巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

その他

巻寿司大使試食会

巻寿司大使の甲賀です!

11月1日は全国寿司商生活衛生同業組合連合会制定「全国すしの日」です。
その日は静岡県寿司組合の活動を予定しており、
せっかくなのでこの機会に巻寿司大使としての活動として
静岡県内の高校での巻寿司教室を計画してみました。

その計画内容や段取りを決める青年部会合と役員会が10月にあったのですが、
「全国すしの日」に行う巻寿司教室のメニューとして
エビカツと太巻の材料を使った総菜巻寿司を提案するにあたり、
会議の出席者にその総菜巻寿司を試食してもらいました。
今回はそのときの様子をレポートしたいと思います。

会議の前にまずは自分で試作してみます。
ところで皆さんは、エビフライとエビカツの違いはご存知ですか?
エビそのものを揚げるのがエビフライ、エビをミンチ加工したものを揚げるのがエビカツ。
つまり、衣が一緒でも中身が違うわけです。

冷凍エビカツを揚げる場合は、凍ったまま5分じっくりと揚げ、中まで火を通すのがポイント。
巻寿司の具材として使うときはよく冷ましてくださいね。

さてさっそく巻いていきます。
エビカツのみサラダ菜などで巻いてシンプルに作ろうと思ったのですが
あまりにも普通過ぎるかも…と思い、エビカツと太巻の具材も全部使って
具材たっぷりの豪華惣菜太巻にすることにしました。

醤油やソースはなしでもおいしく食べられるように、すし飯にもちょっと工夫しました。
試食してみると揚げ物もすし飯に合うし旨い!(自画自賛状態!オイオイ!)

いよいよ会議当日。

一本目は事前に試作したとおり、エビカツを太巻具材で具沢山の豪華総菜太巻から試食してもらいました。
すし飯の味と海苔の風味がマッチして、何もつけなくても十分美味しいと好評!

二本目はさらにワサビ菜を入れて巻いてみました。
ワサビ菜を入れてもあまり味の変化はないとの意見もでましたがこれも概ね好評!

三本目は裏巻(シャリの白いほうが表にくるように巻きます)に挑戦。
ワサビ菜の辛さはほとんど感じないとのことですがこれも美味しいと好評!

四本目は、ちょいと甘いピンクおぼろを外側にまぶして色付けしてみました。
すし職人たちには色が気になるみたい(笑)でもなかなかいい反応です!

五本目はゴマを外側にまぶして巻いてみました。
揚げ物にゴマはくどいかと思いきや、これが意外と人気!しかも一番相性が良いようです。

総合してよい評価だったので安心しました。
具材が豊富でメインデッシュのエビカツを同時に食べられるし、
現役鮨職人が鮨店用のシャリで巻くのですから美味しくない訳がないですよね!

さてさて11月1日の「全国寿司の日」の巻寿司教室の様子はまた後日レポートします!
どうぞお楽しみに!

2017/11/10|

巻寿司が繋ぐカナダ~オランダの旅

こんにちは!2017年度巻寿司大使のダイベスタインです。

今回は大自然が魅力のカナダ、そして風車と運河、
建築の街並みが美しいオランダからのレポートです。

まずはカナダから。
カナダの北東に位置する人口1万5千人の小さな街、コリンウッド。
驚くことなかれ、実は大阪府交野市の姉妹都市なのです。

以前は何もなかったと言われる小さな街ですが、
現在はストリートピアノ、オープンカフェ、地元の画家の画廊や地元で作られる
オーガニックコスメ専門店と芸術の街になっています。

そんなお洒落スポットにはやっぱりジャパニーズレストランがありました!
ナチュラルなウッドフロアに中央には大きな桜の木。
近年、海外ではこういったナチュラルな内装のジャパニーズレストランが増え、
ジャパニーズ=健康、お洒落のイメージが定着してきているように思います。

メニューは、アボカド、キュウリ、カニカマを海苔が苦手なカナダ人向けに
裏巻きにしたカリフォルニアロール。

米を主食としないため、重くなりすぎないよう握りも巻寿司もご飯は少なめ。
そして平日のお昼だというのに、満席!

