でよく食べられるお寿司です。
見た目はバラ寿司と似たようなものですが、せいろで蒸していただくお寿司で、
おそらく名前は温い(ぬくい)からきていると思われる蒸し寿司です。

温かいお寿司とうものを岡山に来て初めて食べましたが、なかなか美味しいものですね。
バラ寿司、ぬく寿司は岡山の郷土料理として、
これからも後世に伝えていかなくてはいけない食文化だと思います。

サワラ、ママカリなど岡山でよく獲れるものを使った料理が
“岡山らしい”とうことになると思いますが、もう一つ、
全国で一番の生産量を誇る黄ニラも岡山ならではの食材の一つです。

今回、吾妻寿司というお店で「10種類の巻寿司」も合わせて購入しましたが、
「旅のお供に」ということでしょう、すぐ食べられるようカットしてありました。
%e6%9d%89%e6%9c%ac%ef%bc%93
焼き穴子、エビ、キュウリ、玉子焼、かんぴょう、椎茸、
シソ、おぼろ、ごま黄ニラが入った太巻寿司です。

とてもボリューミーで、食べごたえのある巻寿司です。

今回ご紹介した吾妻寿司のバラ寿司や黄ニラ入りの
「10種類の巻寿司」は岡山駅の新幹線のすぐ前の売店で購入することができます。
岡山にお立ち寄りの際には、岡山の郷土料理「バラ寿司」や巻寿司を食べてみてくださいね。

DSC_1787

<吾妻寿司 さんすて岡山店>
岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山2F
TEL086-227-7337
営業時間:11:00~22:00
ランチタイム:11:00~14:00(土・日・祝日は除きます)

本家祭り寿司を学びに千葉県山武郡へ

こんにちは。巻き寿司大使の鈴木さよりです。

千葉県の郷土料理の一つでもある太巻きは、
「房総の太巻き」「祭り寿司」などとも呼ばれていますが、
今では各家庭で太巻きの郷土料理を作る人も少なくなってきました。

そこで今回は、飾り巻き寿司のルーツでもある「祭り寿司」を学びに、
山武郡のご家庭に行ってまいりました。

色鮮やかな色彩と豪華な卵巻き、見た目も華やかで美味しそうですよね。
この色付けには、色素など使っておらず、全て手作りで食品から作り出しています。

%e9%88%b4%e6%9c%a8-1

早速、卵焼きの焼き方から教えていただきました。
材料は、卵・砂糖・塩のみ。
しっとり美味しく仕上げるには、卵の混ぜ方のコツ、焼き方のコツがあります。
%e9%88%b4%e6%9c%a8-2
一緒に行った、娘もしっかり巻き巻きしてきましたよ。
%e9%88%b4%e6%9c%a8-4

どうでしょうか?
様々な食材が入っていて、色鮮やかでしかも美味しい!!
%e9%88%b4%e6%9c%a8-3

レシピは無く、組み立てや寿司飯の分量は感覚で巻いて行きます。
これぞ職人技ですね。

郷土の味や四季の変化を取り入れて、地域の味として親しまれてきた「郷土料理」には、
日本の食文化の知恵がたくさん詰まっているように見えます。
こんなに素晴らしい技術を保存し伝承し、
広く発信していく大切さをしみじみ感じました。
%e9%88%b4%e6%9c%a8-5

2016/10/27| ,

日本と海外の巻寿司に対しての考え方の違い

巻寿司大使の川澄健です。
8月に東京ビックサイトで第3回すしワールドカップというイベントが行われました。
海外から約30名の選手が集まり2日間にわたり技術を競い合いました。

1日目は江戸前寿司、巻寿司は基本の細巻と細工巻。
2日目は海外選手お得意の創作寿司。

2日間で作った盛り込み寿司の合計点で争い、
今年はブラジルの選手が優勝しました!

