巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

その他

夏休みが終わると・・・アッという間にハロウィンです

こんにちは。
2018年度巻寿司大使の深川佳栄です。

ようやく長~い夏休みが終わりましたね。
夏休みが終わると・・・
街はハロウィンで賑わってきます。
いたるところ、オレンジ×ブラック(笑)

ハロウィンの巻寿司。
飾り巻き寿司の『ジャックオーランタン』も可愛いですが
カラフルなすし飯を使って『裏巻』を作るだけでも
食卓が賑わいますよ(^^)

紫色・・・ゆかり
オレンジ色・・・とびっこ
黒色・・・黒すりごま

で色付けして、それぞれ斜めに海苔の上に広げて巻いています。
具材は入れずに、海苔にマヨネーズを薄く塗って巻いちゃいます。

ご飯に味が付いているので、これだけで十分美味しいんです。

ここに100円ショップなどで売っているアイススティックを刺したら、
ロリポップ巻寿司の出来上がり~。

すし飯の色付けを変えれば
他のイベントにも使える簡単ロリポップ巻寿司。
ぜひお試しくださいませ~(^^)

私もこんな感じでパーティーしますっ!

さっぱりとした食感のお寿司「柿の葉寿司」を作ってみました!!

こんにちは。
巻寿司大使の池田美智江です。

初挑戦なので色々悩みましたが、関西(特に奈良県や和歌山県)の郷土料理である
「柿の葉寿司」をご紹介させて頂きます。

柿の葉寿司とは・・・

・一口台の酢飯にサバや酒等の切り身を合わせ、柿の葉で包んで押しをかけた鮨です。
味はバッテラをイメージして下さい。(好き嫌いはっきりするかも)
※柿の葉は食べません(笑)
・和歌山県の紀の川の上流を産地として、江戸時代に生まれたといわれています。
・タイやアナゴ・椎茸をネタとして使っている地域もあります。
・特に柿の葉にくるむ手法は伝統的な保存技術として知られており、
殺菌効果もあるとの事で数日程度の保存に適しています。

本来は下の写真の様な押しずし用の型を使って作りますが、
ご家庭では難しいのでタッパで作ってみました。

【材料:2名分(だいたい20個くらい)】
・酢飯 2合
・サバ(3枚おろしのもの)1匹
・柿の葉 20枚(って、どこにあるねん!)
※柿の葉はその季節に野山で採取、もしくはご近所の庭から…。
どうしても無かったらネットで50枚500円です

【作り方】
1. サバを食べやすい大きさに切り(そぎ切り:5mm幅)寿司酢をかけて一晩寝かす

材料とサバはこんな感じ

2. すし飯2合を使って握り寿司サイズににぎる(20個くらい)

こんな感じで

3. 握った寿司が冷めたら柿の葉の上に一晩寝たサバをのせ、2のすし飯をのせ包む。

4. タッパに入れ押す(3時間そのままにして味をなじませる)
柿の葉を左右上下と折って下さい、タッパに詰め詰め。押しっ!で完成!

関西の巻寿司大使といえば池田美智江、どうぞ1年間宜しくお願い致します!

2018/8/24|

巻寿司の可能性

こんにちは!
2018年度巻寿司大使の八幡名子です。

私は物心ついた頃から巻寿司が大好きです。
しばらく食べてないと無性に食べたくなってあれこれとひたすら巻いては満足して落ち着く、
という生活パターンを送っておりました。

今年度の巻寿司大使に任命して頂いたのをきっかけに、
もっと濃い巻寿司ライフになりそうとワクワクしております。

今回は、私が思う巻寿司の奥深さをお伝えしたいと思います。

巻寿司は当然のことながら、食べられます。
人は基本毎日食事を取るわけですが、現代人は何と言っても忙しい・・
周りを見渡しても皆さん本当に忙しそうです。

食べるという行為が毎日のことであるが故に
ちょっと疎かになってしまったり・・なんてことはないでしょうか。

巻寿司は日本人の主食であるご飯と卵などのタンパク質に
野菜のビタミンをはじめとしたミネラル、
そして食物繊維の多い海苔を一緒に口の中に放り込めるという、
実に一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなるという素晴らしい食べ物なのです。