小さな子供達が枝豆や巻寿司を美味しそうに頬張る姿も見られました。
実は偏食が多いカナダでは、これは決して当たり前の光景ではないのです。

このように海外でも大人気の巻寿司ですが、
伝統のおぼろや椎茸、かんぴょうの具材を使わない海外版巻寿司について、
皆さんはどう思われますか?

アボカドやキュウリを裏巻きにしたカリフォルニアロールに
辛いソースでマグロを和えたスパイシーツナロール。
巻寿司の端が龍の顔になったドラゴンロールまで。
これって日本の伝統文化を変えすぎていると思われますか?

私は巻寿司の良いところは、何を巻いても美味しいし、
好きな具材を使えるところだと思っています。

例えば、その土地で採れる新鮮で旬な食材を使うと美味しいですよね。

お刺身文化のある日本では生魚を巻いた海鮮巻も好まれますが、
魚はよく火を通すようにと教えられてきた人達にとっては、
生で魚を食すことは生きた心地がしません。

私もかつて、苦手だったチキンフィート(鶏の足)を無理して頂いた時、
その日の集まり自体が何だか嫌な思い出になったことを覚えています。

無理をせず自分の食文化を大事にしながら異国の食文化を取り入れる。
そんなことを可能にしてくれるのが巻寿司だと思います。

さあ次はいよいよオランダへ!

親戚からの依頼をうけてワークショップを開催したのはオランダ北部に位置する街エメロード。
海苔以外の食材は全て現地のマーケットで調達。
新鮮なアボカド、卵、サラダ菜、彩りの綺麗な赤ラディッシュが揃いました。

そしてオランダで欠かせないのが、何といってもハーリング!
ハーリングは生の鰊(ニシン)を塩漬けにしたオランダ人の大好物です。

道中にはハーリングの屋台がたくさんあり、パンで挟んだハーリングドックは大人気です。
いよいよ、ワークッショップの始まりです。
マーケットで仕入れた新鮮な野菜を使ったサラダ巻、
ハーリングと相性の良いタマネギを巻いたハーリング裏巻。
生魚が苦手な方でもハーリングは大人気です!

真剣な眼差しで力強く巻いてくれました。
   
最後は準備しておいたお味噌汁と、発酵食品と健康の話をしながら楽しく試食を。


「和食は初めて!」
「レストランで冷えた巻寿司を出されて味がしなかった。でも自分で作ると美味しい」

と歓喜の声があがりました!


そしてそして、こんな素敵なサプライズがありました!
なんと、サンキューカードは植物の種!
どんなお花が咲くのか楽しみに、子供達と毎日水やりしています。

以上、巻寿司で繋がるカナダ、オランダの旅でした。
ではまた次のレポートでお会いできるのを楽しみにしています!

秋田の巻寿司♪

こんにちは。
巻寿司大使の「くるみ」こと秋田の仲野谷です。

今回のレポートは、秋田の巻寿司についてです。
秋田の人たちはとても巻寿司が好きで、
「巻寿司名人」のおばあちゃんたちがたくさんいて、
行事あるごとに各家々自慢の巻寿司が披露されます。

秋田の巻寿司の一番の特徴といえば、
「お砂糖がたくさん入っている」ということです。
もちろん握り寿司のシャリは他の地域と同様の味付けですが、
特に巻寿司の甘さは格別です。

私たちが子どもの頃には、巻寿司の味付けは
「お米一升炊いたら、お砂糖はひと袋(1kg)」と言われていました。

他県の方々にその話をすると、必ずといっていいほど「ヒェ~~」と悲鳴があがるのですが、
秋田では巻寿司が食事としてよりもお土産や冠婚葬祭の際の引き菓子として多用されていたため、日持ちをよくするために大量のお砂糖を入れたのではないかと思われます。

ただ、最近はさすがにお砂糖の量はかなり控えめとなっております。
県内最大スーパーの「いとく」で販売されている巻寿司です。
柄がとてもきれいですね!