%e5%b7%9d%e6%be%84%ef%bc%91
%e5%b7%9d%e6%be%842

私はスタッフとしてこの大会のお手伝いをさせていただきました。
各選手の創作寿司やロール寿司を見て感じたことがあります。

日本の巻寿司は具材を芯に巻き込み、中の具材の組み合わせた味や食感、
海苔の艶や香りなどを楽しみます。
一方、海外の巻寿司は、海苔を外側に巻いたロール寿司や細巻の上に色々な食材を
トッピングするのが主流です。

%e5%b7%9d%e6%be%84%ef%bc%93 %e5%b7%9d%e6%be%84%ef%bc%94
海外シェフの創作寿司

私たち寿司職人は「巻寿司の芯は真ん中に」、「端っこはお客様に見せない」、
「切り口の上に端材がのらないよう綺麗に」と教わります。

しかし海外では食材が多少出ていても気にしない、
むしろ端を上に向けて野菜や食材を見せます。

そして決定的に違うのは、巻寿司の断面に色々な食材をのせ
1個の巻寿司をデコレーションして販売する点です。
日本とは逆の巻き方や売り方をしていると言えるでしょう。

%e5%b7%9d%e6%be%84%ef%bc%95
カリフォルニアロール

この違いの原因は、何なのでしょうか?
日本の巻寿司は、江戸時代の握り寿司誕生より古い、
上方の巻寿司文化の流れの上にあります。

一方海外では、フレンチ、イタリアン料理のように食材の上に
野菜やキャビア、ソースなどをのせて飾るという料理の文化が
影響しているのではないでしょうか。

%e5%b7%9d%e6%be%84%ef%bc%97  %e5%b7%9d%e6%be%84%ef%bc%98
シュリンプ金箔のせ                                          大根の桂むき巻

%e5%b7%9d%e6%be%84%ef%bc%91%ef%bc%90 %e5%b7%9d%e6%be%84%ef%bc%99
サーモンキュウリ ブロッコリーの芽                 サーモンアボガド

その相違点こそが、日本人が海外の巻寿司に対して「それは日本の巻寿司ではない」といい、
外国人シェフは「これこそが私たちのロール寿司文化だ」と主張が対立する原因だと思います。

しかし最近は、海外の高級店などで本格的な江戸前寿司の店も増えてきました。
そのような高級寿司店で、ロール寿司よりも鉄火巻、ネギトロや手巻きといった、
海苔が外側に巻かれている本来の巻寿司が提供されることで、
海苔の香りや美味しさ等も理解されてきたようです。

味の濃いテリヤキソースやマヨネーズをたっぷりかけて食べる従来のロール寿司から、
海苔の香りや歯触りを楽しむ日本の巻寿司への変化に期待したいですね。

%e5%b7%9d%e6%be%84%ef%bc%91%ef%bc%92
太巻き、細巻、信田巻

SANYO DIGITAL CAMERA

川澄作 江戸前寿司干瓢巻

巻寿司大使 『川澄飾りずし協会』会長 川澄健

 

2016/10/5|

アメリカの具材あれこれーフィッシュケーキ!

こんにちは、アメリカ在住の巻寿司大使りょうこです。

今回のレポートでは「カリフォルニア巻き」の具材で知られる
カニカマボコ(クラブスティック)はじめ、
魚肉練り製品(フィッシュケーキ)がどのように
アメリカの巻寿司界で活躍しているかを、
私が体験した南部地方を中心にお伝えしたいと思います。

南部地方とは、ケイジャン料理で知られるルイジアナ、
その隣のミシシッピー、アラバマ、ジョージア、フロリダなど
北米大陸の南東部の一帯を指します。

この地域は沼や川が多いため、エビやザリガニを食べる習慣があり、
シーフード料理が浸透しています。お米やお茶を栽培する歴史もあり、
意外に日本との共通点があります。