そんな巻寿司は、遊びに夢中になって食事が疎かになってしまいがちな
小さいお子さんでも手軽に栄養補給ができる食べ物です。
また巻寿司の具材に何をいれるか決まりはないので、何でも巻き込めるのです。

だからこそ、巻寿司の奥深さは無限大です!
地元の野菜のみを巻いて「勝手にご当地巻き」を作ってみたり、
冷蔵庫の残り野菜をあれこれ巻き込んで「ごちゃ巻き」を作ってみたり、
はたまたお酒のおつまみを巻いて「肴巻き」にしてみたり、
いろんなアイディアで世界に一つだけの巻寿司が出来上がります。

このように、いろんな巻寿司の楽しみ方がありますが、
ここ最近、特に楽しんでいるのが巻寿司のアートです。

まさに巻寿司は「食べられるアート」!
毎月テーマを決めて、巻寿司で表現する!
これが面白くって面白くって。
私の巻寿司のアートをいくつかご紹介させて頂きますね。


作品名「森のくまさん」


作品名「妖怪だってお花見」


作品名「恵みの雨」

毎月、季節を感じられるテーマで制作しています。
今年の夏は全国的に酷暑となっていますので、
次回は夏を乗り切れるような元気カラーをテーマに作成しようと今、模索中です。

さてここで「森のくまさん」に登場している「くま巻き」レシピを
ご紹介したいと思います。
くま巻き教室を開催したときに配った、手書きレシピです。

この時の生徒さんの作品もご紹介しますね。
一つとして同じものはなく世界に一つだけの「くま巻き」です。
まさにアートですね!

今年度の巻寿司大使の皆さんと協力しながら巻寿司の魅力発信に努め、
そして大使の皆さんのレポートを私も楽しみにしながら、
この一年間頑張って参りたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します!

バーベキュー気分で巻寿司を!

みなさんこんにちは!巻寿司大使2017のみつまめです☆
ピクニックとバーベキューをする事ばかり考えてる今日この頃。
みなさんいかがお過ごしですか?

第六回となりますみつまめのレポート。
早いもので巻寿司大使2017としての最後のレポートということで、
「ああでもないこうでもない」と考えた結果……これだぁッ!!!これしかない。

今回は『青空の下で巻寿司したい。バーベキューみたいに!!』という衝動に身を任せ、
ひとり河原へと向かいました。
幸運なことになんとまぁ見事なバーベキュー日和♡

ひとりで炭から火は起こせないので簡単にコンロでスタンバイ。
バーベキュー気分ってことで具材にお肉は外せない。
今回は扱いが簡単な豚肉の切り落としをチョイス。まずはジュージュー焼きます♪

わ~屋外クッキングってなんでこんなにワクワクするんだろーーー?

すし飯は寿司酢ではなくリンゴ酢と白ゴマを混ぜたさっぱり系。
海苔の上にすし飯を広げたらその上にサンチュを置いて、

焼きたてのお肉をのせて、

いざ巻き巻き♡

できたーーー!!

仕上げに市販の焼き肉のタレをかけて。
酢飯を甘くないさっぱり系にしたのはこういう事でした☆
タレの甘辛さとあいまってちょうどいい感じです。

巻寿司自体は超シンプル&簡単だけど、
燦々と降り注ぐ太陽、さわやかなそよ風、目の前には水面がきらめく清流。
おまけにBGMは鳥のさえずり。

これだけの条件が揃ったら……
はちきれんばかりのワクワクさが最高の隠し味になって
いつもの倍以上に美味しく感じるから不思議。

胸いっぱいになりながらひとり噛みしめるみつまめ。

時間の関係で準備から撤収まで1時間ほどと短時間でしたが
ちょっぴり日常から離れた空間での巻寿司&バーべキューに
『こういうシンプルなことを求めていたの~』とリフレッシュ&チャージできました♪

今回は写真映えのために、すし飯は鍋ごと持っていきましたが
必要分をラップにくるんで海苔と巻きすと好きな具材を持っていくようにすれば
もっとコンパクトにお手軽に青空巻寿司できちゃいますね☆

包丁とまな板がなくても、
巻いたそのままをかぶりつけるのも巻寿司のいいところ。
海苔の包容力に感謝を捧げたい。

バーベキューしながら巻寿司。
あとは巻くだけの状態でバスケットに詰め込んで公園でピクニックがてら巻寿司。
これからますます外遊びが気持ちよくなる今の季節におすすめです♡

さて、最後になりましたが……大使らしい活動はあまりできなかったけど
私自身大好きな巻寿司の事をより知る事ができ、
周りにも草の根的に普及活動をしたりして、
巻寿司のことが更に好きになった1年間でした。
読んでいただきありがとうございました!