中に入っている具は、

① (赤)紅しょうが
② (オレンジ)山ゴボウ
③ (茶)かんぴょう
④ (緑)キュウリの漬物
⑤ (紫)キュウリのしば漬け
⑥ (黄)ホットケーキ生地を焼いたもの

と、一見ごく普通の巻寿司と同じようなものですが、
⑥のホットケーキだけは秋田県独自のものかもしれません。
海苔の代わりにこの生地でお寿司を巻いたものも、秋田ではポピュラーなものです。


いとくスーパーのキャラクター「とくこばあさん」(くるみ作)

もう1つ、巻寿司ではないのですが、
秋田のお寿司をお話する上で外せない「赤寿司」「赤まんま」「まま寿司」をご紹介します。

炊いたもち米に味付けをし、塩もみをした赤紫蘇の葉を混ぜて発酵させたもので、主に夏場に作られます。
私が子どもの頃には、祖母がお盆に作り墓前にお供えしていました。

紫蘇の量が多く、もっと赤く染まっているものもありますが、

私はこれくらいの白と赤のコントラストのあるものが好きです。

日本のお寿司のルーツがごはんを発酵させた「飯寿司(いいずし)」であるという文献もありますから、その点からいえば、巻寿司よりもずっと以前からこの地で作られていたものと思われます。

またまた他県の方には驚かれると思いますが、
私はこのお寿司の上に軽くお砂糖をかけて食べるのが好きです!

TV番組でこのお寿司が紹介されたときに、
「お砂糖をかけたこのお寿司をおかずにしてご飯を食べる」
という方の話も紹介されていましたが、さすがにそれは試したことがありません。

秋田のお寿司、いかがでしょうか。
今後は、このような伝統的なお寿司や料理を若い方々にも伝えていきたいと思っています。

岐阜県で有名な巻寿司、ご存知ですか?

みなさんこんにちは!
2017年度巻寿司大使のみつまめです。

普段は愛する岐阜県にて、『清流の国ぎふの妖精さん☆ミナモ』と一緒に
旅芸人のような日々を送っています。

そんな私がなぜ巻寿司大使に……?
その理由はプロフィールを見ていただくとして、
この一年、巻寿司への情熱を私なりのカタチで発信していきますのでよろしくどうぞ♪

さて、レポート第一弾。ここはやはり、岐阜県で有名なご当地巻寿司文化をご紹介したいと思います。

その名も……岐阜県は御嵩町(みたけちょう)の名物『みたけ華ずし』。

鮮やか&艶やかですよね~!

御嵩町はかつて中山道の宿場町として栄えた地。
歴史ある町の地域おこしとして「新しい郷土食をつくり残していきたい」と
平成19年に結成された『みたけ華ずしの会』の皆さんが、
千葉発祥の『太巻き祭り寿司』をヒントに試行錯誤を重ねて誕生させたのが
『みたけ華ずし』です。

地元にまつわる牡丹や笹百合、菊、バラなど美しい花をデザインした飾り巻き寿司や、
箱寿司、太巻、細巻、型押しなどいろいろなお寿司を盛り合わせて、
御嵩町の豊かな文化を表現しています。

お寿司に使われているお米は、米粒が大きく冷めてもおいしい岐阜の伝統米『ハツシモ』。
他にも、酢、醤油などの調味料や具材に使う食材等も岐阜産のものを使って、
地産地消に努めています。

さて『みたけ華ずし』について色々学んだところで、
さっそく手作り体験をしてみることになりました。

実は、巻寿司への並々ならぬ愛はあっても『飾り巻き寿司』の類は未経験だった私。
「さぞや難しいんでしょう……?(小声)」 と不安半分、体験してみたんで・す・が。

教えていただいた通りに置いたり、のせたり、散らしたり、巻いたりしただけでアッという間に完成!!

メイン具材は柴漬けや赤かぶ漬けなのでさっぱりと馴染みのあるお味♡

ミナモさんも食べたそう( *´艸`)

細かい作業が苦手な私でも簡単に美しい華ずしが作ることができるんだなぁ、と感動。

このように誰が作っても美味しく&美しくできるよう考案されているレシピには、

「手間暇かけて綺麗な寿司を手作りしてあげたい」
「大切なお客様をもてなしたい……」という想いを叶えてあげたい、
各家庭で末永く作ってほしい、という願いが込められています。

「文化は残していってこそ価値がある」と、みたけ華ずしの会代表の堀田さん。
私も体験しただけで終わらないよう、まずは身近な家族に作ってみようと心に誓いました。

さて、美味しいだけじゃない、歴史や文化、人々の熱い想いが一緒に包み込まれている、
巻寿司ザ・ワールド。
奥が深い……!!ますます興味津々です!!!
巻寿司を愛し、巻寿司に愛される女にどこまでなれるのか?!
こうご期待♡

以上、みつまめでした!チャオ!