冬は寒くて夏は暑い場所ですが、メキシコ湾に面している地域は
『エメラルドブルー』と言われる海の美しさが有名です。
りょうこb1

ニューヨークやロサンゼルスなどの大都市と比べると、
おおざっぱでのんびりした土地柄。

回転寿し店も普及しておらず、
お寿司はシーフード料理店のメニューの一部として扱われ、
タイ料理店で出されることもあり「 Sushi & Thai」の看板も見かけます。

大手スーパーでは、パック詰めの巻寿司が
ベトナム式春巻きと並んで販売され、
手軽に入手できる環境にあるといえます。

ただしそのほとんどが「裏巻き」で、
太巻きのように海苔が外に見える巻寿司はあまり見かけません。
アメリカ人には、黒い海苔が食べ物に見えないようで す。

そんな南部の韓国系食料品店で「太巻き発見!」と思いきや、
これは韓国の「キンバップ」という巻寿司でした。
りょうこb4

キンバップとは「海苔ご飯」の意味。
もともとは日本が韓国を統治していた第二次世界大戦前、
太巻きが持ち込まれ、それが「進化」したものです。

ご飯には米酢ではなく、ごま油と塩を入れます。
日本の太巻きよりもきっちりと巻かれており、
ご覧のようにご飯の量が少なめで「具が大きい」のが特徴。
りょうこb3

タクアン、ゴボウ、茹でホウレンソウ、薄焼き卵、ニンジン、
それにサツマ揚げ(フィッシュケーキ)が入っており、
ごま油が香ばしく、カリカリした野菜の食感が印象的です。

甘い味付けで、具材は人によって違い、
韓国の家庭ではピクニックなど特別な日に必ず作るそうです。

アメリカでは日本の太巻きと同じと見られているようで、
なんと巻寿司を型どったバッジもありました。
りょうこb5
バッジを扱っているのは、「ジャイアント・ロボ」というロサンゼルスの雑貨店です。

次に見つけた太巻きは「裏巻き」の太巻きです。
トッピングの赤いツブツブはトビコで飛び魚の卵を着色したもの。

クリームチーズ、アボカド、マグロ、エビフライ、アスパラ、キュウリ、
青ネギ、カニカマのほか、鮮やかな緑色は「ワカメ」と言われるごま油風味の海藻と、
盛りだくさんの具材のハーモニーが楽しい巻寿司です。
りょうこb6
他に、エビフライ入りの巻寿司「クランチーシュリンプ」もあります。
エビフライは南部地方では人気の具材の一つ。
この「クランチーシュリンプ」の上に
「スパイシークラブスティックサラダ」をトッピングした
「ボルケーノ」という巻寿司も人気です。

「スパイシークラブスティックサラダ」とは、ほぐしたカニカマをマヨネーズと
シラチャーソースというタイのホットチリソースで和えたもの。
巻寿司の具材として入れたり、トッピングしたりと大活躍です。

またこの「スパイシークラブスティックサラダ」と
アボカド、マグロを巻いた巻寿司が「ダイナマイト」。
上にかかっているのは「シラチャーソース」です。

「Sushi」というと生の魚を連想して敬遠する人もいるアメリカで、
魚肉練り製品はいろいろな形で活躍して寿司ファンを増やしているようです。

2016/9/7|

北海道№1の旬の食材で細巻き作り♪

皆さんこんにちは!! 大使になりました国仙と申します。
今回は、北海道のレアな食材についてご紹介しますネ。

皆さん、これなんだかご存じですか?
国仙①

これは〝うらなりメロン〟と呼ばれているもので、今、北海道で旬の食材です。

どんなものかというと、メロンが育っていく過程で間引きされた摘果メロンなんです。
あの甘くておいしい赤肉メロンを作るためにどうしても間引きは必要なので
摘果されたメロンがスーパーや八百屋さんにたくさん並ぶという訳です。
国仙②
私が子どもだった頃、毎年6月になるとメロン農家だった親戚が、
〝うらなりメロン〟をたくさん自宅に届けてくれました。