みなさんもぜひワクワクする巻寿司ライフをお送りください♡
また会いましょう!以上、みつまめでした!チャオ!

日田のソウルフード『たか菜巻』

こんにちは。巻寿司大使の石井です。
この時期、旬の春野菜もたくさん出てきますね。
今回は大分県日田市で三代続いている寿司屋『彌助すし』の美味しいご当地巻寿司をご紹介します。

『彌助すし』は、今では日田のソウルフードとしてすっかり定着した『たか菜巻』を
50年前に考案し、三代守り続けている老舗です。
使用するたか菜も無添加自家製というこだわりぶりです。

春になると、こうしてトラックいっぱいのたか菜を親戚の方達と漬け込みむそうです。

たか菜巻は、海苔のかわりにすし飯をたか菜で巻きます。

3代目マッキーやすけさんは巻寿司教室を開催したりイベントなどにも出店して
県内外で『たか菜巻』を普及しています。

ひたん寿司にたか菜巻をとり入れた野菜寿司が人気です。

他にも厚焼玉子で巻いた『幸せな黄金寿司』や『白菜巻』もあります。
 

『彌助すし』には『たか菜巻』をはじめ、こうした美味しい巻寿司を求めて、
県内外からたくさんのお客さまが訪れています。
日田に来られることがありましたら、ぜひ訪れてみてくださいね。

彌助すし
住所 大分県日田市本庄町3-9
TEL  0973-22-2216
http://www.b-net.kcv.jp/~yasuke/

春の訪れを告げるいかなごの釘煮を巻いてみました

みなさん、こんにちは!巻寿司大使のIzumiです。

関西では春がやってくると、いかなご漁が解禁になります。
いかなごは、私の地元である明石の特産品に指定されています。
朝一で獲れたばかりのいかなごがスーパーに並ぶやいなや、
物凄い早さでどんどん売れて、どのお店でもすぐに売り切れてしまいます。

そんないかなごを使った春の訪れを告げる美味しい料理といえば、いかなごの釘煮(くぎに)。
美味しく炊くには鮮度が命!なので、買い物に行く前に材料を全てそろえて、
帰ってきたらすぐにいかなごを調理できるよう鍋までスタンバイする家庭が多数です。

この釘煮にはそれぞれの家に隠し味があって、家庭によって味が少しずつ違うのも醍醐味です。
いろんな家から少しずつ分けて頂き、食べ比べをするのも楽しみの一つです。

明石のスーパーに行くと、いかなごコーナーなるものが出現し、
砂糖・しょう油、みりん・タッパーが揃います。
更にレジ横には、いかなごの釘煮レシピが置いてあったり
「買い忘れはありませんか?」と丁寧な言葉も表記されています。
そんな“いかなごウィーク”が10日間も明石の街をにぎやかにしてくれるのです。

実はこのいかなごウィーク中、明石だけでなく全国に春の訪れを届けてくれるサービスがあります。
その名も『いかなご宅急便』です。

いかなごの為だけに、宅急便や郵便局がお得な輸送プランと箱を作っているのです。
なんと“いかなご愛”にあふれていることでしょう!
地元が大好きな私にとっては、毎年この春の訪れが待ち遠しくて仕方ありません。

先日、我が家にもいかなごの釘煮が届いたので、
いかなごの釘煮を使った巻寿司を2種類作ってみました。
ご飯のお供であるこの釘煮は、巻寿司とも相性抜群です。
他の具材の味を邪魔することなく、美味しくいただくことが出来ました。

<いかなごの釘煮の巻寿司>
1つ目のレシピは、カニカマ・おぼろ・椎茸(少なめ)・かんぴょう(少なめ)・玉子焼
ホウレンソウに合わせていかなごの釘煮を巻いてみましたよ。