2017/8/30| ,

ロシアの巻寿司は、新しいお味!?

みなさん、こんにちは。巻寿司大使のIzumiです。
今回は、海外の巻寿司についてご紹介したいと思います。

みなさんは、海外で巻寿司を食べたことはありますか?
海外の巻寿司は、日本のものと具材や見た目が大きく違うものも少なくありません。

その土地に固有の食材だったり、土地の人が好むものだったり・・・。
私はそんな違いを楽しむのが大好き。

今回はロシア(モスクワ)で見つけた、日本人には珍しく、
そしてとっても美味しい巻寿司をご紹介します。

ロシアで巻寿司ってあんまりイメージできなかったのですが、
ロシアに行ってみるとあちらこちらで巻寿司を見かけることができます。

ロシアの方にとって巻寿司はローカルフードの軽食のような存在。
スーパーには巻寿司の注文カウンターがあり、
自分好みの巻寿司をオーダーできるようになっていました。


のぞいてみると、裏巻の外側に利用する海苔・ゴマ・とび子などの具材が
実に多彩で驚いてしまいました。

中に入れる具材も、サーモン・キュウリ・アボカド・レタス・玉子焼・ツナ・マヨネーズなど、
このくらいは想像できますが、
驚いたのはクリームチーズ・トマト・クレソン・ピクルス・ハーブ(ディル)なども入っていたことです。

ロシアでは、普段、緑の野菜をとる機会が少ないそうで、
緑の野菜を取るためにいろんな料理にハーブを使う習慣があり、
そのためローカルフードの巻寿司にもハーブが入ることがあるとのこと。
びっくりですよね!

外見でまず驚き、食べてみて更に驚くロシアの巻寿司。
食べた感想は・・・美味しい!
こんな味の組み合わせがあるのかと思いました。

正直に言うと、巻き方がワイルドなので、お米は日本の巻寿司に比べるとかなり固め。
でもその分、お腹にしっかりたまるのか
ロシアでは昼食にもパーティーにも巻寿司を活用しているそうですよ。

ロシアに滞在中、知人の家に招待してもらった時も巻寿司のケータリングをとってくれていました。
美味しかったのが、外側はゴマ、中の具材はクリームチーズ、アボカド、スモークサーモンにピリ辛のチリソースという組み合わせ。
「クリームチーズってお米と合うんだ!」と驚いた一品でした。

 

巻寿司大使に選ばれていなかったら、
こんなに深くロシアの食文化について考えたりしなかったかもと思うと
これからの一年もいろんな巻寿司に出会えそうな予感がしています。

では、また次のレポートで!

2017/7/21| ,

~ 北海道の旬の食材 No5~

皆さんこんにちは!! 札幌の巻寿司大使コクセンです。

長い雪の季節が終わり、ようやく北海道にも春が来ました!!
これからは美味しいものがいっぱい楽しめる時期。
今回のレポートでは、北海道を代表する食材〝アスパラガス〟と
〝毛ガニ〟をご紹介いたします。

まずは毎年4月になるとお店に並び始める〝アスパラガス〟から。
出始めはハウスものが多いのですが、
5月になると露地物が食べられるようになります。

皆さんはアスパラガスが畑に植えられてから、
どれぐらいの期間で出荷されるかご存知ですか?
出荷されるまで実は3年もかかってしまうんですよ!!

アスパラガスはユリ科の永年性作物で、
タケノコのように地下茎から毎春多数の若茎が出てきます。
一度苗を植えると10年以上収穫することができますが、
アスパラガスは貯蔵根に蓄えられた養分を使って若茎を出すので、
光合成をして貯蔵根に栄養を貯めることが重要になるのです。

そのため農家さんは美味しくするために、3年かけて甘味を蓄えるんですね。
植えた年の春、土からニョキニョキっと美味しそうな顔を出しても、
ガマンガマンの3年間なのです。

そうして時間をかけて甘味を蓄えたアスパラガスは、収穫の時に鎌で刈り取ると、
切り口から茎から甘味を含んだ水が大量にドッと溢れ出すんですよ!!