母はいつもこれを漬物にしていて、その漬物のことを
私たちは〝赤ちゃんメロンの漬物〟と呼んで、食べるのを楽しみにしていました。
味付けは 粕漬け・糠漬け・味噌漬けどんなものでもOK!!
ちなみに私は、お味噌にみりんを混ぜたものに漬け込んだ味が大好きです。

先日、店頭で〝うらなりメロン〟発見し、さっそく購入。
今回は〝塩こうじ〟を使ってお漬物にすることにしました。
国仙③ 国仙④  国仙⑤

皮をむいて、種を取ったらビニール袋に入れて2~3日漬け込みます。
するとこのようになります。
国仙⑥
今回はこのお漬物を使って〝細巻き〟に挑戦!!
瓜のようなコリッコリッの食感の〝うらなりメロンのおしんこ巻き〟です。

初夏の北海道ならではの家庭的な一品。
皆さんも機会がありましたら是非作ってみて下さいネ♪
国仙⑦

2016/7/11|

仕上げが大事♪

こんにちは!
巻寿司大使の小西です。

今回が最後のレポートとなります。

この一年間が巻寿司大使として活動させていただき、巻寿司の魅力を再発見!
ますます巻寿司、お寿司が大好きになりました。

今後もたくさんの皆様に巻寿司の魅力をお伝えしていきたいと思っています。
小西1

巻寿司の具材は無限大。
いろいろな具材で巻いて楽しく、美味しくいただいてほしい思っています。
そして美味しくいただくためには“見た目”も大事なことの1つです。
よく巻寿司を切るのが難しいというお声を聞きます。
せっかく綺麗に巻けても、切り分ける時点で残念なことになることが多いようです。
そこで、今回は切る時のポイントをご紹介したいと思います。

POINT1
綺麗な包丁で切ること!

これすごく大事です!
巻寿司に包丁を入れると、包丁にすし飯がついてしまいます。
この状態で切ると、巻寿司の表面が残念なことに…!

包丁が汚れたら、必ずぬれ布巾でふきとり、
常に綺麗な状態にした包丁で切り分けて下さいね。

POINT2
押さえて切らない!

包丁で巻寿司を押さえるように切ってしまうと
きれいに巻けた形もつぶれれてしまいます。
食パンを切るように包丁を前後に動かしながら切り分けてみましょう。
小西2

ポイントを押さえて、見た目も美しい巻寿司を作って、
美味しくいただいてくださいね。

★巻寿司大使プロフィールはこちら

 

2016/6/2|

冷凍巻寿司が美味しいお茶漬けに変身!

こんにちは。
巻寿司大使のチェリカです。

忙しい時にあったら便利なのではと、冷凍巻寿司を作ってみました。
野口1

冷凍巻寿司の作り方は簡単♪
余った巻寿司や手巻き寿司を切って、
ずらしながらラップに並べて冷凍庫へ入れます。

作りすぎた巻寿司も長期保存ができるので便利なのですが、
解凍した後はやっぱりなんだか味気ない…。
そこで、解凍後にお茶漬けにしてみました!

暖かくて、サラリと食べられて、想像以上に美味でした!
野口2
【今回のレシピ】
≪材料≫
冷凍巻寿司
・ゴマをちらした酢飯に梅と水菜の巻寿司
・梅と水菜のとろろ昆布の裏巻き
※具材は冷凍可のもの、解凍した時に風味や食感があるものがおすすめです。
お出汁
天かす(トッピング)

≪作り方≫
冷凍巻寿司をお椀に入れて、お出汁を適量注ぐだけで出来上がり!
お出汁をとる時間のない場合は、沸かした湯に鰹節とお塩をひとつまみだけでも風味がでます。

ぜひお試しくださいね!