2つ目のレシピは、あっさりとキュウリといかなごの釘煮だけの細巻きにしてみました。

郷土の特産品などを工夫して巻寿司にすると
巻寿司のバリエーションが広がってとても楽しいですね。

みなさんも地方の有名なご飯のおともを巻寿司に巻いてみませんか?
いつもと違う楽しみ方ができますよ!
では、また次のレポートで、Izumiでした。

これぞ秋田の巻寿司

こんにちは。巻寿司大使の仲野谷です。
今日は、“これぞ秋田の巻寿司”というものをご紹介します。

まずお目当ての巻寿司を求めて訪れたのは、
秋田県内で一番人気の道の駅“十文字の道の駅”。

秋田県横手市にある十文字地区はリンゴ、サクランボ、梨、ブドウなど果物の産地で知られ、
収穫時には売り場にたくさんの果物が並びます。
他の道の駅と比べ野菜の種類も豊富、そしてお惣菜類も数多く売られています。
 

そんな中、多くの買い物客のお目当ての品となっているのが、この“巻寿司”です。


写真左は海苔で巻いた巻寿司、
もう1つはカステラ生地(正確にはホットケーキの生地)で巻いた巻寿司です。

この模様こそが、“これぞ秋田の巻寿司!”です。
具材にキュウリや玉子焼はほとんど使わず、食紅で色付けした寿司飯で模様を描くのです。

海苔がギザギザ模様になっているのも、秋田でよく見られる模様です。
私が一押しの巻寿司“あきた巻”も、その手法と似ています。

そして、何より特徴的なのがすし飯の味付けです。
作る人によって少しずつ酢、砂糖、塩の割合は違いますが、とにかくお砂糖が多いのです。

以前のレポートでも、昔はお米一升にお砂糖1kg使っていたと書きましたが、
現在はお米一升にお砂糖800gというのが標準のようです。

お砂糖が大量に入っているので、寿司飯の照りがよくなり、
それが年配の方々には受けるようです。
また、味付けが濃いので日持ちもよく、手土産に購入される方も多いようです。

秋田の食は、巻寿司に限らず「炊き込みご飯・赤飯・茶碗蒸し」にも、
結構な量の砂糖が使われていています。
トマトや納豆にもお砂糖をかけたりもするんですよ。
昔はお砂糖が貴重なものだったので、ご馳走のときにはたっぷりと使ったのでしょうね。

十文字道の駅では巻寿司以外にも、“巻き物”が多く売られていましたので、
少しご紹介しますね。

これらは餅粉に砂糖やゴマなどをまぜて練り上げ、巻いたものです。
秋田県人は巻寿司も好きですが、このように巻き巻きしたお餅類も大好きです。

そして、最後におまけ。
「秘密のケンミンショー」でも紹介された“サラダ寒天”と“横手やきそば”もご紹介。

 
サラダ寒天はキュウリやニンジンなどをマヨネーズで味付けし、寒天で固めたもの。
横手やきそばは太麺に甘めのタレ、目玉焼きが乗っているのが特徴です。
こちらもお砂糖がたっぷり入っていて甘いですよ。

以上、秋田から、とっても甘いレポートでした(^_-)-☆

2018/4/19|

静岡県の食の祭典にて巻寿司大使の作品展示 PRしました!

こんにちは。巻寿司大使の甲賀です。
1 月 13 日・14 日と静岡県ふじのくに主催の『食と花の都の祭典』から
寿司組合で取り組んでいるご当地グルメメニューの静岡にぎりと
静岡ちらしと全国大会金賞受賞寿司の出品依頼があり、
代表としてそれらの豪華展示バージョンを作りました!

そして巻寿司大使として、巻寿司盛り込みも出品展示させていただきました。

『まきずしのおはなし』の冊子や、巻き巻き忍者巻之助くんのシールも置かせていただきましたが、
あっと言う間に無くなったそうです。
4 万人も来場したとの事で大盛況のようでした。

展示の担当のスタッフさんからも

「お寿司が可愛い!」「凄い!食べた〜い」との声が上がりましたとの事。

今回試食は無く展示だけだったのですが、嬉しいですね〜♬

少しでもお寿司や巻寿司の事に興味や関心を持っていただけるようになったかと思い ます。

巻寿司の魅力!先ずは見た目から…かわいい!きれい!
そして興味を持ってもらい… 次は食べたい!
そして…食べて美味しい! そして…作りた〜いと思っておもらえたら最高ですよね。

「美味しいから食べてみて〜!」と巻寿司の輪がどんどん広がっていくといいなと思い ます。

2018/3/6|

2月3日は毎年恒例の節分恵方巻

23日の節分は、その年の恵方を向き無言で食べると願い事が叶う、
といわれている大変判りやすくありがたい食事でもあります!

