巻寿司大使

巻寿司大使リレーレポート

巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

巻寿司大使リレーレポート〜巻寿司に関する話題や最新情報、豆知識などをお届けします!

その他

史上初!?なんと伊勢神宮へ「巻寿司」を奉納してきました!


こんにちは、巻寿司特任大使の甲賀です!

6月に“全国すし研究会全国大会”という、全国の若手すし店経営者や職人などが交流する、全国大会が行われました。
2年に一度行われるこの大会は、主に関東圏か関西圏での開催が通例ですが、今回は初めて、三重県のすし研究会主催で開催されました!
三重県のすし研究会の会長さんが、伊勢神宮の“おかげ横丁”にお店を出している事もあり、また、平成から令和へと元号が変わったタイミングでもあったからです。

今大会ではなんと、各都道府県のすし研究会メンバー所在地の、地産地消の食材や郷土寿司などを伊勢神宮へ奉納する運びとなりました!
神宮奉納で「寿司」を奉納するのは歴史上初めてではないでしょうか!?

我が静岡県が奉納した寿司は、静岡県すし組合が、昔は地元で食べられていた郷土寿司をモチーフに現代版化した、「静岡ちらし寿司と静岡にぎり寿司」がメインでした。

今回は奉納しませんでしたが、静岡県には知る人ぞ知る隠れメニューで「静岡巻寿司」というお寿司も実はあります!いずれかの機会にレポートしますので、お楽しみに…。

さて、大会の話に戻ります。今回は、神様への奉納という事で、実際にすぐに食べられるお寿司を奉納するため、現地で作る事が、静岡県代表&静岡県寿司技術大使でもある私の任務でした。

担当は、「静岡にぎり盛り込み寿司」をお祝い奉納バージョンにすること! (※実際に奉納するのは、静岡県すし研究会の代表です)

持参した静岡県の食材は、山葵、桜海老、シラス、マグロ、うなぎ、旬の白身、車海老、玉子焼、イカなど特上ネタです。
清潔感の溢れる広いお店、おかげ横丁のすし処、「君屋」さんのカウンターをお借りして、心を込めてお作りしました。

全国からのすし職人さんや、地元のテレビ局やメディアの皆様が集まるなか、なぜか中央カウンターがポッカリと空いていましたので、僭越ながらお仕事をさせて頂きました。
地元テレビ局の取材も多く、盛り込み寿司では使わない、「細工巻寿司」を皿盛りにして並べてみました。

その細工巻寿司、「祝令和鮨巻文字巻寿司」はまさに職人芸とばかりに、テレビのニュースや地元3社の新聞にとりあげていただきました!ありがとうございました。

こちらは、お祝い奉納バージョン。「伝統技術細工寿司」や巻寿司大使の「細工巻寿司」も盛り込みました!

静岡にぎり寿司がメインの奉納でしたが、奇跡的に静岡ちらし寿司も奉納できました!
1つの都道府県で1つの奉納のはずなのに、2つ奉納できました!

 

なんといっても、こちらの巻寿司の奉納に感慨深いものがありました。

新時代の幕開けに心を込めて巻いた「祝令和鮨巻」は巻寿司特任大使として見事に奉納できました。
神様ありがとうございました!

2019/7/22|

“ヘアドネーション”のチャリティをしながら、たくさんの方に巻寿司の楽しさを知ってもらいたい!みんな集まれ!「トルてマルシェ」!

こんにちは。2019年度巻寿司特任大使のmikamakkinenミカ巻キネンです。
曇ったり、雨が降ったり、梅雨の季節の到来ですね。以前、美容関係の方から“ヘアドネーション”の話を聞き、私は、自分にもできることはないかと考えていました。

“ヘアドネーション”とは、病気や事故などにより髪の毛を失った子供たちに、わたしたちの髪の毛を寄付し、ウィッグを無償提供する活動です。

長さが足りず、髪の毛を寄付することはできなくても、募金やほかの方法で助けることはできます。

そこで、地元のマルシェに参加して、巻寿司の楽しさを伝えると同時に、ヘアドネーションに募金をすることにしました。

トルてマルシェは岡山のおいしいお店や可愛い雑貨屋さんが集まった楽しいマルシェです。私は、「ミカ巻キネンのデコ巻きずし」というお店で出店しました。

まずは準備です。委託販売だったので、分かりやすいように値段を3段階に分けシールで色分けし、商品の写真を貼ったメニュー表を作りました。また、暑くなりそうなので、巻寿司は保冷剤を入れた発泡スチロールの箱に入れました。

朝3時に起きて、巻寿司づくりです。友達にも助けてもらい、子どもたちの好きそうな柄をできるだけたくさん巻きました。

今回はあじかんさんにも食材提供をしていただいていたので、多くの種類をいろいろな色で巻くことができました。

この写真は、巻寿司の一部です。ラップで包んで、袋に入れてシールを貼りました。

そしていよいよ、マルシェが始まりました!

始まってすぐ、「ミカ巻キネンのデコ巻きずし」の店に行列ができました。
何個も買われる方や、色違いで買われる方、100円玉を握りしめて、嬉しそうに選ぶお子さんもいました。倉敷市からインスタを見て来てくださった方もいて嬉しかったです。

一種類ずつ商品がなくなり、なんと開始から30分後には完売しました。
こんなに早く売り切れて、感謝の気持ちでいっぱいでした。

たくさんの方のおかげで、ヘアドネーションには7088円を寄付することができました。

マルシェを通じて、たくさんの方にお世話になり、私の巻寿司を食べていただき、達成感でいっぱいです。

これからも、巻寿司大使として、巻寿司の楽しさを伝えていきたい。

私にできることを考えて、行動に移していきたいと思います。

2019/7/6|

たかたのゆめちゃんデコ巻寿司のビデオ

2019巻寿司大使の川井ゆかりです。

同じく2019巻寿司特任大使の名子さんが撮影・編集をしてくださり、この度ビデオが完成しました️。

炊きたてのご飯の温かさや食材を包丁で切る音、海苔のパリパリ感。日本らしさが要所に表現されています。

「和」なイメージのBGMも海外の方にも観ていただきやすくしました。

2011年3月11日

三陸沖で発生した東日本大震災。

その後 東北の方々と繋がりましたご縁からデコ巻すしマイスターになり、そして岩手県陸前高田市のゆめ大使「たかたのゆめちゃん」のデコ巻寿司を作りました。

「ゆめちゃん」の頭にある大きな星はみんなを安全なところに導き、耳は7万本ものクロマツがあった景勝地「高田松原」を表現しています。

にっこりほほえんでいる可愛い「たかたのゆめちゃん」は、復興に向けての希望の星になって欲しいと思います。

被害が多かった街も復興にはまだ多くの時間がかかると思います。

みんなが力を合わせて復興に向けて進んでいただける様に心から願っております。

そんな想いに賛同してくださり、忙しい中ビデオを作ってくださった友(八幡名子さん)に感謝です。

2019/7/3|

カテゴリー

最近の投稿

Archives

Comments