 

★巻寿司大使プロフィールはこちら

韓国の海苔巻き・キンパ(김밥)

 

こんにちは!
京都の巻寿司大使・岩佐優です。

義父がよく通う店があります。
そして、いつもお土産をいただきます。

定番の自家製キムチ、昆布と蓮根、干し椎茸なんかを佃煮風にしたもの、
チジミ、そしてキンパです。

大変おいしいので尋ねたことがあります

「巻寿司とごこが違うの?」と。
どうやら、酢飯の代わりにゴマ油&塩で味付けしたごはんを使うようで
韓国ダシをひとつまみ入れると、風味がアップしておいしくなるんだそうです。

一部のお店では酢を入れているお店もあるそうですが、

“ご飯が違う”

これが日本の巻寿司と一番違うポイントかもしれません。

日本の巻寿司は、甘酸っぱい味?
それはもちろん酢飯だからからです。

しかし、韓国のキンパは、ご飯にお酢を入れません。
酸っぱさゼロですね。

日本の巻寿司は、酢飯を使うのが当たり前。
でも韓国には酢飯が存在しないので、
海苔巻きにも普通のご飯か、
ごま油と塩で味付けたご飯になるのですね。

また日本と韓国とでは、美味しいと感じる温度も違いますね。

“温度が違う”

これも1つのポイントです。

日本は酢飯を使います。
そして、海苔で巻く前には酢飯をよく冷まします。

しかし、韓国はアツアツのご飯を入れて巻きます。
やっぱり韓国のキンパはアツアツのご飯で
作りたての温かいキンパが一番美味しいんだそうです。

韓国では巻きたての温かいキンパがおいしいというだけ
店頭で「即席キッパ」(韓国語:즉석김밥)と看板に書いて
アピールしているお店が多いそうです。

キンパというと魚肉ソーセージを入れるイメージを持つ方もいるそうですが、
本来は巻きたい具材を巻いて食べるんですね。
キンパをよく知っている方は、ゴマの葉などを巻き込むようです。

“生ものが入っているか”

あたたかいキンパには、生ものを入れません。
しかし、日本の巻寿司はサーモンなどの生ものが入っている時が多いですね。

これは、“ご飯が違う”“温度が違う”
の違いからくるものです。

先入観とは恐ろしいもので「韓国料理=辛い、しつこい」
といった印象を持つ方が多いのでは?

確かに、キムチを巻けば辛くなりますけれど、
基本的にキンパは辛くなくて食べやすいんです。

キンパを知らなかった日本の方は

「初めて知ったけど、あっさりしてて食べやすい!」

というお声がたくさんあるようですよ。
“茶色い具材が違う”

日本の巻寿司、韓国のキンパとも茶色い具材が入っていて、
それによって全体的な見た目もかなり似ているように思います。

巻寿司、キンパともその具材は醤油で味付けされており、
両方とも塩加減の責任を負っているかなり大きな存在ですが、

日本の巻寿司は「干瓢」「椎茸煮」

韓国のキンパは「牛蒡」

それゆえ、当然ながらかなり味が違いますね。
また、この具の違いは、次の違いにも影響を及ぼします。

“歯ごたえが違う”

韓国のキンパのほうが歯ごたえがあるようです。
それは当たり前、歯ごたえのある具材が必ず入っているからです。

「キンパと言えば、具材として何を思い浮かびますか?」
と韓国人に聞くと大体この8つを言うそうですよ。

沢庵、人参、牛蒡、ほうれん草(胡瓜)、卵、練り物、ハム、かまぼこ

この中で歯ごたえがあるものが、沢庵、人参、牛蒡、胡瓜、この4つです。

そして韓国では
「自国の国旗の色、黒・白・赤・青・黄色の食材を食べよう」
と言われており、
まさにその通りにすると、栄養が偏らないんですね。

似ているようで似ていない巻寿司とキンパ。
比べてみるとその違いがよくわかったのではないでしょうか。

ありがとうございました。

ゆったり、ほっこり♪

★巻寿司大使プロフィールはこちら

2016/3/28| ,