もぎたてのアスパラガスは生で食べることもできます。
薄くスライスしても甘味としゃきしゃき感は抜群です。
もちろん茹でても軟らかくてみずみずしく、甘さを十分楽しむことができます。
この美味しさには調味料などは一切必要ありません。まさに地元の味なのです!!

左から ガインリム 満味紫(まんみむらさき) バイトルの3種類
北海道で収穫されるアスパラガスは種類も豊富です。

そしてもう一つの食材は〝毛ガニ〟です。
北海道では毛ガニ漁は地域ごとに年中行われていますが、
中でも特に美味しいと言われるのが、春先に旬を迎えるオホーツク海の毛ガニです。

冬の間オホーツク海はぎっしりと流氷に覆われます。
シベリアから流れてくる流氷は、毛ガニの餌となる養分を沢山運んできてくれます。

その下には「アイス・アルジー」という植物プランクトンが多量に含まれ、
それらは動物プランクトンを養い、それを毛ガニが餌にするという
豊かな食物連鎖が成り立っています。

ましてオホーツク海沿岸は砂地で、毛ガニの生息域として最適な環境です。
海水温度も低く運動量が少ない中、彼らはせっせと栄養を蓄えることができるのです。

しかも、オホーツク海では流氷の去る3月下旬から漁が始まります。
毛ガニは毎年7月前後に脱皮してしまうので
脱皮前後は身の付きが悪くスカスカしていますが、
この時期に捕獲されたオホーツクの毛ガニは特別に美味しいと言われているんですね。

 
オホーツク海の流氷の様子と、網走産の毛ガニくん

ちょうどタイミングよく、
網走で水揚げされた直後に港で釜茹されたばかりの毛ガニを頂いたので、
塩茹でしたアスパラガスと一緒に巻いてみました。

北海道に住んでいても贅沢な一品です。

ご紹介した北海道の食材を使って、
巻寿司を作ってみたいと皆さんに思って頂けたら幸せです。
北海道にお越しの際は、ゼヒゼヒ巻寿司と共に美味しい物を
たくさん召し上がってくださいね。

今年度、巻寿司大使として活動することで、沢山の方々と出会い、
色々なことを学ばせて頂きました。
これからもこのご縁を大切にしながらより一層努力して行きたいと思います。
一年間レポートを読んでくださって、本当にありがとうございました!!

2017/5/19| ,

柏の葉巻寿司を誕生させよう!~巻寿司プロジェクト~最終回

こんにちは!千葉県巻寿司大使のAyukoです♪

今回は、現在進行中の巻寿司プロジェクトの最終回です。

「柏の葉を代表する巻寿司をみんなのアイデアから作ってみたらどうだろう?」
という発案から8家族で進めてきたこのプロジェクト。

前回のレポートで、地元のスーパーの恵方巻を企画中というお話しをお伝えしましたが、
その結果、誕生したコラボ恵方巻(案)がこちら!

あれ?!なんだか完成された巻寿司が売り物っぽくない?!家庭的?!
そうなんです…。
残念ながら、この恵方巻を地元スーパーとコラボして販売する企画はボツとなりました(涙)。

すでに完成されている恵方巻に、私たちの希望の具材を入れたり、
産地にこだわった野菜を入れていただくためには、
地元スーパーの担当者の方とも頻繁に打ち合わせを重ねる必要がありますが、
繁忙期に幾度もお時間をいただくわけにもいかず、あまりにも時間が足りませんでした。

しかし、せっかくこれまで話し合っておいしい巻寿司のレシピ案ができたのだから、
それを柏の葉巻寿司に勝手に認定しちゃおう!という事に(笑)。
というわけで、ついにプロジェクトの最終目的である柏の葉巻寿司が完成しましたー!

出来上がった柏の葉巻寿司は、
2015年度の巻寿司大使でもある料理研究家で栄養士の田中可奈子先生に
栄養面についてアドバイスをいただきました!