節分の時期になるとコンビニやスーパーにも巻寿司が並び、
回転すしやテイクアウトすし店、そしてお寿司屋でも恵方巻の予約を受け付けるなど、
すっかりお祭りムードですね。

中身の具材もいろいろ、バラエティー豊かな個性のある巻寿司も登場して、
お値段もまちまち

何千本と巻く店もあれば、お好みの具材やこだわりの限定数本しか巻かないお店もありますが、
一般的には縁起を担ぐ七種類の具材や末広がりの八種類の具材を入れたものが多いですね。

皆さんはどんな恵方巻を食べたのでしょうね~♬

さて今回は、巻寿司大使の太巻恵方巻として、私が作った恵方巻の中身をお見せします!

これまで巻寿司大使としていろんな教室で、
関東巻や関西巻など具材の違いや巻き方をレクチャーして来ましたので、
この2種類の巻寿司を一本にまとめあげて贅沢に巻き巻きしてみました。

ベースは、焼き海苔・赤酢のすし飯(シャリ)を使い、
具材は、関東巻と関西巻それぞれ以下の七種類を用意して、
1本分のご飯の上に具材を半分ずつのせてみました。

関東巻
 かんぴょう、キュウリ、厚焼玉子、煮椎茸、カニカマ、煮穴子、黒豆

関西巻
 かんぴょう、ほうれん草、出汁巻玉子、いなり、カニカマ、ウナギ、黒豆


これにおぼろを入れて八種類にしても良いと思います。
半分食べると味が変わり一本で二度楽しめると好評でした!

今年は南南東の方角、来年はどこの方角に恵方があるのかなぁ~
来年も楽しみですね~♬
どんな恵方巻をこうかなぁ~

すし酢のおはなし

巻寿司大使の河崎千代美です。
新しい年を迎え本年もよろしくお願いします。

日本各地にはそれぞれの地域での特色を生かして郷土色豊かな巻寿司がたくさんあります。
巻寿司にはいろんな材料が使われていますが、
具材だけでなくお米・海苔など地域によってかなりの違いがあるようですね。

巻寿司の重要な役割を果たしている一つとして、
すし酢もまた、地域によって味に違いがあるそうです。

すし酢のメーカーが調べた結果によると、
関東周辺や東北は酸味が強く甘みの少ないすし酢が好まれ、
関西方面や九州地域では甘みが若干強いものが好まれるようです。

その他にもさらに甘味が強いすし酢がこのまれる地域や、
関東と関西の中間くらいの味が好まれる地域など、
すし酢の好みで全国を
4つのグループに区分けできるそうです。
参考)『MAKIZUSHI倶楽部/おいしいすし飯の作り方』

私の暮らすシンガポールでは、
関西のすし酢と同じく酸味が弱めで甘みの強いすし酢が好まれています。
街にある回転すしのお店でも、関西で好まれる甘めのすし酢を使っているということでした。
         

   

私もシンガポールで巻寿司教室を数多く開催していますが、
最初のうちは毎回自分で合わせ酢を手作りしていました。

スーパーでは、すし酢は日本からの直輸入品しか扱っておらず
値段的にもお高いので頻繁には購入できなかったためです。

   

しかし、1か月に消費する量が2Lから多い時には6Lも必要となり、
自分で作るのには限界が出てきました。
そこで、日本人が経営している調味料を開発・製造している会社に相談して、
私の作っている合わせ酢と同じ調合のすし酢を製造してもらうことになり、
ついに自分のオリジナルすし酢が完成しました。

私の名前がそのままはいってKAWASAKI SUSHI VINEGARとあります。
実際に出来上がると照れくさいですね。

生徒さんたちもこれで安く、手軽に巻寿司を作ることができるようになりました。
また、製造工場でお酢の名前もつけてもらいました。

その名も『エターナルビューティビネガー』~このお酢で永遠に美しく!~
教室の生徒さんがラベルのデザインをしてくれました。

日本古来の食べ物である巻寿司が、いまでは世界的に有名になり、
世界中の人達から愛される食べ物になりました。

巻寿司伝道師として今年も頑張っていきたいと思います。

2018/2/20|