栄養満点、簡単・手軽に作れる柏の葉巻寿司のレシピをここでご紹介します。
皆さまもぜひご家庭で作って食べてみてくださいね!

柏の葉巻寿司

≪材料≫(子供用:1本分)
◇ご飯 200g
◇胡麻油 小さじ半分
◇白炒り胡麻 小さじ1/2
◇海苔   1枚

○タマネギスライス 適量
○玉子焼き 適量
○キュウリ 半分を細切りに(お子様が食べやすいです)
○鶏の照り焼き適量
○葉っぱ付きカブの塩もみ(水気を絞ってお好みの切り方、分量で)

※材 料(大人用:1本分)
◇ご飯 200g
◇胡麻油 小さじ半分
◇白炒り胡麻 小さじ1/2
◇海苔   1枚

○タマネギスライス 適量
○玉子焼き 適量
○キュウリ 適量
○アボカド 1/2個
○マグロ、キムチ(お好みで)
≪作り方≫
1. ◇を混ぜ合わせて冷ましてから、上下2㎝ほど残して海苔の上に敷き詰めます。

2. ○のベースを並べ、お子様用or大人用具材を並べて巻くだけ!
お好みでマヨネーズをいれてもおいしいです!

田中先生からの栄養価アドバイス!

◇こども用一本 (※栄養価数値はお好みの分量によって前後します)
・700kcal前後  ・たんぱく質34.8g ・脂質23g ・塩分3.5g

8等分すると一切れで
・90kcal前後  ・たんぱく質4.4g  ・脂質2.9g ・塩分0.4g
※小数点第二位を四捨五入で統一させる

<アドバイス>
カブを葉っぱごと入れてあるのでビタミンAもCも摂れます。
お子様苦手でなければパプリカを入れると彩りとビタミンAがパワーアップします。
ちょっと塩分が高いのでおしょう油はつけなくてもいいかもしれませんね。
◇大人用一本 (※栄養価数値はお好みの分量によって前後します)
・700kcal前後 ・たんぱく質33.9g・脂質28.7g  ・塩分1.6g

8等分すると一切れで
・90kcal前後 ・たんぱく質4.2g ・脂質3.6g ・塩分0.2g

<アドバイス>
マグロの色が悪くなりますが「ヅケ」にしておくのもいいかも。
アボカドが入るのでカロリー高めですが、いずれも1/2本食べたら
お吸い物やサラダなど合わせればちょうどいいのではないでしょうか?

早春のお祭りは巻寿司で❤

こんにちは、巻寿司大使のりょうこです。
今回はバレンタインデー直前の週末、2月11日に
米国の西フロリダ大学生涯学習プログラムの一環として開催した
巻寿司クラスの様子をご報告したいと思います。

私の住む南部の地域では、2月から3月にかけてお祭りが多いこともあって、
スーパーの店内の装飾がとってもカラフルになっています。

バレンタインデーはもちろん赤とピンク色。
つづいて南部独特の「マルディ・グラ」というお祭り(パレード)に向けて、
紫、緑、金色に彩られた「キングケーキ」が店頭に並びます。

そして3月の「セントパトリックスデー」では
クローバーを模した飾りが店内を彩り、なんと緑色のビールが販売されます。

そんなカラフルな時期に行った今回の巻寿司クラスでは、
材料に紫色のシソふりかけを材料に加え、ハート型のミニ巻寿司、
そしてカリフォルニアロールを作りました。

土曜日の朝9時スタート、とアメリカ人にとっては早い時間のクラスでしたが
同大学の日本語学習者はじめ、祖母が日本出身という女性、米軍兵役のため
1970年代に青森県三沢市に滞在経験のある男性ら合計10人が参加。

初対面同士でも和気あいあいとした雰囲気で玄米茶、チョコレート菓子、
おせんべいをいただきながら自己紹介をしたり、
地元のおすすめレストランの話をしたりしてなごみました。

続いて、パワーポイントを使ってお寿司の歴史、種類などについて説明。
私が今年、巻寿司大使に任命されていると話すと、皆さん「ほう」と興味を示します。

さらに昨年9月に広島で開催された、
2016年度巻寿司大使研修交流会の様子などをまとめた新聞記事
「巻寿司の楽しみ」(SharingtheJoyofMakizushi)も紹介させていただきました。

★新聞記事「巻寿司の楽しみ」(SharingtheJoyofMakizushi)

また日本での飾り巻きずし、恵方巻などお寿司事情のほか、
巻寿司作りのコツなどについてお話して、いよいよ巻寿司作りです。

材料を配り、それぞれ巻きすを使って巻き始めます。
具がはみ出してしまう人もいましたが、ほとんどの型がきれいに巻けました。

参加者からは、
「人生で初めて」「作りたてですごくおいしい」「意外と簡単」などの声が聞かれました。
 

質疑応答では、

「家にあるふりかけを使ってもいいの?」
「お寿司屋さんで『してはいけないマナー』は?」
「お寿司は手づかみで食べていいの?」

などの質問も続出。
食べて話して、あっという間の楽しい2時間でした。

米国スーパーで恵方巻フェア!

こんにちは!巻寿司大使のりょうこです。
今回は、アメリカの日系スーパー「ミツワマーケットプレース」で実施された
節分の「恵方巻」キャンペーンについてご報告したいと思います。

同スーパーは宮城県仙台市にある総合商社の子会社で、
私がお話を伺ったのは、日本人や日系人を含めアジア系人口が比較的多い
カリフォルニア州トーレンス店の方です。

日系スーパーとしては米国最大級でカリフォルニア州内に7店舗、
イリノイ州シカゴ、ニュージャージー州も含め全米で合計9店舗あり、
今年テキサス州プレーノ、ハワイ州ワイキキにもオープンの予定です。

トーレンス店は日本風のベーカリーがあり、
フードコートではラーメン、ケーキ、たこ焼きなどが販売され、
日本のスーパーに似た雰囲気。

近くに何軒か中国系スーパー、日系スーパーがあるのですが、
日本に住んだ経験のある人は、広々として清潔な印象の「ミツワ」に
自然と足を運ぶ傾向があります。

私も以前ロサンゼルスの大学で日本語を教えていたとき、
3回ほど「ミツワツアー」を実施、学生はおにぎりや納豆を食べたり、
店員さんに日本語で話しかけたり、店内ポスターの漢字を書き取ってみたりと、
日本を体験させていただいたお店でもあります。

「恵方巻フェア」は2月2日と3日の2日間限定で、
北北西の方向を向いて食べようというもので、
「ミツワ」全店舗で同時に実施されました。

同店ではお寿司など和惣菜を扱う食品売り場を「和=なごみ」と命名し、
2013年から「恵方巻」を始め、毎年「太巻」と「豪華海鮮巻」の2種類を取り扱い、
今年も人気を集めたそうです。

海鮮巻の中身は、ブルーフィンツナ(クロマグロ)、
ハマチ、イクラ、サーモン、マサゴなどです。

担当者の話では、中国系のお客様はイクラが好物とのことでした。
アメリカでは日本企業が出資する食品関連会社が意外と多くあり、
アメリカの食生活を豊かにしている「縁の下の力持ち」です。

こうした企業の長年にわたる努力の積み重ねで、
私たち海外在住者が「日本」を味わえることは、とてもありがたいと思います。

※写真提供:ミツワマーケットトーレンス店

巻寿司からDiversity(多様性)を考える

こんにちは。巻寿司大使の莉莉です。

先日、市内の大学で大学生を対象にした巻寿司講座を試みました。
こちらの大学では、留学生と日本人学生がともに学び
「共生力を身につける」ことを目的にした講義を行なっています。

今期はデンマーク、スペイン、ポルトガル、ポーランド、
フランス、中国、台湾からの留学生が受講しているそうです。
この講義のひとコマを利用して、巻寿司講座を開催しました。

前半は、パワーポイントを使いながら寿司の歴史、寿司の種類、
特徴、地域性、流行の飾り巻などについてお話ししました。

寿司=握りずしというイメージを持っていた留学生達、
古くから郷土に伝わる巻寿司のことを聞いた日本人学生達は、
初めて知る「寿司」、「巻寿司」の話に真剣な眼差しで耳を傾けていました。

また季節の風物やキャラクターの飾り巻寿司の写真を初めて見て、
その芸術的な出来映えにとても驚き感心していました。

後半は、実際に各自で巻寿司を巻く実技です。
はじめに学生達の前でデモンストレーションを行ないました。
ポイントを抑えるだけで巻寿司を綺麗に作れることが分かると
学生達は早く試したくてソワソワしています。
1 2

そして各テーブルに分かれてスタート。
学生達は、まるで小さな子供のように、
それぞれ出来上がった巻寿司を見せ合いながら大喜びしていました。

留学生達にとっては当然ですが、多くの日本人学生にとっても初めての経験だったようです。
最近は各家庭で巻寿司を巻く機会は少なく、「買って」食べるものなので
「巻寿司を巻く」のは貴重な経験になったようです。

帰国後も巻寿司を作りたいという熱心な留学生達から、

「炊飯器が無いので、すし飯を鍋で作る方法を知りたい」
「椎茸甘煮の作り方を知りたい」

などいろいろな質問を受けました。

「帰国後も母国で揃う材料や調理器具で作れるようなレシピが欲しい」

と私への課題も出されました。

現地で調達できるものでレシピを考えることに少々戸惑いました。
一般的な鍋でごはんを炊き、すし酢を調合し、
一から具材を手作りすることやレシピの英訳作業は、よい勉強になりました。

3 5

今回の巻寿司講座を通して、みんなで楽しい時間を過ごしました。
同時に多くの人と一緒の時には、気をつけなければならないと思うこともありました。

それは食品に対するアレルギー、ベジタリアン、宗教上の理由で
特定の食品に対するタブーなど同じ食品を食べることができない方達への心配りです。

食品に対するアレルギーのある方は年々増えています。
アレルギーの原因となる食品はいろいろあります。

例えば、最近よく耳にするのはグルテンアレルギーです。
食品や調味料の原材料の表示を見るとグルテンを含むものは少なくないので
使用する食材や調味料には注意しなければなりません。

また外国の方とご一緒すると「ベジタリアンです」という方が多くいらっしゃいます。
ベジタリアン=野菜や豆などしか食べないというイメージです。

しかし話を詳しく伺うと

「乳製品を含む動物性食品を全く口にしない」
「肉や魚は口にしないけれど、たまご、チーズ、乳製品などは大丈夫」

というようにベジタリアンにも色々なタイプがあるため、
ひとりひとり口にできる食材は違ってきます。

さらに日本に暮らす私たちにとって分かりにくいのは、宗教上の理由による食のタブーです。
気軽に海外旅行に出かける時代なので、
例えばイスラム教では豚肉やアルコールを口にしないこと、
ヒンドゥー教では牛肉を口にしないことをご存知の方は少なくないと思います。

「それならば牛肉、豚肉、酒を避ければ大丈夫」と考えるのは少し待って下さい。

日本には、肉を使わなくても魚介類を用いた料理や加工食品は数多くあります。
また調味料の多くは、その原料が米や大豆など植物由来です。

しかし市販の加工食品や調味料の原材料の表示をよく見ると
「ポークエキス」「肉エキス」という記載は少なくありません。

また日常的な調味料の中には、酒を原材料にして製造される調味料もあります。
そのため宗教上は、大丈夫とは断言できないのです。

それでは「あれも駄目」、「これも使えない」、「食べられないものばかりになってしまう」
……大変に思うかもしれません。

しかし、そんなに心配しなくても大丈夫です。
多くの方と一緒の時には、いつもより少し多めに気配りをして下さい。
巻寿司の具材や味付けは、アイデア次第なのです。

6
自国の文化を知ることは、他国の文化を理解する上で大切なことではないかと思います。
日本に興味のある方々が日本のことを知る方法は
新聞、雑誌、ニュース、SNSなどいろいろあります。

その中でも、自分の目で見て、耳で聞いて、
自ら経験することで「日本」を知ってもらうことは、
とても大切なことではないかと思います。

今回のレポートは少しかたい話になりましたが、
巻寿司大使の活動を通して、相互理解の小さなお手伝いができれば幸いです。

いろいろな国の方と一緒に、巻寿司を巻いてみませんか?